排卵日の調べ方、排卵日を知る、調べる方法は?

排卵日の調べ方

排卵日の調べ方

排卵日を調べることで、妊娠する確率も上がります。排卵日付近のタイミングで仲良しすることで妊娠しやすい環境を作ることができますよ。

排卵日の調べ方として、基礎体温表から予測する方法があります。

生理周期が安定している人は計算できますが、前回の生理日が分からないとだめなので、基礎体温を測って生理日が分かるようにしておきましょう。

排卵日は基礎体温表で調べる

排卵日は基礎体温表で調べる

排卵日を一番確実に知る方法は、病院で診てもらうことです。これが確実な排卵日を知る方法です。

でも、排卵日を調べるだけで病院にいくのはちょっと?と思うかもしれません。

簡単に排卵日を調べるには、基礎体温を測り表にすることで分かるようになります。

基本的に基礎体温表は2相に分かれていて、はじめの低温期の一番最後が排卵日付近だと言うことが分かります。

実際は、この日当日に排卵が起こるわけではなく、次の日に排卵ということもあります。正確さには欠けますが、排卵日の目安を知ることができますよ。

排卵日のおりもの

排卵日のおりもの

排卵日にはおりものにも変化が現れます。排卵日のおりものは、びよーんと良く伸びる伸びオリになります。

親指と人差し指でのばすと10cmぐらい伸びることもありますよ。

おりものは帯下とも呼ばれ、排卵日付近には無色透明で伸びがよい粘液が増えてきます。これは、受精の準備のためおりものの量が増えるためで、受精しやすいように潤いを与える役目があります。

おりものの色に注意!

通常無色透明のおりものですが、これが白色になったり黄色や茶色、黒色のおりものになると排卵のためではなく、不正出血の可能性があります。

通常でも下着に付くと少し黄色になりますが、おりもの自体が黄色の場合には感染症になっている可能性もあるので、透明以外の色になったら産婦人科を受診するようにしてください。

妊娠したいなら、先天性異常のリスクに注意!

妊娠したいなら、先天性異常のリスクに注意!

妊娠したいママに知ってほしいことがあります。

それは、妊娠前から妊娠初期にかけて、重要な栄養素である葉酸が不足すると、「無脳症」や「二分脊椎」など先天性異常のリスクが高くなるということです。

これは、世界的な疫学的調査で判明したことで、200年より妊娠前や妊娠初期の女性に積極的に摂取するように通知を出しています。

葉酸は、普段の食事でも摂取できますが・・・
妊娠したいなら葉酸摂取を

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように十分に注意してください。

詳しくは下記ページで解説しているので読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

排卵日検査薬

排卵日検査薬

排卵日検査薬とは、排卵が起こる前に尿中のLH濃度の上昇を測る検査薬です。排卵が起こる前には尿中のLH(黄体化ホルモン・黄体形成ホルモン)が急激に高くなる(LHサージ)のを測定しています。

LH(黄体化ホルモン・黄体形成ホルモン)とは?
黄体化ホルモンとは、下垂体から分泌される性腺刺激ホルモンで、LHサージが起こると約36時間以内に排卵が起こると言われています。

■排卵日検査薬の使い方
検査薬によって違いますが、生理予定日の17日前から使用を開始します。この日から毎日検査薬を使用して排卵日を予測します。通常約1日前に排卵日が分かるようになっています。

排卵日検査薬の価格は、3000円から4000円程度とちょっと高めです。これを毎月行うので年間で5万円弱の経費が掛かることになります。通販によっては、1本40円程度で手に入ることもあるようです。

この他には、唾液で排卵日を予測する唾液排卵期チェッカー プチアイビスという商品もあります。

排卵日に出血

排卵日に出血

排卵日に出血を起こす排卵時出血というものがあります。排卵時出血は生理と生理の間に出血を起こすもので、ホルモンの急激な変化で少量の出血を起こすと考えられています。

排卵の時に出血するのは、ホルモンが子宮に影響しているのと卵管から伝って出血が起こると考えれています。排卵するときに腹痛や片方のお腹が痛くなる症状を伴うときもあります。詳しくは排卵日出血に掲載しています。

