排卵日当日なら女の子?

排卵日当日なら女の子?

排卵日当日に仲良しすると、女の子の赤ちゃんが誕生するのでしょうか?

本当に男女の産み分けができるのか疑問に思うこともありますよね。

実は、排卵日を基準として女の子や男の子を産み分けできる方法があります。実際に産婦人科などでも指導しているところもあって、全国的に研究しているSS研究会という組織もあります。

参考:生み分けネット

医学的根拠より経験的にアドバイスしてもらうことになって自分でも試すことはできますが、正確な排卵日が予測できないので難しいかもしれません。

排卵日当日なら女の子?は間違い?

上記のリンク先にある産み分けネットによると、排卵日当日に仲良しすると女の子よりも男の子になる確率が高いとされています。

なので、排卵日当日なら女の子というのは間違いではないにしても、可能性としては低いということになります。

ここからは、男女の産み分けについて詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





男女の産み分けについて

男女の産み分けについて

男女の産み分けについて、もう少し詳しく紹介します。

男女の産み分けについては、民間伝承のようなものがたくさんありますが、ここで紹介するのは東京の杉山産婦人科をはじめ全国の産婦人科で指導が行われている男女産み分け法です。

それでは、具体的に紹介します。

女の子を希望する場合
・正確な排卵日を予測する。
・排卵日の2日前に仲良しする。
・仲良しにはピンクゼリーを使う。
・その後1週間は仲良しをしない。
・パパも積極的に参加する。

このようなことに気をつけるようにすると、女の子になると言われています。

男の子を希望する場合
・正確な排卵日を予測する。
・リンカルを確実な妊娠確認まで服用し続ける。
・排卵日の5日前ぐらいから禁欲。
・排卵日当日に仲良し。
・パパも積極的に参加する。

つまり、排卵日当日に仲良しすることで男の子が生まれる可能性が高くなるとされます。

産み分けに向いていない人がいます!

産み分けに向いていない人がいます!

実践することで産み分ける可能性が高まる産み分けの方法ですが、産み分けの方法に向いていない人がいます。

● 初産の方
● 高齢の方(特に40歳以上)
● 生理不順が顕著な方(排卵日の特定が困難な方)
● 前回、または今回に不妊治療をなさっている方
● 望まない性別に対して、ご出産の意志がない方

このような人は産み分けを実践することは困難です。

産み分けに興味を持った方は、下記のHPをご覧になってお近くの産婦人科やクリニックに問い合わせてみてください。

生み分けネット

この他、産み分け全般については排卵日で産み分けで、妊娠しやすい日については妊娠しやすい日で詳しく説明しました。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

女の子産み分けの成功率

女の子産み分けの成功率

ここでは、女の子産み分けの成功率を上げる方法とちょっとしたコツについて紹介しています。準備がないと女の子を授かるのは難しいかもしれません。

しっかり準備して、意気込まずにリラックスして行いましょう。

女の子産み分け の成功率は?

実際の女の子産み分けの成功率

実際のところの女の子産み分けの成功率はどのぐらいなのでしょうか。

産み分け指導のパイオニアである杉山産婦人科の過去20年間の調査では、女の子産み分けの成功率は約74%でした。

この数字をみると、かなり高い確率で産み分けに成功しています。しかし、何もしないで産み分けに成功しているのではなく、しっかりと準備と計画があって成功していると言えます。

女の子産み分けに失敗しないためにも、準備と計画性を持って行いましょう。

女の子産み分けの準備

女の子産み分けの準備

女の子産み分けの準備としてコツがあります。漫然としていては産み分けは無理なので、しっかり準備していきましょう。

女の子産み分けのコツ
・生理がきちんと来ているか確認。
・正確な排卵日を調べて、2日前に仲良し。
・ピンクゼリーを使って仲良しする。
・パパと一緒に産み分けに取り組む。

この点をしっかり抑えて準備しましょう。

スポンサードリンク

生理がきちんと来ているか確認。

生理がきちんと来ているか確認。

規則正しく生理が来ていないと産み分けを行うことはできません。まずは、自分が正しい生理周期になっているか確認しましょう。

生理周期を確認するには、基礎体温を測れば分かります。3周期ぐらい測ることで大体の傾向が分かるので、測っていない人は今すぐ測るようにしてください。

生理開始日が必ず決まった日にちに来るわけではありません。2・3日ズレることはよくあることです。一日ぐらい測り忘れてもいいので、続けて記録してみてください。

正確な排卵日を調べて、2日前に仲良し

正確な排卵日を調べて、2日前に仲良し。

基礎体温表で排卵日の目安が分かったら、その日の10日ぐらい前から排卵検査薬で毎日排卵がないか検査します。排卵日2日前ぐらいになるとうっすら色が付いた陽性となるので、その日に仲良ししてください。

