妊娠初期に胃痛や下痢になる原因、妊娠中の下痢?

妊娠初期に胃痛や下痢

妊娠初期の下痢

妊娠中の下痢は、ホルモンバランスの変化によるものだと考えられます。多くの妊婦さんは、便秘と下痢を繰り返す人が多いようです。

下痢の症状も、柔らかいものから水のようなものまで様々です。何日も下痢になって水のようなものが出るときは産婦人科を受診して治療を行うようにしましょう。

胃痛や下痢になる原因

胃痛や下痢になる原因

妊娠中に胃痛や下痢になってしまうのは、ホルモンバランスの変化と言われていますが、この他にもお腹の冷えやストレス、食べ過ぎや食中毒といった原因でも下痢になることがあります。

妊婦さんは、抵抗力も低下しているので、いつも以上に食べすぎや食あたりに注意するようにしましょう。

妊娠中は、生ものや賞味期限切れのものは食べないようにしたほうが無難です。

関連記事:
妊娠初期の腹痛で下痢?便秘と下痢を繰り返す下腹部痛、お腹の張り。

妊娠中の下痢対策

妊娠中の下痢対策

妊娠中の下痢対策として

・便秘にならないように気をつける。
・生ものや怪しいものは食べない。
・脂っこいものを多量に食べない。
・胃痛や腹痛があるなら受診。

このような対策法があります。

便秘にならないように気をつける。

便秘にならないように気をつける。

下痢なのに便秘と思うかもしれません。

便秘と下痢を繰り返す人が多いので、原因となってる便秘を改善していきます。食物繊維を多く摂り、乳酸菌なども積極的に食事に取り入れましょう。

妊娠中期~後期にかけては、運動不足になって便秘になることもあるので軽い運動をするようにしましょう。

生ものや怪しいものは食べない。

生ものや怪しいものは食べない。

生の刺身や賞味期限切れのものは、食べないようにしたほうが無難です。生ものは食中毒を引き起こす原因になり、賞味期限切れも同様に食あたりになる可能性があります。

妊娠中は抵抗力が落ちています。今まで大丈夫だったこともちょっとしたことで下痢になってしまいます。

もったいない気持ちも分かりますが、傷んでいるものを捨てる勇気も必要です。

脂っこいものを多量に食べない。

脂っこいものを多量に食べない。

脂っこいものをたくさん食べると、下痢になることがあります。

脂っこいものは妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病といった病気のリスクを高めることもあるので、控えるようにしましょう。

胃痛や腹痛があるなら病院受診。

胃痛や腹痛があるなら病院受診。
お腹が張ったり胃痛や腹痛のあとに下痢になるときは、ホルモンの影響ではなく他の病気のサインかもしれません。痛みがあったり下痢が続く時は産婦人科を受診して原因を調べるようにしましょう。

妊娠中の下痢が直接の原因で流産することは少ないようですが、下痢が続くと子宮が収縮して子宮口が開きやすくなる可能性があります。

下痢が続くときは、早めに産婦人科を受診するようにしましょう。

妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期のママに知ってほしいことがあります。

それは、妊娠初期に大事な栄養素である葉酸が不足してしまうと、「無脳症」や「二分脊椎」など先天性異常のリスクが高くなるということです。

このことは、世界的な疫学的調査で判明したことで、日本でも2002年より厚生労働省が妊娠初期の女性に対して葉酸を積極的に摂取するように通知を出しています。

葉酸は、日頃の食事でも摂取できますが・・・
妊娠初期は葉酸を摂取が大事

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように注意してください。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

この次は、妊娠中の下痢の症状とその対策について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠中の下痢の症状

妊娠中の下痢の症状

妊娠中に起こる下痢の症状は下記のようなものがあります。

・便秘のあとに下痢。
・胃痛のあとに下痢。
・腹痛のあとに下痢。
・食べ過ぎたあとに下痢。
・生理痛のような痛みのあと。
・長時間運転のあとに。
・下腹部と足の付け根の痛みと一緒に。
・漢方薬を飲んだあと。
・コーヒーを飲んだあと。
・おう吐と下痢を繰り返す。
・鉄分の薬で下痢に。
・元々胃腸が弱い。
・腸炎で。
・潰瘍性大腸炎で。

症状的には、便秘と下痢を繰り返す人が多いです。元々胃腸が弱かった人は下痢を起こしやすいようですね。

鉄分の薬の副作用で下痢になる人もいます。鉄分の薬の副作用は便秘もあるので胃腸に影響することがあるようです。

鉄分の薬だけでなく、漢方薬も下痢になったりします。薬を飲むときは注意しておきましょう。

下痢の症状が続くときは、産婦人科を受診して診断してもらいましょう。妊婦さんの中には、腸炎や潰瘍性大腸炎など他の疾患が見つかることがあります。

あまりに症状が続くときは、ホルモンの変化ではなく病気の可能性もあるので病院を受診するようにしましょう。

関連記事:
妊娠中の腹痛で下痢

妊娠初期、超初期の注意点や気を付けること

妊娠初期のお腹の張り、下腹部痛、下痢

この他、妊娠中の便秘のことは妊娠中の便秘で、妊娠中の注意点は妊娠中の注意点で詳しく紹介しています。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいでまとめています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠中の腹痛で下痢

妊娠中の腹痛で下痢

妊娠中の腹痛で、下痢になって辛い症状に悩む妊婦さんもいます。妊娠中は、便秘になるイメージがありますが下痢で悩む妊婦さんも以外と多いようです。

あまりに症状がひどくて、何日も下痢に悩まされるときには産婦人科を受診して診察してもらうようにしましょう。

自己判断で薬を飲むのは危険です。必ず産婦人科医と相談して飲むようにしましょう。

妊娠中に下痢になる原因

妊娠中に下痢になる原因

妊娠中に下痢を起こす原因として

・ホルモンによる自律神経への影響。
・つわりによる影響。
・お腹や体の冷え。
・冷たいものや食物繊維の取りすぎ。

このようなことが原因で、下痢になることが多いようです。

ホルモンによる自律神経への影響。
妊娠すると、今まで分泌されなかたホルモンhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)が分泌されたり、エストロゲンやプロゲステロンといったホルモンのバランスが大きく変化します。

このホルモンバランスの変化が自律神経に影響して下痢を起こすことがあります。

つわりによる影響。
妊娠初期にはつわりが始まります。つわりにもいくつか種類がありますが、吐きつわりになると食べられない日が何日も続くことになります。

この間は、水分しか補給できないので下痢になりやすくなります。

お腹や体の冷え。
妊娠中は、動けないことも多く血行が悪くなりがちです。血行が悪くなると、体やお腹が冷えて下痢を起こすことがあります。

冷たいものや食物繊維の取りすぎ。
冷たいものは、口当たりがいいので食べ過ぎてしまいます。つわり中は、食べられるものが少ないので冷たいものばかり食べてしまうこともあります。

