稽留流産でつわり?9週、10週目なら赤ちゃんが原因。

稽留流産でつわり?

稽留流産が起こりやすい週・時期

稽留流産とは、赤ちゃんの成長が止まっても、まだ子宮内に胎盤などの組織が残っている状態のことを言います。

出血や痛みなどの自覚症状がないのが特徴です。自覚症状がないため、自分では気が付きにくく定期健診のときにはじめて分かる場合が多くあります。

参考:切迫流産,流産 日本産科婦人科学会

稽留流産とつわり

稽留流産とつわり

稽留流産となっても妊娠つわりの症状が続きます。

赤ちゃんの成長が止まっているのにつわり?と思うかもしれませんが、胎盤や絨毛など組織が残っているためつわりが続きます。

稽留流産によるつわりは、手術後あるいは自然流産後に治まってきます。治まる時期は、術後すぐか一週間程度のうちに治まることが多いようです。

自然流産を持つ場合も同じで、レバー状の組織が出てからすぐ、あるいは一週間程度で治まってきます。

稽留流産が起こりやすい週・時期

稽留流産が起こりやすい週・時期

稽留流産は、妊娠6週から9週の時期が起こりやすいとされています。7週前後で心拍(心音)が確認できることが多いので心拍確認後も稽留流産になる可能性があります。

妊娠12週以前の流産は早期流産と呼ばれ、赤ちゃんの染色体異常が主な原因です。仕事や運動が直接流産の原因となることはほとんどありません。仕事などのストレスも流産になると言われますが、因果関係は解明されていません。

稽留流産後の次の妊娠

稽留流産後の次の妊娠

稽留流産後の次の妊娠は、3周期(3回生理が来る)空けることが推奨されています。赤ちゃんを受け入れるには準備期間が必要です。体と心を休めるためにも必要な期間です。

稽留流産はとても悲しいのですが、次の妊娠のためのステップとして前向きに取り組んでいる方も多くいます。焦らずに精神的に落ち着いてから始めてください。

妊娠を考えるなら、先天性異常のリスクに注意!

妊娠を考えるなら、先天性異常のリスクに注意!

妊娠を考えているママに知ってほしいことがあります。

妊娠前から妊娠初期にかけて重要な栄養素である葉酸が不足してしまうと、「無脳症」や「二分脊椎」など先天性異常のリスクが高くなることが分かっています。

葉酸は日頃の食事でも摂取できますが・・・
妊娠を考えるなら、葉酸を摂取

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように注意してください。

詳しくは、下記ページを読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

稽留流産での自然流産

稽留流産での自然流産

稽留流産と診断された場合の治療法は、子宮内をきれいにする子宮内容物除去手術を行うか自然流産を待つ方法があります。

子宮内容物除去手術を行う理由は、子宮内での感染を防ぐためです。手術は診断確定後早めに行うことが望まれますが、健診などで分かった場合は1週間ぐらい後に再検査して診断を確定することが多いようです。

1週間の間隔を開けるのは、心拍が確認できない場合でも数日後に心拍が確認できて妊娠が継続している場合があるからです。

もう一つの大きな理由は、心の整理をしてもらう時間を作るためです。今まで心拍まで確認できていた赤ちゃんを失うショックは大変大きなものです。事実を受け入れる準備期間として間隔を空けている一面もあります。

自然流産を選択した場合は、夜中の大量出血や感染症などのリスクが高まることを認識する必要があります。また、組織が子宮内に残っていると手術しなければならないので慎重に検討したほうがいいでしょう。

参考:流産手術―待機的管理法との選択をめぐって― 日産婦誌57巻9号

関連記事:
妊娠初期の流産

稽留流産の術後

稽留流産の術後

子宮をきれいにする手術は当日もしくは次の日に退院できるものです。手術は全身麻酔で行われるので痛みは感じません。術前の処置として子宮口を広げるラミナリアを投与するときに痛みを感じることがあります。

術後は、安静にして自分でトイレに行けるぐらいになったら退院という施設が多いです。術後に出血するときがありますが、1週間ぐらいで治まってきます。

だらだら出血が続く場合や大量の出血など異変を感じた場合は、すぐに病院を受診してください。

■稽留流産には保険金が下りる場合も

入院保険には、婦人病の特約が付いている場合があります。特約がなくてもカバーされていることも。約款には稽留流産ではなく「その他の子宮に関する手術(中絶を除く)」に該当するようです。

入院しないと保険金が下りないこともありますので、保険の担当に聞いてみることをおすすめします。

稽留流産の原因

稽留流産の原因

稽留流産になる原因は、ほとんどが胎児の染色体異常によるものだと考えられています。

妊娠初期に仕事や重いものを持って流産になる可能性はほとんどありません。

何らかの原因で染色体異常の精子や卵子が受精して着床、細胞分裂の過程で成長が止まってしまうようです。妊娠12週未満の流産は胎児側に問題があるとされています。

稽留流産の症状・兆候

稽留流産の特徴は、事前の兆候や自覚症状がないことです。出血や痛みなどの兆候や症状が無いため稽留流産しているとは気が付かずに過ごしていることも。

流産を予防する薬や進行を止める薬は無いので、稽留流産とされれば、子宮内をきれいにする子宮内容物除去手術を行うか、自然流産を待つことになります。

稽留流産の治療

日本産科婦人科学会、日産婦誌59巻11号によると、稽留流産の治療は、子宮内容除去術となっています。

子宮内容除去術か自然流産を待つのかを判断は総合的に産婦人科医が判断します。医師からの説明を良く聞くようにしてください。

以下、稽留流産まとめです。

稽留流産まとめ

・術後すぐにつわりの症状がなくなるか一週間から1ヶ月で治まってくる。
・術後の出血は一週間前後、も生理のときと同じような感じに。稽留流産になる時期は10週前後が多い。
・12週以前は赤ちゃんの遺伝子に問題がある。
・子宮内に胎盤などの組織が残っているため早めに手術した方がよい。感染症予防のため。
・状態によっては自然流産を待つ場合もある。
・通常は、稽留流産と診断されても一週間ぐらい待つ(その後に赤ちゃんの心拍が確認されることがあるため)
・自然流産を待つ場合には、大量出血と生理痛がいつ起こるか分からない。子宮の中に胎盤など組織が残っていると手術しなければならない。
・術後の出血は一週間程度、2週間ぐらいは安静にする。子宮口を広げる前処置ラミナリアで痛みがある。術後吐き気があるが痛みはあまりない。術前に薬が痛みがあるときも。
・手術をしたほうがいい?次の妊娠の準備のためしたほうがいい。感染症などが怖い。大量に出血して輸血が必要なときも。
・自然流産したときはレバー状の血塊が出ることがある。これが組織?
・抗核抗体が流産の原因?おなかの赤ちゃんを「異物」と判断して体の外に出そうとするため稽留流産になる原因に。

