三人目不妊

三人目不妊

三人目不妊となると、年齢的にも高齢と言われる35歳以降になっていることが多くなってきます。35歳以降になると卵子の老化も進んでいるので、妊娠しにくい状況となってきます。

一人目、二人目は自然に妊娠できても、三人目が中々できないときは不妊治療を行うことも選択肢の一つです。

三人目不妊の原因

三人目不妊の原因

三人目不妊の原因として

・ママ、パパの妊娠力の低下
・育児ストレス
・社会的地位の向上
・仲良しの回数が減る。

以上のことが考えられます。

次は、上記の項目について詳しく紹介します。

スポンサードリンク

三人目不妊の原因とは?

三人目不妊の原因とは?

ママ、パパの妊娠力の低下
三人目不妊の時期は、ママの妊娠力の低下があります。ママの場合、卵子の老化や代謝の低下、冷え症や成人病のリスク増加で妊娠力が低下していきます。

この中でも問題になるのが、卵子の老化です。卵子の老化は33歳頃から始まって、35歳頃から低下していき37歳以降になると急激に老化が進むことが知られています。

卵子の老化が進むと、卵子の受精能力が落ちてしまうので妊娠しにくい状態となってしまいます。今の医学では卵子の老化は止められないので、少しでも早く妊娠することが大切になってきます。

年齢が40歳を超えると、更に厳しい状態が待っています。厚生労働省によると、不妊治療を行っている人のうち、妊娠から出産まで至った人は100人のうちわずか2人だったそうです。

40代になると、妊娠できても継続できないリスクが高く出産まではとても難しいとされます。年齢が高くなれば、それだけで妊娠力が低下していきます。

また、二人目を出産したあとで子宮内膜が薄くなる人もいて、これも妊娠できない原因となっています。

パパの同じで、年齢による体力の低下、ストレスの増大などで妊娠力が低下していきます。精子は老化しないと考えられてきましたが、40歳以降で正常でない精子の割合が増えてくることが分かってきました。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


育児ストレス

三人目不妊と育児ストレス

三人目を考える時期は、一人目、二人目もまだ小さく育児だけでも大変な時期が多いです。2人の育児は、想像以上に大変なもので病気やけがなどすることもあります。

このような育児がストレスとなり、妊娠に影響が出る場合があります。

社会的地位の向上
年齢を重ねると、社会的地位も向上して責任が大きくなってきます。パパは、会社での昇進などがあり責任も大きくなってくる時期です。ママも同様で、育児や仕事での責任が大きくなってストレスも大きくなってきます。

ストレスは、体調を悪くして妊娠に影響することがあります。パパとママの両方がストレスを溜め込んでいると妊娠にしくくなります。

仲良しの回数が減る。
仕事や育児追われて、自然と仲良しする回数が減ってくる時期です。仲良ししなければ妊娠できないので不妊となってしましいます。

妊娠しやすくするためには

妊娠しやすくするためには

年齢を重ねても妊娠しやすくするためには、夫婦共に健康で体調を良くしていくことが大切になります。また、ストレスを溜め込まないことも大事です。

この頃は、体の代謝も落ちてきている頃ですので代謝を上げて体の冷えを取っていくことも重要です。

代謝を上げて冷えを改善するためにも、何か運動を始めるのがおすすめです。ストレスの解消にもなるので、運動を生活に取り入れてみましょう。

三人目不妊に運動

このように、三人目不妊でも体調を整えていくことで改善できる可能性があります。諦めずに日々を過ごしていきましょう。

この他、二人目不妊の話題は二人目不妊で、不妊治療については不妊治療の種類でまとめました。参考にしてください。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしていください。

二人目不妊と高齢

二人目不妊と高齢

二人目不妊と高齢は、とても関係があり妊娠できない原因の一つとなっています。妊娠における高齢とは、35歳以上の年齢で妊娠する確率が著しく低下していくことが知られています。

日本産婦人科学会によると、現在の晩婚化の影響で30歳以上の分娩数が80%増加したとの報告もあります。このようなことを考えてみて、妊娠できるリミットは38歳ぐらいまで(不妊治療に要する時間2年程度と換算して)と考えられます。

一人目は自然に妊娠できても、二人目が中々できず時間だけが経ってしまうケースもあります。高齢になると残された時間も少ないので、早めに産婦人科を受診して妊娠できない原因を調べることが大切です。

