子どもを作る方法とは?早く妊娠する方法、妊娠しにくい人の特徴とは?

早く妊娠する方法

子どもを作る方法とは?早く妊娠する方法、妊娠しにくい人の特徴とは?

早く妊娠する方法を行うには、自分が妊娠しやすい体質か調べる必要があります。自分が妊娠しやすいかどうか確認してみてください。

妊娠しやすい体質とは、生理が正しい周期できて・子宮・卵巣・卵管・ホルモンバランスなどに異常がないことを言います。

ここでは、今より早く子どもを作る方法を紹介しています。最後まで読んでみてください。

早く妊娠する方法とは

早く妊娠する方法とは

ママ、パパともに健康で異常はなく、生理も正常に来ていることを前提に進めていきます。

早く妊娠する方法とは、産婦人科でも指導されているタイミング法のことです。

タイミング法とは?産婦人科で指導されている子どもを作る方法

タイミング法とは、妊娠しにくいママが訪れる不妊外来で、子どもを作る方法として指導されている方法です。

■具体的なタイミング法

①病院で正確な排卵日を調べて
②排卵日当日に仲良ししたら
③早くてその周期に妊娠

これだけで、妊娠する確率がアップします。この方法は、産婦人科でも不妊治療のときに行う方法です。

タイミング法を行うには、ママもパパも子供を作る器官が正常に機能していることが前提となります。

子どもを作りたいけど中々できないこともありますよね。

年齢が33歳以下の人なら5.6回を目安に、これ以上の年齢の人は2.3回をめどに行って、妊娠できないなら、不妊外来を受診することをおすすめします。

妊娠できない期間が長いと(最近では1年間)、ママやパパのどこかに不妊の原因がある可能性があります。

年齢が高くなると、妊娠しにくくなるので、早めに産婦人科を受診して妊娠できない原因を調べるようにしましょう。

この次は、妊娠するためには?と妊娠しやすい人・妊娠しにくい人について詳しく紹介しています。

妊娠しやすい人・妊娠しにくい人

妊娠しやすい人・妊娠しにくい人

具体的な統計を取っていませんが、子供出来やすい人と妊娠しにくい人にはある傾向があると言われています。

■子供が出来やすい人

・35歳以下。
・気持ちがおおらか、プラス思考。
・生理が毎月来ている。
・パパと仲良し。
・極端に痩せたり太っていない。

このような傾向があると言われています。反対に妊娠しにくい人の傾向とは

■妊娠しにくい人

・35歳以上。
・神経質で細かい。
・生理が不安定・来ない。
・パパと不仲。
・極端な痩せ・肥満。

高齢出産と言われる年齢以上で、非常に神経質で生理不順、パパとうまくいってなくて痩せ・肥満がある人が妊娠しにくい傾向があるようです。

あくまで傾向ですので、参考程度にしてください。

やはり早く妊娠するには、健康でうまくストレス解消できている人が妊娠しやすいようです。

妊娠したいなら、先天性異常のリスクにも注意を!

妊娠したいなら、先天性異常のリスクにも注意を!

妊娠を考えているママに知ってほしいことがあります。

それは、妊娠前から初期にかけて、葉酸が不足すると「無脳症」や「二分脊椎」など先天性異常のリスクが高くなるということです。

このことは、世界的な疫学的調査で判明していることで、日本でも厚生労働省が2002年より葉酸を摂取するように通知を出しています。

葉酸は、日頃の食事でも摂取できる栄養素ですが・・・
妊娠したいなら葉酸

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように気を付けましょう。

詳しくは、下記ページで説明してます。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

40代でも妊娠・出産

40代でも妊娠・出産

40代の人でも妊娠・出産に至った人は多くいます。しかし、実際は40歳以降で妊娠・出産できる確率は非常に低くなっています。

厚生労働省の調査では、40代の出産確率は約2%という調査結果があります。これは、不妊治療を行っている人での結果です。自然妊娠となるとこれよりもっと低い数字になると推測されます。

この数字を見ると40歳で妊娠・出産することは非常に厳しいと言うことになります。かなりショッキングな数字です。子供が欲しいなら今すぐ妊活を開始してください。

■なぜ40歳以降は妊娠しにくいの?

卵子は35歳を過ぎると急激に老化していきます。40代となるとかなり老化が進んでいる状態となっています。今の医学では卵子の老化は止められないので、少しでも早く妊活を始めることが重要なのです。

関連記事:
卵子の老化

妊娠するためには

妊娠するためには、自分が健康で妊娠しやすいかどうか確かめる必要があります。

通常の夫婦生活を行って1年以内に妊娠できる確率は約90%と言われています。もし、1年以上妊娠できない状態が続いていれば、一度不妊外来を受診することをおすすめます。

健康な状態とは

①生理周期が正常で排卵がきちんと起きてる。
②子宮・卵巣・卵管に異常がない。
③パパも異常がない。

このような健康な人は妊娠しやすい体質であると言えます。このような人は、仲良しのタイミングを合わせるだけで妊娠できる可能性があります。

今月の早く妊娠する方法のコラム

今月の早く妊娠する方法のコラム

早く妊娠するには、病気を治療してから
早く妊娠するには、病気を治療してから

早く妊娠するには、まずは婦人科疾患など病気を治療してからタイミング法などを実践するようにしましょう。

早く妊娠したいと思っても、生理不順や無月経などの病気なら、妊娠しにくくなります。

婦人科疾患は不妊の原因に。
生理不順や無月経、無排卵などの婦人科疾患は、妊娠できない不妊の原因になると言われています。生理が安定しないなら、一度産婦人科で診察を受けてみましょう。

生理不順
生理不順になると、排卵日が安定しないために妊娠しにくくなります。生理不順の原因は、ストレスや肥満、痩せすぎや過度なダイエットなど日常生活に関わる部分も多いそうです。

無月経
文字通り、生理が来ない状態を無月経と言います。月経がないということは、排卵が行われないので妊娠できないことになります。

60日以上月経がないときは無月経が疑われます。90日以上月経がないと治療にも時間が掛かるので、早めに産婦人科を受診して治療することが大切です。

無排卵
生理が来るのに、排卵がないことを無排卵といいます。無排卵でも生理が来るので、自分では気が付きにくいこともあります。

排卵がないので、妊娠することはできません。こちらも早めに産婦人科を受診して治療を行うことが大切です。

この他にも、ホルモンバランスの乱れやアスリート並みの運動などが生理不順、あるいは生理が止まる原因となります。

中々妊娠できない原因は生理不順かもしれません。

生理が安定しないと、早く妊娠する方法であるタイミング法を実践できないので、産婦人科で原因を調べて治療するようにしましょう。

早く妊娠する方法とタイミング法
早く妊娠する方法とタイミング法

早く妊娠する方法と言えば、タイミング法です。上記でも紹介しているいように、早ければその生理周期のうちに妊娠できる方法です。

タイミング法を実践する前に、ママとパパに妊娠に関して異常がないことを調べるのが前提となりますが、妊娠できる確率を上げることができる方法です。

この方法には、もう一つ重要なことがあります。それは、正確な排卵日を調べることです。

排卵日は、基礎体温表から推測できますが、正確な排卵日ではありません。実際に排卵が起こるのは、この日の前か一日後が多いと言う報告もあります。

妊娠率を上げるためには、正確な排卵日を知る必要があります。

正確な排卵日を調べるには、産婦人科を受診して超音波検査を行い、卵胞の大きさを計測することで分かるようになります。

自宅で排卵日を調べるには、排卵日検査薬を使いますが毎日使用しないと判定できないのがデメリットです。

毎日、産婦人科へ通ったり排卵日検査薬を使うのは費用も掛かるし時間もないという人は、基礎体温表から排卵日を調べて(低温期の一番最後の日)その日から前3日とあと1日に仲良しすれば妊娠する確率も上がります。

しかし、これでも難しい場合は、週2~3回、できれば毎日仲良しするほうが妊娠できる確率も上がるようです。

タイミング法を行う上で、もう一つ注意したいのが、パパとの夫婦の関係です。

男性は、排卵日に仲良しすることが大事ということは分かっているとは思いますが、「今日は排卵日」と伝えると、その日は残業したり、飲み会が入ったりして仲良しできないことがあります。