検査は朝一番の尿以外で行ってください。毎日決まった時間に測るといいでしょう。そのあと1週間は仲良ししないでください。そのあと仲良ししてしまうと女の子が生まれる確率が下がります。

排卵検査薬と排卵日
排卵検査薬は、クッキリ陽性と出てから約16時間後に排卵が起こります。(L-Checkの場合)クッキリ陽性と出た場合は、その周期は産み分けを見送ったほうがいいでしょう。

ピンクゼリーを使って仲良しする。

ピンクゼリーを使って仲良しする。

ピンクゼリーとは、産み分けで女の子が欲しい場合に使用されるゼリーです。このゼリーは、膣内を酸性に保つことができて、女の子の染色体を持つ精子が活動しやすい状態となります。

ピンクゼリーは、産み分け指導している施設や病院が運用しているショップから購入できます。オークションなどでも購入できますが、衛生面で問題がある場合も多いので病院で購入するようにしましょう。

※排卵検査薬やピンクゼリーは、病院で購入することをおすすめします。どこにも異常がないのに病院へ行くのはためらうかもしれませんが、産み分け指導をしている病院なら安心して受診することができます。

近くの産み分け指導している病院は「産み分けネット」で探すことができますよ。
トップページ|生み分けネット

パパと一緒に産み分けに取り組む。

パパと一緒に産み分けに取り組む。

産み分けを成功させるには、夫婦で一緒に取り組むことが大切です。特に女の子を希望するときは時間も掛かり、スケジュールにも制限が出てきます。

これを妊娠まで続けるので、かなりの労力を必要とします。早い人は数回で妊娠できるものの、しばらく妊娠できない人もいます。

モチベーションを維持するためにも、夫婦で目標を持って行うことが大事です。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


女の子は男の子より難しい?

女の子は男の子より難しい?

男女産み分けの方法で女の子は、男の子よりも難しいとされます。成功率は男女とも変わりませんが、女の子を希望するときは排卵日2日前の仲良しに期待するため難しいと言われます。

女の子を希望するときは、しっかりした下準備が必要です。

女の子産み分けと食事

女の子産み分けと食事

女の子産み分けに良い食事ですが、あまり神経質にならないほうがいいでしょう。思うほど効果も上がらないので参考程度でいいと思います。

パパは肉や魚、卵など動物性タンパク質を控えて、野菜中心の食事にします。自分は動物性タンパク質を多く摂るようにします。特に魚がよいと言われます。

●女の子には酢がいい?
酢を飲むと女の子が生まれやすいと言われますが、根拠はありません。多分体を酸性に傾けるように酢を飲むということですが効果は不明です。

産み分けについては赤ちゃんの産み分けで、女の子の産み分けについては女の子を産み分けで説明してます。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。参考にどうぞ。

排卵日産み分けで女の子

排卵日産み分けで女の子

排卵日産み分けで女の子を希望する場合は、色々と下準備が必要です。男の子を産み分けるより時間も掛かります。妊娠できるチャンスは多くはないので、しっかりと準備しましょう。

成功率は約74%と高めですが、一人目不妊や35歳以上の人にはおすすめできません。

排卵日で産み分け

排卵日で産み分け

なぜ、排卵日で産み分けできるのでしょうか?

排卵日で産み分けできるのは、精子の染色体に関係があります。精子には男の子になる染色体を持つY精子と女の子になるX精子があります。

Y精子は酸に弱く、寿命が24時間と短い特徴があります。精子の中では数も多く運動量も豊富です。X精子は酸に強く寿命は2~3日都長いのが特徴です。産み分けには、この特徴を活かして行われます。

スポンサードリンク

排卵日産み分けで女の子

排卵日産み分けで女の子を希望

排卵日産み分けで女の子を希望するときは、排卵日の2日前に仲良しすることが必要です。排卵日の2日前に仲良しすることでX精子が優位となり女の子が生まれる確率が高くなります。

このように、排卵日を正確に把握することが産み分けで女の子を授かるコツとなります。

正確な排卵日を調べるには、基礎体温表を付けて排卵日を予測して排卵検査薬や超音波検査などで排卵日を特定する必要があります。

排卵検査薬は病院で購入することができるので、一度病院を受診してみることをおすすめします。できれば、産み分け指導を行っている施設がいいので、あらかじめ調べてから受診するのがいいでしょう。

