妊娠中の風邪薬、SPトローチは?

妊娠中の風邪薬

妊娠中の風邪薬は、自分の判断で気軽に飲んではいけません。市販の風邪薬の中には、大量に服用するとお腹の赤ちゃんに影響が出る成分が入っていることがあります。

必ず、産婦人科の医師と相談して飲むようにしましょう。

漢方でも同じです。漢方薬は安全で副作用がないイメージがありますが、中には医療用医薬品と同じような作用をするものがあります。こちらも同様に自己判断で飲むのは控えるようにしましょう。

妊娠中に処方される風邪薬

妊娠中に処方される風邪薬

妊娠中に風邪を引いて産婦人科を受診すると、風邪薬を処方されることがあります。これは、ママや赤ちゃんへの影響を考えて医師が処方しているものです。

妊娠中は薬を飲むのに抵抗がある妊婦さんも多いですが、産婦人科で処方される薬は安全性の高いものが処方されます。

少しでも疑問があるときには、産婦人科医に相談して納得してから飲むようにしましょう。

風邪で処方される薬
これで全部ではありませんが、妊婦さんに良く処方される風邪薬を紹介します。

●漢方薬
・葛根湯
・小青竜湯
・麦門冬湯

●治療薬
・メジコン
・SPトローチ
・ムコソルバン
・カロナール

妊娠中は、絶対に自己判断で薬を飲むのは止めましょう。必ず医師が処方した薬を飲むようにしてください。

医師から十分に説明してもらってから飲むと安心ですね。

妊娠線のケアは早めに。

今、妊娠線のケアをしないと、大変なことに!?

一度妊娠線が出てしまうと、元に戻すのが大変になります。

妊娠線のケアは、早いうちから始めることが大切です。

詳しくは下記から
妊娠線のケアは今!
妊娠線のケアは今!

この次は、妊娠中の頭痛薬や便秘薬について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠中の頭痛薬

妊娠中の頭痛薬

妊娠中に市販の頭痛薬を飲むときには、細心の注意を払うことが必要です。市販の頭痛薬の中には,妊婦さんは飲むのは止めたほうがいい成分が入っていることがあります。

市販の頭痛薬に良く入っている成分として、アスピリン、アセトアミノフェン、イブプロフェンがあります。

この中で、アスピリンとイブプロフェンに注意が必要です。

アスピリンは、妊娠中の妊婦さんには禁忌の成分です。アスピリンが入っている市販の頭痛薬は、

・バッファリン
・バッファリンプラスなど

イブプロフェンは、妊娠末期の胎児毒性が心配されます。イブプロフェンが入っている市販薬は、

・イブA
・ナロンエース
・パブロンエース
・ベンザブロック
・ルルアタック
・エスタックイブなど

市販の頭痛薬の中には、色々な成分が入っているので飲むのはおすすめできません。

頭痛や熱があるときは、産婦人科を受診して安全性の高い薬を処方してもらうようにしましょう。

妊娠中の便秘薬

妊娠中の便秘薬

妊娠中に便秘になる妊婦さんはとても多いです。妊娠すると、ホルモンの関係で便秘になりやすくなります。

今まで、便秘がちで市販の便秘薬のお世話になることもありますが妊娠中は注意が必要です。

市販の便秘薬の中には、センナなど腸を刺激して強制的に出す成分が含まれています。便秘になったら、産婦人科を受診してマグミットなど安全性の高い便秘薬を処方してもらいましょう。

妊娠中の風邪薬は、産婦人科で処方してもらいましょう。安易に市販の風邪薬を飲むのは止めておきましょう。

この他、妊娠中の風邪の対処法は妊娠中の風邪で、妊娠中の注意点は妊娠中の注意点で詳しく紹介しています。読んでみてください。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいでまとめました。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠中の市販の便秘薬

妊娠中の市販の便秘薬

妊娠中に市販の便秘薬を自己判断で飲むのは危険です。飲む前には必ず産婦人科医に相談してから飲むようにしましょう。

市販の便秘薬の中には、腸に作用して強制的に出させるものもあって自分の判断だけで飲むのは控えるようにしましょう。

漢方にも便秘薬がありますが、これも産婦人科医に相談してから飲むようにしましょう。

市販の便秘薬がダメな理由

市販の便秘薬がダメな理由

妊婦さんに市販の便秘薬がダメな理由は、腸を刺激しすぎることによって下痢になって子宮を収縮させる可能性があるからです。

また、妊娠中はママの体調も変化しやすいので、下痢になると体調面でも心配になります。

便秘は、妊婦さんにもよくありません。便秘が続くと痔になることも多く、トイレに行くのが辛くなってきます。

便婦は解消しないといけませんが、市販の便秘薬を飲むときには必ず産婦人科の医師と相談するようにしましょう。

妊娠線のケアは早めに。

今、妊娠線のケアをしないと、大変なことに!?

一度妊娠線が出てしまうと、元に戻すのが大変になります。

妊娠線のケアは、早いうちから始めることが大切です。

詳しくは下記から
妊娠線のケアは今!
妊娠線のケアは今!

