妊娠したかも?妊娠初期には、右下腹部痛やおしりが痛い、顔のほてりがあることも。

妊娠したかも

妊娠初期におしりが痛い? 右下腹部痛?

右下腹部痛やおしりが痛いなどの症状は妊娠の兆候の一つです。

妊娠したかも?と思われる症状は、妊娠初期症状または超妊娠初期症状と呼ばれるものになります。

このような症状は、普通の生理前の症状と変わらないことも多いので気が付かない人もいます。

ここでは、妊娠初期に多い症状をまとめています。妊娠したかも?と思ったらチェックしてみてください。

妊娠したかも?と思われる症状

妊娠したかも?と思われる症状

妊娠したかも?と思われる症状は、頭痛やほてり、腰痛や下腹部痛など生理前の症状と変わらないものが多くあります。具体的な症状をまとめてみました。

具体的な妊娠超初期症状

妊娠初期の症状は、右下腹部痛やおしりが痛い、顔のほてりなど

妊娠初期には、右下腹部痛やおしりが痛い、顔のほてり意外にも様々な症状が出てくることもあります。

妊娠したかも?症状一覧

・頭痛、頭が痛い。
・顔のほてり、顔が熱い。
・めまい、フラフラする。
妊娠超初期の症状で頭痛、頭が痛い。顔のほてり、顔が熱い。めまい、フラフラする。

・ずっとイライラ、不満。
・気分が落ち込む。
・漠然と不安が大きくなる。
・体が冷える、悪寒がする。
・口内炎ができる、口がヒリヒリ。
・せき、くしゃみ、鼻水、喉の痛み。
・微熱、風邪に似た症状がある。
・不眠、眠たい、眠気が取れない。
・眠れない、浅い眠り。
妊娠超初期症状で不眠、眠たい、眠気が取れない。眠れない、浅い眠り。

・胸が痛い、胸が張る。
・動悸、ドキドキが止まらない。
・息が苦しい、息切れがある。
・胃痛がある、キリキリ痛い。
・ムカムカする、ゲップが出る。
・食欲不振、食欲がない。
・便秘になる、下痢がひどい。
・下腹痛、右下腹部痛。
妊娠超初期症状で右下腹部痛

・子宮が痛い、違和感がある。
・全身がだるい、倦怠感。
・お腹が張っている、ガスが溜まる。
・お腹がチクチク痛い。
・足がむくむ、だるい。
・足の付け根が痛い、股関節が痛い。
・おしりが痛い、尾てい骨に痛み。
妊娠超初期症状でおしりが痛い、尾てい骨に痛み。

・おりものが増える、白くなる。
・にきびができる、吹き出物がでる。

妊娠してるかも?と感じるときは、このような症状が出ていることがあります。また、全く感じない人もいて個人差が大きいようです。

妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠の可能性があるなら、赤ちゃんの先天性異常のリスクにも注意しましょう。

妊娠前の時期から妊娠初期にかけて、葉酸が不足していると、「無脳症」や「二分脊椎」など先天性異常のリスクが高くなることが分かっています。

これは、世界的な疫学的調査で分かっていることで、日本でも、2002年から厚生労働省が妊活中や妊娠初期のママに積極的に摂取するように通知を出しています。

葉酸は、色々な食品に含まれていて、日頃の食事で摂取できますが、不足しているのが現状です。

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように十分に気を付けましょう。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

妊娠初期は食欲がない?食欲がある?

妊娠初期は食欲がない?食欲がある?

妊娠初期には、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンが放出され、卵胞ホルモンや黄体ホルモンのバランスが急激に変化する時期です。

妊娠を維持するために、黄体ホルモンが活性化して子宮を柔らかくする作用が出てきます。この黄体ホルモンの影響で、胃腸の働きが影響が出て便秘になったり下痢になったりすることがあります。

胃腸に作用するので食欲にも影響が出て食欲不振になることがあります。これとは反対に食欲が増して食欲増進になったります。

食欲不振はつわりの影響があるかもしれません。胃のムカムカや吐き気などの症状があるときはつわりが始まった可能性もあります。

どちらにしろ、食欲不振は妊娠12~16週ごろまでに治まっていることが多いです。つわりは妊娠の症状なので、しっかりとつわり対策をして乗り切るようにしましょう。

この他、妊娠超初期の他の症状については、妊娠超初期の食欲で詳しく説明しました。読んでみてください。

この次は、妊娠しているか確かめるには?について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

妊娠しているか確かめるには?

妊娠したかも?

妊娠したかどうかを確かめるには、生理予定日まで(できれば生理予定日より1週間後まで)待って妊娠検査薬を使うと妊娠かどうか分かります。

あまり早い時期、例えば超妊娠初期と呼ばれる時期に妊娠検査薬を使っても判定できないことが多いです。より確実に知りたいなら、生理予定日を過ぎてから産婦人科を受診すれば分かるようになります。

日頃から基礎体温を付けていないと、生理予定日が分からないこともあります。基礎体温を測っていない人は、今すぐ測るようにしましょう。

妊娠が分かったら

妊娠が分かったら

妊娠が分かったら、日頃の服装や食事に気をつけるようにしましょう。

体を締め付けるのは良くないので、スパッツやスキニーは避けてゆったりした服装に替えるようにします。

からだを冷やすような服装も避けたほうがよいでしょう。露出の多い服装は止めて体を冷やさないような服装に変えてみましょう。

食事内容にも気を配りたいところです。妊娠初期には葉酸が良いとされますので、葉酸を摂取するようにしましょう。

妊娠前や妊娠初期には葉酸摂取が大事!

妊娠前や妊娠初期に葉酸が不足することで、無脳症や二分脊椎といった先天性障害のリスクが高くなることが分かっています。

妊娠前や妊娠初期に葉酸が不足しないように気を付けましょう。

食事から必要量を摂取するのは難しいので、サプリからの摂取がおすすめです。厚生労働省もサプリのほうが吸収効率がよいとしてサプリでの摂取を推奨しています。

サプリならつわり中でも無理なく飲むことができます。サプリでの葉酸摂取がおすすめです。妊娠に最適なサプリの選び方については失敗しない!葉酸サプリの選び方で詳しく紹介しているので読んでみてください。

妊娠初期は、鉄分の不足しがちになります。レバーやほうれん草など鉄分の多い食品も摂ってみてください。

妊娠したら食事も大切

妊娠するかも?食事も大事

生活習慣も規則正しいものにしましょう。朝食を抜いている人は、朝食を食べるようにしましょう。

妊娠したかも?と思ったら、妊娠検査薬などで検査をして陽性ならすぐに産婦人科を受診するようにしてください。正常な妊娠かどうか確かめるためです。

子宮外妊娠など体に重大な影響がることがあるので、はやく受診することが大切です。

この他の、妊娠に関わる話題は妊娠したいで紹介しています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

妊娠の自覚症状なし?着床の自覚症状は?

妊娠の自覚症状

妊娠の症状なし?

妊娠の自覚症状は、妊活に積極的で妊娠に敏感になっている人は感じることもありますが、多くの妊婦さんは妊娠した!という症状を感じなかったようです。

症状が軽く感じて、あとから考えるとあれが妊娠の自覚症状だったという妊婦さんも多いです。

この自覚症状があったら妊娠!という明確なものがなく、生理前の症状と非常によく似ているのが自覚症状がない原因かもしれません。

妊娠の症状なし?

妊娠の症状なし

妊娠の自覚症状がなくて、不安に思っているママもいると思います。

生理遅れで妊娠検査薬が陽性で妊娠していることが分かっても、妊娠の症状なしなので実感できないこともありますよね。

実際に、妊娠の症状なしの妊婦さんはどれぐらいいるのでしょうか?

日本産科婦人科学会の学会誌、日産婦誌50巻6号によると、「つわりは全妊婦の50~80%に発症するが,妊娠悪阻の頻度は全妊婦の0.1%前後といわれる」と記載されています。

参考:妊娠悪阻にまつわる諸問題 日本産科婦人科学会

つまり、妊婦さん全体の20~50%が妊娠の症状を感じていないことになります。意外に多くの妊婦さんが症状なしということですね。

症状がなくても、妊娠検査薬が陽性なら妊娠しています。妊婦健診で問題ないなら、過度に心配しないようにしましょう。

関連記事:
妊娠初期症状なし

妊娠自覚症状はいつから?

妊娠自覚症状はいつから?

妊娠自覚症状は、いつから始まるのか気になりますよね。

多くの場合は、妊娠3週後半~4週ごろで受精卵が着床したぐらいから症状が出始めることが多いようです。

中には、排卵日当日の仲良し直後から自覚症状があったという人もいますが、これは早すぎます。一般的に妊娠3週以前には特別な症状は出ないとされています。

妊娠自覚症状の時期は、着床時期である妊娠3週~4週ぐらいから始まるのが多いです。

ですが、この症状は吐き気や頭痛といった症状があり生理前とよく似ている症状です。この他にも、腹痛や腰痛、下腹部痛や股関節痛、強い眠気やだるさなど生理前と同じような症状が出ることがあります。

このような症状を妊娠初期症状(または妊娠超初期症状)と区別していますが、これだ!という症状がないため妊娠したことに気が付かない妊婦さんも多くいます。

自覚症状だけで妊娠は判断できないので、生理予定日または生理予定日1週間後まで待って妊娠検査薬を使って調べるようにしましょう。

関連記事:
妊娠初期・超初期妊娠症状の兆候まとめ!発熱や喉の痛み、筋肉痛、股関節痛はあるの?

妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期ののママに知ってほしいことがあります。

それは、妊娠前から妊娠初期にかけて、重要な栄養素である葉酸が不足すると、「無脳症」や「二分脊椎」など先天性異常のリスクが高くなるということです。

日本でも2002年から厚生労働省が妊活中の女性に対して積極的に葉酸を摂取するように通知を出しています。

葉酸は、日頃の食事でも摂取できますが・・・
妊娠の症状なしでも葉酸摂取を

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように十分に注意してください。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

この次は、妊娠の自覚症状を全く感じない?などを詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠の自覚症状を全く感じない?

妊娠の自覚症状を全く感じない?

妊婦さんの中には、妊娠の自覚症状を全く感じない人もいます。こ先ほども説明しましたが、妊婦さん全体の2~3割の人が症状を感じないという報告もあります。

全く妊娠の症状がないので、不安になる人も多いですが、妊婦検診で問題がないようなら心配することはないようです。

気になることがあれば、すぐに産婦人科に連絡をして指示を仰ぐようにしてください。

吐き気や微熱の症状はいつから?