また、栄養のバランスを考えて色々な食品を食事取り入れていると思いますが、食物繊維を多く摂取し過ぎている場合もあります。

この次は、妊娠中の腹痛で下痢になるときの対処法と下痢と流産の関係について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠中の下痢の対処法

妊娠中の下痢の対処法

妊娠中に起こる下痢の対処法として

・お腹や体を冷やさない。
・食物繊維を減らす。
・食べ過ぎない。

このような下痢の対処法があります。

お腹や体を冷やさない。
妊娠中は、腹巻きやカイロなどでお腹や体をを冷やさないようにすることが大切です。夏でも冷房に当たると冷えてしまうので、上着やスカーフなどを持参してお腹を冷やさないようにしましょう。

食物繊維を減らす。
もしかしたら、日頃の食事で食物繊維を摂取し過ぎているかもしれません。一度食事のメニューを見直して食物繊維を減らすようにしてみてください。

食べ過ぎない。
冷たいものもそうですが、食べ過ぎないように注意してください。脂っこいものを食べ過ぎると下痢になります。量をたくさん食べても同様です。

なるべく温かいものを選んで食べ過ぎないようにしましょう。

妊娠中の下痢と流産

妊娠中の下痢と流産

妊娠中に下痢になると流産するという話を聞いたことがあると思います。この件に関しては、下痢が流産の直接の原因になることはないと考えられています。

妊娠中の腹痛で下痢のときは、お腹を温めるようにして暴飲暴食を控えるようにしましょう。症状が続くようだったら、産婦人科を受診するようにしてください。

妊娠線のケアは早めに。

今、妊娠線のケアをしないと、大変なことに!?

一度妊娠線が出てしまうと、元に戻すのが大変になります。

妊娠線のケアは、早いうちから始めることが大切です。

詳しくは下記から
妊娠線のケアは今!
妊娠線のケアは今!

この他、妊娠中での注意点などは妊娠中の注意点で、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいでまとめました。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠中の胃の痛み

妊娠中の胃の痛み

妊娠中の胃の痛みや胸焼けは、つわりの症状の一つです。普段からムカムカする、吐き気がある、戻してしまうなどの症状もつわりだと考えられます。

つわりの症状なので、自然に治まってくることも考えられますが、痛みが続くようなら産婦人科を受診して診断してもらうようにしましょう。

妊娠中の胃の痛みの原因

妊娠中の胃の痛みの原因

妊娠中には、胃の痛みと共に色々な症状が出ることがあります。

・胸焼け、ムカムカ。
・ゲップ、むかつき。
・胃酸過多、胃もたれ。

このような症状が、複数現れてくることも多いです。

妊娠中の胃の痛みの原因として

・ホルモンバランスの変化。
・つわりによる痛み。
・吐きすぎによる胃痛。

このような原因があります。

この次は、各原因の詳細、胃の痛みの対処法などを詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





胃の痛みの主な原因

胃の痛みの主な原因

ホルモンバランスの変化。
妊娠すると、初めて分泌されるホルモンhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)やエストロゲン、プロゲステロン(黄体ホルモン)のバランスが大きく変化します。

妊娠を維持するためにプロゲステロンが多く分泌されるようになります。このプロゲステロンは、子宮を柔らかくする作用があって、この作用が胃腸にまで影響してきます。

胃腸の動きが悪くなるので、消化不良を起こして胃の痛みの原因となります。胃腸に作用するので便秘にもなりやすくなります。

つわりによる痛み。
つわりの症状でも胃の痛みが出ることがあります。妊娠初期の早いうちからつわりになる人もいて、早い段階から胃痛が出てくることがあります。

吐きすぎによる胃痛。
上記のことも関係しますが、吐きつわりになると、食べたら戻すことを繰り返すようになります。吐きすぎて胃の中に何もない状態になり胃が荒れて胃の痛みがでる原因になります。

胃の痛みの対処法

胃の痛みの対処法

妊娠中の胃の痛み対策として

・食事は少量ずつ食べる。
・つわり対策をする。
・痛みが続くなら産婦人科へ。

このような対処法があります。

食事は少量ずつ食べる。
一度に多く食べると胃に負担が掛かって痛みが発生します。つわりもあるので、少しずつ数回に分けて食べるようにしましょう。

つわり対策をする。
吐きつわりや食べつわりなど、つわりにはいくつか種類があります。どちらも胃が荒れる原因になるので、つわり対策をすることが大切です。

吐きつわりならムカムカしないように少しずつ食べる、寝起きに小さなおにぎりを食べるなど胃の中に食べ物が入るようにします。

食べつわりなら、食べ過ぎないように注意する、おやつは野菜にするなど胃に負担が掛からないようにします。

痛みが続くなら産婦人科へ。
胃の痛みが続くようなら、産婦人科で診察を受けるようにしてください。治療では、妊娠に影響がない薬が処方されることがあります。

妊娠中の胃の痛みは、つわりによる影響が大きいですが、その他の病気の可能性があるので産婦人科で原因を調べてもらいましょう。

妊娠線のケアは早めに。

今、妊娠線のケアをしないと、大変なことに!?

一度妊娠線が出てしまうと、元に戻すのが大変になります。

妊娠線のケアは、早いうちから始めることが大切です。

詳しくは下記から
妊娠線のケアは今!
妊娠線のケアは今!

この他、妊娠中の注意点については妊娠中の注意点で、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで詳しく紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠中の不眠

妊娠中の不眠

妊娠中に不眠は、ホルモンバランスの変化から起こるとされています。普段は、よく眠れるという人も妊婦になると、眠りが浅くなり不眠になったという話も聞きます。

赤ちゃんが成長してお腹が大きくなると、寝返りをうつのも大変になるので、今からよく眠れるように生活環境を改善していくことが大切です。

妊娠中に不眠になる原因

妊娠中に不眠になる原因

妊娠すると、エストロゲンとプロゲステロンの分泌に変化が起こり眠りが浅くなるのが原因とされています。妊娠初期に眠たさを感じている人も、妊娠中期から後期になって不眠を訴える人も多いようです。

これに加えて、お腹が大きくなってくることでの運動不足や寝返りの大変さが不眠の原因となります。

この次は、妊娠中の不眠解消法などについて詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠中の不眠解消法