基礎体温表を付けると、この日を境に体温が上昇していくのが分かると思います。

通常、出血の量は少量で数日のうちに治まってきます。だらだらと出血が続く場合や生理の時のような多い出血の場合は排卵時出血とは違う原因で出血しているかもしれないので産婦人科を受診してください。

排卵時出血があっても排卵が起こらない排卵障害という病気もあります。基礎体温表が1相だったりジグザグ、ガタガタだったりする場合は生理不順の可能性もあるので病院を受診するようにしましょう。

排卵日を計算

排卵日を計算

排卵日を計算することは、比較的簡単でオギノ式で算出することができます。

オギノ式は荻野学説とも呼ばれ、避妊の方法として一般的によく知られてる排卵日を計算する方法です。

荻野式は簡単にいうと、次の生理予定日より12 日より16日までの5日間が排卵予定日という計算の方法です。このオギノ式は、生理周期は関係ないとされています。

しかし、女性の身体は繊細で、ちょっとしたことで生理が早くなったり遅れたりします。この計算方法は生理周期が毎月正確に生理が来ることを前提になっているので、生理が不安定な人や授乳中には使えません。

排卵日を計算できるHPまとめを作りました。下記ページを読んでみてください。

関連記事:排卵日の計算まとめ

排卵日に腹痛や便秘?

排卵日に腹痛や便秘?

排卵日付近で腹痛や便秘になる人もいます。腹痛のほうは、卵巣から卵子が飛び出るときに腹痛が起こることがあります。この場合の痛みは片側ずつの時が多いようです。

しかし、腹痛が排卵痛でない場合もあるので、いつもと違う腹痛を感じたら、すぐに病院を受診してください。

便秘のほうは、黄体ホルモンの変化で腸の動きが緩くなり内容物を送りきれずに便秘になる症状が出ると考えられています。対策としては、食物繊維やオリゴ糖といった便秘を改善する食品を食事に取り入れたり軽い運動をして改善を目指します。

自分の生理周期を知ろう
排卵日を調べるには、自分の生理周期をしっかり把握することが大事です。正常な生理周期の人でも2・3日のずれはありますが、自分の生理周期を知ることで排卵日の目安を知ることができます。

排卵日を調べるには、基礎体温表を付けることが簡単です。スマホのアプリにもあるので使ってみてください。

排卵日はいつ?

排卵日を知ることで、一番妊娠しやすい日が分かるようになります。排卵日は基礎体温表で分かるので毎日測定してみてください。

排卵日が分かれば、その前3日、後1日が一番妊娠しやすい期間となり妊娠する確率もUPします。妊娠を希望するならこの期間に仲良ししてみてください。

年齢が上がるにつれて卵子も老化していくので、早い時期に妊活を始めるのが大切です。排卵日は基礎体温表の他にも、排卵検査薬で自分で調べることができます。

妊娠しやすい日を調べると同時に夫婦でストレスのない健康な体作りを始めましょう。詳しくは排卵日はいつ?で説明しています。

排卵日と基礎体温

排卵日は、基礎体温を測ってグラフにすることで分かるようになります。排卵日を知りたい人は基礎体温を測ることから始めましょう。

基礎体温を測ることで、自分の生理周期が分かったり旅行の予定が立てやすくなります。体調の変化も分かるようになるので、面倒がらずに測ってみてください。

基礎体温表から分かる排卵日は目安となるもので、正確な排卵日は産婦人科を受診して超音波検査を受けるか排卵日検査薬を使うことで分かるようになります。

排卵日が分かれば、妊娠しやすい時期も分かるようになるので、妊娠を希望している人は基礎体温表を付けてみてください。詳しくは排卵日と基礎体温にまとめました。

妊娠したいと排卵日

妊娠したいなら排卵日を調べるといいでしょう。排卵日が一番妊娠しやすいと言われるので、排卵日を調べてみましょう。排卵日は基礎体温表でも分かりますが、正確な排卵日は産婦人科受診か排卵検査薬を使うことで分かるようになります。

