人工授精(AIH)とは?

人工授精(AIH)とは?

人工授精(AIH)とは、精子を直接子宮内などにカテーテルを用いて注入する治療法です。

精子と卵子の出会える確率を上げるために行われる不妊治療法ですが、精子を子宮内に注入すること以外は自然妊娠に近い形で妊娠できるのが特徴です。

人工授精と聞くと、何か手を加えているかのような印象を持ちますが、精子の移動をサポートする治療法です。

以前は採取した精子をそのまま注入することもありましたが、現在では精子を遠心分離して雑菌などを取り除いて活力のある精子だけを注入する方法が多くなっています。

人工授精の対象となる人

人工授精の対象となる人

人工授精の対象となる人は

・軽度の軽度造精機能障害(精子減少症や精子無力症)
・ED
・原因不明不妊

このような人が人工授精の対象となります。

人工授精の種類

人工授精は手技にっていくつかの方法があります。

・配偶者間人工授精(AIH)
ArtificalInseminationwithHusband’sSemen

・非配偶者間人工授精(AID)
ArtificalInseminationwithDonor’sSemen

・頸管内人工授精(ICI)
Intra-cervicalInsemination

・子宮内人工授精(IJI)
Intra-uterineInsemination

・子宮鏡下卵管内人工授精(HIFI)
HysteroscopicIntra-fallopianInsemination

個人の状況や体の状態によって最適な治療法が選択されます。

この次は、人工授精のメリットとデメリットを紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





人工授精のメリットとデメリット

人工授精のメリットとデメリット

人工授精を受けるメリットとして

・自然に近い形で妊娠できる
・痛みがほとんどない
・6回程度の施行で90%が妊娠

一方デメリットとして

・排卵誘発の際の副作用
・精子に問題ないときは有効性低い
・女性の年齢が高い場合有効性低い

このようなデメリットがあります。

特に排卵誘発を行う人工授精は副作用もあるので十分に説明を受けることが大切です。

人工授精の副作用

排卵誘発を用いた人工授精は副作用が出ることがあります。

・卵巣過剰刺激症候群(OHSS)
排卵誘発の影響で卵巣が腫れたり腹水が貯まるなどの副作用が起こることがあります。

・多胎妊娠
排卵誘発を行うと多胎妊娠する確率が上昇します。多胎妊娠は様々なリスクがあります。

これ以外にも出血や感染などのリスクがあります。

人工授精は、一般的に幅広く行われている不妊治療法です。4~6回の施行で90%の人が妊娠できたというデータもあるので、タイミング法など一般不妊治療で妊娠できないときには人工授精を行うことも選択肢の一つです。

人工授精の費用は?

人工授精の費用は、産婦人科やクリニックによっても様々ですが、おおよそ1回あたり1万円~3万円ぐらいが平均です。1回で妊娠することもありますが、3~5回ぐらい治療する人もいます。

人工授精の人工という言葉が一人歩きして、怖いイメージを持っている人もいますが、少しだけ妊娠をサポートする治療法で、広く一般的に行われている不妊治療の一つです。

この治療法の対象になる人は、EDやレスの場合、早く妊娠したいと希望、子宮頸管に問題がある場合、男性不妊、抗精子抗体が陽性の場合に選択されることが多い治療法です。

リスクとして自由診療で保険適用外のことや男性の精子採取の場合に抵抗感がある、排卵誘発剤の副作用があることなどです。特に排卵誘発の副作用でOHSS(卵巣過剰刺激症候群)や多胎(双子など)などに注意が必要です。詳しくは人工授精の費用は?で説明しています。

人工授精で痛みがある?

人工授精で痛みがあることはほとんどないとされています。しかし、実際には痛みを感じることもあるようです。痛みとしてはつんつんした下腹部の痛みや生理痛のような鈍痛を感じるようです。

痛みを感じる原因として、人工授精の手技によるもの、排卵誘発の影響、排卵後のホルモン変化、排卵後の子宮収縮、心理的な影響などがあります。人工授精中の痛みとその後の痛みに分かれます。

術中にカテーテルの位置を調整するときにカテーテルが子宮の天井に当たったり、器具を調整するときに子宮の入り口を引っ張ることで子宮が収縮して鈍痛のような痛みを感じることもあります。

人工授精は、自然妊娠に近い形で妊娠できる不妊治療法ですが、副作用のリスクもあるので産婦人科医に相談するようにしましょう。詳しくは人工授精で痛みがある?で解説しています。

人工授精の妊娠確率は?