この次は、妊娠中の便秘対策などについて詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠中の便秘対策

妊娠中の便秘対策

妊娠中の便秘は、多くの妊婦さんが経験しています。しっかり便秘対策を行って快適な生活を送れるようにしましょう。

妊娠中の便秘対策
・しっかりと水分補給。
・食物繊維と乳酸菌を。
・軽い運動を行う。

このような対策があります。

しっかりと水分補給。
妊娠中は、黄体ホルモンの影響や赤ちゃんの成長に伴って体内の水分が不足してくるので、マメに水分を補給することが必要になります。

夏場は特に、水分が不足するようになります。外出するときは水筒を持参するなど水分補給を忘れないようにしましょう。

食物繊維と乳酸菌を。
腸内環境を改善して便秘解消を目指します。食物繊維と乳酸菌は、便秘解消に役立ちますので積極的に食事に取り入れていきましょう。

食物繊維といってもいくつか種類があります。キャベツやモロヘイヤなど葉物以外にもワカメや海藻類にも多く含まれます。

キャベツでダメならワカメなど海藻類も試してみましょう。

乳酸菌はヨーグルトなどに入っています。便秘解消には、オールブランやフルーツグラノーラなどもいいので、ヨーグルトと一緒に食べるのもおすすめです。

軽い運動を行う。
産婦人科医に安静を指示されている人以外は、ウォーキングなど軽い運動を生活に取り入れてみましょう。

妊娠初期は、つわりがあって運動は無理ですがつわり明けから意識的に体を動かすようにしましょう。外に出るのが無理なら、家事をテキパキとこなすのも運動になります。

無理をして運動する必要はありませんが、できるだけ体を動かすようにして腸を動かすように工夫していきましょう。

妊娠中に自己判断で市販の便秘薬を飲むのは危険です。市販の風邪薬でもそうですが、自己判断で飲むのは止めて必ず産婦人科医に相談するようにしてください。

この他、妊娠中の薬の服用については妊娠中の薬の服用で、妊娠中の注意点は妊娠中の注意点で詳しく解説しています。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいでまとめました。読んでみてください。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠中の薬

妊娠中の薬

妊娠中の薬は、そのまま飲むとママや赤ちゃんに影響がでることがあります。妊娠中に薬を飲む場合は、必ず産婦人科の医師に相談してから飲むようにしてください。

抗生物質や解熱剤の中には、禁忌となっている薬もあります。漢方薬も相性があるので、薬は自己判断で飲むのではなく、医師に相談してから飲みましょう。

妊娠中の市販薬

妊娠中の市販薬

妊娠中に市販薬を自己判断で飲むのは止めましょう。市販薬の中には、妊娠中に控えたほうがいい成分が入っていることがあります。

例えば、頭痛薬や解熱鎮痛剤、便秘薬などです。市販の風邪薬も色々な成分が入っているので注意が必要です。

妊娠中は、風邪や便秘になっても薬局で薬を購入することは止めて産婦人科を受診して薬を処方してもらうようにしましょう。

この次は、妊娠中に薬が影響する時期などについて詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠中に薬が影響する時期

妊娠中に薬が影響する時期

妊娠中のどの時期に影響があるのか調べてみました。

妊娠超初期の薬の影響
この時期は、細胞が増殖している時期で、飲んだ薬が赤ちゃんに影響を与えることはないとされます。全か無か(all or none)の法則が適用され、薬の影響がないわけではなく、影響があれば着床できないか完全に回復して影響が出ないと考えられています。

妊娠初期(2ヶ月 4・5・6・7週)の薬の影響
この時期は絶対過敏期と言われ、赤ちゃんへの薬の影響が心配な時期です。この時期が一番敏感なので薬は飲まないほうがいいでしょう。

妊娠初期(2ヶ月 8・9・10・11週)の薬の影響
この時期は、相対過敏期と言われる時期です。上記と同様に薬の服用に慎重になる必要があります。

妊娠初期(2ヶ月 12・13・14・15週)の薬の影響
この時期は、比較過敏期と呼ばれます。この時期までに赤ちゃんの重要な器官が作られるため薬の服用は慎重に行うようにしましょう。

ここまでが、赤ちゃんの異常形成のリスクが高まる時期です。

妊娠中期(2ヶ月 16~27週)の薬の影響
この時期は、潜在過敏期と言われます。この時期からは、薬の赤ちゃんの成長への影響が心配されます。

妊娠後期(2ヶ月 28~39週)の薬の影響
この時期も、潜在過敏期と言われます。薬を飲むことで赤ちゃんの成長への影響を及ぼすこともあります。特に妊娠末期の解熱鎮痛剤の使用は細心の注意を払うことが必要です。

薬で不安を感じたら産婦人科医に確認

薬で不安を感じたら産婦人科医に確認

自分が飲もうとしている薬に疑問や不安を感じたら、必ず産婦人科の医師に相談してから服用するようにしましょう。

便秘薬でも、妊娠中は飲まないほうがいい市販薬もあります。薬はママだけでなくお腹の赤ちゃんへの影響が心配されます。

どんなときも自己判断で薬を飲むことは止めて、医師に相談してから飲むのが大切です。薬の服用には十分に気を配る必要があります。

この他、妊娠中の風邪の対処法は妊娠中の風邪で、妊娠中の注意点は妊娠中の注意点で詳しく紹介しています。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいでまとめました。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠中の薬の服用