吐き気や微熱の症状はいつから

妊娠の自覚症状として吐き気や微熱がありますが、いつから始まるのかというと

・吐き気は妊娠4週ごろから
・微熱はずっと続く

このような感じで始まることが多いです。

吐き気は妊娠4週ごろから
吐き気などつわりの症状は、早い人では妊娠4週ごろから始まります。ちょうど着床が起こってhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)が急激に増加する時期です。

妊娠の症状が出始めたときは、妊娠検査薬に反応する時期になっているので検査してみることをおすすめします。

検査できる時期は、生理予定日または生理予定日1週間後です。これより前に検査しないように注意してください。

微熱はずっと続く
妊娠が成立すると、基礎体温でいう高温期の体温がずっと続くことになります。これは妊娠を継続するのに必要なことで黄体ホルモンが関係しているとされます。

熱っぽいことや頭痛など風邪に似たような症状も妊娠の初期症状の一つです。

もし、妊娠の自覚症状に気が付いたら、生理予定日または生理予定日1週間後まで待って検査薬を使って陽性になるか判定してみましょう。

陽性ならほぼ妊娠は確実です。産婦人科を受診して正常な妊娠の確定診断を受けるようにしてください。

妊娠超初期の症状である咳については、妊娠超初期の咳で詳しく解説しました。読んでみてください。

妊娠超初期の症状の動悸については、妊娠超初期の動悸で詳しく解説しました。読んでみてください。

この他、妊娠初期に気をつけることは妊娠初期に気をつけることで、妊娠初期の注意点は妊娠初期の注意点で詳しく解説しています。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいでまとめました。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠希望

妊娠希望

妊娠希望しているなら、自分の体調をよく知ることが大切です。体調が良くなければ妊娠しにくくなってしまいます。まずは体調を知るためにも基礎体温を付けることから始めてみましょう。

基礎体温を測ることで、自分の生理周期や排卵日の目安、病気の有無、ホルモンバランスの乱れなどたくさんのことが分かるようになります。まずは3周期を目標に基礎体温表を付けてみてください。

妊娠希望なら基礎体温から

妊娠希望なら基礎体温から

妊娠したい!と思ったら基礎体温を測る習慣を身につけましょう。基礎体温を測って妊娠しやすい時期を知ることができます。妊娠しやすい時期に仲良しすれば妊娠する確率もアップします。

基礎体温を測ることで、妊娠しにくい原因が分かることもあります。妊娠するために必要な排卵(無排卵)ができないこともあります。これも基礎体温表から推測することができます。

自分の生理周期が分かれば、旅行やイベントの予定が立てやすくなります。体調が優れない時期も分かるようになるので、きちんと自己管理ができるようになります。

妊娠にとって基礎体温表は大切な指標となります。まだ付けていない人は今すぐ始めてみてください。最近は、スマホのアプリでも簡単に付けることができるので便利です。利用してみてください。

妊娠しやすい時期を調べよう!

妊娠しやすい時期を調べよう

妊娠しやすい日が分かれば、妊娠できる確率も上がってきます。基礎体温表から妊娠しやすい時期を調べるようにしましょう。

妊娠しやすい日とは、排卵日付近のことです。正常な生理周期で排卵が行われていれば、低温期の一番最後の日が排卵日付近ということになります。この日に仲良しすることで妊娠確率も上がります。

これはあくまでも妊娠の目安となるもので、正確な排卵日を調べるには排卵日検査薬か産婦人科で超音波検査を行うことによって分かるようになります。

妊娠希望ならまずは、基礎体温表から排卵日を調べて、仲良しするタイミングを計るタイミング法を行ってみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


妊娠できない原因

妊娠できない原因

妊娠できな原因はたくさんありますが、基礎体温表から分かる原因もあります。基礎体温表がガタガタだったり一相だけの人は注意が必要です。

基礎体温表がガタガタだったり一相だけの場合は、排卵が行われない無排卵の可能性があります。無排卵であっても生理が来るので気が付かない人もいるのです。

排卵ができないと受精卵にならないので妊娠することができません。無排卵は治療が必要なので産婦人科を受診するようにしてください。

この他にも、生理周期が早い頻発月経や3ヶ月以上生理が来ない無月経など妊娠できない原因があります。このような婦人科疾患も基礎体温表から分かることが多いのでしっかり体温を測ることが大切です。

タイミング法を3周期ほど実践して妊娠できないときは、産婦人科を受診したほうがいいかもしれません。何か妊娠できない病気になっているかもしれないのです。

具合が悪くないのに産婦人科を受診することは勇気がいることですが、勇気を持って受診するようにしてください。受診するときは夫婦で受診するようにしてください。

不妊の原因は、女性だけでなく男性にもあります。どちらも同じぐらいの割合で不妊の原因があります。不妊の検査は夫婦で行うことが大切です。

特に35歳以上の人は妊娠できる可能性が急激に低下しているので早めに治療を開始することが必要です。

通常は普通の生活で2年以上妊娠できないなら不妊症と呼ばれることになります。最近では1年以内で妊娠できないなら不妊症とする施設も増えてきました。

妊娠希望で、中々妊娠できないと思ったらすぐに治療を開始することが大切です。35歳以上の人は特に急いだほうがいい結果になると思います。

スポンサードリンク

妊娠超初期から症状が出る

妊娠超初期から妊娠の症状が出ることがあります。熱や頭痛、咳といった風邪の症状や胃痛や胸焼けなど胃腸症状も妊娠の症状です。

妊娠超初期のげっぷが出る人もいますね。ムカムカはつわりの始まりかもしれません。

ムカムカやげっぷといった症状は、妊娠によるホルモンバランスの急激な変化で起こることもあります。また女性ホルモンである黄体ホルモンの影響で胃腸の動きが悪くなることもあります。

胃腸の働きが悪くなるため、便秘や下痢になるママもいます。これも妊娠の症状ですが、生理前の症状によく似ていますね。妊娠の可能性があるなら妊娠検査薬で陽性になるか確かめてみましょう。

この他、妊娠希望の人向けの話題は妊娠したいで詳しく紹介しています。参考にしてみてください。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

妊娠したら

妊娠したら

妊娠したら、赤ちゃんとママのために日頃の生活習慣や食事の内容を見直していきましょう。

妊娠初期と呼ばれる妊娠4週~15週までは、ママの体の中でホルモンがダイナミックに変化する時期です。この時期には、赤ちゃんの重要な器官が形成される時期なので、いつも以上に生活や食事に気をつける必要があります。

ここでは、妊娠初期に食べておきたい栄養素や食べるのを控えたほうが良いもの、生活リズムの改善など具体的に紹介していきます。

妊娠したら食事に気をつけよう!

妊娠したら食事に気をつけよう!

妊娠したら、日頃の食生活にも気を配るようにしましょう。妊娠初期の食事は、毎日規則正しくバランスよく食べることが大切です。

この時期は、赤ちゃんの重要な器官を形成する大事な時期です。

特に葉酸を十分に摂取することで神経管閉鎖障害のリスクを低減すると言われています。

妊娠中の葉酸の推奨量は1日当たり400μgとなっています。400μgとは、ほうれん草を毎日200g食べると摂取できる量です。葉酸はブロッコリーや青菜、イチゴなどに含まれます。

しかし、葉酸は食事から必要量を摂取するのは難しいので、サプリからの摂取がおすすめです。厚生労働省もサプリのほうが吸収効率がよいとしてサプリでの摂取を推奨しています。

サプリならつわり中でも無理なく飲むことができます。妊娠に最適なサプリの選び方については失敗しない!葉酸サプリの選び方で詳しく紹介しているので読んでみてください。

特に、妊娠初期にはつわりもあるので食べたり飲んだりが辛いときもあります。こういうときはサプリで補うことも一つの方法です。

妊娠中に摂取したい栄養素

妊娠中はいつも以上に食べるものに気をつけたいですね。

妊娠中に摂取したい栄養素
・鉄分
・カルシウム
・葉酸
・食物繊維
・ビタミンB群
・ビタミンC

このような栄養素をしっかり食べましょう。

鉄分
妊婦にほうれん草

妊娠すると、赤ちゃんのために多くの血液が必要になります。妊婦さんの血液量は普通より多くなりますが、成分が薄くなって貧血になることがあります。

この鉄分不足を補うためにほうれん草や小松菜、あさり、大豆などを積極的に食べるようにしてください。

妊娠前・妊娠初期に絶対必要な葉酸

妊娠初期に葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


カルシウム
妊娠中にミルク

カルシウムは、赤ちゃんの骨や歯を成長させる上で大切な栄養素です。1日当たりの推奨摂取量は650mg。カルシウムは牛乳やヨーグルト、大豆などに含まれます。

ヨーグルトには、乳酸菌やオリゴ糖が入っているのでおすすめの食品です。

葉酸
妊娠の食事には葉酸

妊娠初期に十分な量の葉酸を摂取すると、神経管閉鎖障害のリスクを低減すると言われています。イチゴやほうれん草などに含まれていますが、一日の必要量を食事だけで補うのは難しいのでサプリで補うのも一つの方法です。

妊婦さんに人気の葉酸を含んだサプリはこちら

食物繊維
妊娠の食事にさつまいも

妊娠中は、ホルモンの変化やお腹が大きくなることで便秘がちになります。食事に食物繊維を取り入れて便秘を改善していきましょう。

食物繊維は、さつまいもやワカメ、ゴボウなどに多く含まれています。

ビタミンB群
妊娠中にビタミンB

ビタミンB1は糖質をエネルギーに変換する役目を持っています。ビタミンB6はタンパク質の代謝に関係していてつわりを緩和する働きもあると言われます。

ビタミンB12は、鉄分の合成をサポートする役目を持っています。ビタミンB群は、さんま、豚肉、鮭などに多く含まれています。

ビタミンC
妊娠の食事にビタミンC

ビタミンCは、コラーゲンの合成に関係して鉄分の吸収をサポートする役目を持っています。皮膚や粘膜の健康維持にも必要な栄養素です。

ビタミンCは、イチゴやレモン、赤ピーマンなどに多く含まれています。

妊娠中は控えたほうがよい食品

妊娠中は控えたほうがよい食品

妊娠中は、食べるのを控えたほうがよい食品があります。

・ビタミンA
・まぐろや金目鯛
・ひじき

このような食品は食べるのを控えるようにしましょう。

ビタミンA
妊娠とビタミンA

動物性のビタミンAを含む食品を妊娠初期に毎日食べ続けると赤ちゃんに影響が出ることがあります。ビタミンAは、レバーやうなぎといった食品に含まれます。

レバーは鉄分の含んでいるので、毎日食べたほうがよさそうですが、食べるのは控えるようにしましょう。

まぐろや金目鯛
妊娠中にマグロはNG

まぐろや金目鯛といった食物連鎖の上の方にいる魚は、メチル水銀が多く蓄積されています。水銀は、赤ちゃんの健康に影響を及ぼすことがあるので食べるのは控えたほうがいいでしょう。

ひじき
妊娠とひじき

ひじきには鉄分も多く含まれていて栄養価も高い食品ですが、無機ヒ素が含まれていることが分かりました。赤ちゃんの健康を考えると食べないほうがよい食品です。

スポンサードリンク





妊娠中に摂取したい栄養素

妊娠中の服装は?

妊娠中の服装は?