人工授精の妊娠確率は、生殖補助医療(ART)を受けるクリニックや産婦人科、年齢によっても違ってきます。特に年齢による妊娠確率の差は大きなものがあって40歳以上になると厳しいものがあります。

年齢別にみてみると、人工授精の妊娠率は29歳以下で11.5%、30~34歳で10.3%、35~39歳で8.9%、40歳以上で3.9%となります。35歳以上でかなり低くなることが分かります。

この確率は、妊娠を表すものであって出産の確率を表示しているわけではありません。35歳を過ぎると流産率も高くなる傾向があるので、妊娠を継続することが難しくなっています。

厚生労働省によると、不妊治療を受けている人の中で40歳以上で出産まで辿り着いた人は全体の2%ということでした。40歳以上で出産するには、かなり困難があるといえます。早めに治療を開始することが大切です。詳しくは人工授精の妊娠確率は?で説明しています。

この他、不妊治療については不妊治療の種類で詳しく紹介しています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

人工授精の妊娠確率は?

人工授精の妊娠確率は?

人工授精の妊娠確率は、施設によって違ってきます。

ここでは、福岡市博多区にある蔵本ウィメンズクリニックのデータを紹介します。治療を受ける際の参考にしてください。

人工授精1回あたりの妊娠確率

人工授精1回あたりの妊娠確率

人工授精1回あたりの妊娠確率を紹介します。

人工授精の妊娠確率は、下図のようになっています。

人工授精の妊娠確率

参考:蔵本ウイメンズクリニック 不妊症のことをもっとよく知ろう – 一般不妊治療

・29歳以下 11.5%
・30~34歳 10.3%
・35~39歳 8.9%
・40歳以上 3.9%

このような年齢が上がることによって妊娠する確率が大きく下がってくることが分かります。

治療を受ける際には、早ければはやいほど結果が出やすいようです。

上記のデータで気をつけたいのが、この数字は妊娠する確率です。出産する確率ではないので、途中で流産することもあります。実際に出産まで至る確率は、この数字より低いものになります。

年齢別の自然流産率

年齢別の自然流産率

年齢別の流産する確率をグラフにすると次のようになります。

年齢別の自然流産率

参考:4)高齢不妊婦人の問題点 流産より引用

このデータは、アメリカ、オーストラリア、日本を比較したものですが、どの国も高齢になるほど流産率が上がっているのが分かります。

このグラフからも、人工授精など不妊治療を早めに始めるのが大切になります。

見た目と妊娠できる年齢は関係ありません。産婦人科的には35歳を過ぎると高齢となります。30歳後半の方は急いだほうがいいようです。

この次は、人工授精の副作用について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





人工授精の副作用

人工授精の副作用

人工授精の副作用として気をつけたいのが多胎とOHSSです。

多胎妊娠
多胎妊娠(双子以上)の妊娠となるとリスクも高くなります。人工授精は排卵誘発剤を使用して排卵誘発を行うことも多いため、多胎妊娠の確率が高くなります。

排卵誘発剤は飲み薬や注射などのタイプがありますが、飲み薬より注射のほうが多胎妊娠する確率も高くなります。

多胎妊娠する確率はクロミフェン(クロミッド)で約5%、注射薬(FSH、rFSH、hMGなど)で約20%にまで上昇します。

参考:女性外来:排卵誘発剤 | リプロダクションセンター

●OHSS(卵巣過剰刺激症候群)
OHSS(卵巣過剰刺激症候群)とは、排卵誘発剤などによって卵巣が過剰に刺激を受けて腫れ上がってしまうことです。症状が進むと腹水や胸水が貯まってしまうこともあります。

原因は女性ホルモンであるストラジオールが高値になるためと考えられています。

POCSの人や痩せ型の人に発症しやすい傾向があるようです。自覚症状としてお腹が張る、胃痛や吐き気があります。

排卵誘発剤を使用していて、上記のような症状が出たら、すぐに産婦人科へ連絡して指示を仰ぐようにしましょう。

人工授精の妊娠確率は、年齢と共に下がってきます。現在、タイミング法などを行って妊娠できないときには早めに人工授精へステップアップすることも選択肢の一つです。

この他、人工授精全般については人工授精(AIH)とは?で、不妊治療については不妊治療の種類で詳しく紹介しています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

人工授精で痛みがある?

人工授精で痛みがある?

人工授精はほとんど痛みがない不妊治療法と言われています。しかし、ツーンとした痛みや下腹部痛、生理のような鈍痛を感じる人もいるようです。

また、人工授精を行うときの体調などによって痛みを感じることもあるようです。

人工授精の痛みの原因

人工授精の痛みの原因

人工授精の痛みの原因は、大きく分けて4つの原因があります。

・人工授精の手技によるもの
・排卵誘発の影響
・排卵後のホルモン変化
・排卵後の子宮収縮
・心理的な影響

このようなことが人工授精で痛みを感じる原因と考えられています。

人工授精の手技によるもの
人工授精を施行する際に、カテーテルが子宮の天井に当たったり、カテーテルの位置を調整するため器具で子宮の入り口を引っ張ることがあります。この手技で子宮が収縮してお腹に痛みを感じることがあります。