妊娠中の不眠解消法

妊娠中の不眠解消法として

・軽い運動を行う。
・寝る1時間半前にお風呂。
・TVやスマホを見ない。
・寝る前に読書。
・好きな音楽を聴く。
・カフェインは控える。
・抱き枕を使う。

このような不眠対策があります。

軽い運動を行う。
妊婦さんは、お腹が大きくなってくると運動不足になって体が疲れずに眠れないことがあります。

運動は、便秘解消にも役立つので、空いた時間でウォーキングなど軽い運動を行うようにしましょう。外に出るのが無理なときは、おうちの中でテキパキと家事をこなすだけも運動になります。

意識して体を動かすようにしてみましょう。

寝る1時間半前にお風呂。
寝る前の1時間半ぐらい前にお風呂に入ると、ちょうど体温が下がってきて寝付きが良くなります。お風呂の時間を変えてみて眠れるように工夫してみましょう。

寝る前に読書。
寝る前に自分の好きな本を読むことで、気分がリラックスできてよく眠れるようになります。でも、サスペンスや探偵ものなどは、気分が上がってくることもあるので注意してください。

好きな音楽を聴く。
好きな音楽を聴くことでも気分が落ち着いてきてリラックスできます。寝る前に部屋を暗くして音楽を楽しむようにするとぐっすりと眠ることができます。

カフェインは控える。
寝る前にカフェインの入った飲み物を飲むと、神経が興奮して眠れなくなります。寝る前に飲みたくなったら、カフェインが入っていない飲み物を選ぶようにしましょう。

カフェインは、コーヒーの他にも紅茶や緑茶にも入っていますので注意してください。

眠れないようだったら、牛乳を飲むことをおすすめします。牛乳にはトリプトファンという成分が入っていて寝る前に飲むのがよいとされます。

妊婦さんの牛乳を飲む量は一日あたり200mlぐらいとされるので、これを超えないように飲んでください。

抱き枕を使う。
お腹が大きくなってくると、仰向けやうつぶせで寝ることができなくなってきます。姿勢を変えづらいのも不眠になる原因の一つです。

横向きでも安眠できるように、抱き枕を使うといいでしょう。最近では、妊婦さん用の抱き枕が販売されています。授乳枕としても使うことができて便利です。

妊娠中の不眠は、多くの妊婦さんが経験することです。生活に工夫するようにしてぐっすり眠れるようにしましょう。

この他、妊娠中眠れないことの話題全般については妊娠中に眠れない?で、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいでまとめています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。読んでみてください。

妊娠中のかゆみ

妊娠中のかゆみ

妊娠中のかゆみは、ホルモンバランスの変化によって起こります。

妊娠を継続させるために必要なホルモン(黄体ホルモン プロゲステロン)の働きによって、体内の水分量に変化が起こって肌の痒みが起こります。

掻きむしることは良くないので、早めに産婦人科の医師に相談するようにしましょう。

妊娠中のかゆみは病気

妊娠中のかゆみは病気

妊娠中の痒みが、夜寝られないぐらいひどいと病気かもしれません。

妊娠中のかゆみが症状の病気は、

・妊娠性痒疹(にんしんせいようしん)
・妊娠性皮膚掻痒症(にんしんせいひふそうようしょう)

があります。

どれも症状が重くなると、夜寝られないぐらいのかゆみが出ます。我慢できないぐらいかゆいときは、産婦人科医の医師に相談して治療するようにしましょう。

この次は、各疾患の詳細と妊娠中の痒み対策を紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠中に痒みが出る病気

妊娠中に痒みが出る病気

妊娠性痒疹(にんしんせいようしん)
妊娠性痒疹とは、かゆみとともに広範囲に赤い湿疹ができるものです。妊娠2回目以降に出ることが多く、次の妊娠で再発することもあります。

妊娠後期になると、腹部にできやすく激しい痒みを伴うことがあります。これをPUPPPと呼んで区別しています。出産後数日で軽快する人もいます。

治療法としては、対処療法でかゆみ止めが処方されることが多いようです。

妊娠性皮膚掻痒症(にんしんせいひふそうようしょう)
妊娠中期~後期にかけて全身に強い痒みがでる疾患です。妊娠性痒疹とは違って表面に発疹などはないとされます。しかし、痒みに耐えきれず掻きむしると、そこにぶつぶつができたりすることもあります。

出産後24時間以内に治まることが多いとされます。

このような疾患で大切なのは、掻きむしらないようにすることです。早めに産婦人科を受診して症状を相談するようにしましょう。

妊娠中のかゆみ対策

妊娠中のかゆみ対策

妊娠中のかゆみを抑えるような対策をして、症状がひどくならないようにしましょう。

妊娠中のかゆみ対策
・刺激の少ない下着に替える。
・脂っこいものを控える。
・ピーナッツ類を控える。
・チョコや生クリームを控える。
・早めに病院受診で治療する。

このような対策をして、かゆみや発疹が広がらないようにしましょう。

刺激の少ない下着に替える。
下着の繊維刺激が痒みを増してしまうことがあります。下着を刺激のすくないものへ替えて刺激を抑えるようにしましょう。

縫い目が気になるときは、裏返しで着るもの方法の一つです。

脂っこいものを控える。
揚げ物など脂っこいものを控えるようにします。ですが、必要なものでもあるのでバランスを考えた食事になるようにしましょう。

ピーナッツ類を控える。
ピーナッツは、アレルギーの原因になると言われています。ピーナッツはお腹の赤ちゃんに影響するという報告もあるので妊娠中は控えるようにしましょう。

チョコや生クリームを控える。
チョコレートのカカオや生クリームの脂肪分が肌に影響を与える場合があります。これらも控えるようにしましょう。

早めに病院受診で治療する。
痒みが治まらないときは、早めに産婦人科を受診して治療を開始することが大切です。

かゆみ止めは、妊娠中でも処方できるものもあります。我慢すると、掻きむしって症状が悪化することがあるので病院を受診して治療することが大切です。

妊娠中のかゆみは、放置するとよくありません。早めに治療するようにしましょう。

妊娠線のケアは早めに。

今、妊娠線のケアをしないと、大変なことに!?

一度妊娠線が出てしまうと、元に戻すのが大変になります。

妊娠線のケアは、早いうちから始めることが大切です。

詳しくは下記から
妊娠線のケアは今!
妊娠線のケアは今!

この他、妊娠中での注意点などは妊娠中の注意点で、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠中の風邪

妊娠中の風邪

妊娠中の風邪は、軽度な症状のときには2・3日で症状が治まってきます。それでも治らない場合や、高熱が出たときは早めに産婦人科を受診して治療するようにしましょう。

風邪は、喉や鼻、気管支にウイルスや細菌が付着して起こる病気です。通常はゆっくり休養していれば治ることが多いです。

風邪ウイルスと赤ちゃん

風邪ウイルスと赤ちゃん

妊娠中に風邪を引くと、お腹の赤ちゃんに影響しないか心配になりますよね。

風邪を引き起こすウイルスや細菌は、たくさんの種類がありますが、どれも胎盤を通って赤ちゃんに影響を及ぼすことはありません。

高熱を引き起こして強い感染力があるインフルエンザウイルスも胎盤を通して赤ちゃんに影響することはありません。

妊娠線のケアは早めに。

今、妊娠線のケアをしないと、大変なことに!?