つわりや悪阻と流産の関係についてはつわり・悪阻と流産でまとめています。つわりや悪阻の対処法については妊娠つわり・悪阻対策でまとめています。参考にしてください。

色々なつわりや悪阻の症状についてはつわり・悪阻でまとめています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。

妊娠初期の絶対安静の過ごし方@出血や体勢、お風呂や仕事は?

妊娠初期の絶対安静

妊娠初期の絶対安静

妊娠初期の時期に、出血が続く、多いとき、お腹の張りが続く、頻繁に起こるとき、いわゆる切迫流産の状態で安静の指示が出ることがあります。

絶対安静とは、どれぐらい安静にすればいいのでしょうか?

妊娠初期の出血で絶対安静?

妊娠初期の出血で絶対安静?

安静には、「自宅安静」と「入院安静」があります。安静の度合いによって、レベル1、レベル2があります。

ママの出血やお腹の張りの状態の他に、「上の子がいて安静が保てない」などの家庭環境なども考慮して、安静の度合いが決められます。

自宅安静、入院安静でしていいこと、ダメなこと

このように、安静といっても度合いによって違ってきます。

次は、安静の過ごし方について、自宅安静と入院安静の場合について詳しく紹介します。

参考:妊娠12週未満切迫流産への対応は? 日本産科婦人科学会、ベネッセ・ムック 妊娠・出産新百科

関連記事:
切迫流産

絶対安静の過ごし方

絶対安静の過ごし方

自宅安静の過ごし方

■自宅安静の家事は?

自宅安静の家事

自宅安静を指示されたときは、洗濯、炊事などは必要最小限します。

立ちっぱなしの家事は、絶対に避けてくださいね。

■自宅安静での掃除は?

自宅安静でのお風呂やトイレ掃除

お風呂やトイレ掃除、高いところを掃除することで、体やお腹に負担が掛かります。

なるべく家族に手伝ってもらうようにしてくださいね。

■お風呂は?

自宅安静のお風呂はシャワーで

お風呂は、体力を消耗するので、シャワーで済ませるようにしてください。

■自宅安静で読書は?

自宅安静で読書

短時間ならいいでしょう。でも、目が疲れたらすぐに休むようにしてくださいね。

■テレビは?

自宅安静でテレビは?
テレビも読書と同じように短時間で。疲れたら無理せず休むようにしてください。

■スマホやタブレットは?

自宅安静でスマホやタブレットは?

テレビと同じように、かなり目が疲れてしまいます。暇なので一日中見たくなりますが、短時間で終わるようにしましょう。

■仲良しはしていいの?

安静が目的なので、控えるようにしましょう。

精液には、プロスタグランジンという子宮を収縮させるホルモンが含まれています。安静中は仲良しは控えるようにしましょう。

■外出は?

外出すると安静の意味がないので外出はダメです。近所の買い物はOKが出ることもあります。

病院の産婦人科医からよく話を聞くようにしましょう。

■車の運転はできる?

車に乗ると、地面や段差の振動やショックが体に響きます。

自分で運転するのはもちろん、助手席に乗ることも控えてください。

■上の子のお世話はどうする?

自宅にいると、上の子の面倒をみないというわけにはいきません。

ですが、安静がとても大事なので、パパや家族、ベビーシッターのサポートを受けるようにしましょう。

■階段の上り下りは?

階段の上り下りはNGです。

陣痛促進のために階段の上り下りをするぐらいですから、お腹に負担が掛かることは明らかです。

なるべく1階で過ごせるように工夫してみましょう。

■仕事はどうなる?

安静の指示なので仕事はできません。

必要なら医師から診断書をもらって職場に提出してください。

入院安静の過ごし方

入院安静の過ごし方

入院安静の場合は、病院で経過観察するため、自由に動き回ることはできません。

医師や看護師さんの指示に従うようにしてください。

■ベッドで読書は?

これも自宅安静と同じように、短時間なら許可が出るはずです。

■ベッドでテレビは?

テレビも短時間ならいいでしょう。

疲れたらすぐに休むようにしてくださいね。

■病院内を歩いていい?

気分転換に病院の中を歩いてみたくなりますが、これも運動となりお腹に負担になります。

病院から許可が出るまでベッドから出ないようにしましょう。

■お見舞いの人との会話

短時間の会話は大丈夫ですが、長時間になると疲れることもあるので短時間で済ませるようにしてください。

■ストレスを上手に解消

入院中はストレスが溜まるので、ストレスを解消することも大切です。

自宅のことや上の子のことが心配になりますが、症状を治すことに専念して、生まれてくる赤ちゃんのための編み物などでストレスを解消するようにしましょう。

妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期のママに知ってほしいことがあります。

それは、妊娠初期に大事な栄養素である葉酸が不足してしまうと、「無脳症」や「二分脊椎」など先天性異常のリスクが高くなるということです。

このことは、世界的な疫学的調査で判明したことで、日本でも2002年より厚生労働省が妊娠初期の女性に対して葉酸を積極的に摂取するように通知を出しています。

葉酸は、日頃の食事でも摂取できますが・・・
妊娠初期は葉酸を摂取が大事

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように注意してください。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

安静はいつまで?期間は?