妊娠したら、服装にも気をつけるようにしましょう。

スキニーやスパッツなど、体を締め付けるものは履かないようにします。また、体の露出が多いシャツや上着は避けて体を冷やさないようにしましょう。

ハイヒールも足に負担が掛かるのでパンプスなどヒールの低い靴に履き替えるようにしましょう。

妊娠中のの服装

このように、妊娠したら食事や服装に気を配っていきましょう。体も心もリラックスした環境を作って赤ちゃんをお迎えする準備していきましょう。

超妊娠初期から症状があることも

超妊娠初期といわれる妊娠3週ごろから妊娠の兆候である色々な症状が出てくることがあります。特に出てくる症状が妊娠超初期の咳や微熱といった風邪に似た症状です。

頭痛や喉の痛み、フラフラするなど風邪に似た症状が出ます。このときは妊娠に気が付いていないママも多く、風邪引いたかな?ぐらいの間隔で過ごしているママが多いです。

妊娠に心当たりがあるなら、風邪薬を飲まないようにしましょう。この時期は下腹部痛や腰痛などの症状もあって、生理前の症状によく似ていることがあります。

妊娠の症状は、生理開始予定日前に現れることが多いので生理が来るのかな?と思ってしまうかもしれません。妊娠かもと思ったら妊娠検査薬を使って確かめてみてください。

この他、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいでまとめています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠かも?と思ったら

妊娠かも?

妊娠かも?と思ったら、まずは自宅で妊娠検査差薬を使って妊娠しているか調べましょう。

陽性反応が出たら、ほぼ100%妊娠しています。妊娠が分かったら、すぐに産婦人科を受診して正常な妊娠かどうか診断を受けてください。

妊娠検査薬では、子宮外妊娠(異所性妊娠)や異常妊娠までは分からないためです。

正常な妊娠であれば、生活習慣や食生活を改善して赤ちゃんをお迎えする準備をします。

妊娠検査薬を使う時期

妊娠検査薬を使う時期

一般的な妊娠検査薬は、生理予定日の1週間後を目安に使用するようになっています。

妊娠検査薬は、尿中のhCGの濃度を測定しています。これは、受精卵が着床して初めて体の中で作られるもので、ヒト絨毛性性腺刺激ホルモンと言われるものです。

hCGの濃度は、妊娠4週目ぐらいから急激に高くなります。これを検知して陽性か陰性かを判定しています。

あまり早くから妊娠検査薬を使うと、妊娠していても陰性となる可能性があります。生理予定日を過ぎても生理が始まらないときは、3日後に再検査するか産婦人科の医師に相談するようにしてください。

生理予定日当日から使用できる妊娠検査薬があります。商品名はチェックワンファストです。ですが、医療用体外診断用医薬品となるため、指定された薬局でしか購入できないので注意が必要です。

次は、妊娠初期の注意点や生活出血運、食生活の改善など重要なことについて詳しく紹介します。

妊娠初期の注意点

妊娠初期の注意点

妊娠検査薬で陽性反応が出たら、すぐに産婦人科を受診して正常な妊娠の確定診断を受けるようにしてください。

妊娠検査薬では、妊娠かどうかは分かりますが正常な妊娠かどうかまでは分かりません。陽性反応が出たら必ず産婦人科を受診して正常妊娠の確定診断を受けるようにしてください。

正常な妊娠が分かれば、いよいよ赤ちゃんをお迎えする準備が始まります。詳しくは妊娠初期の注意点で解説しています。読んでみてください。

妊娠初期の服装

妊娠初期の服装

妊娠が分かったら、肌の露出を避け、体が冷えない服装にチェンジします。体を締め付けると血行が悪くなり赤ちゃんに十分な血液が行き渡らないこともあるので、冷えない服装に替えることが大切です。

スキニーやハイヒールなど、締め付けや体に負担の掛かる服装は控えるようにしましょう。外出するときは上着やマフラー、ストールなどを持参するようにします。

妊娠初期には暖かい服装

妊娠前・妊娠初期に絶対必要な葉酸

妊娠初期に葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


妊娠初期の食事

妊娠初期の食事

妊娠初期には、赤ちゃんとママ、両方に行き届いた食事になるように食生活を改善していきます。

妊娠初期には、葉酸を摂ると良いとされます。妊娠前から12週までに葉酸を摂ることで、神経管閉鎖障害の発症リスクが低減すると言われています。

葉酸は、ほうれん草やモロヘイヤ、いちごなどに多く含まれていますが、、食事から必要量を摂取するのは難しいので、サプリからの摂取がおすすめです。厚生労働省もサプリのほうが吸収効率がよいとしてサプリでの摂取を推奨しています。

サプリならつわり中でも無理なく飲むことができます。妊娠に最適なサプリの選び方については失敗しない!葉酸サプリの選び方で詳しく紹介しているので読んでみてください。

妊娠前・初期に必要な葉酸

妊娠すると便秘になることも!
妊娠すると、ホルモンの影響で便秘になりやすくなります。便秘になると、お腹が張ったりするので便秘解消のために腸の動きを良くする食物繊維を多く食べるようにしましょう。

食物繊維は、1日当たり20~25グラムを目安に食べるようにしましょう。食物繊維は、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維がありますが、両方をバランスよく食べるようにします。

また、腸内環境を整える乳酸菌やオリゴ糖を摂ることも大切です。乳酸菌はヨーグルトや納豆に含まれます。リンゴやバナナに含まれるペクチンや柑橘類に含まれるクエン酸も腸内環境を整えます。

果物は果糖が多く含まれるので食べ過ぎに注意しながらバランスよく食事に取り入れるようにしてください。

妊娠便秘にはフルーツ

妊娠中に控えたい食品

妊娠中に控えたい食品

妊娠初期や妊娠中に食べるのを控えたほうが良い食品があります。

妊娠中に控えたい食品

・ビタミンA
・マグロ、金目鯛、鯨
・ひじき

上記のような食品は、妊婦さんは控えたほうがよいとされます。

ビタミンA
妊娠とビタミンA

ビタミンAは、ウナギや動物性レバーに含まれている食品で、通常の食生活では不足することは少ないとされます。

妊婦さんがビタミンAを過剰摂取すると、赤ちゃんの成長に影響が出る場合があります。

ウナギやレバーなどは鉄分も多く含まれているので、毎日食べたほうが良さそうですが、毎日食べるのは控えるようにしましょう。

ビタミンAの摂取量としては、週に焼き鳥1本程度までを目安としましょう。

参考:お母さんになるあなたへ

マグロ、金目鯛、鯨
妊娠とマグロ

魚介類には、良質なたんぱく質や、EPA、DHAなどの栄養豊富な食品として知られています。

しかし、マグロ、金目鯛、鯨などには水銀が含まれてることが分かっています。摂取できる量は、種類別に細かく規定されています。

食べる目安は下記のページを参考にしてください。
妊婦への魚介類の摂食と水銀に関する注意事項

ひじき
妊娠とひじき

ひじきには、カルシウムや鉄分などを多く含み栄養価の高い食品ですが、英国食品規格庁が食べないように勧告を出しています。

ひじきには、無機ヒ素が多く含まれていることが分かっています。赤ちゃんへの影響を考えると控えたほうがいい食品だと思います。

参考:ひじきに含まれるヒ素|「食品衛生の窓」東京都福祉保健局

妊娠と睡眠

スポンサードリンク

妊娠と睡眠

赤ちゃんが育ちやすい体内環境を作るためにも十分な睡眠が必要です。毎日不規則な就寝時間だったり短い睡眠時間だと体に負担が掛かります。

睡眠不足はストレスやイライラの原因にもなります。

超妊娠初期といわれる時期から、ホルモンバランスの変化で不眠、眠れないといった症状が出てくることもあります。妊娠の症状である不眠は妊娠12週ごろには落ち着いてくることが多いようです。

眠れないと感じたら、寝る前にスマホをいじったりTVを見ることを止めてみましょう。光の刺激を抑えることで睡眠の質を高めることができます。

なるべく規則正しく眠ることが出来るように生活習慣を見直していきましょう。最低でも6時間は眠るようにしましょう。この他、妊娠超初期の症状である睡眠については、妊娠超初期に眠れないで詳しく説明しました。読んでみてください。

妊娠と睡眠

妊娠とストレス

妊娠とストレス

ストレスは、ホルモンバランスに影響を及ぼします。体が疲れやすくなったり頭痛やイライラの原因にもなります。妊娠初期や妊娠中にストレスを溜めないようにすることが大切です。

生活の中にリラックスできる時間を作るようにしましょう。アロマなどもストレス解消に役立ちます。

妊娠でリラックスにアロマ

このように、妊娠かも?と思ったら、生活習慣と食生活を見直すことが大切です。できるだけ栄養や睡眠を取るようにして赤ちゃんをお迎えする準備をしましょう。

妊娠するために必要なこと

妊娠するために必要なことは、健康で代謝が良く生理周期が正しく来ていることです。体型も極端な痩せ型またはBMIでの肥満でないことです。

最新の研究では、体型は妊娠に影響することが報告されていて妊娠できない不妊の原因になるとも言われています。体型と生理が正常に戻ることで妊娠しやすくなります。

妊活を行う際には、ママだけでなくパパも積極的に参加することが大切です。妊娠できない原因は、半分は男性側にあるので、夫婦で妊活をすることが必要になります。

妊娠を希望するなら、妊娠しやすいからだを作っていくようにしましょう。生活習慣や食生活を見直すことによって妊娠しやすい体質へと改善していくことが必要です。詳しくは妊娠するために必要なことで説明しています。

肥満と不妊

肥満は不妊の原因になります。肥満があると、生理不順や無排卵などが起こりやすくなります。何ヶ月も生理が来ない無月経なども妊娠できない原因です。

肥満の人が妊娠できない原因として、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)があります。太りすぎると脂肪細胞から分泌されるアディポネクチンが減少して卵巣の皮を固くして不妊の原因になるのです。

肥満になると、妊娠や出産でも様々なリスクを抱えることになります。たとえば、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病のリスクが増えたり妊娠線ができやすい、疲れやすくなるなどです。

また、出産するときも産道に脂肪が付いて産道狭くなったり児頭回旋異常が起こりやすくなったり会陰切開や裂傷の傷が治りにくい、弛緩出血を起こしやすくなるなどリスクが高くなります。詳しくは肥満と不妊で説明しています。

この他、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで詳しく紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしていください。

赤ちゃんが欲しい

赤ちゃんが欲しい

赤ちゃんが欲しいなら、今すぐに妊活を始めてください。卵子の老化は待ってくれません。妊娠できる確率は若いほど大きくなるので今すぐ始めましょう。

ここでは、赤ちゃんが欲しい人へ向けて、妊娠できる方法を紹介してます。中々妊娠できないと思ったら読んでみてください。

妊娠できない理由

妊娠できない理由

赤ちゃんが欲しいと思っても妊娠出来ないことがあります。妊娠に至るまでは19のステップがあると言われますが、たった一つ機能しないだけでも妊娠できないのです。

妊娠できないのは何かしら原因があります。原因を調べて治療を行えば妊娠できる確率もアップしていきます。

妊娠できない理由

・生理が極端に早い・遅い。
・子宮・卵巣・卵管などに異常がある。
・ホルモンバランスが乱れている。
・仲良ししてない、レスである。
・パパに異常がある。

生理が極端に早い・遅い。
生理が月二回来るなど極端に早い場合や3ヶ月以上生理が来ない人は妊娠しにくいと言われます。生理が極端に早い・遅い人は排卵が起こっていない可能性があるためです。