一度妊娠線が出てしまうと、元に戻すのが大変になります。

妊娠線のケアは、早いうちから始めることが大切です。

詳しくは下記から
妊娠線のケアは今!
妊娠線のケアは今!

この次は、妊娠中の風邪薬やインフルエンザについて詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠中に処方される風邪薬

妊娠中に処方される風邪薬

妊娠中の風邪によく処方される薬を紹介します。

葛根湯
風邪の引き始めに処方されることが多い漢方薬です。

小青竜湯
鼻水の症状が強いときに処方されることが多いです。副作用が少ない特徴があります。

麦門冬湯
上気道炎でせきなどの症状が治まらないときによく処方されます。

メジコン、フスコデ
こちらもせきの症状が強いときに出される薬です。

ムコソルバン、ビソルボン、ムコダイン
痰が絡んでいるときに良く処方される薬です。

カロナール
熱があるときや頭痛に出される解熱剤です。解熱鎮痛剤として安全性が高いことが知られています。

妊娠中の風邪薬は、安全性の高いものが処方されます。薬が苦手な人は、高熱の場合を除き2・3日様子を見てもいいでしょう。

それでも、風邪の症状が改善しないときは、早めに産婦人科を受診して治療するようにしましょう。

妊娠中のインフルエンザ

妊娠中のインフルエンザ

妊娠中にインフルエンザウイルスに感染すると、38℃以上の高熱が出たり、筋肉痛や全身倦怠感など全身に症状が現れます。

重症化すると、肺炎や気管支炎になることがあり注意が必要です。

高熱や筋肉痛、倦怠感が出てインフルエンザかな?と思ったら早めに受診することが大切です。

妊娠中でも抗インフルエンザ薬が処方されることがあります。
医師が必要と認めた場合には、タミフルやリレンザといった抗インフルエンザ薬が処方されることがあります。産婦人科の医師の指示に従うようにしましょう。

妊娠中の風邪を予防

妊娠中の風邪を予防

妊娠中の風邪を予防するには、

・帰宅したら手洗い、うがい。
・外出には、マスクを着用。
・部屋を乾燥させない。
・十分な睡眠と休養。
・栄養ある食事とビタミンC。

これらのことに注意して、風邪を予防していくことが大切です。

帰宅したら手洗い、うがい。
風邪の予防に手洗い、うがい

外出先から帰宅したら、一番先に手洗いとうがいをするようにしましょう。手には、色々な細菌やウイルスが付着している可能性があります。

その手で、あちこち触ってしまうと感染を広げる原因となるので、まずは手を洗うように習慣づけましょう。

外出には、マスクを着用。
風邪にはマスク

外出するときは、マスクを着用するようにしましょう。風邪が流行っている時期は外出を控えるようにしましょう。

家族が風邪を引いているときは、うつらないように細心の注意を払うようにしましょう。

●部屋を乾燥させない。
部屋を乾燥させない。

部屋が乾燥していると、風邪のウイルスが活発になります。適度な湿度が保てるように部屋を加湿しておくことも大切です。

十分な睡眠と休養。
風邪には休養

体が疲れていると、風邪を引きやすくなります。特に妊婦さんは、抵抗力が落ちているので、無理をせずに休息を取るようにしましょう。

十分な睡眠時間と休養で体力の消耗を防ぐようにします。

栄養ある食事とビタミンC。
妊娠中の風邪には栄養

妊娠中は、栄養のある食事をして体力を付けるようにしましょう。風邪にはビタミンCがいいと言われるので、イチゴやレモン、赤ピーマンなどを食事に取り入れましょう。

妊娠中の風邪は、十分に休養を取れば治ることも多いです。しかし、症状が長引く場合や高熱があるときは、早めに産婦人科を受診して治療するようにしましょう。

妊娠中の風邪薬

妊娠中に風邪薬を飲むときは、自分の判断で飲むのは危険です。市販の風邪薬の中には、妊娠中に禁忌となっている成分が含まれていることがあります。

市販の風邪薬は、色々な成分が含まれていますので飲まないようにして、産婦人科を受診して安全性の高い薬を処方してもらうようにしましょう。漢方薬の中でも、非常に強い作用を持ったものがあるので、自己判断で飲まないようにしましょう。

産婦人科で処方される主な風邪薬は、葛根湯、小青竜湯、麦門冬湯、メジコン、SPトローチ、ムコソルバン、カロナールなどがあります。どれも安全性が高い薬です。

市販の頭痛薬の中にも、妊娠中に飲まないほうがいい成分が入っていることがあります。アスピリンとイブプロフェンが含まれている頭痛薬には気をつけましょう。詳しくは妊娠中の風邪薬で説明しています。

この他、妊娠中の注意点は、妊娠中の注意点で、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいでまとめました。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠中の便秘

妊娠中の便秘

妊娠中の便秘は、生理的な現象で多くの妊婦さんが悩んでいます。今まで便秘になったことがない人でも便秘になることもあります。

妊娠中に便秘になることは、ある程度仕方のないことなので、生活や食事を見直すことによって改善していくようにしましょう。

妊婦に市販の便秘薬は危険!

妊婦に市販の便秘薬は危険!

市販の便秘薬は、妊婦さんに使うのは危険なのでやめるようにしましょう。

市販の便秘薬の中には、妊婦さんに使ってはいけいない成分が入っていることがあります。特にセンナがダメなので市販の便秘薬は使わないようにしましょう。

どうしても便秘が解消できないときは、妊婦健診や産婦人科受診で便秘薬を処方してもらうようにします。

次は、妊娠中に便秘になる原因と解消法について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠中に便秘になる原因