近くの産み分け指導している施設は下記のHPから探すことができます。

トップページ|生み分けネット

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


夫婦で産み分けを実践する。

夫婦で産み分けを実践する。

産み分けで女の子を授かるには、計画と長い時間が必要です。産み分けの成功率は約74%と高いのですが、2日前の仲良しから妊娠を期待するため成功するまでにかなりの時間が必要です。

この間のモチベーション維持のためにも、夫婦が一緒になって女の子産み分けに向かって頑張っていくのが理想です。

しかし、一人目不妊の人や35歳以上の人は妊娠率が低い傾向にあるため、女の子産み分けはおすすめしません。

産み分け全般については赤ちゃんの産み分けで、女の子の産み分けについては女の子を産み分けで説明してます。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。参考にどうぞ。

産み分けとピンクゼリー

産み分けとピンクゼリー

女の子の産み分けに使われるピンクゼリーがあります。女の子の染色体を持つX精子を優位にするため、膣内を酸性に保つために使われます。

ピンクゼリーは安全性も高く無害ですが、ちゃんとした病院施設で購入するようにしましょう。オークションなどで購入すると衛生面で問題となることがあります。

ピンクゼリーで女の子を産み分け

ピンクゼリーは、産み分けで女の子を希望するときに使われるゼリーです。安全性も確認されていて、口に入れても無害な成分でできています。

使用法は、お風呂より少し熱いお湯(40~50度)で容器ごと湯煎して温めます。大体5分ぐらいで使用可能となります。中にお湯が入らないよう十分に気をつけてください。

温めすぎるとやけどするので、温めすぎないように注意しましょう。

温まったら、注射器で1回分(3~4CC)を注射器で吸い取って、中に注入します。そのあと5分ぐらい待って仲良ししてください。

残ったゼリーは常温で保管できます。直射日光だけは避けてください。ピンクゼリーは購入後2年以内に使用するようにしてください。

スポンサードリンク

女の子産み分けで大事なこと

女の子産み分けで大事なこと

ピンクゼリーを使って女の子を産み分けるには、大事なポイントがいくつかあります。

女の子を産み分けるポイント

・正常な生理周期であり、排卵がある。
・排卵日が特定できて、排卵日2日前に仲良しできる。
・ピンクゼリーを使う。
・夫婦で目標を持って頑張る。

この4つが産み分けを考える上で大切なポイントとなります。

正常な生理周期であり、排卵がある。

正常な生理周期であり、排卵がある。
生理が毎月きちんときて排卵が起こっていることが前提です。産み分けで女の子を希望する場合は、排卵日2日前に仲良しすることが大事です。この日を正確に見つける上でも生理周期と排卵日を知ることが重要です。

まず、排卵が起こっているか調べる必要があるので、基礎体温を測るようにしましょう。基礎体温表は3周期ぐらい測ると自分の傾向が見えてきます。

ここで、きれいに2相に分かれていると、正常に排卵が行われていると考えていいと思います、低温期の一番最後が排卵日付近です。基礎体温表が2相に分かれていないときは、排卵が起こっていない可能性があります。

基礎体温を測ると生理日が分かるので、旅行の予定が立てやすくなったりします。その他にもホルモンバランスなや女性特有の病気が分かることもあるので、しっかり毎日測るクセをつけましょう。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


排卵日2日前に仲良し

排卵日が特定できて、排卵日2日前に仲良しできる。
基礎体温表で排卵日の目安が分かったら、その10日前ぐらいから排卵検査薬を使って排卵日が来るのを待ちます。うっすら陽性となったら排卵日が近い合図なので、その日に仲良しすると成功率も高まります。

排卵日の2日前に仲良しするのは難しいかもしれませんが、産み分けで女の子を希望するならチャレンジするのもありです。

ピンクゼリーを使う。

ピンクゼリーを使う。
男の子の染色体を持つY精子は、酸に弱い性質があるので膣内でピンクゼリーを使って中を酸性にして女の子の染色体を持っているX精子を優位にします。

ゼリーは安全性も確認されていて、口に入れても無害です。

夫婦で目標を持って頑張る。

夫婦で目標を持って頑張る。
女の子の産み分けは、2日前の仲良しで妊娠を期待するため、男の子に比べて妊娠しにくい傾向があります。妊娠まではかなりの時間が掛かることが予想されます。