排卵が起こらないと妊娠できません。卵子と精子が出会うことがないので妊娠できないのです。生理が早いまたは遅い人はすぐに病院を受診して治療を受けることが妊娠への第一歩となります。

子宮・卵巣・卵管などに異常がある。
妊娠で重要な器官である子宮・卵巣・卵管などに異常があると妊娠しにくくなります。これらの器官に異常があると出血など症状を伴うこともありますが無症状の場合もあります。

症状がないので、病気の発見が遅れるときもあるので、妊娠できないと思ったら婦人科を受診するのも選択肢の一つです。

ホルモンバランスが乱れている。
妊娠に関連するホルモンが脳の下垂体や視床下部から出たりコントロールしているのですが、上手くコントロールできずにバランスが崩れていても妊娠できない理由となります。

治療で治る場合も多いので、一度ホルモンバランスを調べることをおすすめします。

仲良ししてない、レスである。
赤ちゃんが欲しいときは仲良することで妊娠できます。仲良ししてないレスの状態では自然妊娠できないのです。仲良しせずに妊娠を希望する場合は体外受精や顕微授精を行うことで妊娠できる可能性があります。

パパに異常がある。
不妊の原因の半分は男性にあります。このことは認知度が低くパパ自身も自分に異常があるとは思っていません。なので、赤ちゃんができないことで病院を受診するときはパパも一緒に調べてもらう必要があります。

このようなこともありますので、普段から良好な関係を保つことが大切になってきます。

このように様々な原因があるので、妊娠できないと思ったら、早めに不妊外来を受診することも妊娠する確率を高める方法です。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


赤ちゃんが欲しいならやるべきこと

赤ちゃんが欲しいならやるべきことがあります。一つ一つ丁寧に行うことで妊娠へ近づくことができますので確認してみてください。

今からやるべきこと

・生理不順なら改善する。
・子宮・卵巣・卵管に病気がないか確認する。
・自分の正確な排卵日を調べる。
・生活習慣を見直す。
・食生活を改善する。
・ストレスを解消する。
・パパと仲良しする。
・あまり意気込まない。

生理不順なら改善する。
生理不順だと妊娠できる確率が下がってしまいます。生理が早い・遅い人は生理不順を治療してから妊活を始めてください。生理不順が治療できると体の調子も良くなりますよ。

子宮・卵巣・卵管に病気がないか確認する。
子宮・卵巣・卵管に病気があると妊娠しにくくなります。これらの病気を治療して妊娠しやすい体作りを目指しましょう。病気の中には完治が難しいものがありますが、排卵誘発剤などを使って妊娠できる環境作りを行うときもあります。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


自分の正確な排卵日を調べる。
排卵日当日に仲良しすると妊娠できる確率が高まります。排卵日当日が妊娠率が高くなるので、排卵日を正確に予測することが大切です。

排卵日を正確に予測するには、排卵日検査薬を使うか病院で超音波検査を受けることで調べることができます。

生活習慣を見直す。
不規則な生活は、妊娠に影響を及ぼします。できるだけ規則正しい生活を送れるように改善してみてください。

食生活を改善する。
外食やコンビニ弁当などでは、十分な栄養を摂ることはできません。妊娠しやすい食事などはないのですが、できるだけ栄養豊富な食品を食事に取り入れてみましょう。

ストレスを解消する。
ストレスも妊娠に大きな影響を与えます。ストレスがあると生理が止まったり、パパは精子の数が減少したりします。心身共に健康になるようにストレスを解消していきましょう。

パパと仲良しする。
排卵日当日に仲良しすると妊娠できる確率が高まりますので、当日に仲良しできるように準備しておきます。普段から仲良ししておくといい結果に繋がります。

あまり意気込まない。
あまり妊娠にこだわり過ぎてしまうと、それ自体がストレスとなり妊娠しにくくなってしまいます。難しいところですが、リラックスして妊活するといいようです。

このようなことを改善していくことで妊娠へ近づくことができます。赤ちゃんが欲しい人は参考にしてください。

超妊娠初期の症状

超妊娠初期といわれる妊娠3週ごろから出てくる症状をいくつか紹介します。頭痛や喉の痛み、微熱といった風邪に似た症状が出ることが多いです。

また、生理前のような下腹部痛や腰痛が症状として出ることがあります。胸の張りや乳首が敏感になる症状もありますね。

口内炎ができたりイライラする、不安定になることもあります。息苦しくなったり動悸や息切れがすることもあります。

股関節が痛くなったり、太ももが張る、骨盤あたりに痛みを感じることもあります。食欲不振や全身倦怠感、だるさや眠気が強い症状もあります。

しかし、どの症状も生理前の症状とよく似ていて妊娠と生理を見分けることは難しいです。詳しい症状は超妊娠初期を参照してください。

スポンサードリンク

赤ちゃんが欲しいならやるべきこと

妊娠のトピックスは妊娠したいで、妊娠全般の話題は妊娠に掲載してます。

妊娠と生理

妊娠と生理

妊娠は、生理予定日を過ぎても生理が来ないので「もしかして妊娠?」と気が付く人も多いようです。

また、妊娠しているのに生理のような出血が来てびっくりする人もいます。

妊娠すると生理は来ないのですが、生理のような出血を起こすことがあります。これは、着床時出血と呼ばれるもので、妊娠の初期症状として知られている症状の一つです。

しかし、妊娠してなくても出血を起こす病気もあるので注意してください。

妊娠初期には生理のような症状

妊娠初期には生理のような症状

妊娠初期には、着床時出血のような出血の他にも生理前の症状と似たような症状が出るときがあります。

このような症状を超妊娠初期症状、妊娠初期症状と呼びます。この症状を感じて妊娠したと思う人は少なく、妊娠が分かってあのときは初期症状だったと思う人が多いです。

私も、最初は風邪かな?と思ってました。

次は、妊娠初期症状と妊娠以外の出血を起こす病気について詳しく紹介していきます。

スポンサードリンク





妊娠初期の主な症状

妊娠初期の主な症状

妊娠初期には、色々な症状が現れることがあります。

妊娠初期に出る主な症状
・頭痛
・微熱
・イライラ
・風邪のような症状
・くしゃみ
・鼻水
・ぼーっとする

妊娠初期で頭痛

・喉が痛い
・胸が張る
・胸が痛い
・胸がムカムカ
・吐き気
・みぞおちが痛い
・キリキリと胃痛
・腹痛
・腰痛
・下腹部痛
・子宮が痛む
・チクチクした腹痛

妊娠初期にムカムカ

・足の付け根が痛い
・股関節が痛い
・足がむくむ
・肌荒れ
・にきび

妊娠初期には、このような症状が現れやすいといいます。

しかし、頭痛や腹痛といった症状は普段の生理前に起こる症状なので、これだけで妊娠したと気が付く人は少ないようです。

超妊娠初期とは?

最近では、妊娠0週~3週までの期間を超妊娠初期といって区別するようになってきました。超妊娠初期の期間は、受精から着床までの間の期間です。

妊娠0週は、最終月経開始日です。この時期は妊娠に関連することは何も起きていないので、腹痛や腰痛などの症状が出ることはありません。

超妊娠初期に出血があるとすれば、生理が始まったか不正出血の可能性があります。また、妊娠1週でも同様に生理か不正出血の可能性があります。

妊娠3週ぐらいになると、着床するときに起こる着床出血の可能性も出てきます。生理が遅れているな?と感じたら妊娠検査薬を使って妊娠かどうか確認するようにしましょう。詳しくは超妊娠初期で解説しています。

妊娠前・妊娠初期に絶対必要な葉酸

妊娠初期に葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


生理予定日を過ぎたら検査を

生理予定日を過ぎたら検査を

生理予定日を過ぎても生理が来ないときは、妊娠検査薬で妊娠していないか検査してみましょう。

妊娠検査薬は、通常生理予定日の1週間後より使用できるようになっていますが、生理予定日当日から使用できる検査薬(商品名:チェックワンファスト)もあります。

妊娠検査薬で陽性反応が出ると、ほぼ100%妊娠しているので、早めに産婦人科に行って正常な妊娠かどうか診断してもらうようにしましょう。

妊娠検査薬では、正常な妊娠かどうかまでは分かりません。子宮外妊娠(異所性妊娠)や胞状奇胎など、正常な妊娠でない場合もありますので、陽性になったら早めに産婦人科を受診するようにしましょう。

妊娠以外の出血

妊娠以外の出血

妊娠したときの着床時出血の他にも、妊娠には関係のない出血を起こすことがあります。

出血を起こす病気として、子宮筋腫・子宮内膜症・子宮頸管ポリープ・無排卵・感染症などがあります。

このような病気の中には、妊娠できない不妊の原因になるものがありますので、生理以外の出血があったらすぐに産婦人科を受診して原因を調べるようにしましょう。

この他、生理周期全般の話題は生理周期でまとめました。読んでみてください。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠できないと思ったら?

妊娠できないと思ったら?

妊娠できないと思ったら、最初にやるべきことがあります。

それは「不妊外来を受診」することです。

最初から不妊外来を受診することに抵抗があるかもしれませんが、自己流で妊娠できないのなら、何かしら妊娠できない原因がある可能性があります。

なぜ、不妊外来を受診するの?

なぜ、不妊外来を受診するの?

なぜ、普通の産婦人科ではなく「不妊外来」を受診するのでしょうか?

それは、不妊外来は不妊を専門に治療する病院だからです。

通常の産婦人科では行わないような検査も実施することがあるので、通常の産婦人科より妊娠できない原因をより詳しく調べることができます。

妊娠を理由に受診するなら、不妊外来を受診することをおすすめします。

外来受診は夫婦で

不妊外来を受診するときは、夫婦で受診することが大切です。

妊娠できない不妊の原因は、男女同じぐらいの割合であります。男性側に同じぐらい不妊の原因があるので、夫婦揃っての受診が大切になります。

自己流の妊娠法は短期間で

不妊外来でも指導されているタイミング法など、自分でも試すことができる妊娠法があります。

しかし、自己流の妊娠法は間違っている、タイミングが合っていないなど成功しないことも多いので、2周期ぐらい試して妊娠できないなら、早めに不妊外来を受診することをおすすめします。

最近の晩婚化で、妊娠する年齢も高齢化が進んでいます。卵子もどんどん老化するので、早めに妊娠できない不妊の原因を調べることが大切です。

この他、不妊の原因については不妊の原因で詳しく紹介しています。

妊娠超初期の症状である睡眠については、妊娠超初期に眠れないで詳しく説明しました。読んでみてください。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

妊娠しにくい人の特徴

妊娠しにくい人の特徴

妊娠しにくい人には、ある特徴があると言われています。

これから紹介する妊娠しにくい原因に当てはまると妊娠しにくくなると言われます。これらを改善して妊娠しやすい体質を目指すようにしましょう。

妊娠しにくい原因

妊娠しにくい原因

妊娠しにくい原因として、次のようなものがあります。

妊娠しにくい原因
・生活が不規則
・年齢が高い(高齢)
・生理不順
・酒、たばこを吸う
・冷え症
・仲良しがない
・夫婦の関係が悪い
・染色体異常や免疫型の相性が悪い

このようなことに当てはまると、妊娠しにくくなる傾向が強いです。

生活が不規則
食事の時間が不規則だったり睡眠時間が不足すると、体にストレスを与えることになって妊娠しにくくなります。

これは、夫婦共に言えることで家庭環境を改善することが大切になります。

年齢が高い(高齢)
年齢が高くなると、妊娠できる確率が下がってくることが分かっています。さらに流産する確率も高くなるため、妊娠できても出産まで継続できない傾向が強くなります。

生理不順
生理不順があって生理が不安定になると、排卵する時期も不安定になって、受精するタイミングがズレて妊娠しにくくなります。

酒、たばこを吸う
お酒を飲んだりたばこを吸っていると、体に影響があると言われています。特にたばこは、体の血流を悪くするので止めたほうがいいでしょう。

たばこは、妊娠できても早産や低体重児を出産するリスクが増えます。

冷え症
冷え症を改善することで、体の代謝が良くなって健康になります。ホットヨガなどに通い始めて妊娠できた人も多いようです。

仲良しがない
仲良しをしないと妊娠できません。妊娠を目指すなら、定期的に仲良しをするようにします。

夫婦の関係が悪い
ストレスも妊娠へ影響すると言われています。夫婦の関係が悪いと妊娠へ影響することが心配です。

染色体異常や免疫型の相性が悪い
パパやママの染色体に異常があると妊娠へ影響を及ぼすことがあります。また、免疫型の相性が悪いと妊娠できない着床障害になることがあります。

それでは、どうしたら妊娠しやすい体になるのでしょうか?