安静はいつまで?期間は?

自宅安静の場合

自宅安静の期間は、出血が止まる、お腹の張りが治まるなど症状が治まって医師からの許可が下りれば普段の生活へ戻ることができます。

安静の期間が終わっても、妊婦健診などの定期健診を受けて経過を観察するようにしてください。

入院安静の場合

出血やお腹の張りが治まって、内診やエコー検査(超音波検査)、妊娠週数の進み具合などを総合的に判断して退院の許可が出ます。

でも、退院できても自宅安静になることが多いので、無理をしないようにすることが大切です。

この他、妊娠初期(12週未満)の出血については初期妊娠症状で詳しく説明しています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

稽留流産は、つわりがなくなる?心拍確認後につわりがなくなる原因・悪阻と流産の関係

つわり・悪阻と流産の関係

心拍確認後につわりがなくなる原因・悪阻と流産の関係

一般的につわりの強弱と流産の関係は薄いとされています。

通常の妊娠が継続している場合でもつわりが酷いときと軽いときの波があります。

つわりの強弱と流産とはあまり関係がありません。ですからつわりの軽いことを心配する必要はありません。

出典:つわりが軽いと流産とか聞くのですが? – 大阪で不妊治療、ピルなどの産婦人科の院長日記

一度治まってもつわりが復活して継続することもあります。

・つわりが軽くなった = 流産ではない
・稽留流産では、つわりが突然無くなることがある。

上記のように相反することがあります。つわりが軽くなったor無くなったことだけで流産しているとは言えません。

超音波検査で流産しているか分かりますので、心配なときは健診を待たずに病院へ行ってください。

赤ちゃんの心拍確認後の流産率は、5%以下と心拍確認前に比べて1/3ぐらいに低下しますが 0 ではないので異常を感じたらすぐに受診しましょう。

稽留流産とつわり

稽留流産とつわり

妊娠中に稽留流産の状態になると、つわりが突然なくなることが多いようです。体験談などからも「つわりが無くなったら稽留流産だった。」という意見も。

稽留流産の症状としては、出血や下腹部の痛みを伴う場合もありますが、無症状(通常の妊娠症状と変わらない変わらない)こともあるので注意が必要です。

一方で、つわりが軽くなっただけで、赤ちゃんには影響はなかった例も多くあります。つわりの有無だけで流産とは判定できません。

心拍確認前につわりが無くなった時

心拍確認前につわりが無くなった時

出血や痛みがなくても稽留流産・切迫流産している可能性があります。子宮外妊娠(異所性妊娠)の可能性もあるので病院の受診を。

関連記事:
異所性妊娠(子宮外妊娠)

心拍確認後につわりが無くなった時

心拍確認後につわりが無くなった時

心拍確認後の流産率は約5%と確率は低いですが、稽留流産の症状としてつわりが無くなるのがあるので病院を受診してください。

どちらも、つわりの有無だけで流産と自己判断するのは危険です。だたつわりが無くなっただけの可能性も?

悩むのは妊婦さんの体にとって良くありませんので、すぐに病院を受診するようにしてください。

関連記事

稽留流産でもつわりがある?9週、10週目なら赤ちゃんが原因。

早期流産

妊娠初期の流産

流産後にもつわり

流産後にもつわり

流産と診断されて 子宮内容物除去手術または自然流産後でもつわりのような症状が続くことがあります。

これは、hCGホルモンの影響で妊娠に似た症状が続くもので1週間から1ヶ月ぐらいで治まってきます。中には術後すぐにつわりがなくなる人もいます。

術後は基礎体温が下がってきますが、1ヶ月ぐらい高温期が続く場合もあるので基礎体温を測るように指示されます。

妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期のママに知ってほしいことがあります。

それは、妊娠初期に重要な栄養素の葉酸が不足してしまうと、「無脳症」や「二分脊椎」といった先天性異常のリスクが高くなるということです。

このことは、世界的な疫学調査で判明したことで、日本でも2002年より厚生労働省が妊娠初期の女性に対して積極的に葉酸を摂取するように通知を出しています。

葉酸は日頃の食事でも摂取できますが・・・
妊娠初期は葉酸が大切です。

葉酸は、絶対必要な栄養素なので、不足しないように注意してください。

詳しくは、下記ページで解説しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

この次は、「つわりは復活することも」について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク

つわりは復活することも

つわりは復活することも

一度治まったはずのつわりが復活することもあります。復活したつわりは、妊娠20週頃まで続く人も。つわりは強弱があり体調によって波があります。

妊娠の週数で、食べ物の好みも変わることがあります。つわりは好きなものを食べられる量だけ食べるのが基本です。無理をせずに水分をしっかり補給して終わるのを待ちましょう。

つわり・悪阻と流産は関係が少ないとされますが、つわりが突然止まったりしたときは出血や痛みがなくても病院を受診することをおすすめします。

つわりや悪阻の対処法については妊娠つわり・悪阻対策でまとめています。参考にしてください。

色々なつわりや悪阻の症状についてはつわり・悪阻でまとめています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。

早期流産

早期流産とは

早期流産とは、妊娠週数が12週以前に起こる流産のことで流産全体の約8割を占めると言われます。妊娠初期に流産する確率は年齢と共に上がっていくと言われ高齢出産になると増加するとも言われます。

早期流産を起こす原因として染色体異常や遺伝子の異常があります。偶発的に異常ある精子と卵子が受精してしまったために流産となると考えられています。

妊娠初期の流産の場合は、お母さんが原因で流産となることはほとんどなく、妊娠初期の仕事や運動などで流産の原因なるとは考えられていません。流産するとつい自分を責めてしまいますが、赤ちゃん側に問題があり決してあなたのせいではないのです。

早期流産の症状

早期流産の症状

早期流産の症状として、茶色のおりものやピンク色の半透明のもの、真っ赤な鮮血があり下腹部に痛みがあることが多いようです。中にはレバーのような血の塊が出たり透明の粘液が出る場合もあります。