妊娠中の薬の服用

妊娠中の薬の服用は、慎重に行うようにしましょう。自己判断で飲むことは絶対にダメなので、薬を服用する前には必ず産婦人科の担当医に相談してからにしましょう。

漢方薬は副作用が少ないイメージがありますが、治療薬と同じ作用をするものもあります。漢方薬も服用する前に医師に相談してから服用するようにしてください。

妊娠中の抗生物質

妊娠中の抗生物質

妊娠中に風邪を引いたり怪我をしたときに、抗生物質を服用していいかどうか不安になることがあります。

妊娠中に飲んでも比較的安全とされる抗生物質はパセトシン、ペングット(ペニシリン系)セフゾン、フロモックス(セフェム系)、クラリスロマイシン、ジスロマック(マクロライド系)があります。

産婦人科の医師の指導に従って服用するようにしてください。

妊娠中に気になる薬として

・風邪薬
・頭痛薬
・漢方薬
・便秘薬

があります。この次は上記の項目について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠中の薬

妊娠中の薬

妊娠中の風邪薬
妊娠中の風邪は、症状が軽ければ2・3日程度で治まってくることもありますが、長引くと上気道炎や肺炎など重症化することもあります。

風邪で産婦人科を受診すると、次のような薬が処方されることが多いです。

・葛根湯
・小青竜湯
・麦門冬湯
・フスコデ
・ムコソルバン
・ビソルボン
・ムコダイン

これらの風邪薬に加えて、抗生物質が処方されることがあります。

風邪で抗生物質が処方されるときは、セフェム系、ペニシリン系、マクロライド系の抗生物質が処方されることが多いようです。

これらの薬は、比較的安全とされるものです。風邪が長引くとお腹が張ってきたりお腹の赤ちゃんが心配になります。

医師の指示通りに服用して早く治療するようにしましょう。

頭痛薬
頭痛薬などの解熱鎮痛剤では、「妊娠もしくは妊娠している可能性がある場合には投与しない」ことになっているものが多いです。

特に、ボルタレンやロキソニンなどは、市販の解熱鎮痛薬として販売されているため注意が必要です。

この他にも、インデバンやモービル、セレコックス、ポンタールといった解熱鎮痛薬は妊娠中に投与を避けるべき薬として挙げられています。

このような解熱薬を自己判断で使用するのは非常に危険です。まずは、産婦人科の医師と相談してから服用するようにしましょう。

妊娠中の頭痛薬
妊娠中の頭痛薬の服用も慎重に行うようにしましょう。市販の頭痛薬の中には、妊娠中は避けるべき成分が入っていることがあります。

妊娠中の薬の服用は、必ず医師と相談してください。

妊娠中の漢方薬
漢方というと、自然で作用が穏やかなイメージがありますが、中には薬と同じような作用があるものがあります。服用前には、必ず医師に相談するようにしましょう。

妊娠中の便秘薬
妊娠中は、便秘になる人も多く悩みの種の一つです。つい市販の便秘薬を飲んでしまいそうですが、市販の便秘薬の中には、腸を動かす「センナ」と言う成分が入っていることがあります。

センナは作用が強いので、妊娠中は避けたほうがよいと言われます。

妊娠中の便秘は、普通のことなので恥ずかしいものではありません。便秘かな?と思ったら、産婦人科を受診して薬を処方してもらうようにしましょう。

妊娠中の薬

妊娠中の薬の服用は、慎重に飲むようにしなければなりません。特に、妊娠初期は薬を飲むとお腹の赤ちゃんに重大な影響が出ることがあるので注意が必要です。

妊娠中は、市販薬を飲むときも注意しましょう。市販薬の中には、妊娠中に飲まないほうがいい成分が含まれていることがあります。解熱剤や頭痛薬はもちろんですが、便秘薬の中にも入っていることがあるので注意しましょう。

妊娠中に薬を服用するときは、自分がどの妊娠の時期にいるのか確認してみる必要があります。妊娠初期と言われる妊娠2ヶ月の時期は、薬による赤ちゃんへの影響が出ることがあるので十分に検討してから飲むようにしましょう。

飲もうとしている薬が、ママや赤ちゃんにどのように影響するのか分かりません。薬に疑問や不安を持ったときには、産婦人科の医師に相談してから飲むようにしてください。詳しくは妊娠中の薬で説明しています。

妊娠線のケアは早めに。

今、妊娠線のケアをしないと、大変なことに!?

一度妊娠線が出てしまうと、元に戻すのが大変になります。

妊娠線のケアは、早いうちから始めることが大切です。

詳しくは下記から
妊娠線のケアは今!
妊娠線のケアは今!

この他、妊娠中の注意点は、妊娠中の注意点で、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

スポンサードリンク