排卵日を計算して妊娠する確率を上げる!

排卵日を計算して妊娠

排卵日を計算して妊娠の成功率をUPさせましょう。計算法は後述します。妊娠するには体が大事ですよ。ストレスを解消して栄養をしっかり摂ります。マカも栄養価が高いのでおすすめです。

排卵日を計算で特定

排卵日を計算するとだいたいの排卵日を特定することができます。今はweb上ですぐに計算できます。すぐに計算できるHPをまとめましたので参考にしてください。

こちら→排卵日の計算まとめ

排卵日を計算して排卵日を特定するということは、より確実に妊娠したいということになると思います。

妊娠を望んでいる人の中には、ごく自然な形で赤ちゃんを授かりたいと言う人もいると思いますし、できるだけ早く赤ちゃんが欲しいと考えている人もいると思います。

でも、近年の晩婚化が問題となっている日本では、はやり年齢のことを考えると安全で自分の体力がしっかりしているうちに子育てにある程度のめどを立てたいなど考えると結婚してからは、できるだけ早いうちに赤ちゃんを欲しいと考えることも自然の流れなのかもしれません。

スポンサードリンク

そういった流れの中で、排卵日を特定し、その日に合わせて夫婦生活を行うということは、1日も早い赤ちゃんを望む人にとってとても重要なことになってきているようです。

もちろん、排卵日を計算してわかったからといって、それが完全ということはないと思いますが、おおよその排卵日は特定することができますから、目安にすることができると思います。

計算の基本は基礎体温

排卵日の計算は、まず、基本となるのが基礎体温です。

基礎体温は、排卵日の計算だけでなく、女性にとっては、その体調などを知る目安にもなるのでぜひ測る習慣をつけるようにすると良いと思います。

基礎体温は、3ヶ月~半年を目安に記録することで排卵日を計算することができます。
基礎体温を記録したら、それをグラフにします。そのグラフで低体温期、高体温期がわかりますから、排卵日もだいたいわかります。

これを参考にして、より確実に妊娠できる日を知り1日も早い妊娠をめざしましょう。

また、排卵日の計算の方法は、基礎体温だけなく、他にも方法がありますから、そういったものを参考にして合わせて見るようにするのも良いと思いますし、最近は、排卵日検査薬などもありますからこういったものを合わせて利用するとより特定しやすくなると思います。

妊娠や不妊に関連する話題は妊娠に関する話題で取りまとめています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

排卵日を計算するには?

排卵日を計算

排卵日を計算する方法は、基礎体温法とLH検査法が一般的です。排卵日が計算できれば、妊娠が成功する確率も上がりますね。妊娠するためには、健康が第一。不足しがちな亜鉛やビタミンをマカで補うのもいいと思いますよ。

排卵日を計算するには?

排卵日を計算して計画的な妊娠を考えていると言う人も多いと思いますが、排卵日を計算するってどういうこと?という人も多のではないかと思います。

排卵日の計算といってもいろいろな方法があります。

生理周期や基礎体温などを参考にしておおよその排卵日を計算する方法になるのですが、良く知られている排卵日の計算方法では、オギノ式などという方法があるのではないでしょうか。

この排卵日を計算する方法は、生理日から予測する方法になりますが、他にも基礎体温法やLH検査法、子宮頚管粘液法、排卵痛・排卵出血、超音波断層法、ホルモン測定法といった方法があります。

このように排卵日を計算する方法はたくさんあるのですが、自分で出来る方法となると超音波断層法やホルモン測定法などは、ちょっと難しいですよね。

一般的には、基礎体温法やLH検査法などが良く行われている方法になると思います。

スポンサードリンク

基礎体温法とLH検査法

実際に、基礎体温を記録して排卵日を計算しているという人も多いのではないかと思いますが、基礎体温での排卵日の計算には誤差があるようですし、最近では、排卵日の予定が排卵されていない時もあるということもいわれていますから、より確実に排卵日を予測する為には、LH検査法などと合わせて行うようにした方が良いようです。
LH検査法は、市販されている排卵検査薬を使用して行う方法になるので信頼度も高いということが言われています。

自分で行うのであれば、こういった方法を合わせて行うようにするとより予測した日の確立が高くなり妊娠の可能性も高まるのではないでしょうか。

妊娠や不妊に関連する話題は妊娠に関する話題で取りまとめています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

スポンサードリンク