次は、高齢で二人目不妊となる原因を紹介していきます。

スポンサードリンク

高齢で二人目不妊となる原因

高齢で二人目不妊となる原因

高齢で二人目不妊となる原因として次のようなことが考えられます。

・年齢による卵巣機能不全、卵子の老化。
・子宮筋腫などの婦人科疾患と感染症。
・女性、男性共に妊娠力の低下。

年齢による卵巣機能不全、卵子の老化。
高齢と呼ばれる年齢になると、卵巣の機能が低下して卵子が育たなかったり排卵しにくくなっていきます。卵巣機能不全の原因は、卵の質の低下や顆粒膜細胞の機能低下、卵の染色体異常の増加によって妊娠できる確率が下がっていくと考えられています。

参考:日本産婦人科学会4)高齢不妊婦人の問題点 卵巣機能不全

つまり、徐々に卵子の質が低下してうまく卵子が育たない状態になっていくようになります。卵子の質の低下は卵子の老化とも呼ばれ不妊の原因であることが分かってきています。

卵子が老化すると、うまく受精できずに妊娠できないことになります。現在の医学では卵子の老化を止めることはできないので、はやく不妊治療を開始することが大切になります。

通常の夫婦生活を行って1年以内に二人目を妊娠できないときは、早めに産婦人科を受診して不妊の原因を調べることをおすすめします。

二人目不妊なら産婦人科へ

子宮筋腫などの婦人科疾患と感染症。
高齢になると、卵管炎、子宮筋腫、子宮内膜症などの婦人科疾患のリスクが増大することが知られています。卵管炎、子宮筋腫、子宮内膜症といった病気は不妊の原因になるので早めに治療することが大切です。

子宮筋腫は生理のときに経血が多くなる過多月経になりやすので、いつもより量が多いと感じたらすぐに産婦人科を受診するようにしてください。

また、クラミジアなどの感染症になっても妊娠できないことがあります。感染症による炎症が卵管や骨盤内に広がり、周りの臓器に癒着して妊娠を妨げます。

このような感染症は無症状のことも多いので、病院で検査を受けてきちんと治療することが大事です。

不妊と感染症

女性、男性共に妊娠力の低下。
女性、男性のどちらも高齢になるにつれて妊娠力が低下していく傾向があります。

女性の場合は、卵子の老化や婦人科疾患のリスク増大、子育てや仕事でのストレスが妊娠へ影響することがあります。

男性の場合は、仕事の責任の増大でストレスが強くなり精子の数が減少したり運動率が低下、受精する力が低下していく場合があります。

どちらもストレスが不妊の原因となることがあるので、ストレスを解消することも大切です。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


二人目不妊を改善

二人目不妊を改善

高齢で二人目不妊を改善するには、不妊の原因を病院で調べることが大切です。不妊の原因は、女性・男性ともにあるので、夫婦で受診して調べる必要があります。

二人目不妊を改善には、不妊原因の治療と共に夫婦で体調を整えることが大事です。どちらか片方でも体調が良くないと妊娠できる確率が下がってきます。

まずは、生活習慣と食生活を見直して体調を整えていきましょう。不規則な生活は、体にストレスとなります。ストレスを上手に解消していきましょう。

軽い運動やヨガ、ストレッチもストレス解消になります。ちょっとした空き時間で試してみましょう。

食事は、栄養があるものを選び規則正しく食べるようにしましょう。ビタミン類や根菜類を多く摂るといいでしょう。体を冷やさないショウガや唐辛子もいいでしょう。

高齢による妊娠力の低下は防ぐことはできませんが、早めに不妊治療を行うことによって妊娠できる可能性もあります。高齢で二人目不妊に悩むよりも産婦人科へ行って原因を調べ治療することで改善できることもあります。

この他、二人目不妊全般の話題は二人目不妊でまとめました。不妊治療については不妊治療の種類で詳しく紹介しています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

二人目不妊

二人目不妊

二人目不妊で悩んでいるならここを読んでみてください。一人目は自然に妊娠できても、二人目が妊娠できないことで悩んでいる人は多くいます。

このページでは、二人目不妊の原因とその対策や改善する方法について詳しく紹介しています。

二人目不妊の原因

二人目不妊の原因

二人目不妊の原因の一つとして年齢が上がることがあります。最近では晩婚化が進んでいて妊娠する年齢も上がってきています。年齢が進むと排卵しにくくなって妊娠できる可能性も低くなってきます。