妊娠中に便秘になる原因

妊娠中に便秘になる原因として、

・ホルモンによる影響
・食事の偏り
・妊娠中の運動不足

このような原因が考えられます。

ホルモンによる影響
妊娠中の便秘はホルモンバランス

妊娠中には、黄体ホルモンや卵胞ホルモンなど様々なホルモンが分泌され体内でダイナミックな変化が起きています。

この中でも黄体ホルモンは、子宮が大きくなるのを助けるため子宮を柔らかくする役目があります。この影響が胃腸まで影響して動きを鈍くします。

胃腸の動きが鈍くなると、胃痛や便秘の原因となります。

食事の偏り
便秘は偏食から

妊娠初期はつわりで食べることができずに水分不足、つわりが明けると食欲が増して好きなものばかり。。。

こんな食生活を続けていると便秘になりやすくなります。

妊娠中の運動不足
妊娠中は運動不足

妊娠中にはつわりで動けなかったりと、つい運動不足になりがちです。

このようなことが便秘になる原因と言われています。

妊娠中の便秘を解消するには

妊娠中の便秘を解消するには

妊娠中の便秘を解消するには、

・食事内容を改善する。
・水分を多く補給する。
・軽い運動を行う。

上記の3点が大切になってきます。

食事内容を改善する。
妊娠中は食事が重要

妊娠中は、ママと赤ちゃんのことを考えて栄養豊富でバランスのよい食事にすることが大切です。脂っこいものや味付けの濃い食事は控えるようにしましょう。

塩分の取りすぎには注意!
妊娠中に塩分を取り過ぎてしまうと、妊娠高血圧症候群になるリスクが高まることが知られています。

妊娠高血圧症候群とは、高血圧で脳卒中になったり痙攣を起こす病気で、ママや赤ちゃんに影響を起こすこともあります。妊娠中はなるべく塩分を控えた食事になるように改善していきましょう。

便秘対策としては、食物繊維を多く含んだ食品を食事に取り入れるようにします。キャベツや大豆、ワカメなどに多く含まれているので積極的に食べるようにしましょう。

妊婦さんが食べない方がいい食品がある!
マグロやメカジキ、金目鯛などは水銀が含まれているため、妊娠中は食べないほうがいいでしょう。また、ひじきにもヒ素が含まれてるので食べないほうがいいです。

また、妊娠初期にはビタミンAの取りすぎが赤ちゃんへ影響することが知られています。鰻やレバーなどを毎日食べずに控えたほうがいいでしょう。

水分を多く補給する。
妊娠中の便秘には水分

妊娠中は、水分が不足がちになります。なるべく水分を補給するように心がけましょう。麦茶などでもいいと思いますが、緑茶には鉄分吸収を阻害する成分があるので注意してください。

補給する水分は、ノンカフェインものを選ぶようにしましょう。

軽い運動を行う。
便秘解消に運動

産婦人科医から運動を止められている、安静を指示されている人以外は、体調を考慮した上で軽い運動を行うようにすると便秘解消になります。

マタニティスイミングやマタニティヨガなどもいいですね。マタニティスイミングは、腰の負担も軽くしてくれるのでおすすめです。

妊娠中の便秘は、食生活や生活習慣を見直すことで改善できます。それでも改善できない場合は、産婦人科を受診して便秘薬を処方してもらうようにしましょう。

妊娠線のケアは早めに。

今、妊娠線のケアをしないと、大変なことに!?

一度妊娠線が出てしまうと、元に戻すのが大変になります。

妊娠線のケアは、早いうちから始めることが大切です。

詳しくは下記から
妊娠線のケアは今!
妊娠線のケアは今!

妊娠中の下痢

妊娠中の下痢で悩む妊婦さんもいます。妊娠すると便秘になる人が多いですが逆に下痢を起こす人もいます。原因は、ホルモンバランスの変化と考えられますが、その他の原因もあります。

お腹の冷えやストレス、脂っこいものをたくさん食べることでも下痢を起こします。下痢が何日も続くようなら、早めに産婦人科を受診して原因を調べるようにしましょう。

下痢の症状は、人によって様々で便秘と下痢を繰り返す人や胃痛や腹痛のあとに下痢になる人もいます。また、鉄分の薬や漢方薬を飲むことで下痢になってしまう人もいるようです。

下痢にならないように対策するには、便秘を解消するようにして、脂っこいものや生もの、賞味期限切れのものは食べないなど、今まで以上に食生活や生活習慣に気を配ることが大切です。詳しくは妊娠中の下痢でまとめています。

この他、妊娠中の注意点については妊娠中の注意点で、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいでまとめました。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠中に食欲が増す?

妊娠中に食欲が増す?

妊娠中に食欲が増すことがあって、つい食べ過ぎて困ってしまうこともあると思います。

食べつわり明けで、そのまま食欲増進が続いて食べすぎが止まらないことも。

妊娠中の必要以上の体重増加は、様々なリスクを高めることになります。食べ過ぎには注意して、適正な体重になることを心がけましょう。

妊娠中の食欲がとまらない

妊娠中の食欲がとまらないとき

妊娠中の食欲がとまらないときは、生活の中で工夫をして食欲を抑えるようにしましょう。

甘いものやお菓子ばかり食べていると、妊娠糖尿病のリスクが大きくなります。注意してください。

食欲が止まらないとき
・食事はゆっくり、良く噛んで。
・規則正しく1日3食食べる。
・野菜から食べ始める。
・寒天やゼリーを食べる。
・おからクッキーを食べる。
・無糖ヨーグルトにシリアル。
・お菓子の買い置きはしない。

このような食事にして、止まらない食欲を抑えていくようにしましょう。

次は、具体的な説明と注意事項について紹介します。まだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠中の食欲を抑えるには

妊娠中の食欲を抑えるには

妊娠中の食欲を抑えるには、いくつかの方法があります。

食事はゆっくり、良く噛んで。
食事はゆっくり、良く噛んで。

急いでごはんを食べてしまうと、血糖値が急激に上がってしましい、インシュリンが分泌されるころには血糖値が下がり空腹感が出る悪循環になります。

食事はゆっくり時間を掛けて食べ、良く噛むようにしましょう。良く噛むことで唾液が分泌され消化もよくなります。

一口で噛む回数は30回を目標にします。これは、肥満解消療法である「咀嚼(そしゃく)法」に取り入れている方法で、良く噛むことで素材の味も分かるようになって口数を増やすこともできます。

