妊娠初期に体重増加?減る?体重管理は重要。

妊娠初期に体重増加?減る?

妊娠初期から体重増加があるときは注意しましょう。

妊娠中に体重が増えすぎると、様々なトラブルの原因になります。

妊娠するとホルモンの影響で食欲が増す「食べつわり」になるママもいます。食べ過ぎないように注意してください。

私は肥満?やせ?肥満度チェック

まずは、自分の肥満度をチェックしましょう。

身長  [cm]
体重  [kg]


BMI 

18.5未満

出産までの体重増加は9~12kgになるのが理想です。低体重になるので、栄養不足が心配です。
18.5以上25.0未満標準体重です。出産までの体重増加は7~12kgぐらいが理想とされます。ですが、週に500g以上体重が増えるなら注意してください。
25.0以上肥満となります。体重増加の目安は個別に医師と相談する必要があります。急激に体重増加なら早めに受診を。

あなたの肥満度はいかがでしたか?

18.0未満でやせ、25.0以上で肥満となります。

妊娠初期から体重が増えると?

妊娠初期から、食べつわりなどで体重が増え過ぎると、色々なトラブルの原因になるので気をつけましょう。

体重増加が原因でのトラブル

・妊娠高血圧症候群
・妊娠糖尿病
・微弱陣痛

このようなトラブルが起こるリスクが高くなります。

■妊娠高血圧症候群

日本産科婦人科学会によると

「妊娠高血圧症候群」を「妊娠20週以降、分娩後12週まで高血圧がみられる場合、または、高血圧に蛋白尿を伴う場合のいずれかで、かつこれらの症状が単なる妊娠の偶発合併症によるものでないもの」

出典:妊娠高血圧症候群:病気を知ろう:日本産科婦人科学会

このように記載されています。

妊娠高血圧症候群とは、以前妊娠中毒症と呼ばれていたもので、妊娠20週(妊娠6ヶ月)以降に高血圧の状態が続く症状です。

■妊娠高血圧症候群のリスクが高い人

・35歳以上、40歳以上で高リスク
・初産婦
・肥満
・妊娠初期の血圧が影響

高齢で初めての出産、肥満があって妊娠初期から血圧が高めの人がリスクが高くなります。

症状として、

・子癇
・HELLP症候群
・常位胎盤早期剥離

このような症状が起こる可能性があります。

症状が軽度の場合は、薬を服用しますが、重度の場合には入院が必要になることもあります。

妊娠高血圧症候群は、ママと赤ちゃんの将来に影響するかもしれないので、早めに治療することが大切です。

関連記事:
高齢妊娠のリスクは妊娠高血圧症候群

■妊娠糖尿病

妊娠糖尿病とは、妊娠を機に糖尿病になることで、妊婦さんの7〜9%が妊娠糖尿病になります。

妊娠初期に糖尿病が陰性だったときも、妊娠24~28週ごろにもう一度検査を受けることが大切です。

ママが高血糖になると、赤ちゃんも高血糖になってしまいます。

ママが高血糖になると

・妊娠高血圧症候群
・羊水量の異常
・肩甲難産
・網膜症
・腎症

などの合併症のリスクがあります。

お腹の赤ちゃんが高血糖になると

・流産
・形態異常
・巨大児
・心臓の肥大
・低血糖
・多血症
・電解質異常
・黄疸

などの合併症リスクがあります。

ママとお腹の赤ちゃんに影響があるので、適切な治療を受けることが大切です。

関連記事:
妊娠糖尿病

■微弱陣痛

微弱陣痛とは、陣痛の持続時間が40秒以内(子宮口が4~8cm、9cmから第2期で30秒以内)、陣痛周期が長く子宮内圧も低い状態となります。

出産のときに、ママの疲労が蓄積されやすくなります。このあとは、日本産科婦人科学会の産婦人科診療ガイドラインによって対応されます。

参考:17代表的異常分娩とその管理 日産婦誌64巻1号

妊娠初期の体重を気にする必要はない?