排卵日ごとに、こういった行動が出る場合には、パパがタイミング法にプレッシャーを感じているかもしれません。

妊娠にはリミットがあります。不妊治療を受けるなら、数年間必要なことがあります。

これを考慮すると38歳ぐらいまでに妊活を始めることが大事です。

早く妊娠するには、夫婦が協力して妊活を行うことがとても大切です。夫婦で今後のことについてよく話し合うようにしましょう。

妊娠のトピックスは妊娠したいで、妊娠全般の話題は妊娠に掲載してます。参考にしてください。

妊娠しやすい食べ物、不妊と妊娠しやすい食事、男性も改善。

妊娠しやすい食べ物

妊娠しやすい食べ物

妊娠しやすい食べ物で、これさえ食べれば妊娠できるといった食べ物はありません。

ですが、日頃の食事を改善することによって、妊娠しやすい身体を作るようにすれば、妊娠しやすい体質になります。

妊娠しやすい体を作るには、栄養バランスを考えた食事を考えアルコールは控える、たばこは禁煙するといった嗜好品を控えることが大切です。

体を妊娠体質にするには、健康で体調が良く、ストレスがない体作りを目指すことになります。日常生活を改善して妊娠に近づけるようにしていきましょう。

妊娠しやすい食べ物

妊娠しやすい食べ物

妊娠しやすい体質になるためには、体の冷えを改善して代謝を上げて血流を良くすることが大切です。

冷えは妊娠できない理由の一つと考えられるので、冷え症を改善するのが目標になります。

冷えを改善するには、ショウガや唐辛子など体を温めると言われる食材を食事に取れ入れるようにしてください。

根菜類も体の冷えを改善すると言われていますので、シチューや煮込みにして食べるのがおすすめです。

アボカドや玉ねぎも妊娠によい。

妊娠にアボカドとタマネギ

アボカドは、食物繊維も豊富でビタミンE類やミネラル、妊娠初期によいとされる葉酸を多く含んでいる食べ物です。

アボカドは美肌や腸もきれいにしてくれるので食事に取り入れてみましょう。

アボカドの注意点として、食べ過ぎに注意してください。1個あたり186kcalもあります。毎日食べるのは過剰になるので注意しましょう。

玉ねぎも体を温めると言われるので、サラダにして一緒に食べるといいでしょう。

男性には山芋や牡蠣

男性には牡蠣や山芋

男性も食べ物を改善することで、妊娠へ近づくことができます。

山芋や牡蠣には亜鉛などミネラルが豊富に含まれていて妊娠によいとされます。

山芋や牡蠣を食事に取り入れるのもいいでしょう。

関連記事:
妊娠初期におすすめの食べ物は?ダメな食べ物に注意して!

妊娠しやすい食事の注意点

妊娠しやすい食事の注意点

妊娠しやすい食べ物を食事に取り入れる際にいくつか注意することがあります。

妊娠しやすい食事の注意点

・食べ過ぎない。
・偏らない食事。
・三食きちんと食べる。
・妊活に入れ込まない。

食べ過ぎない。

妊活中は食べ過ぎない

いくら妊娠にいいからと言って、食べ過ぎるのは体に良くありません。食べ過ぎてしまうと肥満になったり成人病になったりと体に負担を掛けてしまいます。

何分にも、適量の食事が一番です。過度な食事にならないように気をつけましょう。

偏らない食事。

妊活中は、偏らない食事に

妊娠しやすい食べ物ばかり食べていると栄養が偏ってしまいます。いくら妊娠に良くても、そればかり食べていると飽きがきますし栄養が取れなくなります。

こちらも適量、お肉・お魚。野菜をバランスよく食べることが大切になってきます。

三食きちんと食べる。

三食きちんと食べる。

普段の食生活の中で、朝食を抜いている人も多くいます。朝食を抜いてしまうと、前日から10時間以上胃の中に食べ物が入っていない状態となるので、体にとって負担となります。

健康な体を作るには、3食きちんと食べるのが基本です。できるだけ同じ時間帯に3食食べるようにしましょう。

妊活に入れ込まない

妊活に入れ込まない

妊娠に入れ込んでしまうと、妊娠へ向けた行動がストレスになって妊娠できない悪循環になることがあります。あまり入れ込まずにリラックスした気持ちで作ってみましょう。

関連記事:
妊娠初期の食事、妊娠中の妊婦に魚肉ソーセージは?

妊娠したいなら、先天性異常のリスクに注意!

妊娠したいなら、先天性異常のリスクに注意!

妊活中のママに知ってほしいことがあります。

生まれてくる「私の赤ちゃん」の先天性異常のリスクのことです。

厚生労働省によると、妊娠前から妊娠初期にかけて、葉酸が不足すると「無脳症」や「二分脊椎」など先天性異常のリスクが高くなるということが明らかになりました。

そこで、2002年より妊娠前と妊娠初期の女性に葉酸を積極的に摂取するように通知を出してます。

葉酸は、色々な食品に含まれていて普段の食事でも摂取できますが・・・
妊活中は葉酸を摂取

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように注意してください。

詳しくは、下記ページで解説しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

2年以上不妊なら産婦人科へ

2年以上不妊なら産婦人科へ

2年以上通常の夫婦生活を行って妊娠できないときは産婦人科へ行って妊娠できない理由を調べてください。2年以上妊娠できないなら不妊症になります。

一般的に2年夫婦生活を行えば約8割の人が妊娠すると言われています。この期間で妊娠できないということは、どこかに不妊の原因があると考えられます。

現在は晩婚化の影響もあり1年で妊娠できないなら、不妊治療を開始する人も増えています。妊娠できないと感じたらすぐに産婦人科を受診するようにしましょう。

不妊の原因はピックアップ障害?
女性、男性ともに不妊の原因がありますが、特に女性の場合は、通常の不妊検査を受けても異常が無いことがあります。このようなときには、ピックアップ障害が起きているかもしれません。

ピックアップ障害があると、正常に排卵していても卵管に卵子がたどり着けないことが多くなります。卵管まで卵子が来ないと受精もできないので妊娠できないことになってしまいます。

また、何かしらの原因で卵管が詰まっているかもしれません。卵管通水検査や子宮卵管造影で卵管の通りを確認することも多く行われているようです。

卵管通水検査や子宮卵管造影は、その後は妊娠しやすくなるゴールデンタイムがあると言われます。この妊娠しやすい期間は約半年続くとされます。

男性は温めない
医学的根拠はありませんが、男性は下半身を冷やして締め付け無いような服装にするといいと言われます。温まると精子が弱ることもあるので、下着は緩いものに変えるといいかもしれません。

ブリーフやボクサーパンツではなくトランクスを履くなど工夫してみましょう。

関連記事:
不妊と着床障害

妊娠しやすい体作り

妊娠しやすい体作り

妊娠しやすい体を作っていくには、添加物や調理済みの食品は避けてできるだけ自然由来の食材を使うようにすることをおすすめします。

コンビニ弁当や外食、調理済みの食べ物は確かに便利なのですが、糖分や塩分が多く、添加物や食材の原産地などが不明なことがあるなど、妊娠には向いていません。

できれば、自宅で調理したものを毎日食べるようにするといいでしょう。

関連記事:
妊娠しやすい体作り!妊娠しやすい体とは?

次は、妊娠しやすい体質について紹介します。

妊娠しやすい体質

妊娠しやすい体質
妊娠しやすい体質とは、夫婦ともに健康でストレスもなく体調が良いことをいいます。

女性の場合は、生理周期が正常で不正出血もなく排卵が正常にあってピックアップ障害もない、ストレスがない状態がよいとされます。

男性の場合は、ストレスもなく抗精子抗体など精子の製造を妨げる因子がなくストレスもない状態が妊娠しやすいと言われます。

このような体質を目指して生活習慣や食生活を改善していくことになります。

関連記事:
子どもを作る方法とは?早く妊娠する方法、妊娠しにくい人の特徴とは?

このように、妊娠しやすい食べ物だけでなく生活習慣や食生活まで含めた改善をすると妊娠が期待できる可能性もあります。自分のできるところから始めてみてください。

この他、妊娠しやすい日に関連した話題は妊娠しやすい日で詳しく紹介しています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

妊娠しやすい体作り!妊娠しやすい体とは?

妊娠しやすい体作り

妊娠しやすい体作り

妊娠しやすい体作りとは、日頃の生活習慣や食生活などを見直すことによって作っていきます。

体が健康になって体調が良くなってくると、妊娠できる可能性も上がってきます。また、自分の体が正常なのか調べることも大切です。

正常な生理周期になっていないと、妊娠できる可能性も低くなります。生理不順や不正出血が起きていないか確かめてみましょう。

妊娠しやすい体とは?