主食のごはんを玄米ごはんに変えるものいいですね。自然に良く噛むようになって便秘の解消にもなります。

規則正しく1日3食食べる。
規則正しく1日3食食べる。

ダラダラと食事をしていると、際限なく食べてしまうことになります。

食事は、1日3食同じ時間帯にきちんと食べるのが鉄則です。朝食を抜いたり、間食はなるべく避けるようにしましょう。

野菜から食べ始める。
野菜から食べ始める。

食事をするときは、野菜から食べ始めるようにします。良く噛んで食べると、野菜の甘みを味わうことができて食欲も抑えることができます。

妊婦さんの中には、おやつにキャベツを食べている人もいました。キャベツは、食物繊維も多く含まれているので便秘解消にもなるので一石二鳥ですね。

寒天やゼリーを食べる。
妊婦の食欲増進に寒天

妊娠中に食欲が増すときは、自分で寒天やゼリーを作って食べている妊婦さんも多くいます。牛乳を入れたり、きな粉をかけたりと糖分を抑えたものが人気です。

寒天やゼリーにジュースを入れると、糖分を取り過ぎることになるので注意が必要です。

寒天には水溶性食物繊維が含まれているので、便秘解消になりますね。

おからクッキーを食べる。
妊娠中の食欲が増すときはおから

おからクッキーは、少し食べただけでも満腹感を得られるクッキーです。おからを使ってドリアのごはんの代わりにしている妊婦さんもいます。

食欲が増してどうしようもないときは、おやつをおからクッキーにするのもいいでしょう。

無糖ヨーグルトにシリアル。
食欲が増すときはにヨーグルト

砂糖の入っていないヨーグルトにシリアルやグラノーラを入れて食べると、満足感もあり便秘対策にもなります。

ヨーグルトが好きな人は試してみるものいいかもしれません。

お菓子の買い置きはしない。
お菓子の買い置きはなし

手元にお菓子があると、つい手を伸ばしてしまうことになります。できるだけ、お菓子の買い置きは控えるようにしましょう。

どうしても、お菓子が食べたくなったら歩いて今日食べる分だけを買いに行くようにしましょう。

妊娠線のケアは早めに。

今、妊娠線のケアをしないと、大変なことに!?

一度妊娠線が出てしまうと、元に戻すのが大変になります。

妊娠線のケアは、早いうちから始めることが大切です。

詳しくは下記から
妊娠線のケアは今!
妊娠線のケアは今!

間食するときの注意点

常にお腹が空いてしまうので、どうしても食べたいときがあります。

たくさん食べるのはいけませんが、少量を少しずつ食べるようにしましょう。

おやつを食べる際には、ちょっとした注意点があります。

・お菓子や甘いものには常習性
・果物にも糖分があるので注意
・塩分は控える むくみ対策

甘いものを食べるのは控え、寒天やゼリーを食べるようにしましょう。

果物はビタミンも豊富ですが、糖分も多くあります。食べ過ぎには注意してください。

塩分を取り過ぎると、体がむくんできます。妊娠中の塩分は控えるようにしましょう。塩分の取りすぎは、妊娠高血圧症候群のリスクを高めますので注意してください。

妊娠中に食欲が増すと、つい食べ過ぎてしまいますが、過度な体重増加を避けるために食べ過ぎには注意していきましょう。

妊娠中の体重増加は、7~12kgが適正と言われています。この範囲に収まるように体重を管理していきましょう。

この他、妊娠中の注意点については妊娠中の注意点で、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで詳しく紹介しています。読んでみてください。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠中に眠れない?

妊娠中に眠れない?

妊娠中に眠れないと、不安になりますよね。

特に仕事を持っている人は、無理に眠ろうとして逆に目が冴えてしまうこともあります。

妊婦さんの不眠症は、ホルモンの影響で生理的なものが多いとされます。眠れないときは無理して眠らずに、起きて他のことをしていれば眠気がきて眠れるようになります。

眠れないと考え込まずに、夜中に眠れないのは授乳の練習と考えて過ごすようにしましょう。

妊娠中に眠れない原因

妊娠中に眠れない原因

妊娠中に眠れない原因は、いくつかあると考えられています。

妊婦さんが寝れない原因
・黄体ホルモンの影響
・赤ちゃんの胎動
・考えすぎや不安

このようなことが眠れない原因としてあります。

黄体ホルモンの影響
妊娠中に分泌される黄体ホルモンの影響によって寝れなくなることがあります。

本来、黄体ホルモンの役割は、子宮を柔らかくして眠たくなる作用がありますが、黄体ホルモンが影響して自律神経が不安定になって眠れないことがあります。

これは、生理現象なので仕方のないことでもあり、出産まで上手に付き合っていく必要があります。

赤ちゃんの胎動
お腹の赤ちゃんが大きくなってくると、活発に動くようになります。胎動は、妊娠16週ぐらいから感じられる人が多く臨月まで続きます。

胎動は、激しく動くこともあれば静かに手足だけを動かしているだけのときもあります。胎動の感じ方には個人差がありますが胎動の動きで寝れない、眠れないということも出ています。

胎動があるのは、元気な証拠と捉えて比較的動きが静かなときに昼寝や睡眠を取るようにしましょう。

考えすぎや不安
考えすぎや不安な気持ちも眠れない原因の一つです。

仕事を持っている妊婦さんは、眠れないことで仕事に影響が出るのではないか?心配になりますます不眠になっていく傾向があります。

また、出産が近づいてくると不安な気持ちが大きくなり寝れなくなることも。

眠れないときは、悪い方に考えがちなのでなるべく考え込まないようにしましょう。自分がリラックスできる環境を作って少しでも眠れるようにするのがおすすめです。

次は、眠れるような環境はどうやって作るのか紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠中でも気持ちよく眠るには?

気持ちよく眠るには?

妊娠中でも気持ちよく眠るには、自分がリラックスできる環境を整えることが大切です。

気持ちよく眠るポイント
・規則正しく寝るようにする。
・寝る前はスマホ禁止。
・本を読んだり音楽を聴く。
・アロマでリラックス。
・午後10時から午前2時までは寝るようにする。
・寝る前に暖かい飲み物を。
・眠れないなら寝ない。

このような不眠解消法があります。

規則正しく寝るようにする。
妊娠中は規則正しく寝る

眠れなくても、午後10時には布団に入るようにして眠るようにします。規則正しく横になることで自然に眠ることができるようになります。

寝る前はスマホ禁止。
妊娠中に眠れないならスマホ禁止

寝る前にスマホやTVなど光の刺激が強いものを見続けると、眠りが浅くなります。できれば、2時間前間からスマホやTVは見ないようにしましょう。

本を読んだり音楽を聴く。
妊娠中に眠れないときは本を

寝る前に自分の好きな本を読んだり、音楽を聴くことで心がリラックスできて眠れるようになります。刺激の強い本や音楽は避けて、落ち着くような本や音楽を楽しむようにしましょう。

アロマでリラックス。
眠れないときはアロマ

眠れないときは、アロマをするのもおすすめです。いい香りを楽しむことで心がリラックスしていきます。

ただし、つわりのときは香りを嗅ぐことで気分が悪くなることがあるので注意が必要です。妊娠中に禁忌な成分もあるので注意してください。

午後10時から午前2時までは寝るようにする。
妊娠中は10時までに寝る

午後10時から午前2時までは、ゴールデンタイムといって眠りの質がよくなる時間帯です。眠れなくてもこの時間帯には、横になるようにしましょう。

寝る前に暖かい飲み物を。
妊娠中の不眠にミルク

寝る前に温かい飲み物を飲むと寝付きがよくなると言われています。中でもホットミルクが不眠にはよいとされます。

牛乳に含まれるトリプトファンが脳内のセロトニンの分泌を促す作用があるといわれ寝付きがよくなると言われています。

牛乳が苦手な人は、カモミールティーでもいいでしょう。自分がリラックスできるフレーバーで試してみてください。

眠れないなら寝ない。
妊娠中に眠れないなら寝ない

妊娠中に眠れないなら、いっそのこと起きていたほうが楽かもしれません。布団の中で無理に寝ようとすると考えごとばかりするようになるので、起きて色々なことをしてみましょう。

部屋の片付けをしたり、朝食の準備をしたり赤ちゃんの前掛けやミトンを作ったりしていると眠気が来るようになります。眠れないなら寝ないのも選択肢の一つです。

妊娠中に眠れないときの対策をいくつか紹介しました。自分に合った解消法を試してみてください。

妊娠線のケアは早めに。

今、妊娠線のケアをしないと、大変なことに!?