妊娠初期の体重を気にする必要はない?

妊娠初期の体重は、つわりがあるのであまり気にする必要がありません。

つわりが続いているときは「食べられるものを食べられるときに食べる」のが基本です。吐き気で栄養バランスを考えるのは難しいので食べられるものを食べるようにしましょう。

でも、食べつわりになっているときは注意してください。食べないと気持ちが悪いからと言って食べ過ぎると体重が増えすぎることになります。

妊婦さんは、赤ちゃんのために太りやすくなっているのでいつも以上に気をつけるようにしてください。

妊娠前・妊娠初期に絶対必要な葉酸

妊娠初期に葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


妊娠初期の体重変化

妊娠初期の体重変化

妊娠初期は、吐きつわりで体重減少していく場合があります。この体重減少は、つわりのためなのであまり気にする必要はありません。

妊娠初期は、食べられるものを食べるようにしてください。

吐きつわりがひどくなると、日常生活が困難になることがあります。これを妊娠悪阻と呼び入院が必要になることがあります。

体重減少がひどいときには、すぐに産婦人科医と相談するようにしましょう。

一方、食べつわりのときは注意が必要です。食べつわりによる体重変化で必要以上に体重が増えることがあります。

体重が増えすぎると、つわり明けからの体重管理が困難になってきます。妊娠中期~後期にかけて大変な思いをすることになるので、今のうちから食欲をコントロールできるようにしましょう。

この次は、妊婦の体重が増えたときの体重管理などについて詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊婦の体重管理

妊婦の体重管理

食べつわりなどで、妊娠初期でも体重が増えすぎたときには、適切な体重管理が大切になってきます。

妊娠の早い段階で体重を管理しておかないと、妊娠後期になって体重コントロールに苦労します。早めに体重増加をコントロールできるようにしましょう。

増えすぎたときの体重管理法
・お菓子や甘いものを控える。
・おやつを野菜に。
・ガムやキャンディを食べる。
・こんにゃくゼリーを食べる。

妊娠初期は、運動はなるべく控えたほうがいいので食生活を改善することが対処法になります。

お菓子や甘いものを控える。
お菓子や甘いものは、体重増加の原因になるので控えるようにしましょう。どうしても食べたくなったら、食べる時間と量を決めて食べるようにしましょう。

見えるところにお菓子を置かないようにします。お菓子の買いすぎにも注意しましょう。

おやつを野菜に。
食べたい欲求が治まらないなら、おやつを野菜に替えてみましょう。

おすすめは、もやしを蒸したものです。レンジでチンすればすぐに作ることができます。

だしの素をかけたり、ポン酢をかければ美味しく食べることができます。他の野菜でも大丈夫です。サツマイモは糖分があるので注意しましょう。

ガムやキャンディを食べる。
食べたくなったら、ガムやキャンディを食べるようにします。妊娠初期は虫歯になりやすいので、キシリトール入りガムがおすすめです。

ガムやキャンディは、糖分も高いので食べ過ぎに注意しましょう。

こんにゃくゼリーを食べる。
妊娠初期から便秘になる人もいるので、こんにゃくゼリーもいいかもしれません。ただし、胃腸の弱い人や下痢気味の人は避けたほうがいいでしょう。

このように妊娠初期の体重は、体重減少は気にすることはないようです。ですが、体重増加には気をつけて元気な赤ちゃんに出会えるように気をつけていきましょう。

この他、妊娠中の体重増加については妊娠中の体重増加でまとめました。読んでみてください。

妊娠中の体重管理全般については妊娠中の体重管理で、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。読んでみてください。

妊娠中の体重増加

妊娠中の体重増加

妊娠中の体重増加は、大きく増えすぎないように管理していきましょう。特に妊娠初期のつわり明けから食欲が出てきますので食べ過ぎないようにします。

大きく体重が増えすぎると、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病といったリスクが高まることが知られています。このような病気は、ママだけじゃなくお腹の赤ちゃんにも影響が出ることがあるので十分に注意してください。

妊婦健診で、体重の増え具合や妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などの兆候が分かるので、必ず忘れないように受けるようにしましょう。

妊婦さんの体重管理はいつから?