妊娠しやすい期間は、排卵を基準として前3日、後1日の期間が妊娠しやすいと言われています。この時期に仲良しすると妊娠しやすくなります。この方法はタイミング法と呼ばれ産婦人科でも指導している方法です。

最近では、妊娠年齢もどんどん上がってきていて、俗に言う高齢妊娠と言われる35歳以上で初産になることも珍しくなくなってきました。

年齢が進むと妊娠しにくくリスクも高まるので、赤ちゃんが欲しいと思ったらすぐに妊活を始めることが大切です。妊娠のリミットは38歳と言われます。卵子の老化もありますので、早く妊活を開始しましょう。

妊娠したいと思ったら、まずはタイミング法を試してみてください。詳しくは妊娠したいと排卵日で紹介しています。

排卵日とタイミング法

排卵日にタイミング法を行うのは、産婦人科や不妊治療を行うクリニックでも指導されている一般的な方法です。具体的には、自分の排卵日を調べて、その時期に仲良しをすることで妊娠を目指します。

排卵日を知るためには、基礎体温表を作るか産婦人科で検査を受ける、排卵検査薬で調べるの3つの方法があります。基礎体温表を作ることは、費用も安く手軽に始められるため多くの人が行っています。

しかし、基礎体温表からは排卵日の目安は分かりますが正確な排卵日を予測することは難しいとされます。正確な排卵日を予測するためには、産婦人科を受診して検査を受けて予測してもらいましょう。

タイミング法を5回ぐらい試して妊娠できないときは、何らかの原因があると考えられます。夫婦で不妊外来を受診して妊娠できない原因を調べてもらいましょう。詳しくは排卵日とタイミング法で紹介しています。

排卵日に排卵痛

排卵日に排卵痛を感じる人もいるようです。排卵痛は右が痛かったり左が痛かったり片方ずつ痛みが出ることもあるようです。全く痛みを感じない人もいます。

痛みや症状が重いことがあり、ひどい人は歩けないぐらい痛みを感じることもあります。

排卵痛は、ちょうど排卵期に1~2日ぐらい出ることが多く、基礎体温を測っていれば低温期の一番最後の日付近ぐらいに痛みが出ます。しかし、痛みや時期だけで排卵痛と断定することはできず、自分では判断がつきません。

痛みが続く場合や出血が伴う場合など、いつもと違う感じがするならすぐに産婦人科を受診して診断してもらいましょう。

痛みや出血があるのは排卵痛だけでなく他の病気でも出る症状です。子宮内膜症や子宮頸管ポリープでも同じような症状がでることがあります。このようなこともありますので、不安なときはすぐに産婦人科を受診するようにしましょう。詳しくは排卵日に排卵痛にまとめました。

排卵日の症状

排卵日の症状として、具体的にはおりものが伸びる変化や下腹部痛、排卵時出血があります。おりものの伸びは大体10cmぐらいで卵白のようなサラッとしたのが特徴です。

おりものの伸びが良くなってきたら排卵日が近くなってきたと思っていいようです。

ですが、おりものの変化や痛みだけで排卵日を特定することはできません。正確な排卵日を予想するには、産婦人科受診して超音波検査を受けるのが一番正確です。通販で排卵検査薬を買って自分で調べることもできますが、うまくいかないこともあります。

産婦人科を受診すれば、妊娠しやすい体質かどうか分かりますし妊娠しやすい期間である排卵日も正確に予想することができます。産婦人科を受診するのは勇気がいりますが、頑張って受診するようにしましょう。詳しくは排卵日の症状で紹介しています。

排卵日予測

排卵日を予測するには、基礎体温表を使う方法、産婦人科で検査する方法、自宅で排卵検査薬を使う方法の3つがあります。基礎体温表を自分でも作ることでできて便利ですが、目安しかわかりません。

一番正確に排卵日予測できるのは、産婦人科で検査する方法です。産婦人科では超音波検査で正確な排卵日が分かるようになります。産婦人科を受診すれば妊娠しやすい日を教えてくれてタイミングも指導してもらえます。