妊娠しやすい体

妊娠しやすい体とは、健康でストレスがなく生理が順調に来ている状態のことをいいます。男性では、ストレスがなく体調も良好で精子の数も正常であることを示しています。

女性、男性どちらも健康であれば妊娠しやすい環境にあるといえます。正常な夫婦生活を行って2年以内に妊娠できる確率は約9割です。

以前は2年以上妊娠できないなら不妊症と言われていましたが、最近では、晩婚化の影響もあり1年以上妊娠できないなら不妊治療を開始するようになってきています。

赤ちゃんが欲しいと思って、1年以上妊娠できないなら産婦人科を受診して、妊娠できない理由を調べたほうがいいかもしれません。

妊娠しやすい体を作るために

妊娠しやすい体を作るために
妊娠しやすい体を作るためには、生活習慣と食生活の見直しが大切です。不規則な生活と乱れた食生活のままでは、健康で体調が良くなることは難しいかもしれません。

規則正しい生活と食事で健康で体調が良くなる環境を作り出しましょう。

妊娠しやすくなる生活は睡眠から

妊娠しやすくなる生活は睡眠から

妊娠したいなら、夫婦共に健康で体調を良くしていくことが大事です。不規則な生活で睡眠不足になっていませんか?

睡眠不足になると、日中も体がダルくなって本来の体調に戻ってきません。寝る時間がバラバラになると体のリズムが乱れてきます。できるだけ、同じ時間帯に寝るようにして十分な睡眠時間を取るようにしましょう。

ストレスを溜め込まずに解消する。

ストレスを溜め込まずに解消

ストレスも妊娠できない原因の一つと言われています。

妊娠できる年齢になると、社会的責任も大きくなりストレスを溜め込む原因となります。

ストレスは、体調不良の原因になるので溜め込まずに解消することが大切です。軽い運動でも解消できることが多いので、空いた時間に運動するのもいいでしょう。

カラオケやスポーツなどでもいいですね。代謝が上がると体調も良くなってくるのでおすすめです。

食生活を見直してみる。

食生活を見直してみる。

自分の好きなものばかり食べたり、外食が多くなると栄養も偏りがちになります。

妊娠前には、亜鉛や葉酸、ビタミン類がよいとされますので食事に取り入れるようにしてみましょう。

体の冷えが妊娠できない原因になっていることもあるので、冷えを作らない体にすることも大事です。

根菜類やショウガ、唐辛子などが体を温めると言われるので、シチューなどでたっぷりと食べるようにするといいかもしれません。

関連記事:
妊娠初期におすすめの食べ物は?ダメな食べ物に注意して!

妊娠しやすい体か調べる。

妊娠しやすい体か調べる。

生理不順や不正出血を起こしていると妊娠しにくくなると言われます。自分に正常な生理周期で生理が来ているか確かめてみましょう。

生理周期は、基礎体温を付けると分かるようになります。基礎体温表を付けることで、妊娠しやすい日と言われる排卵日の目安も分かるようになるので記録してみてください。

最近では、スマホのアプリで簡単に記録できますよ。

基礎体温表がジグザグやガタガタの場合は、ホルモンバランスの乱れか何かの婦人病のサインかもしれません。産婦人科を受診するようにしましょう。

不正出血というのは、生理以外の出血全部のことです。生理以外に出血があるならすぐに病院へ行って原因を調べてもらいましょう。排卵がうまくいっていない無排卵や子宮筋腫、子宮ポリープなどの可能性があります。

関連記事:
子宮筋腫
子宮頸管ポリープ

生活環境や食生活を改善することで妊娠しやすい体作りができるようになります。病気出ないのを確かめて生活習慣、食事を改善していきましょう。

妊娠したいなら、先天性異常のリスクに注意!

妊娠したいなら、先天性異常のリスクに注意!

妊娠を考えているママに知ってほしいことがあります。

それは、妊娠前に重要な栄養素の葉酸が不足してしまうと、「無脳症」や「二分脊椎」といった先天性異常のリスクが高くなるということです。

これは、世界的な疫学調査で判明していることで、日本でも2002年に厚生労働省が妊娠前の方に葉酸を積極的に摂取するように通知を出しています。

葉酸は、普段の食事でも摂取できるものですが・・・
妊娠しやすい体には葉酸

葉酸は、絶対必要な栄養素なので、不足しないように十分に気を付けてください。

詳しくは、下記ページで解説しているので読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

妊娠する日

妊娠する日

妊娠する日というのは、最も受精しやすい排卵日付近です。

従来は、排卵日当日が一番妊娠率が高いとされてきましたが、排卵日前やあとの日が受精しやすく妊娠率も高くなることが分かってきました。

妊娠したいと思ったら、まずは排卵日を調べるようにしましょう。

排卵日の調べ方

排卵日の調べ方

排卵日の調べ方で一番簡単なのは、基礎体温を測ってグラフにすることです。

基礎体温は、低温期と高温期に分かれていて低温期の一番最後の日が排卵日になるとされます。

実際には、前後に排卵が起こることもあり、排卵日の目安として利用されています。

正確に排卵日を調べる方法は、産婦人科で超音波検査を受けることです。産婦人科では、妊娠しにくい原因なども調べることができるので、中々妊娠できないと思ったら産婦人科を受診するようにしましょう。

最も妊娠しやすい日

最も妊娠しやすい日

もっとも妊娠しやすい日は、排卵日の3日前から1日後までです。この期間に仲良しすることで、妊娠する確率を上げることができます。

妊娠を希望する人は、この期間内に仲良しすると妊娠できる率が上がることが期待できます。

妊活はパパと二人で

妊活はパパと二人で

妊娠したいのに、思ったように妊娠できないことで不安やイライラが募ることもありますよね。

妊娠に関しては、女性のほうが頑張っているケースが多いです。あまりパパが協力してくれないこともあります。

妊娠は、パパと二人で行うものです。パパも積極的に妊活に参加してもらうように、夫婦やパートナー間でよく話し合うことが大切です。

排卵日はパパの残業が多い?
今日このタイミングで妊娠できる確率がアップする!っていうときに限ってパパが残業や飲み会が入っていませんか?

また、疲れたといって先に寝てしまうこともあるようです。

こんなケースは、妊活がパパにとってプレッシャーになっていることが多いです。

パパは「今日が排卵日よ!早く帰ってきて」と聞くと、それがプレッシャーに感じるようです。なので、残業したり飲み会に行ってしまうことが多くなってきます。

妊活だけの仲良しを続けていると、こんなケースになることが多くなる印象です。

ある不妊治療の専門医は、妊娠できないときは毎日仲良しすることを勧めています。仲良ししないと妊娠できないので、毎日仲良しするように勧めています。

パパがプレッシャーを受けると、精子の数が減少するという報告もあります。日頃から、排卵日を意識しない仲良しをすることが大切なのかもしれません。

妊娠しやすい体作りのコラム

今月の妊娠しやすい体作りのコラム

■妊娠しやすい体作りと外食
妊娠しやすい体を作るには、健康的な生活を目指すことが必要になります。自宅で調理して、バランスの取れた食事にすると体調も改善していきます。

でも、仕事を持っているママも多いと思います。共働きで残業が続くと、中々自宅で調理する時間が取れないことも多くなります。

そこで、夕食は外食やコンビニ弁当になるのですが、ちょっとした注意点があります。

外食やお弁当を選ぶときの注意点
・野菜が多めのものを選ぶ
・たれや醤油の少ないものを。
・ごはんは残す。
・丼ものは副菜をプラス。
・和食中心のメニューに。

このような点に注意して選ぶようにしましょう。

特に塩分と脂質に注意してメニューを選ぶようにします。揚げ物より蒸すか茹でたもの、野菜を意識して選ぶようにするとバランスも整ってきます。

丼ものは、良質のタンパク質が多く摂取できますが、副菜としてサラダや野菜の小鉢を付け加えるといいでしょう。

外食は、自分の好きなメニューを選びがちなので、塩分と脂質に注意して選ぶようにしましょう。

コンビニ弁当でも同じです。コンビニでは、おにぎりと自分の好きなおかずだけ買ってしまうことが多いので、野菜が多く入ったサラダなどを付け加えるといいかもしれません。

妊娠しやすい体を作るには、食事だけでなく体を動かすことも必要です。オフィスワーク続けていると、どうしても運動不足になりがちです。

通勤で一駅前に降りて歩く、エレベーターを使わずに階段を使う、家事をテキパキこなすだけでも随分と違ってきます。

最近は寒い日が多くなっているので、体を動かす機会も減ってきています。できるなら、ヨガ教室やスポーツクラブに通うになると、体の調子もよくなってきますよ。

ヨガ教室では、入会してすぐに妊娠して退会していく人も多いと聞きます。代謝を上げることが妊娠しやすい体作りになるようですね。

女性は冷え症の人が多いので、冷えを改善することも大切です。寒いこの季節では、温まった体を冷やさないように工夫しましょう。

最近では、1年間妊娠しないと不妊症の治療を始める施設も増えています。中々妊娠できないと思ったら、不妊外来を受診することも選択肢の一つです。

この他、妊娠したい人向けの情報は妊娠したいにまとめて紹介しています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

簡単に妊娠する方法、妊娠するためには?絶対妊娠する方法はある?