また、卵子の老化も進んでいて35歳を過ぎると急激に老化が進んでいきます。厚生労働省によると、40歳を超えて妊娠・出産に至る確率は約2%という報告もあります。

年齢が進むと、責任も大きくなり社会でストレスを受ける機会も増えてきます。女性、男性ともストレスを受ける機会が増えてきますので、ますます妊娠しにくい状態となってしまうのです。

年齢は、大きな不妊の原因となっています。1年以上通常の夫婦生活を行っても妊娠できないなら、産婦人科を受診して二人目不妊の原因を調べたほうがいいかもしれません。

次は、二人目不妊の原因を詳しくみていくことにします。

スポンサードリンク

二人目不妊の大きな原因

二人目不妊の大きな原因

二人目不妊の原因は様々ですが、ここでは不妊の原因になっているものを挙げていきます。

二人目不妊の大きな原因

・年齢による妊娠力の低下。
・元々妊娠しにくい体質だった。
・仲良しの回数が減った。
・パートナーが変わった。
・子宮筋腫やクラミジアなどの疾患。
・早発閉経の可能性。

年齢による妊娠力の低下。
年齢が上がってくると卵子の老化が進み妊娠しにくくなってきます。また、基礎代謝の低下やストレスなどで体調が不良になると妊娠する力が低下していきます。

最近は妊娠する年齢も上がってきていますので、二人目不妊と感じたら産婦人科を受診して妊娠できない原因を調べるようにしたほうがいいでしょう。

元々妊娠しにくい体質だった。
元々が妊娠しにくい体質で、たまたま一人目が妊娠できたのかもしれません。例えば卵管の片方が機能していなくて、片方が機能したときに妊娠できたのかもしれません。

妊娠しにくい体質、つまり不妊症などになっていて妊娠できない可能性もあります。まずは、妊娠できない原因を調べることが必要です。

仲良しの回数が減った。
年齢が上がると子育てや仕事が忙しくなり仲良しする機会が自然と減ってきます。仲良ししないと妊娠できないので、妊娠できる確率も下がってきます。

また、仕事や家庭のことで責任が大きくなって強いストレスを受けることも原因となって赤ちゃんができない原因となってしまいます。

赤ちゃんが欲しいと思ったら、夫婦で話し合いストレスを解消して仲良しする機会を増やしていきましょう。

仲良しで不妊解消

パートナーが変わった。
様々な原因でパートナーが変わることがあります。パートナーとの妊娠の相性が二人目不妊の原因となっていることがあります。不妊の原因の半分は男性側にあり、それに気が付いていない場合もあります。

抗精子抗体の存在など、通常の検査では分からないこともあるので、赤ちゃんができないなら夫婦で不妊検査を受けることも選択肢の一つです。

子宮筋腫やクラミジアなどの疾患。
子宮筋腫や子宮内膜症などの婦人科疾患、カンジタやクラミジアなどの感染症などが原因で不妊になることがあります。子宮筋腫は年齢が進むと症状が進行する場合もあるので早めに治療をすることが大事です。

カンジタやクラミジアなどの感染症が骨盤内に炎症を起こして卵管や卵巣が癒着してしまう原因となります。どちらも自覚症状がないことが多いので産婦人科で検査を受けて調べるのもいいでしょう。

早発閉経の可能性。
通常より早く40歳未満で閉経してしまう早発閉経という病気があります。早発閉経が原因で妊娠できないこともあります。早発閉経かどうかは検査することで分かります。

早発閉経の人でも妊娠している例もありますので、早めに治療を開始することが必要です。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


二人目不妊を改善するには

二人目不妊を改善するには

二人目不妊を改善するには、産婦人科で原因を調べると共に、体調を良くしていくことが大切です。年齢が進むと代謝が落ちてストレスも強く受ける傾向があります。

二人目の妊娠を目指すなら、ストレスを上手に解消して体調を良くしていくようにしましょう。まずは生活環境と食生活の見直しをしていきましょう。

不規則な生活は、それだけで体にストレスを与えることになります。なるべく規則正しい生活を心がけて十分な睡眠時間を取るようにしてください。

食事も好きなものばかりではなく、栄養豊富なバランスの良い食事を摂るようにしましょう。外食は栄養が偏りがちになるので自宅で調理するようにしましょう。

二人目不妊にバランスのよい食事

また、体の冷えにも注意してください。体が冷えたままだと血流が滞ってよくありません。体を温める工夫、半身浴をする、体を温めるような根菜類を食べる、冷える前に保温するなど冷えない工夫をしてみてください。