妊娠を希望するなら、勇気を出して産婦人科を受診することをおすすめします。

また、排卵日で男女を産み分ける方法があります。これは女の子と男の子の精子の特性を活かしたもので産婦人科でも指導されている方法です。

通常の妊娠に比べて妊娠しにくいので、若い年齢で生理周期が正常な人にしか指導されません。生理不順があると排卵日が特定できないので成功することが難しくなるためです。詳しくは排卵日予測で紹介しています。

排卵日周期

排卵日周期は、自分の生理周期を調べることで分かります。生理周期が安定している人は、排卵日周期も安定しているといえます。

排卵日は基礎体温表、産婦人科を受診、排卵日検査薬を使う、この3つの方法があります。基礎体温表を使う方法は、手軽で便利ですが正確な排卵日が分からないデメリットもあります。

正確な排卵日を調べるなら、産婦人科を受診することが必要です。産婦人科を受診することで、ホルモンバランスや婦人科疾患なども分かるようになります。

妊娠できない原因も分かることが多いので、勇気を出して産婦人科を受診してみてください。

排卵周期が分かれば、妊娠へ一歩近づくことができます。排卵日周辺の妊娠しやすい時期と言われる5日間に仲良しすることで妊娠できる確率が高くなります。妊娠を希望する人は排卵日周期を調べるようにしましょう。詳しくは排卵周期で紹介しています。

排卵日で産み分け

排卵日で産み分けはできるの?って思うこともありますよね。排卵日を基準にして、産み分けを行う方法は産婦人科でも指導されている方法です。

産み分けの方法では、妊娠率が下がるため高齢妊娠の人や生理周期が正常でない人は行うことができません。まずは、自分の生理周期が正常かどうか確かめてみましょう。

自分の生理周期を確かめる方法は、基礎体温表から調べる、産婦人科で診察を受ける、排卵日検査薬を使うなど3つの方法があります。

基礎体温表から調べる方法は、排卵日の目安を知ることはできますが正確な排卵日まで調べることはできません。低温期の最後が排卵日と言われますが実際には、次の日に排卵されていることも多くあります。

排卵日で産み分けを行うには、正確な排卵日を知ることが必要になります。一番正確に排卵日が予測できるのは、産婦人科を受診して診察を受けることです。妊娠を望むなら、勇気を出して産婦人科を受診してみてください。詳しくは排卵日で産み分けで説明しています。

排卵出血って?

排卵出血とは、生理と生理の中間、開始後2週間後ぐらいの時期に、少量の出血を起こすことです。ちょうど中間の時期に出血があるので中間期出血と呼ばれることもあります。

排卵出血は2・3日で終わることが多いので、1週間以上ダラダラ出血が続く場合は他の原因で起こっている可能性があります。生理以外の出血は不正出血なので原因を調べることが大切です。

出血の色も鮮血や茶色、茶褐色、黒っぽい色まで様々です。出血の色や量で排卵出血を特定するのは非常に困難なので、出血があったら産婦人科を受診しましょう。

排卵出血を調べるには、基礎体温表が簡単に調べることができます。低温期の一番最後の日が排卵日の目安となるので、この時期だったら排卵出血を疑います。詳しくは排卵出血って?でまとめています。

生理周期と排卵日

生理周期と排卵日には、密接な関係があり生理の周期を知ることで排卵日の目安が分かるようになります。排卵日の目安が分かると妊娠しやすい日も分かりやすくなります。

生理周期を調べたいと思ったら、基礎体温表を3周期ぐらい記録するようにしましょう。そうすることで周期が分かるようになって排卵日も分かるようになります。

生理周期は、低温期と高温期の2相に分かれています。低温期の最後の日が排卵日の目安となります。実際に排卵が起こるのは、当日より前かあとの日が多いようです。

もし、基礎体温表が2相に分かれずに、低温期のままジグザグ、ガタガタになっていると、排卵が起こっていない「無排卵性月経」の可能性があります。詳しくは生理周期と排卵日で説明しています。

排卵誘発剤とは?