妊娠初期の出血は早期流産の場合がありますので、出血に気がついたらすぐに病院へ連絡して指示を仰いでください。

早期流産の原因

早期流産の原因

早期流産の原因としては、受精卵の染色体異常や遺伝子の異常が考えられています。一度受精したものの、細胞分裂できずにできなかったために偶然的に起こります。

流産は予防法もなく一度始まってしまうと有効な薬もなく止めることができません。なぜ染色体異常や遺伝子異常が起こるのかはよく分かっていません。原因が分からないので予防もできないのです。

妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期は先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期は早期流産のリスクもありますが、先天性異常のリスクにも注意が必要です。

妊娠初期は、絶対過敏期といってママが飲んだ薬の成分が赤ちゃんに影響してしまうとても大事な時期です。

この時期に葉酸が不足していると、先天性異常のリスクが高くなることが分かっています。

今すぐ対策する必要があります。詳しくは下記ページを読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

高齢出産で流産率も高まる

高齢出産で流産率も高まる

一般的に妊婦さん全体の約15%が流産してしまうと言われていますが、高齢出産(高年出産)と呼ばれる35歳以上の流産率が上がっていくことが分かっています。

日本産婦人科学会によれば、35歳~39歳までの流産率が20%に、40歳以上の流産率が40%が流産に終わるとされています。また、染色体検査で流産全体の60%に異常がみられるとされ。これも年齢が増加するに従って増えていくことが報告されています。

ART(体外受精・顕微授精)の流産率をみても、1996年に IVF,ICSI,GIFTの症例2,072例のうち23.4%が妊娠20週未満での自然流産に終わったと報告されています。また、ARTの染色体異常率は通常の妊娠と変わらないとされています。

参考:4)高齢不妊婦人の問題点 流産 – 日本産科婦人科学会

高齢出産での流産率が増加する原因として、卵子の老化があります。

卵子の老化がクローズアップされたのはNHKの番組で、放送されたときは大きな反響がありました。近年の晩婚化で妊娠する年齢も上がってきています。それと共に流産率も上がってきているのです。

卵子の数は生まれたときから決まっていて月経と共に減少していきます。35歳を過ぎると急激に減少、卵子の質も同じで35歳付近から急激に低下していきます。

40歳以上の流産率は40~50%というデータもあり、40代で妊娠を継続させるのは難しい状況となっています。

妊娠前や妊娠初期には葉酸摂取が大事!

妊娠前や妊娠初期に葉酸が不足することで、無脳症や二分脊椎といった先天性障害のリスクが高くなることが分かっています。

妊娠前や妊娠初期に葉酸が不足しないように気を付けましょう。

食事から必要量を摂取するのは難しいので、サプリからの摂取がおすすめです。厚生労働省もサプリのほうが吸収効率がよいとしてサプリでの摂取を推奨しています。

サプリならつわり中でも無理なく飲むことができます。サプリでの葉酸摂取がおすすめです。妊娠に最適なサプリの選び方については失敗しない!葉酸サプリの選び方で詳しく紹介しているので読んでみてください。

妊娠初期の症状や兆候については初期妊娠症状でまとめています。参考にしてください。

妊娠初期(12週未満)の出血については初期妊娠症状で詳しく説明しています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。

不育症と漢方

不育症と漢方

不育症の治療に漢方が用いられることがあります。ここでは、不育症や不妊症治療に漢方治療を行っている東京都港区の堀産婦人科の治療法を中心に紹介します。

不育症に対する漢方療法は、主に自己免疫異常や原因不明の不育症に対象となります。

参考:堀院長のまめ知識コラム Vol.13【妊娠中の漢方治療】 | 堀 産婦人科(港区 品川区 目黒区 大田区)

不育症とは?

不育症とは?

堀産婦人科によると、不育症とは「妊娠しても流産や死産を繰り返し健康な赤ちゃんが授からない状態」としています。通常、2回以上繰り返す流産を反復流産、3回以上流産を習慣性流産と表現します。

流産の原因は、その多くは胎児側の染色体異常が原因とされますが、何回も流産を繰り返す場合は母胎側に原因があることがあります。

何回も繰り返す場合は免疫環境のバランスが崩れていることも考えられます。

不育症の定義としては「2回以上流産を繰り返す状態」となるので、流産を繰り返す場合には不育症として治療を行うことも選択肢の一つです。

不育症治療の漢方薬

不育症治療に用いられる漢方薬は当帰芍薬散と柴苓湯です。これらの漢方薬は免疫機能調節作用があるとされています。

不育症の治療は妊娠前から継続的に治療を行うことが前提になります。不育症治療にステロイドやアスピリンを服用するよりも漢方を用いた方が適しているとされます。

ですが、柴苓湯には肝機能障害のリスクを高めることがあり定期的なチェックも必要になります。

この次は、漢方薬の副作用と妊娠中に服用に注意する漢方薬について詳しく紹介します。

スポンサードリンク





漢方薬の副作用

漢方薬の副作用

漢方薬には、自然で体に優しいイメージがありますが、西洋の薬と同じように副作用を持つものがあるので注意が必要です。

妊娠中に服用に注意する漢方薬
・大黄 
下痢作用や子宮収縮作用があるため

・乾姜
利尿作用があるため

・麻黄
発汗作用があるため

これらの成分は「発汗、瀉下、小便の利は禁ず。」の三禁にあたるため妊娠中は避けるようになっています。

この他にも薏苡仁(鳩麦)蘆薈(アロエ)なども妊娠中は控えた方がよい薬となっています。

このように不育症に漢方が用いられることがありますが専門的な知識が必要なので、必ず産婦人科医など知識のある人に相談してから服用するようにしましょう。

この他、不育症全般については不育症で詳しく解説しています。読んでみてください。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

習慣流産とは?