この次は、妊娠しやすい体作りについて詳しく紹介します。まだまだ続きます。

妊娠しやすい体を作る

妊娠しやすい体を作る

妊娠しやすい体を作るには

・できるだけ早く妊活に取り組む
・体の冷えをとり代謝を上げる
・生活習慣を改善する
・仲良しの回数を増やす
・妊活は夫婦で取り組む

このようなことが大切になります。

できるだけ早く妊活に取り組む
上記でも説明しましたが、年齢と妊娠には大きな相関関係があります。

妊娠できる確率は35歳を過ぎると急激に低下します。40歳を過ぎるころには妊娠が困難な状態になります。

年齢を重ねるたびに卵子が老化していくので、できるだけ早く妊活を始めるようにしましょう。

体の冷えをとり代謝を上げる
体の冷えを改善すると、代謝を上げることができて血の巡りが良くなります。血流を改善することで妊娠を目指します。

生活習慣を改善する
睡眠不足や栄養不足にならないように、

仲良しの回数を増やす
仲良しの回数が少ないと、それだけ妊娠できるチャンスが少なくなります。日頃から定期的に仲良しすることが大切です。

妊活は夫婦で取り組む
妊活は一人ではできません。夫婦揃って妊娠を目指すことがとても大切です。

妊娠を真剣に考えるなら、パパと一緒に妊活に取り組むことが必要です。

このように、健康な体作りを目指すことで妊娠しやすい体作りを行いましょう。

妊活中は、先天性異常のリスクに注意!

妊活中は、先天性異常のリスクに注意!

妊活中のママに知ってほしいことがあります。

それは、妊活中から妊娠初期にかけて、重要な栄養素である葉酸が不足してしまうと、「無脳症」や「二分脊椎」など先天性異常のリスクが高くなるということです。

これは、世界的な疫学的調査で判明したことで、日本でも2002年より厚生労働省が妊活中のママに対して葉酸を積極的に摂取するように通知を出しています。

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように注意してください。

詳しくは、下記ページで解説しているので読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

この他の妊娠に関連する病気は妊娠しにくい病気で詳しく紹介しています。

妊娠超初期の症状である咳については、妊娠超初期の咳で詳しく解説しました。読んでみてください。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

妊娠前の症状まとめ

妊娠前の症状

妊娠前の症状は、普段の生理前の症状と変わらないことが多く、自分では妊娠したと気が付かない人も多くいます。妊娠したことが分かって、初めて妊娠前の症状だったと思うかもしれません。

妊娠前の症状として一番大きなものは、生理予定日になっても生理が来ないことです。予定日から数日経ってから妊娠検査薬を使って妊娠が分かった人も多いと思います。

ここからは、この他の症状について紹介します。

妊娠前の様々な症状

妊娠前の様々な症状

主な妊娠前の症状
・微熱や頭痛
・顔のほてり
・ぼーっとする
・眠気が強い
・のどがイガイガ
・のどが痛い
・胸の張り、痛み
・重い肩こり
・胃の不快感
・胃がムカムカする
・胃痛
・腰痛
・下腹部痛
・左右どちらかの下腹部痛
・チクチクした腹部の痛み
・腹部の鈍痛
・足の付け根が痛い
・股関節痛
・肌荒れ、ニキビ

このような症状の他にも様々な症状が現れることがあります。この他、妊娠超初期の症状のげっぷについては、妊娠超初期のげっぷで詳しく説明しました。読んでみてください。

なんで体調が悪くなるの?
妊娠初期には体調が悪くなることが多くあります。なぜ、体調が悪くなるかというとホルモンバランス大きく変わってくるのが原因の一つと考えられています。

急激にホルモンバランスが変わってくるため、体調面に影響を及ぼすと言われています。

しかし、このような症状が出たからと言って妊娠しているとは限りません。生理前にも似たような症状が出るため、症状だけで妊娠したかどうかは判断できません。

妊娠したかどうかは、生理予定日1週間後ぐらいに妊娠検査薬を使うと分かるようになります。妊娠の可能性があるなら、妊娠検査薬を使って調べるようにしましょう。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この次は、妊娠前のおりものについて詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠前のおりもの

妊娠前のおりもの

妊娠前のおりものが増えたという人と変わらないという人に分かれていて個人差が大きいようです。ここでは、妊娠前におりものが増える理由について紹介します。

妊娠前におりものが増える理由

妊娠すると黄体モルモンがエストロゲンと相互作用しておりものが増えることがあります。逆におりものが少なくなった人もいて個人差が大きいようです。

排卵日のおりものとは違った感じになることもあって、一概に増えるとは言い切れないところがあります。

おりものが増えてくると、雑菌が繁殖しやすくなるので、おりものシートをまめに変える、下着は清潔にするなど常に衛生的になるように心掛けましょう。

ウォシュレットなどのビデで洗いすぎると逆効果でです。注意してください。

妊娠前の症状がない?

ある一定の割合で、妊娠前の症状がない人がいます。妊娠してからもつわりなど妊娠初期症状を感じない人も意外と多くいるようです。

症状がないからといって異常ではありません。妊婦健診で異常なしなら過度に心配するのは避けるようにしましょう。

また、症状が軽いので気が付かないだけかもしれません。まずは、自分が妊娠しているか確かめることが先決です。

妊娠前の症状だけで妊娠したとは分かりません。一番確実なのは、産婦人科で妊娠を確認することです。あまり早い時期に受診すると妊娠しているか分からないことがあります。

生理予定日まで待って受診するようにしましょう。

この他、妊娠したときの症状は妊娠の症状で、妊娠とも関連が深い生理周期については生理周期で詳しくまとめています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

妊娠してるかチェック!

妊娠してるかチェック

妊娠してるかチェックするには、妊娠検査薬(妊娠判定薬)を使って調べるのが確実です。妊娠検査薬は、フライング使用しても正確な判定はできないので、必ず検査日を守るようにしましょう。

妊娠のチェックは、今の症状や気分で判定できるものではありません。ちょっと体調が変わったからといって妊娠しているとは限りません。

本当に妊娠しているか知りたいなら、妊娠検査薬を使える時期まで判定することが必要です。焦る気持ちは分かりますが、きちんと生理予定日まで待ってから検査するようにしましょう。

妊娠の症状からでは分からない?

妊娠の症状からでは分からない?

妊娠前は、色々な症状が現れることが知られています。ですが、症状が出ているからといって妊娠しているとは言えません。

妊娠前の具体的な症状とは、

・頭痛や微熱などの風邪の症状。
・眠気やだるさ。
・ムカムカや胃痛。
・便秘や下痢。

このような症状を感じた妊婦さんが多いです。

症状が出たときは、妊娠しているとは思っていなかったという妊婦さんも多いのが現状です。

妊娠超初期は眠れないことも

妊娠超初期から眠れない、眠りが浅いなど不眠に関わる症状があります。寝付きが悪く、眠ってもすぐに起きてしまうなど体に負担になりますね。

夜眠れないと、昼間から眠たい症状が続くことになって、ますます夜に眠れないようになってしまいます。昼寝をすると少しは改善できるかもしれません。

妊娠初期は不安になることも多いので、そのせいで眠れないのかもしれません。これとは反対に、いくら寝ても眠い、眠気が強い症状があって個人差がおおきいようですね。

睡眠薬を飲むことは絶対にダメなので、産婦人科の医師とよく相談するようにしてくださいね。

この他、妊娠超初期の症状については、妊娠超初期に眠れないで詳しく説明しました。

最も信頼できる妊娠チェック法は?

一番信頼できる妊娠のチェック法は、産婦人科で検査してもらう方法です。

産婦人科では、妊娠検査薬や超音波検査などで妊娠をチェックします。妊娠の早い時期に受診すると分からないこともあります。

そのときは、時間を置いてから受診するようにすすめられます。

産婦人科では、妊娠の有無の他にも正常な妊娠かどうか診断できます。

妊娠検査薬が陽性になったら、産婦人科を受診するようにしてください。子宮外妊娠や胞状奇胎など異常な妊娠でないことを確かめる必要があります。

妊娠検査薬では、分からないことも診断できるので、産婦人科を受診することをおすすめします。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この次は、妊娠するために必要なことについて詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠するために必要なこと

妊娠するために必要なこと

妊娠するために必要なことは、「健康で体調が良い状態にすること」です。

当たり前のことですが、病気があったり生理不順があったら、妊娠しにくい体質となります。中でも生理不順は、不妊の原因になることもあって注意が必要です。

自分の生理周期が分からない人は、基礎体温を測って記録することから始めましょう。

妊娠しやすい体作り

妊娠したいと思ったら、まずは妊娠しやすい体作りから始めましょう。

妊娠しやすい体を作るためには

・1日3食きちんと食べる。
・適度な運動を行う。
・十分な睡眠を取る。

このようなことを実践して体を作っていくようにしましょう。

食事は体の基本です。忙しいからといって朝食を抜く人も多いですが、これでは栄養不足になってしまいます。

適度な運動と良質な睡眠を取るためにも食事はきちんと食べるようにしましょう。

もう一つ大事なのは、「パパと一緒に妊活をする」ことです。妊娠は一人ではできません。パパも積極的に妊活を行うように、日頃からコミュニケーションを取ることがすごく大事です。

1年以上妊活を行って妊娠できないときは不妊症の可能性があります。一度産婦人科を受診して原因を調べるようにしてください。

この他、妊娠初期に気をつけることは妊娠初期に気をつけることで、妊娠初期の注意点は妊娠初期の注意点で詳しく紹介しています。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいでまとめました。読んでみてください。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠前の症状はどんな感じ?