排卵誘発剤とは、卵巣から卵子が排卵されるときに排卵がスムーズに行えるようにサポートする薬剤です。通常では、排卵が起こらない無排卵や生理不順などのときに使用されます。

また、不妊治療であるタイミング法や人工授精、顕微授精の際にも用いられることが多いです。排卵が正常に行われていても排卵誘発剤を用いて卵胞の成熟を促進します。

排卵誘発剤には、飲み薬と注射薬があります。セキソビット、クロミッド、セロフェン、クロミフェンクエン酸塩、フェルティノームPが飲み薬、hMG(HMG日研)、hMG(ヒュメゴン)、hCG(ゲストロン5000)が注射薬です。

飲み薬の場合には、希に頭痛があったり目がチカチカする症状が出ることがあります。それよりも注意したいのが注射薬の場合です。卵巣過剰刺激症候群(らんそうかじょうしげきしょうこうぐん)(OHSS)のリスクが高まります。詳しくは排卵誘発剤とは?で解説しました。

この他、妊娠しやすい日については妊娠しやすい日で詳しく解説しています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

排卵日に排卵痛

排卵日に排卵痛

排卵日に排卵痛を感じる人がいます。排卵痛は痛みだけでなくお腹の張りや腰痛など様々な症状が出ることがあります。

また、どちらかの卵巣から排卵したのが分かるという人もいます。反対に、排卵日には全く痛みを感じないという人もいます。排卵痛は、排卵時より少し後に起こることもあります。

排卵痛は病気ではないので、痛み止めや漢方が処方されることが多いようです。あまりにも症状がひどいときはピルを使って排卵を止めることもあります。

痛みの症状が強い場合は、産婦人科を受診して治療を受けるようにしましょう。

妊娠前・妊娠初期に絶対必要な葉酸

妊娠初期に葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


排卵痛の原因

排卵痛の原因

排卵痛は、卵胞が破れて卵子が飛び出してくるときに発生する痛みです。このときに黄体が卵巣に残っていて卵巣が腫れた状態になります。これが原因で痛みやお腹の張りを感じることがあります。

また、排卵するときには一時的にエストロゲンが減少するために痛みが発生する場合もあります。排卵するときに少量の出血があり腹膜を刺激して痛みが起こることもあります。

排卵痛は生理痛と似た症状もありますが、発生する時期が違うので分かります。

このように、排卵痛の原因も様々あり自覚症状だけでは特定できません。痛みが続くときや出血を伴うときは他の病気かもしれないので、産婦人科を受診して原因を調べてもらいましょう。

スポンサードリンク

排卵痛の見分け方

排卵痛の見分け方

排卵痛かどうかを見分けるには、自覚症状だけでは難しいものがあります。ほかの病気でも腹痛や子宮が痛い、お腹が張るなどの症状があるため素人では判断がつきません。

症状が重い場合には産婦人科を受診してください。

症状が軽い場合には、基礎体温表を見るとある程度の予測はできます。低温期の一番最後の日付近が排卵日の目安となります。この時期に痛みが出るのであれば排卵痛の可能性があります。

しかし、不安がある場合には産婦人科を受診して他の病気がないか診断してもらいましょう。

排卵日の痛みは排卵痛じゃない?

排卵日の痛みは排卵痛じゃない?

排卵日で痛みがあっても排卵痛でない可能性があります。同じような痛みがあるのは、卵管炎や卵巣のう腫、卵巣がんなど卵巣に異常がある場合に痛みが出ることあります。

排卵痛は、1~2日ぐらいで治まるのが普通ですが、3日以上続いたり歩けないほど痛みがある場合は、産婦人科を受診して原因を調べるようにしましょう。

排卵日に出血がある?

排卵日に出血がある?

排卵日に痛みだけでなく、出血があるときがあります。この出血は、排卵時出血と呼ばれ正常な人でも起こるとされています。

しかし、出血を起こす婦人科の病気もあります。子宮内膜症やびらん、子宮頸管ポリープなどでも出血を起こします。自分では排卵時出血か不正出血かを判断するのは無理です。

生理以外の出血は全部不正出血ですので、出血を感じたらすぐに産婦人科を受診して診断してもらうようにしてください。

この他、排卵日については排卵日で、妊娠に関係する妊娠しやすい日については妊娠しやすい日で詳しく紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしていください。

排卵前のイライラ、何とかしたい!