妊娠する方法

妊娠する方法、妊娠するためには?

簡単に妊娠する方法や絶対妊娠する方法はないのですが、妊娠しやすい日や妊娠しやすい体はあります。

妊娠の準備が整った環境で日にちを選んで仲良しすれば妊娠できる確率も上がります。ここでは、妊娠しやすい日と妊娠しやすい体について詳しく紹介しています。

妊娠するには?

妊娠するには?

妊娠するには、ママだけでなくパパも一緒に妊活することがとても大切です。

夫婦で健康な体つくりをして、妊娠しやすい体質を目指しましょう。

妊娠できない原因は、ママとパパ両方に原因があります。また、高齢になると妊娠しにくいことが分かっています。

妊娠したいと思ったら、今すぐ夫婦で妊活を始めることをおすすめします。

妊娠しやすい日

妊娠しやすい日

人はいつでも妊娠できるわけではありません。妊娠しやすい日があり、その時期に仲良しすることで妊娠へ近づくことができます。

妊娠しやすい日とは、排卵日付近のことです。通常、生理開始後約2週間で排卵が行われます。この時期に仲良しすることで妊娠できる確率も上がってきます。

でも、この方法(産婦人科ではタイミング法と呼ばれます。)は、生理が正しく来ている人が実践できる方法です。不正出血や生理不順がある人には向いていません。

排卵が安定しないため、タイミングを計ることができないためです。

不正出血や生理不順は、妊娠の妨げになるので早く治療することが大切です。気になる人は、産婦人科を受診するようにしてください。

妊娠するには、排卵日を把握する。

妊娠するには、排卵日を把握する。

妊娠するには、自分の排卵日を把握することが重要です。

基礎体温を測っていない人は、今から基礎体温を測るようにしましょう。基礎体温表を作ることで自分の排卵日を把握することができます。

スマホのアプリ「ルナルナ」「ラルーン」「コウノトリ」など、排卵日を予測できるアプリがあります。アプリを使うと簡単に記録できますよ。

妊娠しやすい方法はタイミング法

妊娠しやすい方法はタイミング法

それでは、妊娠する方法としてタイミング法を紹介します。簡単に妊娠する方法や絶対に妊娠する方法ではありませんが、医学的な根拠に基づいた妊娠法です。

妊娠できないと思ったら、試してみてください。

ますは、自分がタイミング法を試すことができるかチェックしてみましょう。

セントマザー産婦人科によると、タイミング法を試すことができる人は

タイミング法の適応

不妊の検査で明らかな問題が見つからず、下記のすべての条件にあてはまるご夫婦は、半年間を目処にタイミング法を行うことをお勧めしております。

奥様の年齢が若い
結婚してそれほど年数が経っていない
精子の状態が良好
卵管が両方とも通っている
できるだけ自然に妊娠したい

出典:タイミング法 | セントマザー産婦人科医院

上記の条件がクリアできれば、タイミング法を試してみるといいかもしれません。

ここで注意したいのが、上記の条件に当てはまったとしても、生理不順があると成功しないリスクが高くなることです。

生理不順があると、排卵する時期が安定しないので、タイミング法の成功率に影響が出ます。まずは生理不順を治療してからトライすることをおすすめします。

タイミング法で妊娠する手順

タイミング法で妊娠する手順

具体的なタイミング法の手順として

・自分の排卵日を調べる
・排卵日の3日前から1日後の期間に仲良し
・生理予定日1週間後に妊娠検査薬で判定。

じょうきのような手順で進めます。

ここで重要なのが「自分の排卵日を把握する」ことです。

排卵日を調べる方法はいくつかありますが、正確な排卵日を調べるには

・産婦人科で超音波検査を受ける。
・排卵日検査薬を使う。

上記の2つがあります。この方法が最も正確な排卵日を調べる方法です。

とは言っても、仕事や家事でそんな時間はない人もいますよね。そんなときは、基礎体温表を作って低温期の一番最後の日を調べるようにすれば、ある程度の排卵日の目安を知ることができます。

仲良しする期間も、排卵日の3日前から1日後と幅があるので、この期間に仲良しするようにしましょう。

具体的なタイミング法の成功率などはタイミング法の成功率を参照してください。

妊娠を考えるなら、先天性異常のリスクに注意!

妊娠を考えるなら、先天性異常のリスクに注意!

妊活中のママや妊娠を考えているママに知ってほしいことがあります。

それは、妊娠前から妊娠初期の期間に、重要な栄養素である葉酸が不足すると、「無脳症」や「二分脊椎」など先天性異常のリスクが高くなるということです。

これは、世界的な疫学的調査で判明していることで、日本でも2002年から厚生労働省が葉酸を摂取するように通知を出しています。

葉酸は、普段の食事でも摂取できますが・・・
妊娠を考えるなら、葉酸を摂取しよう

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように十分に注意してください。

詳しくは、下記ページで紹介しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

次は、妊娠しやすい体について紹介します。

スポンサードリンク

妊娠するためには、妊娠しやすい体を作る

妊娠するためには、妊娠しやすい体を作る

妊娠しやすい体とは、生理が順調に来ていて生理周期が正しく、体調も良いことを言います。男性も、体調が良くて精子が元気な状態でいることが大切です。

妊娠は1人ではできませんので、夫婦揃って体調が良い状態でないと妊娠は難しいかもしれません。

妊娠しやすい体を作っていくには、生活環境や食事の見直しをすると改善することが期待できます。具体的には次のようなことが挙げられます。

妊娠しやすい体のためにできること

・ストレスを溜めない。
・体調を整える。
・夫婦仲が良い。
・妊娠にプレッシャーを感じない。
・あまり妊娠に力を入れない。
・病気を治療する。

このようなことに気をつけることで妊娠する確率アップが期待できます。

ストレスを溜めない。

妊娠にはストレスを溜めない

ストレスを溜め込んでいると、体調が悪くなり妊娠しにくい状態となります。

不妊の原因の一つに挙げられるぐらいストレスは妊娠へ影響すると言われています。

ストレスは人間関係や転勤など精神的なものから、激しいスポーツや極端なダイエットなど肉体的なものまで含みます。

ストレスを受けると、生理が止まったり体調が悪くなったりするので上手にストレスを解消することが大切です。休みの日には、ウォーキングやヨガなど軽い運動を行うのもストレス解消になりますよ。

夫婦で体調を整える。

夫婦で体調を整える。

妊娠したいなら、夫婦共に健康であることが近道となります。不規則な生活や偏った食事では体調面に不安が出てきます。なるべく規則正しい生活に改善していくようにしましょう。

食生活を改善する。

食生活を改善する。

外食や自分の好きなものばかり食べていると、どうしても栄養が偏ってきます。できれは、おうちで栄養のある食品をバランスよく調理して食べるようにしましょう。

妊娠には、カキや葉酸、ビタミン類が良いとされます。女性は冷え性の人が多いので冷えを改善する玉ねぎやショウガなど根菜類を取り入れるのもいいですね。

妊娠前や妊娠初期には葉酸摂取が大事!

