妊娠初期症状での肌荒れ、ニキビ、吹き出物の原因と対処法、肌荒れ対策まで

妊娠初期の肌荒れでニキビや吹き出物が?

妊娠初期から肌荒れに悩んでいるママも多いみたいですね。

顔にかゆみや赤みが出たり、ひどいニキビが沢山出てくることもあります。

妊娠初期は、ホルモンバランスが劇的に変化して肌に変化が起こることも。

ここでは、肌荒れがいつからいつまで続くのか?肌荒れの原因やスキンケアを紹介しています。

妊娠初期の肌荒れの原因は女性ホルモン。

妊娠初期の肌荒れの原因は女性ホルモン。

肌荒れの原因は卵胞ホルモン、黄体ホルモン。

妊娠初期に肌荒れが起こるのは、妊娠による急激なホルモンバランスが変化するためという説が有力です。

妊娠すると、hCGというホルモンが初めて分泌されるようになり、女性ホルモンの黄体ホルモンや卵胞ホルモンも急激に変化します。

ホルモンバランスが崩れるため肌荒れになりやすいと考えられています。

関連記事:
黄体ホルモン(プロゲステロン)
卵胞ホルモン、エストロゲン

ホルモンバランスの変化で水分不足に。

個人差がありますが、妊娠によるホルモンの変化で体内の水分が不足しがちになって肌荒れが起こりやすくなります。

水分が不足してカサカサのお肌になり悩んでいるママも多いようです。

逆に皮脂が出すぎてべとつくことも。

カサカサする乾燥肌とは反対に、皮脂が出すぎてべとつく脂性肌になるママもいます。

乾燥肌と脂性肌の混合肌になってスキンケアも大変になることも。

妊娠のストレスやつわりでの栄養不足もある。

妊娠のストレスやつわりでの栄養不足
妊娠初期はつわりの症状も出てくるので、身体的負担が大きくなります。

つわりが始まると、満足に食事もできない状況になるので、栄養面が不足して肌荒れになることもあります。

また、妊娠によって体調面や環境が急に変化するのでストレスを受けやすい状況になります。

ストレスがニキビや吹き出物の原因になることもあります。

関連記事:
妊娠つわり・悪阻のまとめ。妊娠8週~10週ぐらいにピークを迎える。食べつわりで性別は分かる?

肌荒れだけじゃない、かゆみや赤みまで

妊娠することでかゆみや赤みが出る「妊娠性痒疹」があります。

妊娠性痒疹は、妊娠3~4ヶ月ごろから出る早期型と妊娠後期にかゆみや紅斑が出る後期型があります。

早期型の妊娠性痒疹は、小さいブツブツが出るのが特徴でかゆみによりかき傷ができたりします。

妊娠2回目以降の妊婦さんに出やすいとされます。

後期型は、紅斑がでて激しいかゆみが出ることが特徴です。お尻や太ももに拡大する傾向があります。出産することで軽快することが多いようです。

治療としては、ステロイドの塗り薬や非ステロイドの塗り薬が使われます。ステロイド系の塗り薬は胎児へ影響が少ないとされています。胎児への影響が心配なときは、皮膚科の医師に妊娠していることを告げてよく相談するようにしてください。

参考:妊娠性痒疹

顔やおでこ、眉間、小鼻横、口周りに吹き出物や湿疹が。

顔やおでこ、眉間、小鼻横、口周りに吹き出物や湿疹が。

妊娠すると、肌荒れだけでなく、ニキビや吹き出物ができることがあります。

顔やおでこ、眉間、小鼻横、口周りといった目立った場所に吹き出物や湿疹が出ると憂鬱な気分になりますよね。

ここで、決して市販の塗り薬を使わずに必ず産婦人科か皮膚科の医師から処方してもらう薬を使うようにしましょう。

市販薬の中には妊娠に影響がある成分が入っているかもしれません。安心して薬を塗るために必ず医師に相談してから処方してもらうようにしてください。

顎ニキビが大量発生、目、首、腹、胸などに白ニキビ、赤ニキビ

このように吹き出物といっても、できる場所や種類が多種多様です。

まれに、妊娠性痒疹で全身に米粒ぐらいの赤い紅斑が出て胎児に影響があることがあります。

吹き出物が気になる場合は、早めに産婦人科、皮膚科の病院を受診するようにしましょう。

肌荒れは妊娠中期から後期、出産まで続くことも。

妊娠性痒疹もそうですが、肌荒れは妊娠初期だけでなく妊娠中期から後期、出産までの時期まで続くことがあります。

多くは出産することにより軽快しますが、出産後も肌荒れやニキビ、吹き出物が出ることがあります。

症状が治まらないときは、早めに病院を受診して治療しましょう。

ニキビ肌や肌荒れ体質の人は肌荒れになりやすい?

