妊娠超初期に運動しても大丈夫?注意点と出血、腹痛について。

妊娠超初期に運動

妊娠超初期に運動

妊娠超初期は、妊娠に気が付いていないママも多くいます。

超初期といえば、妊娠0~3週なので、受精してから1週間後ぐらいになります。妊娠に気が付く人が少ないので、普段通り運動しているママもいるのではないでしょうか?

ここでは、妊娠超初期から運動していいのか紹介します。

超初期から運動で流産?

超初期から運動で流産?

一番気になっているのが、運動したことで流産するのは?という疑問ですよね。

日本産科婦人科学会によると、仕事や運動が流産の原因になることは、ほぼないとしています。

参考:流産・切迫流産:病気を知ろう:日本産科婦人科学会

妊娠初期に流産する原因の多くは、胎児の染色体異常によるものです。

力仕事や重いものを持つ、運動していたなどは流産の原因になることは非常に少ないということです。

出血や腹痛に注意!

出血や腹痛に注意!

妊娠初期は突然出血したり腹痛が起こることがあります。

妊娠の初期症状して少量の出血や腹痛がありますが、出血と強い腹痛は流産の兆候であることがあります。

素人では流産か症状の一つか判断できないので、病院に連絡して指示をもらうようにしてください。

妊娠初期の運動量はどれぐらい?

妊娠の初期で運動するときは、必ず産婦人科医に相談してから行うようにしてください。

それを前提として、運動量は軽めにしたほうが無難です。ウォーキングや散歩程度の軽めの運動がおすすめです。

上記でも、運動は流産の原因にならないと記述していますが、アスリート波の激しい運動は控えるようにしてください。

妊娠初期は体調を崩すことが多いので、様子を見ながら慎重に行動しましょう。

妊娠超初期は先天性異常のリスクに注意!

妊娠超初期は先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期のママに知ってほしいことがあります。

それは、妊娠初期に重要な栄養素である葉酸が不足してしまうと、ということです。

このことは、世界的な疫学的調査で判明したことで、日本でも2002年より厚生労働省が妊娠初期の女性に対して積極的に摂取するように通知を出しています。

葉酸は日頃の食事でも摂取できますが・・・
妊娠超初期は、先天性異常のリスクに注意!

葉酸は絶対に必要な栄養素です。不足しないように注意してください。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

初期に避けたほうがいいスポーツ

初期に避けたほうがいいスポーツ

妊娠初期の運動として避けたいいスポーツとして、

・バレーボール
・バスケットボール
・サッカー
・マラソン
・スキューバダイビング
・トライアスロン
・ウェイトトレーニング

このような運動は避けるようにしてください。

特にバレーボールなど集団で行うスポーツは気分が悪くなっても途中で抜けるのが難しいので参加しないほうが無難です。

妊娠初期は体調が悪くなる。

妊娠初期は体調が悪くなる。

妊娠超初期を過ぎた妊娠4.5週ぐらいになると、体調に大きな変化現れることがあります。

その中でもつわりは、妊娠の症状で多くの妊婦さんが経験する症状です。

つわりにもいくつかの種類があります。

・吐きつわり。
・食べつわり。
・眠りつわり。

このような症状が現れます。

吐きつわりの症状

吐き気はつわりの代表的な症状で、いつもムカムカ、吐き気が治まらないのが特徴です。

ムカムカして食べる気が起きずに、一日中寝ている妊婦さんもいるほどです。

吐きつわりの対処法としては、「食べられるものを食べられるときに食べる。」ようにすることです。

少し吐き気が治まるときがあるので、そのときに食べられるのもを食べるようにしてください。

水分が不足すると脱水になる危険性があります。固形物は無理でも液体なら飲めることがあるので試してみてください。

つわりにおすすめの食べ物

先輩ママに聞いたおすすめの食べ物として

・フライドポテト
・梅干し
・温野菜
・アイスキャンディ
・アイスクリーム
・トマト
・イチゴ

こんな食べ物が食べやすかったと回答しています。

フライドポテトは脂っこいので意外ですね。でも、ポテトを食べるためにファストフード店に通ったママもいます。

ダメ元で試してみるのもいいかもしれません。

あとは、梅干しやアイスなどさっぱりしたものが人気ですね。トマトやイチゴなども栄養があって食べやすいみたいです。

温野菜はレンジでチンすると簡単にできます。ポン酢をかけて食べるとさっぱりしますよ。

食べつわりの症状

吐きつわりとは反対に、ずっと食べないと気持ちが悪くなるのが食べつわりです。

とにかく胃が空になると、気分が悪くなるので、食べ続けることになります。

ここで注意したいのが、食べる量です。過度に食べ過ぎてしまうと、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などのリスクが高くなるので注意してください。

食べつわりの対処法として、

・周りに食べ物を置かない。
・温野菜で空腹を満たす。

こんな対処法があります。

自分の手の届く範囲に食べ物があると、つい食べてしまいます。食事の3食以外はおやつ程度にして、常に食べることをやめるようにしましょう。

また、食欲が出てきたときは温野菜がおすすめです。もやしやサツマイモなどを温野菜にすると、食物繊維も摂取できて便秘改善に役に立ちます。

眠りつわりの症状

つわりの種類に、いつも眠気がある眠りつわりがあります。

症状としては、常に眠気がある状態で、一日中眠たい状態が続くことになります。

対処法としては、眠ることです。日常生活に支障をきたすぐらい強い眠気が出ることも。

車の運転などは危険なので、家族に運転してもらうようにしてください。

妊娠超初期の運動は、必ず病院で医師と相談しながら行うようにしましょう。

気分が悪くなったり、出血や腹痛などが起こったらすぐに休憩して、産婦人科に連絡するなど必要な対処を行うようにしてください。

この他、妊娠初期に気をつけることは妊娠初期に気をつけることで、妊娠初期の注意点は妊娠初期の注意点でまとめています。読んでみてください。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで説明しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

今月のPicup!

妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
スポンサードリンク
妊娠週別の注意点と赤ちゃんのようすまとめ
妊娠1ヶ月
妊娠0週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠1週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ 妊娠2週の注意点と赤ちゃんの様子まとめ http://www.funinnonayami.com/14034
妊娠2ヶ月
妊娠4週目(4w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠5週目(5w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠6週目(6w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠7週目(7w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
妊娠3ヶ月
妊娠8週目(8w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠9週目(9w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠10週目(10w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子 妊娠11週目(11w)の症状や注意点、赤ちゃんの様子
ベビ待ちcomおすすめコンテンツ
妊娠したい人向けの記事一覧
妊娠初期の人向けの記事
妊娠前と初期に必要な葉酸
失敗しない!葉酸サプリの選び方
妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?
今飲んでいる水は大丈夫?
出血で不安な人向けの記事一覧
不妊で悩む人向けの記事一覧
妊娠しにくい病気一覧

■こちらの記事も読まれています。■

  • 超妊娠初期症状まとめ、お腹ゴロゴロ、グルグル鳴る下痢、吐き気?
  • 妊娠超初期の症状で腰痛、寒気、微熱、鼻づまり、眠れない?
  • 妊娠超初期の症状はいつから?頻尿、吐き気、気持ち悪い
  • 妊娠超初期症状で足がつる、太ももが痛い原因は?
  • つわりの症状、妊娠超初期症状で吐き気、妊娠三週目でつわりの症状が出ることも。