習慣流産

習慣流産とは、連続して3回以上流産を繰り返すことで不育症に含まれるものです。

流産は、妊娠の中で最も多い合併症で妊娠した人の約15%に起こるとされています。6人に1人ぐらいの割合で起こっています。

流産する確率は、妊娠年齢とも関係していて年齢が高くなるにつれて流産率も高くなることが分かっています。特に35歳を過ぎると高くなり、35~39歳で約20%、40~44歳で約40%の人が流産するというデータもあります。

また、不妊症も年齢が大きく影響していて、35~39歳で約30%、40~44歳で約64%の人が妊娠できなくて悩んでいるようです。

参考:習慣流産・不育症グループ:習慣流産・不育症のみなさんへ|名古屋市立大学大学院医学研究科産科婦人科(名市大 産婦人科)教授 杉浦真弓

習慣流産や反復流産などは不育症の一部として、検査や治療が進められることが多いです。

妊娠したいと思ったら、すぐに妊活を始めることが大切です。

習慣流産の原因

習慣流産の原因

反復流産(2回以上繰り返する流産)や習慣流産のなどの不育症の原因として

・抗リン脂質抗体
・夫婦どちらかの染色体均衡型転座
・子宮の形状異常
・胎児染色体数的異常

このようなことが原因で不育症が起こると考えられています。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この次は、習慣流産の検査や治療法を紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





習慣流産の検査や治療法

習慣流産の検査や治療法

ほとんどの流産は、胎児側に原因があるため治療を行うことができません。

ですが、全体の2割弱が母胎側の原因で流産が起こる可能性があるとされています。原因としては、抗リン脂質抗体約10%、夫婦染色体異常6%、子宮奇形3.2%の頻度で起こるとされています。

習慣流産と思われる人には、こういった原因がないか検査を進めます。

習慣流産の検査
習慣流産のは次のような検査が行われます。ここでは標準的な検査を紹介します。

名古屋市立大学で行われる検査は

抗リン脂質抗体
ループスアンチコアグラント*配慮
(リン脂質中和法 290)
ループスアンチコアグラント
(希釈ラッセル蛇毒法 290)
抗β2glycoprotein I・カルジオリピン複合体抗体 (223)
ループスアンチコアグラント (希釈aPTT杉浦法)

子宮の形状異常
子宮卵管造影(518)と超音波検査(530)

夫婦染色体異常
G分染法(3127)

内分泌異常
糖尿病:空腹時血糖(11)
甲状腺機能異常:TSH (112), FT4 (114)
多のう胞性卵巣症候群

胎児染色体異常
絨毛染色体G分染体

このような検査があります。検査項目は、施設や個人の状態によって変わってくることがあります。

習慣流産は、自然妊娠を3回以上繰り返すことと定義されています。流産を繰り返す場合は、母胎側に原因があるかもしれないので不育症外来を受診することをおすすめします。

この他、不育症の症状については不育症の症状で、不育症全般の話題は不育症で詳しくまとめています。読んでみてください。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

反復流産とは?

反復流産とは?

反復流産とは、流産を2回繰り返すことで、妊娠した人全体の約1%を占めると言われています。3回以上流産を繰り返すと習慣流産になります。

反復流産の確率は、100人に1人ぐらいの確率になります。

反復流産も習慣流産も不育症治療の対象となるので、反復流産と診断されれば不育症外来を夫婦で受診することも選択肢となります。

反復流産の原因

反復流産の原因

日本産科婦人科学会によると、反復流産の原因として

・夫婦どちらかの染色体異常(均衡型転座4.2%)
・抗リン脂質抗体(17.5%)
・子宮形態異常(2%)
・胎児染色体異常による流産(約18%)

このようなことが原因で反復流産を起こすと考えられています。

参考:2.不育症をどう扱う3)反復流産の新しい原因としての凝固系異常

黄体機能不全(23.4%),糖尿病(1%),甲状腺機能異常(10%)も関係すると言われていますが、原因かどうかについては結論が出ていません。

各原因を調べてみると、全体の割合を足してみても、約6割が原因不明ということが分かります。

最近では血栓性疾患との関係も指摘されています。

この後は、反復流産後の妊娠率について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





反復流産後の妊娠率

反復流産後の妊娠率

厚生労働省研究班のHP「fuikuLabo」によると反復流産と診断された人でも適切な治療を受けることで約80%の人が次の妊娠に成功しています。

参考:流産回数との関係/不育症研究-不育症治療に関する再評価と新たなる治療法の開発に関する研究-

あきらめずに治療を続けることで妊娠率も上がってきます。

反復流産の検査と治療

反復流産の検査と治療

反復流産の検査は、次のような項目があります。

反復流産の検査
・内分泌検査(血液検査)
・子宮形態検査(X線造影・内視鏡)
・自己抗体検査(血液検査)
・凝固系検査(血液検査)
・染色体検査(血液検査)

このような検査項目があります。

反復流産の治療法としては、

・内分泌(ホルモン)療法
・子宮奇形手術
・抗凝固療法

このような治療法があります。

反復流産などの不育症は、原因も様々で個々によって状況も違ってくることが多いです。生殖医療分野では様々な専門分野があり、不育症は妊娠から出産まで連続して観察、治療が必要なこともあります。

反復流産と診断された方は、できれば不育症外来で治療を受けることをおすすめします。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この他、不育症の症状については不育症の症状で、不育症全般の話題は不育症で詳しく紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠初期の流産

妊娠初期の流産

妊娠初期の流産は、妊婦さん全体の約15%に起こるとされています。(日本産科婦人科学会より)

つまり、妊娠した人の6人に1人は流産している統計もあり多くの人が経験していることになります。

また、年齢が高くなれば確率も上がっていき、高齢と言われる35~39歳では20%、40歳以上では40%以上が流産に終わるとされます。

流産とは、妊娠22週までの妊娠を継続できないことを言います。妊娠12週までは「早期流産」13~21週までは「後期流産」に区別されます。23週以降は早産として扱われます。