排卵前のイライラ

「排卵前はイライラして…」という人もいます。これが月経前であれば、PMS(月経前症候群)である可能性が高いのですが、少し時期がずれていますね。

この原因は一体何なのでしょう?

排卵前にイライラする原因

排卵前にイライラする原因

排卵前後は女性のホルモンバランスのサイクルの中でも、ホルモンバランスがかなり大きく変化するタイミングです。

その影響で、PMSに近い症状が出て排卵前にイライラしているということも考えられます。また、女性ホルモンの分泌にはストレスなどの精神的な要因が深く関係しています。

妊娠計画中の人や避妊を気にかけている人では、排卵日は気になるポイント。精神的な負担が、排卵前のイライラという身体的な影響を及ぼしている可能性があります。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この次は、排卵前にイライラするもう一つの原因について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク

イライラするもう一つの原因

イライラするもう一つの原因

もう一つ考えられる要因としては、「排卵前だと思っていたのに排卵後だった」という可能性。

排卵から生理までの期間は、長い場合だと16日程度あります。人によっては排卵が終わるとすぐにPMSが始まる人もいますので、基礎体温をつけるなどして確かめてみるとよいでしょう。

女性ホルモンの影響である場合、食生活や生活習慣を整えることと、ストレスマネジメントで症状の改善が望めます。

「忙しくて生活習慣を整えるのが難しい」「食事はどうしても外食が多くなりがち…」という人はサプリメントなどの助けを借りて、必要な栄養素を補い、心身のバランスを整えましょう。

イライラを解消する方法

イライラを解消する方法

イライラすると自分でも嫌な気持ちになるし、周囲の人とも上手く関われませんよね。

それに、理由もなくイライラするなんて落ち着いて振り返った時、自己嫌悪に陥ります。これが毎月必ずあると思うと、それだけで憂鬱です…

イライラ解消を女性がしたいとき、考えられる方法はいくつかあります。

例えば、食生活を改善したり、最近流行りのアロマテラピーをしてみたり。

イライラ解消の食事

食生活は朝食を抜かないこと、カルシウムはもちろんのこと、ビタミンC、ビタミンB群などの栄養素をしっかりとること。

アロマテラピーだったら、良く知られているのがラベンダーの香り。寝室にラベンダーの香りがするようにしていると気持ちがリラックスしてよく眠れるようになります。

イライラ解消にアロマ

他にもいろんな香りがありますが、良い香りに包まれていたら気分も良くなってストレスが発散できますね。

軽い運動もイライラ解消に

軽い運動もイライラ解消に

日常生活に軽い運動を取り入れることで、イライラとストレスを解消することが期待できます。

テニスやゴルフなどスポーツが好きな人は、それに打ち込むことでイライラも解消されていきますよ。

イライラ解消にはテニス

運動が苦手な人でもヨガやストレッチなら、生活に取り入れやすいと思います。体を伸ばすことでリラックスできてイライラも治まっていきます。

イライラ解消にストレッチ

また、電車の一駅前で降りて歩く、エレベーターは使わずに階段を使う、天気のいい日に散歩をするなど,日常生活とちょっと離れることで気分転換になります。

排卵日前にはイライラすることもありますが、ちょっとした工夫で軽減できることもあります。自分でいいなと思った方法から試してみてください。

イライラを解消したい女性へ

イライラを解消すれば、生活にリズムが出てきて楽しく生活を送ることができるようになります。イライラは周りに影響を及ぼすときがあるので早めに解消しましょう。

こちらの記事では、女性のためのイライラ解消法を具体的に紹介しています。日常生活の中で工夫してイライラしない環境を作ることを目指しましょう。詳しくはイライラを解消したい女性へで紹介しています。

この他の排卵障害など排卵日に関連する話題は排卵障害で、生理周期については生理周期で説明しています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