妊婦さんが体重管理を始める時期は、つわりが明けた頃の妊娠中期ぐらいからです。食べつわりの人は食欲が旺盛になっていますので十分に注意してください。

妊婦の体重管理

妊婦の体重管理

妊婦さんは、妊娠中に体重が増えすぎないように適切にコントロールしていくことが大切です。

妊婦さんの体重増加は何キロまで?
妊婦さんの体重増加の理想は、標準的な体重の人で7~12kgぐらいと言われています。やせ型の人では9~12kg、肥満の人は7kgぐらいになるように体重をコントロールしていきましょう。

この次は、妊婦の体重増加対策や増えすぎた、増えないときのリスクについて詳しく解説します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊婦の体重増加対策

妊婦の体重増加対策

妊婦さんの体重増加対策として

・間食はしない。
・見えるところに置かない。
・おやつは野菜中心。
・軽い運動をする。

間食はしない。
甘いお菓子やスナックを食べると、体重増加に繋がります。できるだけ、お菓子類を食べないようにしましょう。

どうしても食べたいときは、時間と量を決めて食べる方法もあります。ごはんをしっかり食べるようにすると、間食したい気持ちを抑えることができます。

見えるところに置かない。
お菓子類を見えるところに置いておくと、つい手が出てしまいます。お菓子類は、なるべく手が届かないところに置いておきましょう。

おやつは野菜中心。
どうしてもおやつを食べたくなったら、野菜類を食べるようにしてみてください。

蒸した野菜は、栄養価も高いのでおすすめです。サツマイモは食物繊維も多いですが、糖分もあります。食べ過ぎには注意するようにしましょう。

軽い運動をする。
妊婦さんは、どうしても運動不足になりがちです。軽い運動をすると、カロリーも消費して代謝もあがります。また、筋力の維持にもなるので運動を生活に取り入れてみましょう。

ウォーキングやマタニティスイミングなどもいいですね。

体重が増えすぎた、増えないときのリスク

体重が増えすぎた、増えないときのリスク

妊婦さんは、体重が増えすぎても増えないときもリスクがあります。

体重が増えすぎた!
妊娠中に体重が増えすぎると、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病といった病気になるリスクが高くなります。

これらの病気は、ママが成人病になりやすくなったり痙攣を起こすだけでなく、赤ちゃんの体が弱くなるなど今後の生活に大きな影響が出ることがあります。

妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病にならないためにも、適切な体重コントロールが大切です。

体重が増えない。
妊娠中に体重がふえないことも問題です。体重が増えないと2500g未満の低体重児を出産するリスクが高くなります。この他にも、ママと赤ちゃんの栄養不足が心配です。

最近では、過度な体重制限によって痩せすぎの妊婦さんが増える傾向にあると言われます。体重が増えない妊婦さんは、栄養のバランスを考えた食事をするように心がけましょう。

このように、妊娠中の体重増加には十分に気をつけてコントロールしていく必要があります。

妊婦さんは、脂肪を蓄積しやすくなっていますので今まで以上に食事や生活習慣に気をつけるようにしましょう。

妊娠線のケアは早めに。

今、妊娠線のケアをしないと、大変なことに!?

一度妊娠線が出てしまうと、元に戻すのが大変になります。

妊娠線のケアは、早いうちから始めることが大切です。

詳しくは下記から
妊娠線のケアは今!
妊娠線のケアは今!