自分が二人目不妊だなんて思ってもみなかったという人も多いようです。特に30代の人は妊娠のリミットが近づいていますので、早めに治療することが大切です。

二人目不妊と高齢

二人目不妊と高齢は。とても深い関係があると言われます。年齢が進むにつれて女性、男性共に妊娠力が低下していく傾向があるためです。

卵子は徐々に老化して37歳を過ぎる頃から急激に機能が低下していきます。このことから不妊治療は早めに始めることが大切になってきます。普通1年夫婦生活を行って二人目が妊娠できなときは不妊と考えて治療を受けることも選択肢の一つです。

二人目不妊と諦めないで原因を治療すれば妊娠できる可能性もあります、妊娠できないなと思ったらすぐに産婦人科受診して原因を調べるようにしましょう。詳しくは二人目不妊と高齢で述べています。

三人目不妊

三人目不妊で悩んでいるなら、まずは体調を整えることから始めましょう。体調が悪くストレスを溜め込んでいると妊娠しにくくなると言われています。

三人目不妊となる原因として、卵子の老化や妊娠力の低下があります。卵子は37歳以降で急激に老化が進むことが知られています。妊娠を望むなら早く妊活を行うことが大切です。

また、育児ストレスや仲良しの回数が減ることも三人目妊娠を妨げる原因になっています。育児や仕事のストレスで妊娠力が低下してしていきます。

卵子の老化は止めることができないので、夫婦で体調を整えてストレスを解消することが大切になってきます。日頃の運動不足を補いストレスを解消するためにも運動することをおすすめします。詳しくは三人目不妊で紹介しています。

この他、不妊治療については不妊治療の種類で詳しく説明しています。参考にしてみてください。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

二人目不妊の原因はどんなこと?

二人目不妊の原因とは

二人目不妊の原因で、大きなものとして妊娠年齢の高齢化があります。晩婚化により結婚する年齢が上がり、二人目を妊娠する年齢も上がってきているからです。

35歳を過ぎると、卵子の数や質が急激に低下していきますので、はやく妊活を始めなければならないのです。

不妊の原因は卵子の老化?

不妊の原因として、卵子の老化が注目を集めています。卵子は年齢と共に老化していきます。37歳を過ぎると質が急激に低下していきます。

卵子が老化してしまうと妊娠する確率も下がってしまいますよね。二人目の妊娠となると、年齢的にも35歳前後から40歳前後となってしまうことも。

妊娠力を高めるには、トランス脂肪酸や活性酸素を発生させる食品は避ける、外食を控える、お酒やたばこを控えるなど、日々の努力も必要になってきます。

ぼやっとしていると、時間は過ぎていくばかりですので、今すぐできることからはじめましょうね。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この次は、卵子老化の原因について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク

卵子老化の原因

卵子が老化する原因として、加齢・ダイエット・ストレス・排卵誘発剤があります。

1.加齢
前にも述べましたが、35歳付近で卵子の数が減り、37歳付近で急激に卵子の質が低下します。年齢がすすむにつれ、流産など妊娠するリスクも高まるので妊娠するなら早いほどよいということになります。

ですが、若いから妊娠しやすいというわけでもなく、早期閉経や排卵障害、生理不順や子宮内膜症など婦人科の病気が不妊の原因になっています。

2.ダイエット
過度なダイエットで急激に体重を落とすと生理が止まることがあります。

また、油抜きのダイエットを行っている人が多いので、卵子を成熟させるホルモンに必要なLDHコレステロールまで制限され、卵子が成熟しないなど弊害が起こってしまいます。