妊娠には葉酸

妊娠前や妊娠初期に葉酸が不足することで、無脳症や二分脊椎といった先天性障害のリスクが高くなることが分かっています。

妊娠前や妊娠初期に葉酸が不足しないように気を付けましょう。

食事から必要量を摂取するのは難しいので、サプリからの摂取がおすすめです。厚生労働省もサプリのほうが吸収効率がよいとしてサプリでの摂取を推奨しています。

サプリならつわり中でも無理なく飲むことができます。サプリでの葉酸摂取がおすすめです。妊娠に最適なサプリの選び方については失敗しない!葉酸サプリの選び方で詳しく紹介しているので読んでみてください。

朝食は食べたほうがいいです。朝食を抜くと長い時間栄養を摂ることができないので、体力低下へ繋がります。キチンと3食食べて体調を整えるようにしましょう。

夫婦仲が良い。

妊娠するには、夫婦仲が良いことが大事。

夫婦仲が良くないと、色々なストレスが溜まり妊娠へもいい影響はありません。

仲良くリラックスして過ごすことで精神的に安定していきます。

人間関係の歪みはストレスになりますので、日頃からギクシャクしている人は、十分にコミュニケーションが取れるようにしてみましょう。

妊娠にプレッシャーを感じない。

プレッシャーをはねのけて妊娠

実家へ帰ると「赤ちゃんはまだなの?」と言われプレッシャーを受けることもあります。また、友達が妊娠した話を聞くと何とも言えない気持ちになることもあります。

こういう出来事は、そのこと自体がストレスになります。ストレスは妊娠へ影響するので、軽く流してストレスを溜めないようにしましょう。

リフレッシュするのに、趣味に没頭したり旅行をするなど気分転換をしましょう。

あまり妊娠に力を入れない。

妊娠するには、あまり妊娠に力を入れない。

内容とは相反する話かもしれませんが、妊娠に力を入れすぎると妊娠しにくくなる場合があります。妊娠への思いがストレスになってしまうことがあるのです。

特に、簡単に妊娠しやすい方法と言われるタイミング法を行っていると排卵日ばかり気になるようになって、ストレスを招く結果になっています。

このようなことは、男性にも起こります。「今日は排卵日だから早く帰ってきて」と言われると、家に帰りたくないような心境になることがあるのです。

それが、プレッシャーとなり、精子の運動率や数の減少に繋がって妊娠しにくくなることがあります。こうならないためには、日頃から排卵日を意識しなくても済むような環境を作るようにしましょう。

病気を治療する。

病気を治療する。

不正出血や生理不順などを放置しておくと、妊娠しにくい体になっていきます。生理が安定していないということは、何かしら病気になっている可能性もあるので、早めに産婦人科を受診して原因を調べるようにしましょう。

ホルモンバランスの乱れでも妊娠に影響することがあるので、妊娠できない理由を調べる必要があります。

通常は、2年以内に約8割の人が妊娠できているので、1年以上妊娠できないときは産婦人科で妊娠を妨げている原因を調べるようにしましょう。

このように、簡単に妊娠する方法でなくても体調を整えタイミングを意識して仲良しすれば妊娠できる確率も上がってきます。まずは、基礎体温を測ることから始めてみましょう。

この他、妊娠に関する話題は妊娠したいにまとめています。

妊娠初期の注意点は妊娠初期、超初期の注意点や気を付けることで、妊娠初期の症状については、妊娠初期・超初期妊娠症状の兆候まとめ!発熱や喉の痛み、筋肉痛、股関節痛はあるの?で紹介しています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

2人目を妊娠しやすい方法、二人目を妊娠希望するときは?

2人目を妊娠しやすい方法

2人目を妊娠しやすい方法

今回は、2人目を妊娠しやすい方法を中心に紹介します。

二人目を妊娠しやすい方法

二人目を妊娠しやすい方法

二人目を妊娠する方法は、一人目と同じように、妊娠しやすい日に仲良しすることです。

妊娠しやすい日とは、排卵日のことです。自分の排卵日を調べるようにすれば、妊娠へ一歩近づくことができますよ。

自分の妊娠しやすい日を調べてその日付近で仲良しします。夫婦共に健康で、自分の生理周期が安定していれば妊娠する確率を上げることができます。

生理が来ていれば、基礎体温表を付けてみて、排卵日を予測する方法がありますが、出産後はガタガタになって目安にならないかもしれません。

でも産後は、いつ排卵があるか分からないので、定期的に仲良しするほうが妊娠できる確率も上がります。

妊娠しやすい方法はタイミング法として、産婦人科の不妊治療でも行われている方法です、詳しくは、タイミング法を成功させるには?妊娠しない?期間と何回目で妊娠?で説明しています。

母乳を止めると妊娠しやすい?

母乳を止めると妊娠しやすい?

母乳育児を続けていると、妊娠しにくいという説があります。

母乳が出ることで、排卵を抑制するプロラクチンというホルモンが分泌されるからです。

妊娠したいと思ったら、母乳をミルクに変えてくることも方法の一つです。

産後は妊娠しやすい?

産後は妊娠しやすい?

産後は妊娠しやすいと言われますが、妊娠しやすいという意見と妊娠しにくいという意見に分かれています。

本来、授乳中はプロラクチンというホルモンが分泌されて排卵は起こりません。

育児中には、子宮と卵巣を休ませるようになっています。ですので、妊娠しにくいと言われます。

しかし、産後生理も来ていないのに、妊娠したという人も多くいます。母乳だから妊娠しないというわけでもないようです。

一人目の育児をしながら妊娠するとかなり大変なことになります。

育児と妊娠を両立することは大変なので、パパとよく話し合っておくことが大切です。

2人目妊娠希望なら、先天性異常のリスクに注意!

2人目妊娠希望なら、先天性異常のリスクに注意!

2人目の妊娠を考えているママに知ってほしいことがあります。

それは、妊娠初期に大事な栄養素である葉酸が不足してしまうと、「無脳症」や「二分脊椎」など先天性異常のリスクが高くなるということです。

このことは、世界的な疫学的調査で判明したことで、日本でも2002年より厚生労働省が妊娠初期の女性に対して葉酸を積極的に摂取するように通知を出しています。

葉酸は、日頃の食事でも摂取できますが・・・
妊娠初期は葉酸を摂取が大事

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように注意してください。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

二人目の妊娠はよく考えて。

一人目と違って二人目を妊娠することはちょっと事情が違ってきます。

主に2つの問題があります。

・妊娠しにくいことがある。
・育児が大変になる。

この問題があります。

妊娠しにくいことがある。

二人目を考える時期は年齢が進んでいて、環境が変わってきています。ママは卵子の老化が進み、子宮筋腫などのリスクも高まってきます。

また、育児と仕事の両立でストレスも大きくなってきます。

パパは、仕事の責任が大きくなり、身体的にも精神的にも負担が大きくなってくる時期です。

卵子の老化やストレスは、妊娠できない原因の一つですので、一人目より妊娠しにくい状況になってくることが多くなってきます。

残念ながら卵子が若返る方法はないので、自分の体を健康にして、ストレスのないリラックスした環境を作ることが大切になります。

これは、ママだけでなくパパにも言えることです。

ストレスは、精子の運動率を下げたり数を減少させたりします。不規則な生活は体にストレスを与えます。

栄養バランスのよい食事に改善して、1日3食たべるようにします。十分な睡眠を取るようにしましょう。

ストレスは、上手に解消して溜め込まないようにします。

二人目の妊娠となると、パパの育児参加とサポートが不可欠です。

育児が大変になる。

1人目の育児に赤ちゃんのお世話が重なることになります。

特に、出産してすぐに2人目を妊娠すると、妊娠中に上の子をお世話することになります。

これは、想像以上に大変なことです。つわりで具合が悪いときでも、上のお子さんのお世話をしなければなりません。

出産のときは、上のお子さんを誰がお世話するのか、事前に話し合っておく必要があります。出産後もすぐに2人のお世話をすることになります。

このことを妊娠する前に、夫婦でよく相談しておくことが大切です。

排卵日を調べる方法

排卵日を調べる方法

排卵日を調べる方法は、次のようなものがあります。

・基礎体温表を付ける。
・産婦人科で診てもらう。
・排卵検査薬を使う。

以上のような方法があります。

この方法は、生理周期が安定している人の方法です。

生理不順の人は、排卵日を見つけることが難しくなるので、生理不順を治療してから妊活を始めることをおすすめします。

次は、各項目について詳しく紹介していきます。

スポンサードリンク

排卵日を調べる3つの方法

排卵日を調べるには、3つの方法があります。

基礎体温表を付ける。

妊娠しやすい方法と基礎体温

生理周期が正常な人は、基礎体温を測ってグラフにすると低温期と高温期の2相に分かれます。この低温期の一番最後の日が排卵日だと言われています。

排卵前には、LH(黄体ホルモン)が急激に上昇するLHサージという現象が起こります。LHサージの変化をみても低温期の最後に一致しているので、この日が排卵日と言われるわけです。