妊娠中期の体重

妊娠中期の体重は、初期の頃よりも増加していきます。中期になるとつわりも明けてくるので食欲が増してくる時期です。つい食べ過ぎてしまうことが多くなってくるので注意が必要です。

妊婦の体重増加の理想は、BMIが標準体型の人で7~12kgと言われています。肥満となっている人は、個別に体重をコントロールしていきます。これ以上増えないように気をつけていきましょう。

妊娠中期の体重管理法として、良く噛んで食べる、体重を記録する、食事を野菜中心に、どうしても食べたいならノンカロリーのゼリーや寒天を食べるなどがあります。

この時期には、家庭内と外出時にも気を配る必要があります。お腹が大きくなって、重いものを運ぶのが大変になってきます。布団の上げ下ろしや干すときは家族に代わってもらうようにしましょう。詳しくは妊娠中期の体重で紹介しています。

妊娠後期の体重

妊娠後期の体重は、油断するとすぐ増えてしまうので気をつけましょう。この時期に体重が大きく増えてしまうと、コントロールが難しくなってきます。増えすぎないように生活習慣を見直す必要があります。

特に臨月になると、子宮が下がってきて胃の圧迫も減少して食べ物が通りやすくなっています。これにともなって、食欲も増してきて食べ過ぎてしまうことが多くなります。

食べ過ぎないように、適切に体重を管理していきましょう。体重を管理するには、意識して体を動かすことや良く噛んで食べて満腹感を得ること、20時以降の食事は控えること、毎日体重計に乗って記録することなど実践していきましょう。

反対に、妊娠後期になっても体重が増えないということもあります。大体赤ちゃんの成長で7kgぐらいあります。ですが、これ以下でも産婦人科医に問題ないと言われているなら心配することはないでしょう。詳しくは妊娠後期の体重でまとめています。

この他、妊娠中の体重管理全般については妊娠中の体重管理で、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいでまとめています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。読んでみてください。

妊娠中の体重管理

妊娠中の体重管理

妊娠中は、体重管理をしっかりと行っていきましょう。体重管理が適切でない場合、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病のリスクが高くなります。

また、過度な体重増加になると産道が狭くなり難産になりやすい傾向があります。

食べつわりの後から、食欲が増して食べ過ぎにんる人も多いですが、体重が増えすぎないように管理していくことが大切です。

妊娠中の体重増加は何kgまで?

妊娠中の体重増加は何kgまで?

一般的に妊娠中の体重増加は、7~12kg(妊娠前に痩せていた人は9~12kg)増加するのがよいと言われています。この範囲に体重がおさまるように体重をコントロールしていきましょう。

この体重増加分の内訳をみてみると、赤ちゃんが約3kg、羊水が約500g、胎のうが約500g、子宮や乳腺の増加分約1kg、血液の増加分約1.5kgで、合計約6.5kgとなります。

体重増加がこれより少なくなると、赤ちゃんの成長に影響したりします。妊娠中のダイエットはダメなので、食事内容や塩分や糖分を控えるなど食生活で体重をコントロールしていきましょう。

妊娠線のケアは早めに。

今、妊娠線のケアをしないと、大変なことに!?

一度妊娠線が出てしまうと、元に戻すのが大変になります。

妊娠線のケアは、早いうちから始めることが大切です。

詳しくは下記から
妊娠線のケアは今!
妊娠線のケアは今!

次は、妊娠中に太ることのリスクや注意点を紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠中に太ることのリスク

妊娠中に太ることのリスク

妊娠中に必要以上に太ることで、様々なリスクが増えることが知られています。

妊娠中に太ることで高まるリスク
・妊娠高血圧症候群のリスク
・妊娠糖尿病のリスク
・産道が狭くなり難産。
・妊娠中の腰痛が重くなる傾向。
・妊娠線ができやすい。
・微弱陣痛になりやすい。
・出産直後に弛緩出血をおこしやすい。
・出産後に体型が戻りにくい。

適切な体重管理ができていないと、このようなリスクが高まることが知られています。

妊娠高血圧症候群のリスク
妊娠中は、体に負担が掛かった状態となっています。これに血圧が高くなると、循環器系に影響がでるようになります。血管の壁が傷つき異常収縮などを起こしやすくなっています。