妊娠するには、BMIでいう標準体重が良いようです。

妊娠したいなら、過度なダイエットは避けるようにしたほうがいいですね。

3.ストレス
ストレスも不妊の大きな原因となっています。

ストレスが掛かるとホルモンバランスが崩れてしまいます。

ストレスは、男性側にもいえることです。男性側が強いストレスを感じてしまい正常な精子を作ることができない状態になったります。

妊娠するためには、夫婦生活は必要不可欠なことですので、ストレスのない夫婦生活が送れるように普段からコミュニケーションをとることもだいじなのです。

4.排卵誘発剤
排卵誘発剤の過剰使用も不妊の原因と言われます。

排卵誘発剤を使うことによって、卵子の成熟がうまくいかなくて不妊となってしまうことも。

排卵誘発剤で一般的に用いられているHMGですが、副作用として卵巣が大きく腫れてしまう卵巣過剰刺激症候群(OHSS)になりやすいと言われます。

ですが、この状態が妊娠しやすいという婦人科医もいて難しい問題ですね。

妊娠のリミット

卵子の老化が原因で、妊娠するリミットは40歳前半までと言われています。

妊娠したいと思ったら、今すぐ行動に移すことが大切です。

まずは妊娠しやすい体になるため、必要な栄養素が足りているか考えてみましょう。卵子を成熟させるには、Lカルチニンがよいと言われます。葉酸や鉄分も大事ですね。

男性には、亜鉛やアルギニンといった栄養素が精子を作る上で重要な栄養素となります。

どの栄養素も機能するようになるには、3から4ヶ月かかると言われるので、すぐに摂るようにしてくださいね。このような栄養素をサプリなどで補給して妊娠に備えましょう。

二人目不妊は少なくない

1人目は、普通に妊娠することができ、出産し無事に育っているのに、二人目が欲しくて努力しているにも関わらずなかなかできない。

こういった二人目不妊は決して少なくありません。

二人目不妊も不妊の大きな問題の1つですが、その原因となると1人が不妊とはちょっと違った部分も出てきているようです。

というのは、二人目不妊の原因となっているのが、1人目の妊娠出産に関わっていることもある為です。

1人目を出産する際に、大量の出血があったり、また感染症に感染してしまったりしたことが原因となって二人目不妊ということもありますから、必ずしも1人目を妊娠することができたからといってもう1人も特に問題ないだろうと考えるのは、安易な考えなのかもしれませんね。

また、1人目の不妊で悩んでいる場合と同様に二人目不妊の場合にも年齢などが大きな障害となっていることが多いようです。

女性は、年齢が高くなるに従って妊娠しにくい体になっていきますし、妊娠しても流産のリスクが高くなっていきます。

不妊に高齢化が影響

二人目を妊娠する時の年齢を考えると確実に1人目を妊娠した時よりも高くなっていますし、30代後半から40代ということも少なくないのが現在の状況です。

また、男性でも同様です。

年齢が高くなるにつれて体の機能は衰えていきますよね。

それにともなって性機能も衰えていきますし、1人目の時とは、環境なども変わってきますからそういった事も大きく影響していることもあります。

二人目不妊といっても、もちろん、治療などを行うことで妊娠する可能性はあります、ただし、年齢などを考えると難しいこともあると思いますから、自分の年齢と出産に関しては、早い時期から考えておくようにした方が良いのではないかと思います。

時が経てば経つほど難しくなると考えた方が良いと思うので早めに行動に移しましょう。

妊娠前や妊娠初期には葉酸摂取が大事!

妊娠前や妊娠初期に葉酸が不足することで、無脳症や二分脊椎といった先天性障害のリスクが高くなることが分かっています。

妊娠前や妊娠初期に葉酸が不足しないように気を付けましょう。

食事から必要量を摂取するのは難しいので、サプリからの摂取がおすすめです。厚生労働省もサプリのほうが吸収効率がよいとしてサプリでの摂取を推奨しています。

サプリならつわり中でも無理なく飲むことができます。サプリでの葉酸摂取がおすすめです。妊娠に最適なサプリの選び方については失敗しない!葉酸サプリの選び方で詳しく紹介しているので読んでみてください。

妊娠や不妊に関連する話題は妊娠に関する話題で取りまとめています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

二人目不妊と高齢って関係あるの?