ですが、実際にはちょっと違っていて、実際に排卵が起こるのは低温期最後の次の日、高温期へ移行する第一日目が多いことが分かってきました。

妊娠を望むなら、排卵日当日が一番妊娠する確率が高くなるので、この時期に仲良しするといいでしょう。

排卵日当日でなくても、排卵日を挟んだ前3日、あと1日が妊娠しやすい期間です。この時期に仲良しすれば、妊娠へ一歩近づけます。

産婦人科で診てもらう。

妊娠しやすい方法と超音波検査

産婦人科で超音波検査を受けることで、正確な排卵日を予測できます。正確な排卵日を知りたいなら、産婦人科を受診して診断してもらうといいでしょう。

妊娠を希望しているのに、中々妊娠できないという人は、産婦人科で赤ちゃんができない理由を調べてみることをおすすめします。

2年間普通の夫婦生活を行って妊娠できる確率は80%と言われています。2年以上妊娠できないなら不妊症になります。今は結婚する年齢も上がってきているので1年妊娠できないなら不妊症の治療を開始したほうがいいかもしれません。

排卵検査薬を使う。
排卵検査薬は、自宅で簡単に排卵日を予測できる便利な検査薬です。産婦人科や通販で購入することができます。

生理予定日の10日ぐらい前から検査を始めることが多いようです。

通販で買って自分で検査することもできますが、産婦人科を受診すれば、仲良しのタイミングや妊娠できない原因も調べることができるので産婦人科受診をおすすめします。

この他、妊娠しやすい時期については妊娠しやすい時期で、妊娠しやすい日の全般的な話題は妊娠しやすい日で詳しく紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしていください。

妊娠しやすい日!排卵日前が一番!生理後は妊娠しやすい?

妊娠しやすい日

一番妊娠しやすい日は排卵日付近

妊娠しやすい日が分かれば、赤ちゃんを授かる確率も上がってきます。

一番妊娠しやすい日と言えば「排卵日付近」です。

以前は、排卵日当日が一番妊娠しやすいと言われていましたが、現在では「排卵日の2日前」が一番妊娠しやすいことが分かっています。

赤ちゃんがほしいと思ったら、すぐに基礎体温を測って自分の生理周期と排卵日を調べましょう。

一番妊娠しやすい日はいつ?

一番妊娠しやすい日はいつ?

上の方でも少し説明していますが、一番妊娠しやすい日は排卵日の2日前だと言われています。この日を正確に知ることで妊娠できる確率も上がってきます。

でも、一般の人が正確な排卵日を調べようとすると少し手間が掛かることも事実です。

妊娠しやすい方法としてタイミング法がありますが、若い世代(20代)なら自己流でも試すことができますよ。基礎体温を測って2.3周期試すことも選択肢の一つです。

基礎体温は、排卵日の目安となるので、その日を含めた前3日とあと1日の5日間の期間に仲良しすると妊娠率も上がります。

正常な生理周期の人でも、2.3日のずれがあると言われているので、少し期間に幅を持たせることも大切です。自己流で妊娠できないときは、産婦人科を受診してタイミング法を指導してもらうことをおすすめします。

一番妊娠しやすい日の詳細は一番妊娠しやすい日で説明しています。

基礎体温で妊娠しやすい日を調べる。

基礎体温で妊娠しやすい日を調べる。

基礎体温を測ることで、一番妊娠しやすい日が分かるようになります。基礎体温の低温期と高温期の境目ぐらいが排卵日付近です。

妊娠したいなら、時期を調べるだけでなく健康な体作りも大切です。妊活は夫婦で行うものなので、パパと一緒に生活習慣を見直して健康な身体を作っていきましょう。

妊娠しやすいのはタイミング法

妊娠しやすいのはタイミング法

妊娠しやすくなる方法として、タイミング法があります。

タイミング法とは、産婦人科でも指導されている不妊治療法の一つです。この方法は、排卵日付近で仲良しをすることで妊娠する確率を上げる方法です。

決して怪しい民間療法ではなく、不妊治療の現場でも指導されている医学的根拠に基づく妊娠法です。

■タイミング法の手順

・自分の排卵日を調べる
・排卵日の3日前から1日後の期間に仲良し
・生理予定日1週間後に妊娠検査薬で判定。

上記のような手順になります。

ここで重要なのが「自分の排卵日を正確に把握する」ことです。

「排卵日なら基礎体温表で分かるよね」と思っている人も多いですが、実は基礎体温表から推測する排卵日はあくまでも目安にしかならないのです。

基礎体温表から推測する排卵日実際に排卵が起こる時期とズレが生じていることが多いのです。

基礎体温表の低温期の一番最後の日が排卵日とされますが、実際にはその次の日、高温期の1日目に排卵が起こることがよくあります。

自分タイミング法を試すときに、基礎体温表から調べても数日間ズレていることがあるのです。

まずは、自分の排卵日がいつなのか調べてみましょう。

■正確な排卵日を予測するには?

排卵日を予測するには、基礎体温表の他にもスマホのアプリを使う方法やネットで排卵日チェッカーを使う方法などがありますね。

でも、もっと正確に排卵日を予測する2つの方法があります。その方法とは、

・産婦人科で超音波検査を受ける。
・排卵日検査薬を使う。

排卵日を正確に予測するには、上記の2つの方法があります。

産婦人科で超音波検査を受ける。
産婦人科で超音波検査を受けることが、最も正確に排卵日を予測できる方法です。

一般的に卵胞直径20mm前後で排卵が起こるとされます。卵胞は1日2mm前後成長するので、逆算して排卵日を予測することができます。

この方法のデメリットとして、産婦人科に通院しなければ検査を受けられないことがあります。

排卵日検査薬を使う。
次に正確に排卵日を予測する方法として、排卵検査薬を使う方法があります。

排卵検査薬は、排卵時に起こるLHサージという現象を測定しています。LHサージとは、子宮内膜を厚くするために急激にLH(黄体ホルモン)の量が増える現象です。

LHサージから24時間以内に排卵が起こるとされています。

この方法のデメリットとして、排卵日付近に1日3回測定しなけらばならず煩雑になることです。

■自分でタイミング法を行うには?

正確な排卵日を予測できれば、自分でもタイミング法を行うこともできます。

セントマザー産婦人科医院によると

タイミング法の適応

不妊の検査で明らかな問題が見つからず、下記のすべての条件にあてはまるご夫婦は、半年間を目処にタイミング法を行うことをお勧めしております。

奥様の年齢が若い
結婚してそれほど年数が経っていない
精子の状態が良好
卵管が両方とも通っている
できるだけ自然に妊娠したい

出典:タイミング法 | セントマザー産婦人科医院

しかし、仕事や家庭の都合、ママとパパの体調によって排卵日付近で仲良しできないことがあります。

また、パパが「今日は仲良しするから早く帰ってきて」と伝えると、急に残業になったり飲み会になったりすることがあります。

これは、排卵日に仲良しをしなければならないプレッシャ-に負けているのかもしれません。

実際にパパがプレッシャーを受けると、精子の数が減少したり運動率が悪くなったりします。これでは妊娠する確率下がってしまいます。

これを回避する方法として、生理が終わる頃より毎日あるいは週3回程度仲良しすれば排卵日付近でも仲良しできることになります。

産婦人科医の話として、タイミング法を指導するとEDになってしまう患者さんがいるとのことでした。

妊活は夫婦二人で行うものなので、夫婦でよく話し合ってタイミング法を始めることが大切です。

妊娠を考えるなら、先天性異常のリスクに注意!

妊娠を考えるなら、先天性異常のリスクに注意!