妊娠前の症状

妊娠前の症状はどのような感じになるのでしょうか?

妊娠の兆候として、様々な症状が現れることがありますが、それを感じる人と感じない人に分かれます。感じなかったと言う人も、あとから考えると妊娠の症状だったということも多いです。

症状は、普段の生理前や風邪のものとあまり変わらないため、妊娠したことを分からない人も多いです。

妊娠前の症状はこんな感じ

妊娠前の症状はこんな感じ

妊娠前の症状として多いのが、眠気やだるさです。少しぼーっとするぐらいの眠気から眠たくてたまらないものまで個人差があるようです。

この他にも、便秘や下痢といった胃腸症状、腹痛や腰痛などの生理前症状とよく似たもの、頭痛や微熱、喉の痛みなど風邪のような症状もあります。

この症状があれば妊娠!といった妊娠特有の症状はありません。普段でも起こりがちな症状なので、自分が妊娠していると気が付かない人も多いです。

この次は、症状よりも周りの人が気が付く?などを紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





症状よりも周りの人が気が付く?

症状よりも周りの人が気が付く?

ママが症状を感じる前に、周りの人が妊娠に気が付くことがあります。

自分の母親や親しい友人が気が付いて「妊娠した?」と聞いてくることも。

自覚症状がないので、妊娠検査薬で陽性が出ると、自分でビックリすることがあります。

保育士や保母さんが妊娠に気が付くことも
上にお子さんがいらっしゃる家庭は、保育園や幼稚園に通っていることもありますよね。

そこで、保育士や保母さんが妊娠していることに気が付くケースも多いです。

上の子が急に赤ちゃん返りしたり、おままごとを長く遊ぶなど変化をみてピンとくるようですね。

上のお子さんが気が付くこともある。
上のお子さんが先に妊娠に気が付くこともあります。急に抱っこをせがむ、ミルクを欲しがる、おっぱいを飲みたがるなど、赤ちゃん返りすることがあります。

また、ママのお腹をなでなでしたり、夢で赤ちゃんに会った話をしたりするなど、何か不思議なことが起こって妊娠に気が付くようです。

妊娠前の症状がない?

妊娠前の症状がない?

妊娠前の症状がない?と不安になることがありますが、心配することはありません。

妊娠検査薬で陽性になり、産婦人科で正常な妊娠が確認されれば、異常ではないので心配しないようにしましょう。

軽い眠気や吐き気も妊娠前の症状ですが、それを気にしないので症状がないように感じることもあります。

この他、妊娠初期に気をつけることは妊娠初期に気をつけることで、妊娠初期の注意点は妊娠初期の注意点で詳しく紹介しています。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで解説しました。

妊娠超初期の症状である食欲については、妊娠超初期の食欲で詳しく説明しました。読んでみてください。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

二人目妊娠の兆候

二人目妊娠の兆候

二人目妊娠の兆候は、「一人目と同じだった」「一人目とは違っていた」と言う意見に分かれていて個人差があるようですね。

・一人目では、何の兆候も感じなかったのに、二人目は吐き気を感じた。
・一人目も二人目も激しいつわりだった。
・どちらも風邪のような症状があった。

このような意見が多かったです。

妊娠の兆候は、性別や産まれる時期によって変わることはなく、二人目だからといって特別な症状は出ないことが多いようです。

妊娠の兆候は上の子が感じる?

妊娠の兆候は上の子が感じる?

二人目妊娠の兆候は、上のお子さんが感じ取ることもあります。

・急に赤ちゃん返りする。
・おうちに男の子が来るの。
・お人形でおままごと。
・おっぱいを欲しがる。
・ママのお腹をなでる。
・ピッタリくっついてくる。
・はいはいする。
・バブバブ言っている。
・抱っこをせがむ。
・タオルや洋服を被る。
・お腹に赤ちゃんが!と叫ぶ。

こんなしぐさで妊娠を言い当てるお子さんもいます。何か不思議なことが起こっているのかもしれません。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この次は、妊娠の兆候を感じたらすることについて詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠の兆候を感じたら

妊娠の兆候を感じたら

二人目の妊娠なので、分かっているとは思いますが、妊娠の兆候を感じたら、すぐに行うことを紹介します。

・薬には気をつける。
・葉酸を摂取する。
・体の冷えを取る。
・肌の露出を避ける。
・ストレス解消。

妊娠かな?と思ったら、こんなことに気をつけましょう。

薬には気をつける。
妊娠初期に、服用を控えたほうがよい薬があります。自己判断で薬を飲まないようにして、必ず産婦人科の医師と相談してから飲むようにしましょう。

葉酸を摂取する。
妊娠前と初期に葉酸を摂取することで、先天性異常のリスクを軽減できることが分かっています。妊娠したら、色々な食品から栄養を摂取することが大切ですが、つわりなどで食べられないときはサプリを利用するのもいいでしょう。

食事から必要量を摂取するのは難しいので、サプリからの摂取がおすすめです。厚生労働省もサプリのほうが吸収効率がよいとしてサプリでの摂取を推奨しています。

サプリならつわり中でも無理なく飲むことができます。サプリでの葉酸摂取がおすすめです。妊娠に最適なサプリの選び方については失敗しない!葉酸サプリの選び方で詳しく紹介しているので読んでみてください。

体の冷えを取る。
体の冷えは、体内の血行を悪くしてしまいます。特に下半身が冷えないような工夫をしましょう。

体を締め付ける補整下着やスキニーは血行を悪くするのでスカートなどにチェンジします。ハイヒールも血行に影響するので、ヒールの低いパンプスなどを履くようにしましょう。

肌の露出を避ける。
デコルテラインを見せるようなものやホットパンツなど、肌の露出が多い服装は避けるようにします。

なるべく保温性の高い服装に着替えるようにします。

ストレス解消。
ストレスも体調を崩す原因です。友達と女子会を開いたり趣味に打ち込むなど、ストレスを上手に解消して溜め込まないようにしましょう。

二人目妊娠の兆候は、自分より周りの家族や保育園の先生が気が付くことも多いです。うえのお子さんも気が付くこともあるので楽しみに待つようにしましょう。

この他、妊娠初期の兆候については妊娠の兆候で、妊娠初期症状や兆候については妊娠初期・超初期妊娠症状の兆候まとめで詳しく紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠のサイン

妊娠のサイン

妊娠のサインで気が付きやすいのは、生理予定日になっても生理が来ないことです。通常の生理でも2・3日のズレがあるとされますが、1週間も遅れていると妊娠したかも?と気が付くことが多いようです。

この時期には妊娠検査薬を使用できるので、心当たりがある人はすぐに使って妊娠しているかどうか調べてみましょう。

妊娠のサインと兆候

妊娠のサインと兆候

妊娠のサインや兆候は、様々な形となって現れます。ですが、生理前の症状と非常によく似ていて見分けるのは困難です。妊活中で妊娠に敏感になっている人は分かる場合もあります。

妊婦さんが感じた妊娠のサイン

・生理予定日数日前に出血。
・おりものの量が増える。
・生理前のような症状。
・風邪に似た症状。
・妊娠の予兆を感じた。

こんな妊娠のサインや兆候を感じた人が多いようです。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この次は、サインや兆候について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





どんなサインや兆候?

どんなサインや兆候?

多くの妊婦さんが感じた妊娠のサインや兆候をまとめてみました。

生理予定日数日前に出血。
生理予定日の数日前に出血があることがあります。これは、受精卵が着床するときに起こる出血で、「着床時出血」「着床出血」と呼ばれるものです。

この出血は全ての妊婦さんにあるのではなく、全く出血しない妊婦さんもいます。

ちょうど生理予定日近くにあって、生理によく似ているので、日本産婦人科学会では月経様出血と表現されます。

この出血は異常ではありません。ですが、稽留流産のときも出血や腹痛がある(全く症状がないこともある。)ので注意が必要です。

腹痛が周期的に続いたり強い痛みがあるときは、すぐに産婦人科を受診して原因を調べるようにしてください。

おりものの量が増える。
妊娠すると、初めて分泌されるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンや女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンといったホルモンが増加しておりものの量も増加します。

おりものは、半透明のもので少し酸っぱい匂いがすることもあります。黄色のおりものは膿の色、茶色や赤は血液の色なので、色が付いているおりものが出たら。産婦人科を受診して調べてもらうようにしましょう。

生理前のような症状。
頭痛や吐き気、イライラや腹痛、下腹部痛や腰痛など生理前のような症状が妊娠のサインとして現れてきます。

このような症状は、妊娠の兆候としてよく知られていますが、生理が来ると思って妊娠したことに気が付いていない人もいます。

あとから考えたら、あれが妊娠超初期症状だったという妊婦さんも多いようです。

風邪に似た症状。
頭痛や微熱、喉の痛みやくしゃみ、鼻水、鼻づまりなど風邪によく似た症状が出ることもあります。

何だか調子が悪いなと思っていたら妊娠していたということも珍しくありません。この他、妊娠超初期の症状である咳については、妊娠超初期の咳で詳しく解説しました。読んでみてください。

妊娠の予兆を感じた。
夢で妊娠していたという人もいます。また、家族や友人から「妊娠した?」と言われることも。

医学的な根拠はありませんが、案外当たることもあるかもしれません。

妊娠のサインは、本人が気が付かないこともあります。色々な症状がでますが、まずは生理予定日まで待って妊娠検査薬を使って妊娠しているか調べるようにしましょう。

この他、妊娠初期に気をつけることは妊娠初期に気をつけることで、妊娠初期の注意点は妊娠初期の注意点で詳しく紹介しました。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいでまとめています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠した時の症状

妊娠した時の症状

妊娠した時の症状は、通常の生理前の症状とよく似ています。症状の出方や出現する時期が変わらないため、自分が妊娠していることに気が付いていない人も多いです。

妊娠したか確かめたいときは、妊娠検査薬を使うのが確実です。最近では、生理予定日当日から使える妊娠検査薬もあります。

生理予定日または生理予定日1週間後まで待って検査で陽性が出るか確かめてみましょう。

妊娠前の症状

妊娠時の症状

妊娠前の具体的な症状として、

・頭痛やイライラ。
・微熱やのぼせ。
・喉の痛み、鼻水。
・風邪に似た症状。
・生理のような腹痛。
・腰痛。
・下痢や便秘。
・眠気やだるさ。

このような症状を感じることが多いです。でも、生理前の症状とほぼ同じです。この他、妊娠超初期の症状である口内炎については、妊娠超初期の口内炎で詳しく説明しました。読んでみてください。

症状が起こる原因

頭痛や腹痛、風邪に似た症状が出る原因として、体内のホルモンが急激に変化することが原因だと言われます。

妊娠すると、初めて分泌されるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)というホルモンやエストロゲンとプロゲステロンといった女性ホルモンが増加するため、様々な症状が出てくると考えられています。

つわりが出現するのも、このホルモンバランスの変化が原因とする説が有力ですが、よく分かっていません。

このような症状が出ているだけで、妊娠しているか判断するのは困難です。

この次は、妊娠した時の症状と出血の関係について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠した時の症状と出血

妊娠した時の症状と出血

妊娠したときに出る症状と出血が同時に起こったときは注意が必要です。

妊娠初期に出血を起こす原因として

・着床時出血
・稽留流産

があります。どちらも妊娠時に起こる症状として知られています。

着床時出血
受精卵が着床する妊娠3週ごろ、生理予定日数日前に出血を起こすことがあります。出血量も、極少量から生理2日目ぐらいと個人差が大きいようです。

日本産婦人科学会では、着床時出血ではなく月経様出血と表現しています。

生理予定日付近で、出血があるので生理が来たと勘違いする人も多いです。妊婦さん全員に着床時出血が起こるわけではありません。

全く症状が出ない妊婦さんもいます。

稽留流産
稽留流産のときは、腹痛と出血が同時に起こることが多いです。強い痛みや腹痛が周期的に出る場合は、稽留流産の可能性があるのですぐに産婦人科を受診して診察を受けるようにしてください。

稽留流産でも、全く症状を感じない妊婦さんもいるので、何か異常を感じたら産婦人科で診察を受けるようにしましょう。

頭痛や腹痛、下痢といった妊娠した時の症状を感じても、それがあるからといって絶対妊娠しているとは限りません。

いつもより胸が強く張ったり下腹部痛がするときも同様です。妊娠を確かめるには、妊娠検査薬を使うのが確実です。フライング使用はせずに、きちんと検査日まで待って使うようにしましょう。

この他、妊娠初期に気をつけることは妊娠初期に気をつけることで、妊娠初期の注意点は妊娠初期の注意点で詳しく紹介しました。読んでみてください。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいでまとめています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠してるかも?

妊娠してるかも?

妊娠してるかも?と思ったら、ママの健康とお腹の赤ちゃんの成長をサポートするために生活習慣や食生活を見直しましょう。

妊娠すると、ホルモンバランスが急激に変化して、体調面に大きな影響があることがあります。生活習慣や食生活を見直して、症状を軽減できるようにしていくことが大切です。

妊娠してるかも?と思ったら

妊娠してるかも?と思ったら

妊娠が分かったら、衣・食・住を見直すことが大切です。妊娠にストレスは大敵なので、ストレスを緩和して体調を整えることを目標にします。

妊娠初期に注意すること
・体を冷やさない服装にチェンジ。
・下半身の負担を少なくする。
・葉酸を摂取する。
・ストレスを溜め込まない。
・十分な質の高い睡眠を取る。
・食事は1日3回バランスよく。

このような点に注意して、妊娠生活を送るようにしましょう。

この次は、上記の項目について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

妊娠初期に注意すること

妊娠してるかも?と思ったら注意することをまとめてみました。

体を冷やさない服装にチェンジ。
体の冷えは、血行不良の原因となります。体が冷えていると、子宮の働きが鈍くなってくるので冷やさないようにすることが大切です。

ノースリーブやタンクトップ、へそ出しのTシャツやヒップハンガータイプのパンツなどは体を冷やす原因となるので控えましょう。

露出の多い服装は避けて、寒いときにはストールなど一枚羽織るものを持っていくようにしましょう。

下半身の負担を少なくする。
きつめのスキニージーンズやヒールの高い靴を履くと、下半身の血行が悪くなり腰痛やむくみの原因となります。

子宮のまわりの血行も悪くなるので、締め付けないスカートやパンプスなどにチェンジするようにしましょう。

葉酸を摂取する。
葉酸は、妊娠初期に積極的に摂取したい栄養素です。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


スポンサードリンク





妊娠初期に注意すること

妊娠初期から気を付けること

妊娠に気が付いたら、次のような事に気を付けて行動してみましょう。

ストレスを溜め込まない。
ストレスが溜まると、精神的に落ち込んだり体調不良の原因になります。ゆとりを持った生活を送ってリラックスできる環境を整えることが大切です。

親しい友人との食事や趣味に没頭するなど、自分なりのストレス解消法を見つけてみましょう。

十分な質の高い睡眠を取る。
十分な睡眠を取ることで、お腹の赤ちゃんの成長をサポートすることができます。

寝る時間がバラバラだと、自律神経に影響を及ぼしてイライラや体調不良の原因になることがあります。

寝る前のTVやスマホは、神経を刺激して眠りが浅いものになってしまいます。寝る前の1時間前には止めるようにしましょう。

寝る前には、読書や好きな音楽を聴くことをおすすめします。就寝時間と起床時間を決めて、質の高い睡眠を取るようにします。

食事は1日3回バランスよく。
食事は健康管理の基本です。食事は1日3回、栄養のバランスを考えた食事に改善していきましょう。

根菜類は、体を温めるにはよいとされますので、積極的に食べたい食品です。特定の食品を食べるのではなく、色々な種類の食品を少しずつ食べるようにします。

妊娠中は、レバーやうなぎ、マグロや金目鯛、ひじきなどは控えたほうがいいでしょう。これらの食品は、お腹の赤ちゃんに影響を及ぼすことがあるので注意が必要です。

妊娠してるかも?と思ったら、ママと赤ちゃんの健康を考えて生活習慣や食事の内容を改善していきましょう。

妊娠超初期の動悸や息切れ?

妊娠超初期の動悸や息切れの症状が出ることがあります。急にドキドキしたり、少し動くことで息切れしたりと不安に思うこともありますよね。

動悸や息切れは妊娠の兆候ですが、貧血の状態になっても動悸や息切れが起こることが知られています。妊娠中は、赤ちゃんに多くの血液が必要になるので貧血になりやすい状態になります。

主な症状がなくても、妊婦健診で貧血が分かることがあります。貧血と診断されると、鉄剤などを服用して貧血を改善する治療が行われます。

もしかしたら、他の病気で動悸や息切れが起こっているかもしれないので、早めに産婦人科を受診して診察を受けるようにしてください。

この他の妊娠超初期の症状については、妊娠超初期の動悸で詳しく解説しました。読んでみてください。

この他、妊娠初期に気をつけることは妊娠初期に気をつけることで、妊娠初期の注意点は妊娠初期の注意点で詳しく紹介しています。読んでみてください。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいでまとめました。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠初期の兆候

妊娠初期の兆候

妊娠初期の兆候は、生理が止まってこない、体温が高くなることです。

生理がこないのでもしかして?と思って検査したら陽性で妊娠していたという場合が多いようです。

この他にも色々な妊娠初期の兆候があります。

色々な妊娠初期の兆候

色々な妊娠初期の兆候

生理がこない、体温が高くなる他にも、様々な妊娠の兆候があります。

・頭痛。
・イライラ。
・顔が火照る。
・胸が痛い。
・胸が張る。
・胃が痛い、胃痛。
・チクチクお腹が痛い。
・下腹部痛。
・左右腹部にチクチク。
・腰痛。
・股関節痛。
・体がだるい。

このような症状が出ますが、生理前の症状とよく似ていることも特徴です。

妊娠超初期の口内炎

妊娠超初期と呼ばれる妊娠3週ごろから、口の中に口内炎ができることがあります。口内炎ができると食べるときに患部に当たってうまく食べることができずに辛い思いをしますよね。

なぜ、妊娠超初期から口内炎ができるのか原因はよく分かっていません。妊娠初期には、ホルモンバランスが急激に変化するので、お口の中に影響が出ているかもしれませんね。

口内炎は、ひどくなるとただれたようになるので、早めに産婦人科を受診して医師に相談するようにしてください。

この他、妊娠超初期の症状は、妊娠超初期の口内炎で詳しく説明しました。読んでみてください。

妊娠の兆候は、ちょうど生理前の症状と同じような症状なので、妊娠していることに気が付かない人も多いようです。

生理予定日を1週間過ぎても生理がないときは、妊娠している可能性があります。早めに妊娠判定薬で陽性になるか確認してみましょう。

陽性反応が出たら、すぐに産婦人科を受診して正常な妊娠かどうか確認してください。

妊娠前・妊娠初期に絶対必要な葉酸

妊娠初期に葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


次は、妊娠初期の兆候を感じたらすることを詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠初期の兆候を感じたらすること

妊娠初期の兆候を感じたら

妊娠の兆候を感じて、妊娠判定薬っで陽性ならほぼ100%妊娠しています。産婦人科で正常な妊娠を確かめたらスグにやることがあります。

・体に負担を掛けない。
・ストレスを溜めない。
・薬は慎重に。
・冷えを改善する。
・十分な睡眠をとる。
・食事を改善する。
・葉酸を摂取する。

このようなことを気にとめておくようにしましょう。

体に負担を掛けない。
妊娠が分かる時期は、妊娠4週から5週ぐらいが多いです。この時期は、赤ちゃんの重要な器官が作られる時期なので、なるべく体に負担を掛けないようにしましょう。

まずは、服装から見直します。スキニーは下半身を締め付けて血行を悪くするので、スカートやゆるめのパンツに替えます。

肌の露出が多い服は冷えの原因になるので控えるようにしましょう。ヒールの高い靴も転倒が心配なので低いものへ替えます。

できるだけリラックスできる服装へチェンジしてみましょう。

ストレスを溜めない。
ストレスも、血行を悪くする原因です。ストレスを上手に解消して溜め込まないようにしましょう。

薬は慎重に。
妊娠初期は、お腹の赤ちゃんの重要な器官を作る大切な時期です。この時期は薬を飲むと赤ちゃんに影響が出ることがあるので自己判断で飲まないようにしましょう。

便秘薬でも同じです。どんな薬でも自己判断で飲むのは危険です。必ず産婦人科医に相談してから飲むようにしましょう。

冷えを改善する。
体が冷えていると、体調不良の原因になります。ショウガや根菜類を食べて冷えを改善していきましょう。

十分な睡眠をとる。
妊娠初期は、ずっと眠気が続くことがあります。睡眠不足になると、体調や仕事、家事にも影響が出るので十分な睡眠時間を確保できるように生活を改善していくようにしましょう。

食事を改善する。
ママと赤ちゃんの健康をサポートするために、食事内容も見直してみましょう。

栄養のバランスを考えて、ビタミンやタンパク質、カルシウム、鉄分、葉酸などをバランスよく摂取することが大切です。

妊娠前・妊娠初期に絶対必要な葉酸

妊娠初期に葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


妊娠初期の兆候を感じたら、すぐに産婦人科を受診して正常な妊娠かどうかを診断してもらいます。この時期から、赤ちゃんのことを考えて行動するようにしましょう。

この他、妊娠初期の注意事項は妊娠初期の注意事項で、気をつけることは妊娠初期に気をつけることで詳しく紹介しています。

妊娠初期の注意点は妊娠初期の注意点でまとめました。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

想像妊娠で検査薬が陽性?

想像妊娠で検査薬が陽性?