一度妊娠線が出てしまうと、元に戻すのが大変になります。

妊娠線のケアは、早いうちから始めることが大切です。

詳しくは下記から
妊娠線のケアは今!
妊娠線のケアは今!

妊娠中の不眠

妊娠中の不眠で悩む人は、つわりで悩む人と同じぐらいいると言われます。妊娠前は、不眠でなかったのに、妊娠してから不眠になったひともいます。多くの妊婦さんの悩みですね。

妊娠中に不眠になる原因の一つとして、ホルモンバランスの変化があります。エストロゲンとプロゲステロンの作用で、イライラしたりして眠れなくなることがあります。また、運動不足なども原因と言われています。

妊娠中の不眠解消法としては、寝る前の1時間半前にお風呂に入る、スマホやTVは見ない、カフェイン入り飲料は飲まない、読書や音楽を聴いてリラックスする、抱き枕を使うなどがあります。

この中でも、抱き枕を使うとよく眠れるようです。妊婦さん専用の抱き枕もあって、授乳用の枕として使えるものもあります。生活を工夫してよく眠れるようにしましょう。詳しくは妊娠中の不眠でまとめました。

この他、妊娠中の注意点については妊娠中の注意点で、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで紹介しています。読んでみてください。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠中のお腹の張り

妊娠中のお腹の張り

妊娠中のお腹の張りは、心配のないものもありますが、痛みや出血を伴う場合は何らかのサインであることが多いです。

横になっても張りが治まらないときは産婦人科へ連絡して指示を仰いでください。

妊娠中のお腹の張りの原因

妊娠中のお腹の張りの原因

妊娠すると、ホルモンの変化や子宮が大きくなることで体の中で様々な変化を起こるようになります。

お腹の張りもその一つで、靱帯が引きつったり痙攣してお腹が張ってくる場合があります。横になって休むと治まる場合は、あまり心配しなくてよいとされます。

しかし、出血や痛みを伴ったお腹の張りは、流産や異所性妊娠(子宮外妊娠)などのサインかもしれないので、すぐに産婦人科へ連絡して指示を仰ぐようにしましょう。

次は、妊娠中のお腹の張りの主な原因について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





お腹の張りの主な原因

お腹の張りの主な原因

妊娠中にお腹が張る原因をいくつか紹介します。

お腹の張りの主な原因
・生理的なもの
・流産、切迫流産
・子宮筋腫
・子宮頸管無力症
・異所性妊娠(子宮外妊娠)
・卵巣のう腫、腫瘍、茎捻転
・便秘
・骨盤内の血行不良

このようなことが、原因と考えられています。

生理的なもの
子宮が大きくなって、骨盤内の臓器を圧迫することや子宮を支えている靱帯が伸びたり痙攣したりして、お腹の張りを起こすことがあります。

横になって治まる場合は、心配しなくてよいとされます。お腹が張ってきたら、無理をせずに休むことが大切です。

流産、切迫流産
流産とは、妊娠22週以前に妊娠が継続できなかったこと、切迫流産とは、その一歩手前の状態のことをいいます。

流産の場合は、お腹の張りと痛み、出血を伴うことが多く痛みも大きくなる傾向があります。痛みの強さは、生理痛ぐらいから立てなくなるほどの痛みまであります。

お腹が張って、痛みや出血があるときはすぐに産婦人科へ連絡して指示を仰ぎましょう。

子宮筋腫
子宮筋腫もお腹が張る原因の一つです。人によっては筋腫の形が分かるほど張る場合も。

出血するケースは少ないとされますが、痛みや張りが続くこともあります。ほとんどの場合は、出産まで様子を見て必要であれば出産後に治療を行います。

子宮頸管無力症
子宮頸管無力症は、子宮の入り口である頸管の部分が出産前に自然に緩んでしまう病気です。自覚症状がほとんどなく、あってもお腹が張るぐらいです。

妊婦健診で見つかることも多く、頸管を特殊なテープで縛る手術が行われることもあります。

異所性妊娠(子宮外妊娠)
異所性妊娠(子宮外妊娠)は、急激に下腹部に強い痛みを感じるのが特徴で、子宮以外に着床してしまう疾患で、ほとんどは卵管に発生するものです。

卵管が破裂して腹腔内に出血すると緊急手術になることもあります。

妊娠検査薬では、妊娠かどうかは分かりますが、正常な妊娠かどうかまでは分かりません。検査薬で陽性になったら、すぐに産婦人科を受診して正常な妊娠かどうかを診断してもらいましょう。

卵巣のう腫、腫瘍、茎捻転
妊娠初期に卵巣が腫れることがあります。腫れるときにチクチク、ズンズンした痛みや張りを感じることもあります。通常は、時間と共に卵巣が小さくなっていきますが、大きいままの状態や茎の部分がねじれてしまう茎捻転のときは手術も検討されることがあります。

便秘
便秘もお腹が張る原因となります。妊婦さんの多くは便秘に悩まされることもあり、便秘を解消することがポイントになってきます。

妊娠初期からも、ホルモンの影響で便秘になることがあります。便秘を解消するには、水分を多めに摂り、食物繊維や乳酸菌などを食事に取り入れるようにしましょう。

便秘だからといって、市販の便秘薬を飲むのは危険です。市販の便秘薬の中には妊娠に影響する成分(センナなど)が多く含まれることがあります。

便秘のときは、自己判断せずに必ず医師に相談して便秘薬を処方してもらうようにしましょう。

骨盤内の血行不良
忙しく仕事や家事をしていると、骨盤内の血行不良が起こりお腹が張ってくることがあります。仕事中でも、お腹の張りを感じたら、休憩を取るようにしましょう。

横になれないときには、座るだけでも違ってきます。妊娠中は、あまり無理をしないようにしましょう。

産婦人科へ連絡するポイント

産婦人科へ連絡するポイント

お腹に張りや痛み、出血があり産婦人科へ連絡するときにいくつかのポイントがあります。

いつからなのか?
朝から?寝る前?寝ているとき?