妊活中のママに知ってほしいことがあります。

それは、妊娠前から妊娠初期に大事な栄養素である葉酸が不足すると、無脳症や二分脊椎などの先天性異常のリスクが高くなることが研究で分かっています。

参考:二分脊椎症と葉酸

葉酸は、日頃の食事からも摂取できますが・・・
妊娠したいなら葉酸が大事

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように十分に注意して下さい。

詳しくは下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

この次は、妊娠しやすい食べ物、生理前や産後は妊娠しやすい?について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク

妊娠しやすい食べ物や食事

妊娠しやすい食べ物や食事

妊娠しやすい食べ物ってどんなのだろう?と思って調べたりしますよね。でも、個々の食べ物を探す前に、とても大事なことがあります。

それは「栄養のある食材」を「バランスよく」3食摂ることです。栄養と生活習慣や食事を見直すことで妊娠しやすい身体作りができます。

妊娠しやすい食べ物としてグレープフルーツやオレンジ・リンゴ酢・ザクロや豆乳がよいと書かれています。これらの食べ物は、ビタミンやミネラル・タンパク質などが豊富で栄養価の高い食べ物です。しかし、こればっかり食べていると栄養に偏りが出てしまいます。

これらの食べ物を取り入れてバランスのよい食事を朝・昼・晩3食きちんと食べることが大切です。レトルトや外食ばかりでは栄養が偏ってしまいます。

普段、あまり摂取できていない野菜や豆類・乳製品などを食事に取り入れて妊娠しやすい身体になりましょう。

妊娠しやすい体質と体作り

妊娠しやすい体質と体作り

妊娠しやすい体質を目指すには、健康で代謝がよい体作りを行うことになります。

妊娠したいと思ったら、まずは生活習慣を見直しましょう。不規則な生活になったり朝食を抜いたりしていると体にストレスを与えることになります。

睡眠不足も体調に影響を及ぼすことがあります。

1日3食きちんと食べて、睡眠時間が十分に取れるように生活習慣を改善していきましょう。

栄養バランスにも気を付けましょう。たくさんの食品から少しずつ食べるようにすると様々な栄養を摂取することができます。

睡眠の質を上げることも大切です。寝る前にお風呂に入ると深く眠ることができます。寝る前のTVやスマホを止めることで神経の興奮が収まって質の良い睡眠が取れるようになります。

妊娠しやすい体作りは、ママとパパで一緒に行うことが大切です。夫婦で一緒になって妊娠を目指しましょう。

生理前や産後は妊娠しやすい?

生理前や産後は妊娠しやすい?

生理前は妊娠しやすい?
生理前って妊娠しやすいのでしょうか?生理前とは生理予定日の2・3日前ぐらいだと思いますが、排卵後の時期なので一般的には妊娠の可能性は低いと考えられます。

しかし、正常な生理が来る人も2・3日のズレがあると言います。生理前は避妊しなくても大丈夫と言うわけではないので、妊娠を望まないならきちんと避妊するようにしましょう。

産後は妊娠しやすい?
産後は妊娠しやすいと言われますが、医学的根拠はありません。産後すぐには妊娠しないと言うわけでもないので、妊娠を望まないなら産後であってもちゃんと避妊したほうがいいでしょう。

生理が来ないから妊娠しないわけではないのです。生理が来なくても排卵があっているかもしれないので注意しましょう。

排卵日で男女産み分け

排卵日で男女を産み分け?

排卵日付近で仲良しするときに、日にちを調整して男女の産み分けを目指すというものです。100%成功するわけではないのですが、ある程度の確立で男女産み分けができるとされています。

具体的には、女の子を希望するときは排卵日2日前に夫婦生活を持ってあとは避妊します。男の子を希望するときは排卵日当日に仲良しして排卵日後に避妊するというものです。

この他にもピンクゼリーとグリーンゼリーを使う方法もあります。産婦人科で男女産み分けを指導しているところもあるので、興味のある人は相談してみてください。

高齢妊娠するには?

高齢妊娠するには

高齢妊娠するには様々なリスクがあります。妊娠に関係の深い卵子の質は33歳で低下をはじめ35歳を境に急激に低下していきます。40歳を超えると妊娠しても流産するリスクが高まります。

厚生労働省も不妊治療助成金の見直しを始めていて、43歳以上は助成しない方向で検討しています。研究によると40歳以上で出産できる確率は2%だそうです。

この研究結果から高齢妊娠を助成するのは40歳以下という意見も出ましたが、40歳以上の高齢で妊娠を希望して助成を受けている人が1/3以上いるため43歳未満が妥当となったようです。

高齢妊娠するには、流産のリスクも非常に高いことも考えなくてはいけません。不妊治療は早いほど妊娠できる確率も上がるので今すぐ始めたほうがいいいのではないでしょうか。

妊娠しやすい体質

妊娠しやすい体質

妊娠しやすい体質とは、健康な身体作りをすることで出来ていきます。妊娠しやすい体質に改善するには、生活習慣と食生活を見直して妊娠しやすい体質へと改善していきましょう。

生活習慣では、不規則な生活になっていないか見直します。ストレスを溜め込んでも体調に影響が出てきますので、ストレスをうまく発散するようにして改善していきましょう。

食生活は、きちんと一日3食食べることが大切です。時間がないからと朝食を抜くのはいいことではありません。食事の中身も大事です。バランスを考え栄養価の高い食品を食事に取り入れるようにしましょう。レトルトや外食も回数を減らしていくことを目標にします。

妊娠しやすい日を調べることも大切ですが、自分の生理周期を知って体調を管理していくことも大切です。食生活や生活習慣を見直して妊娠しやすい体質に改善していきましょう。

妊娠しやすい方法

妊娠しやすい方法

妊娠しやすい方法とは、避妊せずに排卵日の期間で夫婦生活を行うことです。

ここで「排卵日付近」というのがとても重要で、排卵日を基準として「排卵日の前3日から後1日」の期間に集中的に仲良しすることで妊娠できる確率が上がります。まずは、自分の排卵日を確認しましょう。

妊娠を目指すには排卵日を知ることが大切になってきます。

妊娠の注意点して、生理不順では妊娠しにくいので生理不順を改善するのも大切になります。

自分の排卵日を知る方法
突然ですが、前の月の生理開始日を正確に覚えていますか?

産婦人科の医師に聞いた話ですが、自分の生理開始日を把握していない人が多いそうです。生理日を知らないと排卵日も分かりません。

自分の排卵日を知るには、基礎体温を測ることで分かります。面倒がらずに毎日測るようにしましょう。最近では、スマホのアプリでも記録できますので簡単ですよ。生理周期を知ることで、妊娠しやすい日も分かるようになってきます。

更に正確に排卵日を調べるには排卵検査薬を使うか病院で調べてもらいましょう。病院を受診するときも基礎体温表はあったほうがいいので、毎日記録してみてください。詳しくは排卵日で説明してます。

■妊娠しやすい方法を試す。

妊娠しやすい方法を試すには、

① 自分の排卵日を調べる。
② 排卵日付近で夫婦生活を持つ。
③ 生理が遅れていることを確認して、妊娠検査薬で反応をみる。

このような手順となります。自分の排卵日を知らなければ実践できないので、基礎体温を付けて排卵日を確認してみましょう。基礎体温は最低でも3周期ほど付けないと傾向が見えてきません。

あせらず、毎日基礎体温を付ける習慣を身につけましょう。

排卵日は低温期の一番最後の日が目安となります。この日を基準として「排卵日の前3日から後1日」の期間に仲良しするようにしましょう。

妊娠可能性が高い日

妊娠可能性が高い日は、排卵日当日です。卵子の寿命は24時間と言われますので、排卵日当日に仲良しすると一番妊娠する可能性が高くなります。

排卵日は基礎体温表から目安を知ることができますが、正確な排卵日を知るには排卵日検査薬を予定日の10日前ぐらいから使うか病院で超音波検査を受けることで分かります。詳しくは妊娠可能性が高い日でまとめています。

一番妊娠しやすい日

一番妊娠しやすい日

一番妊娠しやすい日は排卵日周辺です。基礎体温表で低温期の一番最後が排卵日ですが、個人差あると言われていて正確な排卵日を知るためには、病院で検査するのが一番です。

しかし、何も異常がないのに病院に行くのは気が引けるという人は排卵検査薬を使って調べてみるのもいいと思います。

一番妊娠しやすい日は排卵日ですが、排卵日前の6日ぐらい前から定期的に仲良しすると妊娠する確率も上がると考えられます。妊娠しやすい日に拘らずに定期的に夫婦生活を持つのも大切です。

詳しくは妊娠しやすい時期に詳細を掲載しています。読んでみてください。

妊娠しやすい日を男性に言うとストレスに?
妊活を始めると、いつもと違う夫婦生活が始まることが多いのですが、男性に次の排卵日や仲良しの日を伝えると逆効果になる場合があります。

仲良しする日に限って仕事が遅くなったり、飲み会が入ったりしていませんか?