妊娠高血圧症候群になると、子癇(しかん)と言われるけいれんを起こすこともあります。

妊娠高血圧症候群は、妊娠20週以降に発症し、妊婦健診で高血圧と尿タンパクがでて指摘されることも多いです。

この病気で心配なのは、赤ちゃんが低酸素状態になったり、ママが脳卒中になったり血が止まらない病気になったりすることです。また、早産や常位胎盤剥離などのリスクが増えることも心配です。

これを予防するには、

・塩分を控えること(1日7g程度)
・ウォーキングなど軽い運動をすること
・ストレスを溜めないこと
・妊婦健診をきちんとうけること

このようなことが大切です。

食欲が増して、食べることを我慢することがストレスになってしまいますが、なるべく間食は控えて運動や趣味に没頭するようにして食欲を抑えていきましょう。

妊娠糖尿病のリスク
過度な体重増加では、妊娠糖尿病のリスクを高めます。

妊娠中は血液量が増えて血糖値が下がりにくくなっています。この状態にママの体が対応できずに妊娠糖尿病になってしまいます。

妊娠糖尿病になると、4000g以上の巨大児が生まれたり赤ちゃんの発育が悪くなるリスクが高くなります。また、妊娠高血圧症候群も併発することがありママにも影響が出ることも。

妊娠糖尿病を予防するには、糖分を控えること、カロリーを控えること、軽い運動とストレス発散が大切になります。

産道が狭くなり難産。
産道の周りに脂肪がついて、赤ちゃんが通りにくくなってお産が長引く傾向があります。お産が長引くと、赤ちゃんとママにとって大きな負担になります。

妊娠中の腰痛が重くなる傾向。
ママの体重が増えると、それを腰が支えきれなくなって腰痛が重くなってしまう傾向があります。体重増加は適正範囲内に収めましょう。

妊娠線ができやすい。
お腹の皮膚が常に引っ張られる状態になるため、妊娠線ができやすくなってきます。妊娠線はケアを怠ると、出産後まで残ってしまうのでしっかりケアしていきましょう。

微弱陣痛になりやすい。
微弱陣痛とは、陣痛が始まってもお産が進行しない状態をいいます。微弱陣痛になると、ママに疲労だけが蓄積されていきます。あまり長引くと母子ともに影響がでるので、陣痛促進薬の使用も検討されます。

出産直後に弛緩出血をおこしやすい。
通常は、お産が終わると子宮が収縮して出血がおさまりますが、子宮の戻りが悪くいつまでも出血している状態になることを弛緩出血といいます。双手圧迫や薬物療法などの治療法があります。

出産後に体型が戻りにくい。
妊娠中に体重が増えすぎると、妊娠前の体重や体型に戻りにくくなります。出産後に太ったままだと糖尿病や高血圧など成人病になるリスクが高くなります。

このように、妊娠中の体重管理は非常に大切なものです。食べ過ぎや塩分、糖分の取り過ぎに注意して妊娠生活を送るようにしましょう。

妊娠中の体重管理

妊娠中の体重管理は、気を抜いてしまうと体重が増えすぎてしまうので気をつけてコントロールしていくことが必要です。体重の管理はいつ頃から始めればよいのでしょうか?

妊娠中の体重管理を始める時期は、つわりが明けた頃の妊娠中期から始めるのがよいとされいます。つわり中は、体重管理どころではないので、つわり明けから体重をコントロールするようにします。

食べ過ぎると体重が増加します。特に間食が多い場合に体重が増えすぎることが多いです。間食を止めることによって体重増加を抑えることができます。どうしても食べたいなら、時間と量を決めて食べるようにしてください。

妊娠中は、体重が増加しても増えないときもよくないです。適度な体重増加を目指して生活習慣や食生活を改善していくようにしましょう。詳しくは妊娠中の体重増加で説明しています。

この他、妊娠中の注意点については妊娠中の注意点で、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいでまとめました。読んでみてください。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

スポンサードリンク