想像妊娠で検査薬が陽性になることは、ごく一部を除いてありません。(ごく一部というのは、hcg注射をしているときや腫瘍、閉経後の使用などです。)

妊娠検査薬の精度は非常に高く99%の検出率があります。間違って陽性になることはないと考えていいでしょう。

ここでは、想像妊娠で検査薬が陽性になる場合を詳しく紹介します。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


検査薬が陽性になる原因

検査薬が陽性になる原因

妊娠検査薬が一度陽性反応が出て妊娠していなかった原因について考えてみます。妊娠していなかった原因として

・着床したが妊娠を継続できなかった。
・検査薬の判定窓を間違えて見た。
・検査方法が間違っていた。

このようなことが原因して考えられます。

次は、原因の詳細について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





一度陽性で妊娠していなかった理由

着床したが妊娠を継続できなかった。
着床はしたものの妊娠を継続できなかった場合があります。これを化学流産と呼びます。

以前は、よく分からなくて「生理が遅れたかな?」という感じでしたが、妊娠検査薬の登場により分かるようになってきました。

自宅では陽性になって、病院を受診すると陰性になったときは化学流産が考えられます。

検査薬の判定窓を間違えて見た。
検査判定用の窓と終了確認窓を見間違うこともあります。検査を確認するときは良く注意してみるようにしましょう。

検査方法が間違っていた。
一般的な妊娠検査薬の判定時間は10分以内です。(検査薬で異なる場合があります。)

10分を過ぎて放置していると、陰性のときでもうっすらと薄い線が浮き出てくることがあります。この線は蒸発線と呼ばれるもので、陰性を示しています。

説明書には、薄い線でも陽性と書いてあるので分かりにくいですね。

薄く線が出たときは、2~3日後に検査してみましょう。妊娠していれば、クッキリはっきりと線が確認できると思います。

このように、精度の高い妊娠検査薬ですが使用法を間違ってしまうと正しく判定できなくなってしまいます。注意してください。

妊娠するには

妊娠するには

できるだけ早く妊娠するには、ママとパパが一緒に体調を良くしていくことが大切です。また、ママとパパ両方に妊娠できない原因がないか調べることも必要です。

以前は、2年間通常の夫婦生活を行って妊娠できなければ不妊症と言われていましたが、最近では1年間で妊娠できないと不妊症の治療を開始することも多くなってきました。

これは、晩婚化と妊娠年齢の高齢化が原因で35歳以上で初めて妊娠する人が多くなっているためです。日本産婦人科学会では、35歳以上が高齢妊娠となっています。

35歳を過ぎると、卵子の老化も顕著になってますます妊娠しにくくなります。35歳以上の人は急いだほうがいいかもしれません。

このように、想像妊娠で検査薬が陽性になることはありませんが、化学流産ではその可能性があります。一度検査薬で陽性判定となったときは、産婦人科を受診して妊娠したか確かめるようにしましょう。

この他、想像妊娠全般の話題は想像妊娠で、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいでまとめています。

妊娠超初期の症状である口内炎については、妊娠超初期の口内炎で詳しく説明しました。読んでみてください。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

想像妊娠の症状

想像妊娠の症状

想像妊娠の症状は、妊娠初期と同じような症状が出ることが多いです。例えば、ムカムカや吐き気、生理の停止、出血量の減少などです。

どれも、本物の妊娠と同じような症状が出るのが特徴です。こういった症状は、医師の診断や妊娠検査薬で陰性を確認すると治まってくることが多いです。

最近では、生活環境の変化で想像妊娠を訴える人は減少傾向にあります。

想像妊娠の原因

想像妊娠の原因

想像妊娠する原因として、精神的な影響が女性ホルモンにまで及んでしまうことが考えられています。想像妊娠は、妊娠したいと強く思う、または妊娠したくないとの強い思いが症状を引き起こすことがあります。

症状としては、本物の妊娠と大差ない症状が多く、吐き気や生理の停止、寒気や倦怠感、胸の張りの他にも、ごく希に高温期の上昇や腹部の膨満などを伴うことがあるようです。

この次は、妊娠検査薬での反応と妊娠するにはどうしたらいいか?を詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





想像妊娠で検査薬が陽性

想像妊娠と妊娠検査薬

想像妊娠すると、妊娠検査薬は陽性になるのか気になりますよね。

結論から言えば、陽性になることはありません。なぜなら、妊娠検査薬は、本当に妊娠したときしか出ないホルモンを測定しているからです。

検査薬は、hcg注射をしたり腫瘍で分泌が異常、閉経後の使用などにならない限り、ほぼ100%の確率で妊娠を判定できます。

(検査時間以上放置してうっすらと線が出るのは蒸発線です。妊娠ではありません。)

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


想像妊娠で高温期が続く?

想像妊娠で高温期が続く?

ごく希にですが、想像妊娠で基礎体温の高温期がいつも以上に続くことがあるようです。これも本当の妊娠ではないので、医師の診断や検査薬での陰性など妊娠の否定で治まってくるようです。

妊娠するためには

妊娠するためには

健康な赤ちゃんを妊娠するには、ママとパパの健康状態を確かめる必要があります。ママとパパが健康でなければ妊娠するのは難しいかもしれません。

まずは、自分が妊娠しやすい体であるか確認してみましょう。生理不順や生理が来ない無月経では妊娠するのは難しいとされます。

この他にも妊娠の妨げになる婦人科疾患もあるので、中々妊娠できないと思ったら産婦人科を受診して異常がないか確かめてみましょう。

特に35歳以上の人は急いだほうがいいです。35歳を過ぎると卵子の老化が始まり妊娠力が急激に低下していきます。妊娠を考えるなら急いで妊活を始めるようにしましょう。

パパの健康もチェックすることが大切です。妊娠できない不妊の原因は、ママが4割、パパが4割、残りの2割が原因不明と言われています。

つまり、不妊の原因の半分がパパにあるということです。不妊で検査を受けるときは、夫婦で受診することが大切です。

生活習慣や食生活も改善
妊娠を目指すには、生活習慣や食生活にも気を配ることが大事です。

不規則な生活や睡眠不足、ストレスを受ける環境など、体や精神的にストレスを受ける状況を改善していくようにしましょう。

食事は、外食ばかりでなく自宅で調理するようにしましょう。自宅で調理するほうが、栄養バランスにも気を遣うことができて、バランスのよい食事にすることができます。

休日だけでもいいので、自宅で調理するようにしてみてください。

この他、想像妊娠全般の話題は想像妊娠で、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいでまとめています。

妊娠超初期の症状である食欲については、妊娠超初期の食欲で詳しく説明しました。読んでみてください。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

想像妊娠

想像妊娠

想像妊娠とは、妊娠していないのに、まるで妊娠したかのような症状が出ることです。妄想妊娠も同義語と考えます。

想像妊娠は、日本産婦人科学会では「心因性の無月経」と表現しています。医師に妊娠していないと診断されれば、症状は治まることが多いようです。

想像妊娠と基礎体温

想像妊娠と基礎体温

想像妊娠でも、基礎体温に変化が現れることがあります。ごく希にですが、想像妊娠でも高温期が持続することがあるようです。

通常、基礎体温で高温期が3週間ぐらい持続すれば妊娠の可能性があります。妊娠しているかどうかは、妊娠検査薬を使用すれば分かります。

陽性であれば妊娠、陰性であれば妊娠していません。陽性反応が出たらすぐに産婦人科を受診して正常な妊娠かどうか診断してもうらう必要があります。

この次は、具体的な症状と想像妊娠で妊娠検査薬は陽性になるのか?について詳しく紹介します。

まだまだ続きます。

スポンサードリンク





想像妊娠の症状

想像妊娠の症状

具体的な想像妊娠の症状として

・吐き気やムカムカ。
・胸が張る。
・まれに高温期が持続。

このような症状が出るようになります。一般的にイメージされてる妊娠の初期症状とよく似ています。

このような症状は、医師の診断と妊娠検査薬が陰性になることで治まってきます。詳しくは想像妊娠の症状で紹介しています。

想像妊娠で検査薬が陽性に?

想像妊娠で検査薬が陽性に?

想像妊娠で、妊娠検査薬が陽性になることはありません。不妊治療でhcgホルモンを注射したり腫瘍がある場合は陽性になることがあります。

妊娠検査薬は、尿中のhcgホルモンを測定しています。hcgホルモンはm妊娠している時に出てくるホルモンで、妊娠していないときには全く出てこないホルモンです。

妊娠している時しか出ないホルモンを測定するので、想像妊娠では陽性になることはないのです。詳しくは想像妊娠で検査薬が陽性?で説明しています。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


妊娠したいと思ったら

妊娠したいと思ったら

妊娠したいと思ったら、

・体調を整える。
・定期的に仲良しする。
・葉酸を摂取する。

このようなことに気をつけて妊娠を目指していきましょう。

体調を整える。
体調が優れなければ、妊娠することは難しいかもしれません。特に、生理不順の人は治療を行ってから妊活を開始するようにしましょう。

生理不順は妊娠できない、いわゆる不妊の原因になります。排卵が安定しなかったり排卵がない無排卵の状態では、妊娠することが難しいとされます。

まずは、生理不順を治療してから妊活を始めるようにしましょう。

体調を整えるには、生活習慣の改善と食生活の見直しが大切です。外食やコンビニ弁当ばかりでは、栄養バランスが偏った食事になってしまいます。

できるだけ自宅で調理して、バランスを考えた食事になるように工夫していきましょう。

定期的に仲良しする。
夫婦で仲良ししなければ、妊娠することはできません。定期的に仲良しするように環境を整えていきましょう。

排卵日付近で仲良しすれば、妊娠できる確率も上がってきます。自分の排卵日をチェックするようにしてください。排卵日は、基礎体温表や排卵日検査薬、産婦人科での超音波検査などで分かります。

葉酸を摂取する。
妊娠前から妊娠初期にかけて葉酸を摂取することで神経管閉鎖障害のリスクを低減することが分かっています。葉酸を積極的に摂取するようにしましょう。

葉酸は、ほうれん草やモロヘイヤなどに多く含まれています。ほうれん草で一日に必要な摂取量を摂取しようとすると、毎日約200gずつ食べなければなりません。

葉酸は、食事から必要量を摂取するのは難しいので、サプリからの摂取がおすすめです。厚生労働省もサプリのほうが吸収効率がよいとしてサプリでの摂取を推奨しています。

サプリならつわり中でも無理なく飲むことができます。妊娠に最適なサプリの選び方については失敗しない!葉酸サプリの選び方で詳しく紹介しているので読んでみてください。

このように、想像妊娠では検査薬が陽性になったりはしません。症状も妊娠でないことが分かったら治まってきます。

本当に妊娠したいなら、妊娠へ向けてしっかりと準備をしていきましょう。

妊娠超初期からげっぷなど色々な症状が出ることも

妊娠超初期といわれる妊娠3週ごろから、色々な症状が出てくることがあります。妊娠超初期のげっぷや胃のムカムカ、吐き気などの症状も妊娠の兆候です。

げっぷや胃腸症状が起こる原因はよく分かっていません。つわりが妊娠4週ごろから始まるので、つわりの症状でげっぷが出ている可能性もあります。

妊娠初期から、便秘や下痢などの胃腸症状も出てきます。便秘や下痢の影響でげっぷが出やすい状態になっているかもしれませんね。症状がひどいときは産婦人科の医師に相談するようにしてください。

つわりの症状が重いときは、寝込んでしまって動けなくなることがあります。こうなると妊娠悪阻の状態となって入院が必要なこともあります。症状が重いときは早めに病院を受診するようにしましょう。

この他、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいでまとめました。読んでみてください。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

スポンサードリンク