妊娠初期の流産の原因

妊娠初期の流産の原因

妊娠初期に流産してしまう原因としては、そのほとんどが染色体異常にあるとされています。また、多胎妊娠も流産しやすい傾向にあります。

染色体異常が主な原因なので、母体の運動や仕事が流産に影響することはほとんどないとされています。

妊娠初期の流産の症状

妊娠初期の流産の症状

妊娠初期の流産の症状として

軽い下腹部痛、少量の出血

または

重い下腹部痛、多量の出血

このような症状が多くみられます。症状がない、痛みも出血もない、または弱い場合もあります。

流産の兆候として、少量の出血が続いたり断続的または規則的に痛みがあって痛みが強くなってくることが多いようです。

妊娠初期の下痢は流産の兆候?
妊娠初期に下痢になると、流産になるという説がありますが、下痢が流産の直接の原因になることはありません。

6人に1人という高い割合で流産になるためたまたま下痢になる人がいてこういう説が出てきていると推測されます。

このような兆候が出たら、すぐに産婦人科へ連絡して指示を仰いでください。

妊娠前・妊娠初期に絶対必要な葉酸

妊娠初期に葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この次は、妊娠初期の出血や茶色のおりものには注意!について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠初期の出血や茶色のおりものには注意!

妊娠初期の出血や茶色のおりものには注意!

妊娠初期に起こる出血や茶色やピンクのおりものには注意が必要です。茶色やピンクは血液の色です。

流産の兆候として、出血や腹痛があります。たとえ少量の出血や軽い腹痛でも流産になりかけているかもしれないのです。

出血やおりものが茶色やピンクになったら、急いで産婦人科を受診して診断してもらったほうが安心です。

妊娠初期には、いつ何が起こるか分かりません。いつでも受診できる範囲で行動するように心かげましょう。

この時期に旅行や遠出を控えるように言われるのはこのためです。できるだけ旅行などを控えるようにしましょう。

流産でも妊娠を継続できることがある

流産でも妊娠を継続できることがある

流産の中でも切迫流産は、妊娠を継続できることがあります。

切迫流産とは、流産の一歩手前の状態のことで、出血とお腹の張りや痛みが症状としてあります。

原因としては、受精卵が子宮内膜に入り込んで胎盤を作る過程で出血を起こすことが原因といわれています。

妊娠を継続できる場合も多くあり、安静を第一に考えていきます。症状が治まらない場合は入院安静となることも。

切迫流産を経験する人は、妊婦さん全体の約20%というデータもあり多くの妊婦さんが経験していることになります。

正常な妊娠でも出血や腹痛がある。
妊娠が順調でも、少量の出血があったりお腹に張りや痛みを感じることがあります。

でも自分では、その出血や痛みが流産かどうか分からないので、産婦人科へ連絡して指示を仰いでください。

流産の種類

流産は、進行度とその状態によっていくつかに分類されます。

流産の種類
・切迫流産
・進行流産
・稽留流産
・感染流産
・化学的流産
・習慣流産
・完全流産
・不全流産

このように分類されます。

参考:日本産科婦人科学会2)切迫流産,流産より抜粋。

切迫流産
胎芽が生存している可能性があり出血や、子宮口の開大または頸管の短縮胎胞の腟内脱出が確認できた場合を切迫流産といいます。流産の一歩手前の状態です。

子宮腟部ビランや頸管ポリープでないかを確認して前置胎盤や絨毛膜下血腫、胎盤剝離の有無を超音波検査で確認します。

腹痛を伴う場合は、虫垂炎、腫瘍、便秘、円靱帯の牽引による痛み、手術後の癒着と鑑別診断を行います。

多くの妊婦さんが経験し、妊娠を継続できる場合が多くあります。

進行流産
流産が始まって、多量の出血や下腹部痛が強く子宮口が拡大している状態です。一度流産が進行してしまうと止めることはできません。

稽留流産
自覚症状がない状態で、妊娠を継続していない状態です。まだ、胎芽や胎盤などの内容物が子宮内に残っている状態です。

・GS(胎芽)の最大径が 4cm以上で心拍動を認めない時
・基礎体温などより排卵(受精)時期が確実である場合
・経腟超音波で妊娠 7 週以降または経腹超音波で妊娠8週以降に心拍動を認めない時

このような時に稽留流産が疑われます。

感染流産
流産経過中に子宮内感染が起こって感染流産となります。症状が進行すると敗血症になることもあり敗血流産となります。

化学的流産
受精卵が着床できずに排出されることを化学的流産(Chemical abortion)といいます。

妊娠検査薬が一般的に普及したために注目を集めています。妊娠検査薬で陽性でも超音波検査で妊娠が確認できる前に体外へでてしまう状態です。

生理と同様に出血があるため妊娠に気が付かない人もいるようです。

習慣流産
習慣流産とは、妊娠しても3回以上流産を繰り返すことをいいます。妊娠を継続できない原因があると考えられますが、検査をしても分からないことが多いものです。

完全流産
子宮内にある内容物が全て排出されていることをいいます。

不全流産
子宮内に内容物が一部残っている状態です。

流産と母子手帳

流産と母子手帳

妊娠初期は、何が起こるか分かりません。流産する人も6人に1人と多くいるのが現状です。

胎のう(赤ちゃんの袋)だけ確認できて、心音が確認できないこともあります。この状態で母子手帳を交付してもらうと、もしダメになった場合に白紙の母子手帳だけ残ることになります。

これは、とてもつらいことなので心音が確認できてから母子手帳を交付してもらうことをおすすめします。

このように、妊娠初期の流産は妊娠を継続できることが多くあります。少しでも出血や痛みを感じた場合には、すぐに産婦人科へ連絡して指示を仰ぐようにしましょう。

【関連記事】
妊娠初期の注意点や気を付けることをまとめています。下記のページを読んでみてください。

妊娠初期の注意点

妊娠したい人におすすめの記事は下記のページで、詳しく紹介しています。おすすめです。

妊娠したい

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

切迫早産・早産

切迫早産・早産

切迫早産や早産は、妊婦健診をきちんと受けて早期発見できれば、治療が有効な場合も多くあります。しかし、早産になってしまうと、赤ちゃんにトラブルが発生するリスクも高くなります。