二人目不妊と高齢の関係

二人目不妊と高齢は、大きな関連があります。妊娠できるリミットは40歳前半までです。二人目を考えているなら、今すぐ妊活を始めましょう。

妊娠しやすい体を作ることが大切です。これは、女性だけの問題ではなく男性も一緒にです。パートナーと一緒に体作りと妊活をすすめてくださいね。

まずは、不足していると言われる亜鉛やビタミン、ミネラルを多く含んだ食品を取り入れてみてください。

高齢と妊娠の関係

高齢といっても1人目は、特に何の問題も無く出産できているから、二人目不妊と高齢なんてそんな関係あるとも思えないのだけど・・・という人もいるかもしれませんね。

でも、二人目不妊と高齢とは大いに関係しています。

もちろん、二人目不妊が高齢と全て関係しているということではなく、二人目不妊の場合には、1人目の出産の時に何らかのトラブルがあったり、感染症にかかってしまったりしてそいったことが原因となって二人目不妊となっていることもあります。

しかし、近年の二人目不妊は高齢と大きく関わっていて、1人目を出産した後二人目出産となると30代後半から40代ということも多く、年齢だけで見れば、高齢とは言わないような気もしてしまうのですが、妊娠出産となると高齢ということになっていますようです。

1人目を妊娠出産した時よりも確実に年齢を重ね、体は、妊娠しにくい体へとなっていると考えた方が良いのです。

男女ともに高齢を意識する

もちろん、妊娠しても出産までには、流産などのリスクも確実に高っていますから注意が必要となります。

一昔前であれば、30代前半には、二人目、3人目の出産も済んでいると言う人が多かったと思いますが、近年では、晩婚化の影響から1人目の出産も高齢となることが少なくありません。

これは、女性に限ったことではありません。

男性も年齢を重ねるに従って体の機能は衰えていきますよね。

二人目不妊が高齢でも、これは、男性でも女性でもどちらでも同じように影響してきます。

スポンサードリンク

不妊は夫婦の問題です

不妊と言われると、どうしても女性が注目されてしまいますが、不妊の原因の半数は男性側にあるということが分かっています。

男女とも高齢になれば、妊娠力が衰えていっていることを認識した方がいいでしょう。

特に二人目不妊の場合は、一人目を妊娠できているだけに、中々積極的に妊活を行うことができなくなっています。

不妊と言われてもピンとこない(特に男性側に多い)人も多いので、二人目の妊娠を希望している場合は夫婦間でじっくり話し合う必要があります。

不妊といっても、亜鉛やミネラルを摂取してストレスを解消するだけで妊娠できる場合も多いようです。ストレスをうまく発散して、亜鉛やミネラルをサプリで補ってみましょう。

基礎体温を測るのも大切です。基礎体温を測れば、おおよその排卵日が分かりますので、その日の2・3日前から夫婦生活を行えば妊娠する確率もアップします。基礎体温は、一月測ったぐらいでは分からないので、続けて記録していくのが大事です。

夫婦生活を定期的に持つのもすごく大事です。

一人目出産のあと、育児の忙しさでなんとなくレスになっている夫婦も多いのです。これでは、妊娠そのものができないので解消していきましょう。定期的に夫婦生活を持てるような雰囲気作りも大切ですよ。

男性は、排卵日で「今日は排卵日よ!」と言われるとプレッシャーとなってしまうのです。朝から言うと、この日に限って残業だったり飲みに行ったりしてませんか?

これはプレッシャーから逃れるための行動です。男性はメンタルが繊細なので、こんなことになってしまうのです。

こうならないためにも、普段から親密な関係を作っておくことが大事なのです。例えば、子供を預けて二人で食事に行く、手を繋いでみる、二人でドライブに行くなどがいいと思いますよ。

付き合った当初を思い起こせば、難しいことではないような気がします。

お互い親密になる事によって、定期的な夫婦生活を持てば、妊娠する確率もぐっとアップすると思いますよ。35歳を過ぎている人は、今すぐ始めることをおすすめします。二人目不妊と高齢を意識することなく妊娠しやすくなるのではと思います。

妊娠や不妊に関連する話題は妊娠に関する話題で取りまとめています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

二人目不妊なのかな?

二人目不妊?