元々ニキビ肌や肌荒れがあったママは、肌荒れがおこりやすい傾向があるようです。

普段より肌が敏感になっているので、化粧水やスキンケア用品を変えることが必要になるかもしれません。

市販薬の軟膏は塗っていい?

自分の判断で市販薬の軟膏を塗るのはやめておきましょう。

妊娠中に使う薬は、医師の処方があるほうが安心です。あとから使ったことを後悔するより使う前に確認したほうが安心ですね。

妊娠初期は生理日前と同じような症状が出る。

口内炎や下痢、腹痛、頭痛などの症状も。

口内炎や下痢、腹痛、頭痛などの症状

妊娠すると、口内炎や下痢、腹痛、頭痛など、普段の生理前の症状と同じような症状が出ることがあります。

このため、自分が妊娠していることに気が付かないママもいます。生理が2.3日遅れて妊娠に気が付くことが多いようです。

吐き気、つわりの症状も出始める。

早い人では、妊娠5週ごろから吐き気やムカムカ、食欲不振などつわりの症状が出ることがあります。

つわりの症状は妊娠16週ごろまで続くことが多く、食べられないことも多いのでつらい日々が続くことになります。

つわりのときは、「食べられるものを食べられるときに食べる」ことが基本です。少しでも気分がいいときに食べられるものを食べるようにしてください。

つわりで食べることができなくても、おなかの赤ちゃんには影響はないとされます。

体重減少が大きかったり、おしっこが出ないなど症状のときは妊娠悪阻が疑われます。すぐに病院を受診して診察を受けるようにしてください。

妊娠初期はホルモンバランスが激しく変化。

妊娠初期は、ホルモンバランスが激しく変化する時期です。これが原因で肌荒れが起こることもあります。

妊娠が発覚してすぐにつわりが始まることも多く、環境が劇的に変わることも珍しくありません。

妊娠による急激な環境の変化にストレスを感じるかもしれませんが先輩ママや母親の意見を参考にして楽しい妊娠生活を送るように工夫しましょう。

卵胞ホルモン、黄体ホルモンが増える。

妊娠を維持や出産の準備のために、卵胞ホルモン、黄体ホルモンの量が増えることになります。

卵胞ホルモン、黄体ホルモン急激に増えるので、体調面に大きな影響を及ぼすことになります。

女性ホルモンが体調不良の原因に。

卵胞ホルモン、黄体ホルモンといった女性ホルモンが急激に変化することによって、体調不良になるとされています。

特に妊娠初期は、急に腹痛があったり出血を起こすことがあるので、注意して日常生活を送るようにしてください。

妊娠初期は、肌荒れに限らすつわりや腹痛、出血など体調面に影響が出ることが多くなります。

特に腹痛と出血は流産のサインであることがあります。出血を確認したら、すぐに病院に連絡して指示を仰ぐようにしてください。

妊娠初期は先天異常のリスクに注意!

妊娠初期は先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期のママに知ってほしいことがあります。

それは、妊娠初期に重要な栄養素である葉酸が不足してしまうと、「無脳症」や「二分脊椎」など先天性異常のリスクが高くなるということです。

このことは、世界的な調査で判明したことで、日本でも厚生労働省が妊娠初期の女性に対して積極的に葉酸を摂取するように通知を出しています。

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように注意してください。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

この他、妊娠初期に気をつけることは妊娠初期の注意点で、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで詳しく紹介しています。読んでみてください。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 絨毛膜下血腫の原因や血腫の大きさ、症状、エコー写真、治療法まとめ。
  • 妊娠初期の寒気は流産?妊娠5週目に基礎体温が下がる?
  • 足の付け根が痛い?妊娠超初期症状かも?骨盤の痛み、恥骨痛、股関節痛の対処法、整体は?
  • 妊娠初期の立ちくらみ、めまいやフラフラする原因は?
  • 妊娠初期、超初期の注意点や気を付けること