普段から健診をきちんと受けて早産を予防していきましょう。

切迫早産と早産の違い

切迫早産と早産の違い

切迫早産とは?
切迫早産とは、妊娠22週から36週までに起こる早産になる一歩手前の状態のことです。

子宮収縮が多くなり、お腹の張りや痛みが出てきます。症状が進むと破水が起こったりして赤ちゃんが出てきそうな状態になります。

治療で早産を防げることも多いので早期発見が大切です。

切迫早産の症状

主な切迫早産の症状として3つあります。

・出血
・下腹部の張りや痛み
・おりものの変化

●出血
妊娠中の出血は、何らかのトラブルになっていることが多いです。少量でも出血したらすぐに産婦人科を受診するようにしてください。鮮血なら急いで受診しましょう。

●下腹部の張りや痛み
妊娠していると、張りや痛みを感じることがあると思いますが、いつもとは違った張りや痛みが続いたら受診するようにしましょう。張りや痛みも切迫早産の症状の一つです。

●おりものの変化
感染症になったときは、匂いがきついおりものが出ることがあります。破水してしまうと水のようなおりものが大量に出てきます。おりものに変化があったときはすぐに産婦人科へ連絡して指示を仰いでください。

早産とは?
妊娠22週0日~妊娠36週6日までの出産のことを早産と呼びます。22週以前は流産と呼ばれ早産とは区別されています。

早産になる人は、妊婦さん全体の約5%ぐらいで、おもに感染症が原因で早産となることが多いとされます。

赤ちゃんが小さいまま生まれてくると、様々なトラブルが起こるリスクが大きくなることが知られています。きちんと妊婦健診を受けて早期発見・治療を受けるようにしましょう。

スポンサードリンク





切迫早産の原因

切迫早産の原因

切迫早産の原因は、多くはママの感染症にあると言われています。感染症になると、炎症を抑えるために白血球が多くなり、この白血球が子宮頸管の組織や卵膜まで壊し破水などが起こります。

この他の原因として、子宮頸管無力症があります。子宮頸管無力症とは、子宮の入口が自然に開いたりする病気です。処置が必要なときは、子宮の入り口を縛る手術をすることがあります。

この他にも様々な切迫早産の原因があります。

赤ちゃん側に原因
●多胎
双子以上になると、赤ちゃんが大きくなることで子宮が収縮しやすくなります。

●羊水過多、羊水過少
羊水過多になると、子宮収縮がおきやすくなります。羊水過少は、赤ちゃんが元気がないときに起こりやすい症状です。

●胎児機能不全
原因は様々ですが、赤ちゃんが低酸素状態になり元気がなくなってしまう病気です。

ママに原因
●感染症
もっとも多い原因の一つです。細菌性膣症や絨毛膜羊膜炎、クラミジアなど、炎症が早産を引き起こすことがあります。

●子宮頚管無力症
体質的に子宮口が弱くなることがあります。自然と子宮口が開いてしまうので早産になるリスクが高くなります。初産のときに子宮頚管無力症になると、二人目や三人目のときにもなりやすいと言われています。

子宮頚管無力症は、自覚症状がないので、定期的に妊婦健診を受けることが大切です。詳しくは子宮頚管無力症で説明しています。

●妊娠高血圧症候群
妊娠高血圧症候群になると、子宮の環境に影響が出て子宮が収縮しやすくなります。日頃から体重管理はしっかりと行うようにしましょう。

●合併症妊娠
もともと持病を持った人が妊娠すると、早産になるリスクが増えます。

この他にも、高齢妊娠(高年妊娠)、子宮筋腫、前置胎盤などが切迫早産の原因になると考えられています。

このように切迫早産や早産を予防するためには、「妊婦検診を忘れずに受ける」「いつも清潔に」「トイレは前から後ろに拭く」ことが大切です。

このようなことに気をつけて迫早産や早産を予防していきましょう。

この他、妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

化学流産

化学流産とは

化学流産とは、妊娠初期に起こる流産で胎のうができる前に流産してしまう状態のことをいいます。妊娠検査薬の感度が上がってきたため注目されるようになりました。

化学流産は珍しいことではなく、健康なカップルでも30~40%の高い確率で起こっていることが分かりました。現在では、化学流産とは呼ばず生化学的妊娠と表現されることもあります。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


化学流産と妊娠

化学流産と妊娠

化学流産後の妊娠は最低でも1周期空けたほうがよいと言われています。婦人科医もその周期での妊娠はすすめていません。次に生理が来るまでは避妊してください。妊娠を望むなら、流産後生理が来てからがいいでしょう。

すぐに妊娠できたという人もいれば、2・3ヶ月は体調が悪く半年後に妊娠できた人もいて個人差が大きいようです。

通常のカップルでも30~40%の確率で化学流産していますので、化学流産したからと言って妊娠できないわけではありません。希望を持って妊娠を目指してください。

化学流産は流産ではない?
化学流産は流産の回数にはカウントされません。流産という言葉は付いているものの一般的な流産とは区別されています。症状も、通常の流産のように痛みや大量出血はなく、生理のような出血があります。このために、妊娠したとは気づかずに過ごしている人も多くいます。

化学流産がクローズアップされてきた背景には、妊娠の高齢化と不妊治療があると言われています。不妊治療や妊娠を望んでいる人は体の変化に敏感になっていて、通常では気が付かないほどの変化を感じるようです。

いち早く結果が知りたいため妊娠検査薬をフライングして使用していることも多くあります。

スポンサードリンク

妊娠検査薬使用するには、最短でも生理予定日まで待つ必要があります。しかし、妊娠を望んでいる人は早く結果が知りたいため、妊娠検査薬を予定日前にフライング使用して妊娠が分かる場合が多いのです。

昔は受精したのに気が付かずに過ごしていたのが、妊娠検査薬の精度向上によって着床したことが分かってしまうのです。

なぜ超妊娠初期に陽性になる?

なぜ超妊娠初期に陽性になる?