モチベーションを持続させるためにも、夫婦で一緒に目標に向かって頑張ることが大切です。産み分けを開始する前によく話し合っておきましょう。

女の子の産み分けは妊娠する成功率は約74%と高いものですが、2日前の仲良しで妊娠を期待するため一人目不妊の人や35歳以上の人にはおすすめできません。

産み分け全般については赤ちゃんの産み分けで、女の子の産み分けについては女の子を産み分けでまとめました。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。参考にどうぞ。

産み分けを女の子で成功

産み分けを女の子で成功する

産み分けで女の子を授かる方法を実践するには、色々と下準備が必要です。まずは、自分の生理周期が正しく排卵が起きているのか調べましょう。

正確な排卵日を調べることで、産み分けで女の子を授かる成功率がアップします。

女の子を産み分け

女の子を産み分け

女の子を産み分けで成功するには、いくつか抑えておきたいポイントがあります。

産み分けを女の子で成功するポイント

・生理が順調に来ている。
・正確な排卵日を調べて、その2日前に仲良しする。
・酸性を保つピンクゼリーを使う。
・パパも一緒に取り組む。

以上の4点が産み分けを女の子で成功するポイントとなります。

スポンサードリンク

産み分けを女の子で成功するポイント

生理が順調に来ている。

生理が順調に来ている。
女の子を産み分けるには、生理が順調に来て必ず排卵が起こっている必要があります。規則正しく排卵が起こっていなければ、成功率も低くなってしまいます。

正確な排卵日を調べるには基礎体温表と排卵検査薬、または病院での超音波検査が必要になります。

基礎体温を測ろう!
基礎体温は、自分の体調を知る上でとても大切な役割があります。基礎体温表を付けることで妊娠しやすいか分かりますし、生理日が予測できるので旅行やイベントの予定が立てやすくなります。

毎日体温を測るのはちょっと面倒ですが、それ以上にメリットがありますのでしっかり測るようにしましょう。最近はスマホで簡単に記録できるので便利ですよ。

基礎体温表で排卵日を予測して産み分けに利用します。正確な排卵日は病院でも分かるので受診するのも選択肢の一つです。

どうもないのに病院へ行くの?
どこも異常がないのに、病院へいくのはちょっと…と思うかもしれません。生理不順があればすぐに病院受診したほうがいいですが、そうでない場合病院を受診するのをためらいますよね。

そんなときは、産み分けを指導している病院を受診してみるのをおすすめします。近所の産み分け指導している病院は下記のHPから探すことができます。

トップページ|生み分けネット

意外と施設も多いので一度調べてみるものいいかもしれません。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


正確な排卵日を調べて、その2日前に仲良しする。

正確な排卵日を調べて、その2日前に仲良しする。
病院で排卵日を調べるか自宅で排卵日検査薬を使って正確な排卵日を調べます。排卵日が予想できたら、その2日前に仲良しすると女の子を産み分けできる成功率が上がるとされます。

実際、女の子を産み分けできる成功率はどのぐらいなの?
実際に男女産み分けを指導している杉山産婦人科では、排卵日2日前仲良しとピンクゼリーを使う方法を実践して約74%の人が女の子産み分けに成功しています。

自己流で試す人も多いのですが、成功率を上げたいなら、産み分け指導している病院で指導してもらうのが確実で成功率も上がるのではないでしょうか。

酸性を保つピンクゼリーを使う。

酸性を保つピンクゼリーを使う。
男の子の染色体を持つY精子は酸性に弱い性質をもっています。寿命も約24時間と短いのが特徴です。女の子を産み分けるときは、女の子の染色体を持つX精子が優位になるのがいいので膣内を酸性に保つのがよいとされます。

排卵日が近づくと膣内はアルカリ性へと傾くので、ピンクゼリーで酸性を保つようにします。ピンクゼリーは安全性が確認されていて口に入れても無害です。

パパも一緒に取り組む。

パパも一緒に取り組む。
女の子を希望する産み分けの場合、妊娠や出産に至るまでかなりの時間が掛かります。その間のモチベーションを保つためにも夫婦で一緒に取り組むことが大切です。

産み分けを実践する前に、十分に話し合っておきましょう。

産み分け全般については赤ちゃんの産み分けで、女の子の産み分け全般については女の子を産み分けで説明してます。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。参考にどうぞ。