二人目不妊を感じたら、体作りからはじめましょう。嗜好品のお酒やたばこは減らして生活リズムを整えます、亜鉛やミネラルが不足しがちなのでサプリで補いながら妊娠しやすくなるようにしましょうね。

二人目不妊になる原因

二人目不妊なのかなと考えている人は決して少なくないと思います。

現在では、一人っ子という家庭もとても多いのですが、子供の将来を考えるとやはり1人よりは、兄弟がいた方が良いと考える夫婦は少なくありません。

でもそこで問題となってくるのが、自分たちの年齢です。

近年、晩婚化が進み年齢が高くなってからの結婚が多いこともあり、妊娠する事が難しい二人目不妊という夫婦は、少なくないのです。

1人目は、なんとか無事に出産することができたが、二人目は、年齢的にも限界で、二人目を妊娠したいと努力しても二人目不妊で妊娠することができないということは、少なくないようです。

もちろん、子供は、1人でも二人でもよいのでしょうが、子供の将来を考えたり、今後の少子化を考えると夫婦二人で子供も1人というのは、先が難しくなってくるのが現実ですよね。

子供がいずれ負わなければならない負担はとても大きなものとなってしまうことが予想されるので、やはり兄弟が欲しいと考えてしまいますよね。

スポンサードリンク

高齢化が原因?

そこで問題となってくるのが、夫婦の年齢です。

どうしても妊娠するには、ある程度の年齢を過ぎてくると妊娠しにくい体となってしまいます。

妊娠するためには、妊娠しやすい体を作ることが大事です。生殖機能を高める栄養素を補って、妊娠できる体質へと改善していきましょう。

もちろん、夫婦で体質を改善していくのが大事です。よく話し合って妊娠できるようにしたほうがいいですね。

妊娠や不妊に関連する話題は妊娠に関する話題で取りまとめています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

二人目不妊は高齢が原因!?

二人目不妊と高齢

二人目不妊は高齢も原因と考えられています。妊娠しやすい体を目指して亜鉛など妊娠に良い栄養素を摂るようにしましょう。マカには亜鉛など妊娠に良い栄養素が豊富に含まれていますよ。

高齢と二人目不妊

二人目不妊は高齢が大きく関わっています。

二人目不妊に悩んでいる人は、とても多いのですが、これは、近年社会問題の1つになっている晩婚化が大きく関わってきているのです。

というのも女性も男性も年齢が高くなれば、それだけ妊娠しにくい体になっていくことは、多くの人が知っていると思います。

晩婚化である程度の年齢になってから結婚し1人目は何の問題もなく、妊娠し出産したとしても、それから二人目となると年齢は高くなってしまい、妊娠しにくい体になっているということが二人目不妊が高齢が原因と言われている要因です。

夫婦で健康に

これは、確かなことで二人目不妊もそうですが、1人目もなかなか妊娠することができなかったり、二人目を妊娠しても流産のリスクが高くなったりとやはり年齢が上がることで妊娠出産には、大きなリスクが付いてくるようです。

また、体だけでなく、ちょうど、社会的にもストレスを受けやすい年齢になていることが多く、ストレスによるホルモンのバランスの崩れなどが大きく影響して二人目不妊となることもあるようです。

これは、女性でも男性でも同様ですから、夫婦二人の体調などが良い状態を維持し、ストレスを溜めないようにすることが二人目を妊娠する為には、必要な最低条件なのかもしれませんね。

晩婚化が大きな原因となって二人目不妊が高齢が原因の為と言われているのでしょう。

晩婚化の問題は本当に深刻なものです。

スポンサードリンク

晩婚化も問題

二人目不妊もそうですが、仮にそういった問題が起きた時には、考えるのに時間が無いということも大きな問題です。

年齢が高ければどうしても、先送りすることができなくなり、より早い治療などが必要となってくるので、妊娠にもあまり余裕というものがなく、考えなければならないと言うことです。

高齢になるにつれ、妊娠ににくくなりますので妊娠したいなら早めに行動しましょう。

まずは妊娠しやすい体を作るのが先です。酒やたばこなど健康に影響があるのものは控え、マカなど栄養価の高い食品を夫婦で摂るようにしましょう。

妊娠や不妊に関連する話題は妊娠に関する話題で取りまとめています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

二人目不妊の原因って何?

二人目不妊の原因

二人目不妊の原因は年齢も考えられます。年齢が高くなると妊娠しにくくなるので妊娠しやすい体を作ることが大切です。お酒やたばこは止めて、マカなど亜鉛やミネラルが豊富に入った食品を摂るようしてくださいね。

二人目不妊の原因は年齢?

二人目不妊の原因ってどんなことがあるのでしょうか?