妊娠検査薬は尿中のhCG(human Chorionic Gonadotropin:ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)を検出して陽性かどうかを判定しています。近年hCGに対する感度が向上していて、妊娠の極初期に妊娠判定できるようになってきました。

超妊娠初期に妊娠検査薬をフライング使用するとうっすらと陽性を示すことがあります。判定線がクッキリ出ていれば陽性です。(子宮頸がんなどを除く)

妊娠検査薬をフライングで使用するのはおすすめできません。期待値が大きく膨らむため化学流産と分かると落胆も激しいためです。悩みすぎてうつになる人も全体の17%ほどいるという報告もあります。

少しでも早く妊娠を知りたいのは分かりますが、生理予定日できれば予定日から1週間後に検査するようにしますしょう。

妊娠前や妊娠初期には葉酸摂取が大事!

妊娠前や妊娠初期に葉酸が不足することで、無脳症や二分脊椎といった先天性障害のリスクが高くなることが分かっています。

妊娠前や妊娠初期に葉酸が不足しないように気を付けましょう。

食事から必要量を摂取するのは難しいので、サプリからの摂取がおすすめです。厚生労働省もサプリのほうが吸収効率がよいとしてサプリでの摂取を推奨しています。

サプリならつわり中でも無理なく飲むことができます。サプリでの葉酸摂取がおすすめです。妊娠に最適なサプリの選び方については失敗しない!葉酸サプリの選び方で詳しく紹介しているので読んでみてください。

化学流産と関係が深い不育症については不育症でまとめています。参考にしてください。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。

切迫流産

切迫流産

切迫流産とは、流産するリスクが高まっている状態のことをいいます。生理より少ない出血や下腹部に軽い痛みを伴う場合があります。他の原因で出血したり腹部に痛みがあるときがありますので、出血したら少量でも病院に連絡して指示を受けてください。

真っ赤な鮮血が大量に出血した場合は、すぐに受診してください。

切迫流産の兆候

切迫流産の兆候

切迫流産の兆候が、少ない出血がある、下腹部に痛みを感じる・思い生理痛のような感じるなどがあります。妊娠初期の出血は絨毛膜下血腫、子宮腟部びらんや頸管ポリープ、胎盤はく離などがあり見分ける必要があります。

少しでも兆候を感じたら病院へ連絡して指示を受けてください。

切迫流産は他の流産と違って妊娠が継続できる可能性があります。しかし、早期流産が始まっているかもしれないので、出血が少量だからといって自己判断せずに医師に指示をもらうようにしましょう。

切迫流産という疾患は無い?
産科婦人科用語集・用語解説集(改訂第2版)によると,切迫流産とは「妊娠22週未満で,胎芽あるいは胎児およびその付属物は全く排出されておらず,子宮口も閉鎖している状態で,少量の子宮出血がある場合,下腹痛の有無にかかわらず切迫流産という.流産への移行状態と考えられ,正常妊娠過程への復帰が可能でもある状態とされているが,必ずしも流産の状態を表現したものでなく,初期妊娠時の子宮出血を主徴とした症状に対する名称である」と定義されています。

つまり、流産が進行している状態以外にも膣部びらんや頸管ポリープなどからの妊娠初期の出血が含まれているのです。疾患が明確でないので診断基準や治療法も確立されていません。

妊娠前・妊娠初期に絶対必要な葉酸

妊娠初期に葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この次は、切迫流産の原因と安静について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク

切迫流産の原因と安静

切迫流産の原因と安静

妊娠初期に切迫流産となる原因として、赤ちゃんの染色体異常があります。偶発的に染色体に異常がある精子や卵子が受精して流産となると考えられています。

この他の原因としては、の診断基準にコンセンサスはないものの絨毛膜下血腫と切迫流産の関係が指摘されています。

日本産婦人科学会による前方視的検討では絨毛膜下血腫が認められた症例230例中43例(18.7%)が流産となり,認められなかった症例7,175例中687例(9.6%)が流産となったと報告されています。

絨毛膜下血腫を合併した切迫流産の治療法は確立されていません。

参考:3)CQ206 妊娠12週未満切迫流産への対応は? – 日本産科婦人科学会

切迫流産の治療法はない

切迫流産の治療法はない

切迫流産は妊娠が継続できる場合も多くあるのですが、早期流産に移行してしまうと止めることも治療することもできません。経過観察で様子を見ることになります。

保険診療にピペリドレート塩酸塩(ダクチル),メドロキシプロゲステロン酢酸エステル(2.5mg錠,5mg 錠),プロゲステロン筋注製剤,human chorionic gonadotrophin(hCG)筋注製剤などがありますが、薬物による治療法は確立されいないため薬を使うときは医師から十分な説明が必要となります。

切迫流産と安静

切迫流産と安静

切迫流産と診断された場合は、自宅で安静が指示されます。大量出血などがある場合は入院する措置もとられることがあります。自宅での安静の程度は症状によって違いますが、食事とトイレ以外は横になっていることが基本です。

食事の準備や家事などは、できる限り家族に任せて体を休ませるのが目的なので、しっかりと安静を守るようにしましょう。

妊娠前や妊娠初期には葉酸摂取が大事!

妊娠前や妊娠初期に葉酸が不足することで、無脳症や二分脊椎といった先天性障害のリスクが高くなることが分かっています。

妊娠前や妊娠初期に葉酸が不足しないように気を付けましょう。

食事から必要量を摂取するのは難しいので、サプリからの摂取がおすすめです。厚生労働省もサプリのほうが吸収効率がよいとしてサプリでの摂取を推奨しています。

サプリならつわり中でも無理なく飲むことができます。サプリでの葉酸摂取がおすすめです。妊娠に最適なサプリの選び方については失敗しない!葉酸サプリの選び方で詳しく紹介しているので読んでみてください。

妊娠初期の出血については妊娠初期の出血でまとめています。参考にしてください。

妊娠初期の症状や兆候については初期妊娠症状でまとめています。読んでみてください。

妊娠初期(12週未満)の出血については初期妊娠症状で詳しく説明しています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。

スポンサードリンク