排卵日や産み分けを考える

排卵日や産み分け

排卵日は産み分けを実践する上で必要不可欠です。排卵日が計算できれば、妊娠するタイミングも分かります。妊娠するためには体調も大事ですよ。マカなどを摂って妊娠しやすい体を整えていきましょう。

産み分けが話題

最近では、排卵日や産み分けといったことに関心を示す夫婦がとても多いようです。

以前であれば、子供は自然にできるものと考えることが多かったのではないかと思いますが。

最近の傾向としては、排卵日や産み分けなどより確実に自分の望みをかなえようと言う傾向が強いようです。

排卵日や産み分けなどは、確実に子供が欲しいとか、自分の望む性別の子が欲しいといったことですよね。

スポンサードリンク

夫婦の間に子供が何人もいるのであれば、こういったこともそれほど、気にする事ではないのかもしれませんが、少子化が問題となっている日本では、こういったことも重要な点になってきているのかもしれません。

少子化の原因の1つとして晩婚化がとり上げられていますが、晩婚化してきているということは、子供を産み育てるとなるとやはりある程度の期間の中で確実に行わないと妊娠をする可能性がどんどん低くなってしまうといった問題があるようです。

産み分けは少子化も影響

何人もの子供を持つ事は難しいので、産み分けでとにかく希望している性別の子供が欲しいということもあるようです。

もちろん、こうったことは倫理的な問題もありますから、決して良い悪いということは判断することは難しいと思います。

でも、実際に自分がある程度の期間の中で、1人の子どもを産むとなるとより確実にまた、自分の望む性別の子供が欲しいという思いも分からなくはないですよね。

少子化や晩婚化といった問題は排卵日を知ることや産み分けで子供を欲しいと考えるといったことにも大きく関わってきているように思います。

妊娠や不妊に関連する話題は妊娠に関する話題で取りまとめています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

排卵日を計算して妊娠する確率を上げる!

排卵日を計算して妊娠

排卵日を計算して妊娠の成功率をUPさせましょう。計算法は後述します。妊娠するには体が大事ですよ。ストレスを解消して栄養をしっかり摂ります。マカも栄養価が高いのでおすすめです。

排卵日を計算で特定

排卵日を計算するとだいたいの排卵日を特定することができます。今はweb上ですぐに計算できます。すぐに計算できるHPをまとめましたので参考にしてください。

こちら→排卵日の計算まとめ

排卵日を計算して排卵日を特定するということは、より確実に妊娠したいということになると思います。

妊娠を望んでいる人の中には、ごく自然な形で赤ちゃんを授かりたいと言う人もいると思いますし、できるだけ早く赤ちゃんが欲しいと考えている人もいると思います。

でも、近年の晩婚化が問題となっている日本では、はやり年齢のことを考えると安全で自分の体力がしっかりしているうちに子育てにある程度のめどを立てたいなど考えると結婚してからは、できるだけ早いうちに赤ちゃんを欲しいと考えることも自然の流れなのかもしれません。

スポンサードリンク

そういった流れの中で、排卵日を特定し、その日に合わせて夫婦生活を行うということは、1日も早い赤ちゃんを望む人にとってとても重要なことになってきているようです。

もちろん、排卵日を計算してわかったからといって、それが完全ということはないと思いますが、おおよその排卵日は特定することができますから、目安にすることができると思います。

計算の基本は基礎体温

排卵日の計算は、まず、基本となるのが基礎体温です。

基礎体温は、排卵日の計算だけでなく、女性にとっては、その体調などを知る目安にもなるのでぜひ測る習慣をつけるようにすると良いと思います。

基礎体温は、3ヶ月~半年を目安に記録することで排卵日を計算することができます。
基礎体温を記録したら、それをグラフにします。そのグラフで低体温期、高体温期がわかりますから、排卵日もだいたいわかります。

これを参考にして、より確実に妊娠できる日を知り1日も早い妊娠をめざしましょう。

また、排卵日の計算の方法は、基礎体温だけなく、他にも方法がありますから、そういったものを参考にして合わせて見るようにするのも良いと思いますし、最近は、排卵日検査薬などもありますからこういったものを合わせて利用するとより特定しやすくなると思います。

妊娠や不妊に関連する話題は妊娠に関する話題で取りまとめています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

排卵日を計算するには?