1人目は何の問題もなく、妊娠し出産したのに、二人目をなかなか妊娠することができないと悩んでいるひとは多いようです。

二人目不妊の原因としては、いろいろと考えられるのですが、まず、最初に理解してほしいのが、1人目を妊娠した時とは、体が違ってきているということです。

年齢からして二人目となると高くなっていますよね。

近年の晩婚化を考えると二人目の妊娠が30代後半になるということも一般的なものとなっているのではないでしょうか。

これはどうすることもできないのですが、年齢が高くなれば、妊娠しにくくなりますし、流産もしやすくなります。

これが二人目不妊の原因の1つになると思います。

スポンサードリンク

不妊は病気も原因

1人目を出産した時に何らかの感染症などによって妊娠しにくくなっていることも考えられます。

でも、多くの場合には、二人目不妊の原因は夫婦お互いの体が以前とは変化してきていることになるのではないかと思います。

お互いに年もとりますし、生活のストレスや疲れも感じやすくなりますから、そういったことが原因となって妊娠しにくい状態になっているのではないかと思います。

でも、これは、仕方のないことですよね。

あまり、気負うことは、逆効果でしょう。

二人目不妊ではないかと考えてしまうことで大きなストレスを感じてしまうことになりますから、ホルモンのバランスが崩れてしまったりしてさらに妊娠しにくい状態になってしまいます。

不妊と考えてしまうのは良くない

1人目の時と同様に妊娠を考えている人も多く、3,4ヶ月妊娠しないでいる為に二人目不妊ではないかと考え込んでしまっている人も多いようです。

妊娠には、様々な要素が必要ですから、もう少し長い目でリラックスすることが大切ではないかと思います。

また、妊娠しやすい体を作ることもとても大切です。夫婦でマカなどで足りない栄養素(亜鉛など)を補って妊娠しやすい体を目指しましょう。

リラックスして二人目妊娠に期待しましょうね。

妊娠や不妊に関連する話題は妊娠に関する話題で取りまとめています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

二人目不妊って思ってない?

二人目不妊?

二人目不妊って思ってないですか?妊娠できない原因は生活習慣や食事にあるかもしれませんよ。お酒やたばこを控え、亜鉛やミネラルなど妊娠に関係する食品を補うことが大切です。マカが多くの栄養素を含んでいるのでおすすめです。

二人目不妊で悩んでる?

最近二人目不妊だと思っている人が多いようです。

その名の通り、二人目の子供を妊娠したいと思っているのに思う様に妊娠できない状態のことですが、実はちょっと違うのです。

二人目不妊と考えている人の場合、安易に二人目不妊と勘違いしていることも多く、実際に、不妊であると言う人とはちょっと違っているようなのです。

不妊では、妊娠できない状態のことになりますよね。

でも、二人目不妊と考えている人の中には、二人目を妊娠したが、流産してしまってと言う人も少なくないようです。

でもこれって確実に妊娠はしたということですよね、それに、二人目ともなるとやはり1人目の時とは違って年齢的にも高くなっていますし、子育てなどで大きなストレスを負っていることも少なくないのですから、流産しやすい状態にあるということになります。

これは、二人目不妊とはちょっと違ってきていますよね。

また、子供を希望してすぐに1人目を授かったのに、二人目がなかなかできないと考えている人の中には、1人目の時と同様に考えていてなかなかできないと=不妊と考えてしまっている人も多いようです。

スポンサードリンク

妊娠は健康な体から

妊娠には、タイミングが重要ですし、健康な体も必要です。お酒やたばこは控えたほうがよいです。

マカなど栄養価の高い食品を摂取し、ストレスを解消するなど妊娠しやすい体作りが必要です。

また、排卵日に夫婦生活をしていても妊娠しないといっても、必ずしも、排卵日であれば、妊娠するということはありませんよね。

その時の体調やホルモンのバランスなど様々な要素が重なってやっと妊娠となるのですから、排卵日だけが重要ということはないのです。

二人目不妊と考えている人は、少し落ち着いてリラックスして見た方が良いかもしれませんよ。

中には、3~4ヶ月の期間妊娠しないから二人目不妊と考えてしまっている人もいるようですから、ちょっとリラックスした方が良いでしょう。

不妊かもと考え込んでしまうことで妊娠しにくい状態はどんどん悪化して行ってしまいますから、少し長い期間で考えた方が良いでしょう。

妊娠や不妊に関連する話題は妊娠に関する話題で取りまとめています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

スポンサードリンク