また、感染を起こしたり精子の清浄成分の液が腹膜を刺激して痛みが発生することもあります。

これらの痛みは人工授精を施行しているときに発生する痛みです。

排卵誘発の影響
人工授精を行う際に、排卵誘発を同時に行うこともあります。このときの排卵誘発剤による副作用で卵巣が腫れることがあります。これは排卵後に起こる下腹痛が主な症状です。

排卵後のホルモン変化
排卵後は黄体ホルモンが増加して骨盤内の血流が多くなります。この作用で充血したような状態になって下腹部の鈍痛を引き起こすことがあります。

排卵後の子宮収縮
子宮の筋肉は腸の筋肉と同じで不規則に収縮します。排卵後に子宮が収縮することでも腹痛が発生します。

激しい運動など行うと刺激を受けて収縮することがあります。

心理的な影響
痛みがあると思い込んでも痛みが発生することがあります。これが大きなストレスとなって妊娠へ影響することも考えられます。

ほとんど痛みがないと言われる人工授精ですが、痛みが発生する場合もあるので、すぐに痛みが出たらすぐに産婦人科の医師に相談するようにしてください。

参考:人工授精後に必ず起こる下腹部痛の原因はなんでしょうか? – 不妊・妊娠・出産・育児-女性の為の健康生活ガイド『ジネコ』

この次は、人工授精の成功率について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





人工授精の成功率

人工授精の成功率

人工授精の成功率は、おおよそ1周期あたり約20%と言われています。ほぼ自然妊娠の確率とあまり変わりません。

というのも、人工授精は「人工」という名前ですが、自然妊娠をサポートする治療法です。何らかの原因で子宮内部まで進むことのできない精子を子宮内に送る治療です。

ですから、不妊治療といっても自然に近い形で妊娠できるのが特徴です。

排卵誘発を組み合わせる場合には、副作用に注意してください。卵巣が腫れて腹水などが貯まるOHSS(卵巣過剰刺激症候群)などがあります。

人工授精での痛みが出る原因は手技によるものや排卵誘発剤の副作用、子宮の収縮など様々なことが原因で痛みが発生します。

下腹部に痛みや不快感などを感じたら、産婦人科の医師に相談して指示を仰いでください。

この他、人工授精全般については人工授精(AIH)とは?で、不妊治療については不妊治療の種類で詳しくまとめました。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

人工授精の費用は?

人工授精の費用

人工授精の費用は、手技や排卵誘発剤の有無などによって変わってきますが、おおよそ1回あたり1万円~2万円程度です。人工授精を行う施設によって変わりますが、1回あたりの妊娠率は約20%と自然妊娠と変わらない確率です。

「人工」という言葉に抵抗がある人もいると思いますが、人工授精といっても自然妊娠に近い形での治療となります。自然妊娠をサポートする治療法というと分かりやすいかもしれません。

1回で妊娠することもありますが、数回(3~5回程度)施行することも多いです。人工授精に妊娠率は3回目で約77%、5回目で91%の人が妊娠するというデータもあります。

5回以上回数を重ねても妊娠率があまりよくないことから、5回を目安に体外受精へステップアップすることが検討されます。

人工授精の対象となる人

人工授精の対象となる人

個人差がありますが、人工授精の対象となる人は

・EDやレスの場合
・早く妊娠したいと希望
・子宮頸管に問題がある場合
・男性不妊
・抗精子抗体が陽性

このような場合に人工授精が適用となることが多いです。

この次は、人工授精のリスクについて詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





<div style="clear:both;"></div>

人工授精のリスク

人工授精には様々メリットもありますが、リスクも存在します。

人工授精のメリット
・自然に近い形で妊娠できる。
・費用が比較的安い。
・繰り返し治療が行える。
・痛みがほとんどない。

人工授精のリスク
・精子の採取に抵抗があることが。
・自由診療で保険適用外。
・排卵誘発剤の副作用。

このようなリスクがあります。

精子の採取に抵抗があることが。
人工授精を行うには、新鮮な精子が必要になります。新鮮な精子を採取するために治療を行っている産婦人科で採取することもあります。このことに抵抗を感じている男性もいます。

自由診療で保険適用外。
不妊治療は検査の一部を除いて自由診療となります。費用は施設ごとに違ってきます。

排卵誘発剤の副作用。
人工授精と排卵誘発を組み合わせることで妊娠率が向上することが分かっています。しかしリスクもあってOHSS(卵巣過剰刺激症候群)や多胎(双子など)の副作用が起こることがあります。

人工授精は5回で約90%の人が妊娠します。5回目で妊娠できたとして費用は5万円~15万円になります。体外受精になると1回あたり30万円~50万円の費用が掛かります。

ステップアップするときは費用面も含めて産婦人科医と十分に相談することが大切です。

この他、人工授精全般については人工授精(AIH)とは?で、不妊治療については不妊治療の種類で詳しく紹介しています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

スポンサードリンク