排卵日を計算

排卵日を計算する方法は、基礎体温法とLH検査法が一般的です。排卵日が計算できれば、妊娠が成功する確率も上がりますね。妊娠するためには、健康が第一。不足しがちな亜鉛やビタミンをマカで補うのもいいと思いますよ。

排卵日を計算するには?

排卵日を計算して計画的な妊娠を考えていると言う人も多いと思いますが、排卵日を計算するってどういうこと?という人も多のではないかと思います。

排卵日の計算といってもいろいろな方法があります。

生理周期や基礎体温などを参考にしておおよその排卵日を計算する方法になるのですが、良く知られている排卵日の計算方法では、オギノ式などという方法があるのではないでしょうか。

この排卵日を計算する方法は、生理日から予測する方法になりますが、他にも基礎体温法やLH検査法、子宮頚管粘液法、排卵痛・排卵出血、超音波断層法、ホルモン測定法といった方法があります。

このように排卵日を計算する方法はたくさんあるのですが、自分で出来る方法となると超音波断層法やホルモン測定法などは、ちょっと難しいですよね。

一般的には、基礎体温法やLH検査法などが良く行われている方法になると思います。

スポンサードリンク

基礎体温法とLH検査法

実際に、基礎体温を記録して排卵日を計算しているという人も多いのではないかと思いますが、基礎体温での排卵日の計算には誤差があるようですし、最近では、排卵日の予定が排卵されていない時もあるということもいわれていますから、より確実に排卵日を予測する為には、LH検査法などと合わせて行うようにした方が良いようです。
LH検査法は、市販されている排卵検査薬を使用して行う方法になるので信頼度も高いということが言われています。

自分で行うのであれば、こういった方法を合わせて行うようにするとより予測した日の確立が高くなり妊娠の可能性も高まるのではないでしょうか。

妊娠や不妊に関連する話題は妊娠に関する話題で取りまとめています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

排卵日と産み分けの問題。

排卵日と産み分け

排卵日と産み分けは深い関係があります。排卵日付近を目安に男女産み分けを実践している人も多いようです。妊娠するためには、夫婦で健康が第一です。現代人に不足していると言われる亜鉛やビタミン群を補ってあげるといいですよ。

排卵日は妊娠しやすい?

排卵日を知り、それに合わせて産み分けを行うという人結構多いのかもしれませんね。

排卵日を知ることでその日に合わせて自分の体を産み分けで自分の望む性別の子がより確立が高く生まれるように管理したりする人も少なくないようです。

排卵日と産み分けはとても重要なことになっているようです。

産み分けの方法もその方法によっては、かなり高い確率で産み分けを行うことができるようになってきたということが言われています。

スポンサードリンク

人間が元々もっている遺伝子の男女を違いを利用して産み分けを行ったりしますが、それも確実に妊娠することができることが前提となってきますよね。

排卵日で産み分けの方法をより確実にしていこうということは、だれもが考えることですよね。

妊娠と年齢

近年では、晩婚化の影響などから子供は欲しいがそれにはあまり時間的余裕が無いという人も多いようです。

その為に、子供は1人が限界だろうと考え、子供が1人なら、自分たちの望む性別の子が欲しいと考えることも増えてきているようです。

そうなるととにかく子供が欲しいということになるようですが、そうなるとそれまでは、産み分けの為に考えていた排卵日が妊娠する為の排卵日ということになってきてしまいますよね。

現代社会では、排卵日と産み分けはきっとも切り離すことができない問題となっているようです。栄養価の高いマカを夫婦で摂るのもいいですね。

産み分けに限らず、夫婦で健康でなければ妊娠できる確率はかなり低くなってしまいます。不妊の原因は男女ともにありますから、まずは体の健康を一番に考えることが大切です。

妊娠や不妊に関連する話題は妊娠に関する話題で取りまとめています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

スポンサードリンク