女の子を産み分け

女の子を産み分け

女の子を産み分けを希望するときは、しっかりとした下準備が必要です。体調が悪いと成功しないので、まずは妊娠しやすい体質を作ることから始めましょう。

産み分けで女の子を授かる確率は約74%とかなり高い確率となっています。自分やパパの体調をしっかり調整して試してみてください。

産み分けで女の子を授かる方法

女の子を産み分けを授かる方法

女の子を産み分けで授かるには、いくつかのポイントがあります。このポイントをよく読んで気長に女の子を授かるのを待ちましょう。

女の子を産み分けで授かるポイント

・生理が毎月決まった時期に来ている。
・正確な排卵日を知って、排卵日2日前に仲良しする。
・ピンクゼリーを使う。
・パパと一緒に取り組む。

以上が女の子を産み分けで授かるポイントです。

スポンサードリンク

女の子を産み分けで授かるポイント

生理が毎月決まった時期に来ている。

生理が毎月決まった時期に来ている。
生理周期が正しく、毎月決まった日にちに生理が来ていないと、正確な排卵日が分かりません。生理不順で女の子を産み分けとなるとちょっと難しなってきます。

生理不順の人は、生理不順を治療してから産み分けに挑戦してみてください。

正確な排卵日を知って、排卵日2日前に仲良し

正確な排卵日を知って、排卵日2日前に仲良し。
ここが最も重要です。正確な排卵日を調べて排卵日2日前に仲良しすることが女の子を産み分けで授かる最も重要なポイントとなります。

排卵日の目安を知るには、基礎体温を測ることで分かります。より正確な排卵日を調べるには、排卵日検査薬か病院で超音波検査を受けることで分かります。

排卵検査薬(L-Check)は、自宅で簡単に分かりますが、病院でしか購入することができません。

自分が妊娠しやすい体質かどうか病院で一度チェックしてみるのをおすすめします。特に生理不順の人は妊娠しにくいと言われますので、一度婦人科を受診してみてください。

男女産み分けは、病院でも指導しているところがあります。数回通うことになるので、自宅近くの婦人科を選んだほうがいいでしょう。産み分け指導している婦人科は下記のHPで検索することができます。

トップページ|生み分けネット

女の子産み分けを成功せさるコツは産み分けを女の子で成功でまとめました。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


排卵日検査薬で 排卵日2日前を知る

排卵日検査薬で排卵日2日前を知る

排卵日検査薬で排卵日2日前を知るには、ちょっとしたコツがあります。本来、排卵日検査薬は排卵日当日を調べるものです。女の子を産み分けを実践するには、排卵日の2日前を知る必要があります。

排卵日検査薬は、強く陽性と出た約16時間後に排卵が起こるとされています。強く色が出た場合は仲良しを見送ったほうがいいでしょう。

どのぐらい色が出ればいいかというと、うっすら陽性となるぐらいが2日前だと言われます。いつ色がつくか分からないので、10日ぐらい前から毎日検査してちょっと色が出たかなというその日に仲良します。

毎日同じ時間に検査するのがおすすめです。ここで、注意したいのが朝一番の尿で検査しないことです。それ以外の時間に検査するようにしましょう。

排卵日と女の子産み分けの関係は排卵日産み分けで女の子で詳しく説明してます。

ピンクゼリー

ピンクゼリーを使う。
男の子の染色体を持つY精子は酸性に弱いとされます。女の子の染色体を持つX精子は酸性に強いので、膣内を酸性に保つピンクゼリーが産み分けによいとされます。

ピンクゼリーは、病院で購入することができます。どうしても時間がない人は通販で買うこともできます。通販は産み分けネットから購入したほうが安心で安全です。

こちら→ピンクゼリー|生み分けネット

ネットオークションでは、衛生面からも問題があるときがあるので、ピンクゼリーは、しっかりしたところから購入するようにしてください。詳しくは産み分けとピンクゼリーでまとめました。

パパと一緒に産み分け。

パパと一緒に産み分けに取り組む。
赤ちゃんは一人で頑張ってもやって来ないので、パパと同じ目標を持って挑戦することが大切です。

産み分けで女の子を希望するときはどうしても時間が掛かります。色々夫婦で協力しないと産み分けを実践するのは難しいと思います。

普段から仲良しでコミュニケーションが取れる関係を築くこともとても重要なのです。

女の子産み分けの成功率などは女の子産み分けの成功率で詳しく説明しています。

産み分け全般については赤ちゃんの産み分けでまとめました。読んでみてください。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。参考にどうぞ。

スポンサードリンク