どこが痛むのか?
下腹部?胃のあたり?みぞおち?背中側?

横になったら治まる?
治まる?治まらない?

出血の色と量は?
色は赤?ピンク?茶色?
量は少し?生理ぐらい?大量?
塊が出る?卵白のようなものは出てる?

痛みは断続的?間隔は?
断続的?ずっと続いている?
何分おき?

他に症状は?
吐き気?ムカムカ?下痢?

このようなことを産婦人科に伝えるとスムーズに運びます。

このように、妊娠中のお腹の張りは心配がないものと、妊娠に重大な影響が出る場合があります。特に出血や痛みがあるときは、自己判断せずに産婦人科へ連絡して指示を仰いでください。

妊娠線のケアは早めに。

今、妊娠線のケアをしないと、大変なことに!?

一度妊娠線が出てしまうと、元に戻すのが大変になります。

妊娠線のケアは、早いうちから始めることが大切です。

詳しくは下記から
妊娠線のケアは今!
妊娠線のケアは今!

この他、妊娠中の注意点は妊娠中の注意点で、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいでまとめています。読んでみてください。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠と腰痛

妊娠と腰痛

妊娠して腰痛になる人が多く、ほとんどの妊婦さんが経験していると言われます。

腰痛が出る時期は、お腹が大きくなってくる妊娠後期に多いのですが、お腹がそれほど大きくない妊娠初期から腰痛になる人もいます。

ベルトや腹帯をうまく活用して腰痛対策していきましょう。

妊娠して腰痛になる原因

妊娠中の腰痛になる原因

妊娠中の腰痛が出る原因として、

・ホルモンの影響
・体のバランスの変化
・運動不足

上記の3点が、妊婦さんが腰痛になる原因と考えられています。

ホルモンの影響
妊娠によるホルモンの影響で関節が緩くなり、関節を支える周りの筋肉に負担が掛かり腰痛を起こすと言われています。

また、妊娠の影響で骨盤内の血行が悪くなり疲労物質の排出が滞るのも原因だと言われます。

体のバランスの変化
お腹が大きくなってくると、どうしても後ろに反る姿勢になりがちです。後ろに反る姿勢は腰に負担が掛かり腰痛の原因となります。

また、重心が前に移動するためそれを支えようと更に腰に負担が掛かるようになります。

運動不足
つわり(悪阻)や妊娠後期でお腹が大きくなると運動不足になってしまいます。

つわりがひどいときは寝ていることも多いので、仕方がないことかもしれません。

このようなことが、妊娠中の腰痛になる原因と考えられています。

次は、妊娠での腰痛対策や注意点などを詳しく紹介していきます。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠中の腰痛対策

妊娠中の腰痛対策

妊娠中の腰痛はつらいですよね。そこで、妊娠中の腰痛対策をいくつか紹介していきます。

妊娠中の腰痛対策
・四つん這いになる。
・敷き布団は硬め。
・左を下にして寝る。
・ガードルやベルトを着用。
・イスに座るときは深くまっすぐ。
・ストレッチやマッサージ。
・軽い運動をする。
・健診の時に相談。
・日常生活でも工夫。

上記のような腰痛対策があります。

四つん這いになる。
大きなお腹では腰に負担が掛かってしまいます。四つん這いになると腰の負担が減って腰が楽になります。自宅でも手軽にできるので試してみてください。

敷き布団は硬め。

妊娠中の腰痛対策に布団

柔らかい布団だと、腰に負担が掛かる場合があります。腰痛には硬めの布団がいいと言われるので、硬めの布団に変えるのも対策になります。

左を下にして寝る。
腰痛のときは、仰向けに寝ると痛みが増すので横向きに寝るのが楽でいいです。できれば、左を下にして横向きに寝るようにしましょう。

ガードルやベルトを着用。
妊娠中は、医師の許可を受けてガードルやベルトを着用しましょう。さらしを強く巻いても腰痛の軽減になります。

ベルトは、トコチャンベルトが有名です。その他にも通販や西松屋などでも売ってあるので探してみてください。産婦人科でも妊婦用の腹帯やベルトを取り扱っているところがあります。

イスに座るときは深くまっすぐ。
イスに座るときは深く腰掛けて背筋を伸ばすようにします。背もたれに寄りかかってしまうと、腰に負担が掛かりますので注意してください。

ストレッチやマッサージ。
産婦人科医から許可が出ているなら、軽いストレッチやマッサージもいいでしょう。パパに腰を押してもらうのも効果的です。イスに反対向きに座って背中を向けてパパから押してもらいましょう。

軽い運動をする。
担当医師から動いてよいと言われているなら、ヨガやマタニティビクス、マタニティスイミングなどで体を動かすようにします。マタニティスイミングは、腰への負担が軽くなるため楽になったという人も多いです。

健診の時に相談。
腰痛がひどく痛むなら、妊婦健診のときに医師や助産師さんに相談するようにしましょう。腰痛の解消法や改善方法を教えてもらえます。

日常生活でも工夫。
日常生活の中でも、腰に負担が掛かることが多くあります。腰痛になったときは、キッチンの立ち仕事のときは、イスに座って休む、重いものは、家族に手伝ってもらういきなり力を入れないなど、腰痛にならないように工夫していきましょう。

妊娠して腰痛になった場合は、日頃の生活に気をつけて過ごすようにしましょう。出産が終われば、腰痛も解消されることが多いので頑張っていきましょう。

妊娠線のケアは早めに。

今、妊娠線のケアをしないと、大変なことに!?

一度妊娠線が出てしまうと、元に戻すのが大変になります。

妊娠線のケアは、早いうちから始めることが大切です。

詳しくは下記から
妊娠線のケアは今!
妊娠線のケアは今!

妊娠中の腰痛対策

妊娠中は、腰痛対策をしっかり行って腰の痛みを和らげるようにしましょう。腰痛で悩む妊婦さんは、全体の約半数と多くの人が悩んでいます。予防することで痛みの発生を軽減できるので試してみましょう。

妊婦さんが腰痛を起こしやすい原因として、ホルモンの変化とお腹が大きくなることでの重心変化、運動不足があります。妊婦さんは、生理的に腰痛を起こしやすい状態になっています。

具体的な腰痛対策として、硬めの敷き布団に替える、痛いときは四つん這いになる、骨盤ベルトを使用する、重いものは家族に持ってもらうなどの対策があります。

腰痛の痛みを抑えるために、通常なら湿布を使うこともありますが、妊娠中の湿布は貼らないほうがいいでしょう。詳しくは妊娠中の腰痛対策で説明しています。

この他、妊娠中の注意点は妊娠中の注意点で、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

スポンサードリンク