疲れていると言って先に寝てしまうこともあるかもしれません。

男性はストレスに非常に弱いと言われます。その日に仲良しと言われると義務感が発生して避けたるなるような心境になるようです。また、普通に仲良ししても結果が出ないときはストレスとなっているかもしれません。

ストレスと精子の数は関係していると言われ、つよいストレスや心境の変化でも数は減少していきます。その日にドリンク剤を買ってきたり、うなぎやニンニクなどそれを連想させるような食事は避けたほうがいいかもです。

普段から排卵日を意識しない夫婦関係を築くことも大切です。

生理後に妊娠?

生理後でも妊娠したという人もいますが、勘違いしているかもしれません。妊娠後ちょうど生理予定日頃に少量の出血を起こすことがあります。これを着床出血といいますが、この出血を生理と間違えることがあるようです。

昔は、これを生理と勘違いして出産予定日まで間違えることもありましたが、現在では超音波検査などによって正確な出産予定日が分かるようになっています。詳しくは生理後に妊娠?で説明してます。

妊娠しやすい食べ物

妊娠しやすい食べ物とは、体を健康にして体調をよくする食べ物だと言えます。これを食べたら絶対妊娠できる食べ物はないのですが、体調を良くして代謝を上げることによって妊娠しやすい体質へと改善していきます。

妊娠に良いとされるのは、食物繊維やビタミンEを豊富に含んだアボガドやたまねぎ、ショウガや唐辛子など体を温める食品、人参などの根菜類を積極的に食べるようにしましょう。

2年以上妊娠できないと不妊症ということになりますが、どうしても妊娠できないときはピックアップ障害かもしれません。この他にも妊娠できない理由があるかもしれないので産婦人科で原因を調べるようにしましょう。詳しくは妊娠しやすい食べ物で紹介しています。

妊娠する確率

妊娠する確率は、若い世代ほど大きくなっています。反対に35歳以上の高齢になると妊娠できる確率が急激に低下していきます。妊娠の確率が下がる理由は、卵子の老化が挙げられます。

卵子は生まれたときから数が決まっていて、少しずつ解凍されていきます。年齢を重ねるごとに数と質が悪くなって老化が進んでしまうのです。

卵子の老化は、現在の医学では止めることができないのではやく不妊治療を開始することが大切になります。以前では、2年以上妊娠できないことを不妊症と言っていましたが、今では晩婚化の影響で1年以上妊娠できないときに不妊治療を開始するようになってきています。

妊娠を望むなら早い時期に妊活を始めることが大切です。生理不順では妊娠する確率が下がるので治療してから妊活をしましょう。詳しくは妊娠する確率でまとめました。

妊娠の可能性

妊娠の可能性があるときは、生理が遅れることや微熱が続いたり基礎体温の高温期が高かったりなど、いつもの生理前の症状とは違ったものを感じることもあります。また、全く感じないという人もいて個人差があるようです。

妊娠の可能性があるときは、妊娠検査薬で調べてみるか産婦人科を受診して妊娠の確定診断をしてもらいましょう。

妊娠検査薬で陽性が出たらすぐに産婦人科を受診して正常な妊娠かどうか確かめてください。子宮外妊娠など将来に重大な結果を及ぼすものもあるので早く受診するようにしてください。

妊娠初期には、お母さんや家族が先に妊娠に気が付くことがあります。直感はすごいときがあります。詳しくは妊娠の可能性にまとめました。

妊娠可能日

妊娠可能日とは、基礎体温を測ることで分かる排卵日周辺のことで、この時期に仲良しすることで妊娠しやすくなります。妊娠を希望しているひとは試してみましょう。

排卵日を調べる方法は、基礎体温表の他にもおりものの伸びで調べる方法や排卵検査薬を使うことや産婦人科で超音波検査を受けることで分かるようになります。

妊娠を希望しても中々妊娠できないときは、産婦人科で不妊の原因を調べることをおすすめします。妊娠できる可能性は年齢と共に下がっていくので早めの対処が必要になります。

まずは、自分は正常な生理周期かどうか調べることから始めましょう。正常な生理周期が来ていれば排卵日付近の妊娠可能日で仲良しするといいでしょう。詳しくは妊娠可能日で説明しています。

生理と妊娠

生理が来たのに妊娠したという話を聞いたことあるかもしれません。しかし、生理が来て妊娠はありません。ちょうど生理予定日ぐらいに着床出血という症状が起こるので、これを生理と勘違いすることがあります。

しかし、この出血だけで妊娠しているかどうかは分かりません。妊娠かどうかは、妊娠検査薬で陽性が出るか産婦人科で超音波検査を行うことで分かるようになります。

妊娠が分かったら、すぐに生活習慣と食生活の見直しをしてみましょう。規則正しく3食食べて、十分な睡眠時間を取れるように生活リズムを見直していきましょう。詳しくは生理と妊娠で解説しています。

妊娠しやすい期間

妊娠しやすい期間は、基礎体温表でいう低温期の一番最後の日ということになります。低温期の最後に排卵されると言われ、この日が排卵日の目安となります。

目安と言ったのは、必ずこの日に排卵が起こるわけではないからです。妊娠しやすい日は他にもあって、排卵日を基準として前3日、後1日の期間が妊娠しやすい期間と言われています。

この期間に仲良しすることで妊娠できる確率も上がってきます。この方法はタイミング法と呼ばれ産婦人科でも指導されている方法です。妊娠を考えている人は試してみるのもいいかもしれません。

妊娠したいなら、妊娠しやすい体を作ることも大切です。不摂生や日頃の生活習慣、食生活を見直して夫婦で健康な体になるように改善していきまそう。詳しくは妊娠しやすい期間で紹介しています。

妊娠しやすい時はいつ?

妊娠しやすい時はいつ?の疑問ですが、おおよそ排卵日がある排卵期がその期間になります。排卵日付近で集中的に仲良しすることで妊娠できる確率も上がってきます。ですが、ママとパパが妊娠に関して何も問題がないことが前提です。

排卵日付近であれば、卵子と精子が出会う確率が高くなるので妊娠できる確率も上がるわけです。この時期に仲良しして妊娠を目指す方法をタイミング法と呼びます。産婦人科でも一般的に広く普及している方法です。

タイミング法を試すのであれば、年齢が十分に若い、生理周期が安定している、ママとパパに妊娠の問題がない、夫婦で協力する体制ができているなどの条件が整っていることが必要です。特に年齢が高い場合はおすすめできません。

産婦人科的に35歳を過ぎると高齢となります。見た目が若くても実年齢が高ければ妊娠力が低下していると考えられています。35歳を過ぎてからのタイミング法は、元々妊娠力が低いため産婦人科で適切な指導を受けることをおすすめします。詳しくは妊娠しやすい時はいつ?で紹介しています。

妊娠しやすい人の特徴
妊娠しやすい人と妊娠しにくい人がいます。妊娠しやすい人の特徴として

・規則正しい生活を送っている。
・栄養バランスを考えた食事
・運動が好き

このような人が妊娠しやすいと言われています。

規則正しい生活を送っている。
睡眠や起床、食事のリズムが整っている人は、体調も良いことが多いです。体調が良いとストレスの影響も少なく生理周期も順調になるので妊娠しやすくなります。

栄養バランスを考えた食事
偏った食事内容にせず、栄養バランスを考えた食事をします。多くの食品から少しずつ食べるようにすると栄養バランスが整ってきます。

運動が好き
妊娠しやすい人の特徴として、運動を好んで行っている人が多いようです。スポーツだけでなくヨガなど体を温める動作も妊娠にいい影響を与えると言われています。

反対に、妊娠しにくい人の特徴として

・生活が不規則
・外食が中心の食事
・運動不足

このような特徴があります。

妊娠できないと感じている人は、外食は止めて家で調理するようにして、毎日1日3食きちんと食べるようにすると、体のリズムが整ってきます。

就寝する時間もるべく同じ時間に寝るようにしましょう。

運動不足がある人は、ヨガがおすすめです。ヨガ教室のスタッフから聞いた話によると入会してから妊娠したことが理由で退会する人が多いと言っていました。

妊娠を目指すなら、ヨガがおすすめです。

妊娠時の基礎体温

妊娠時の基礎体温は、高温期の体温が持続するか、それからもう一段階上昇します。高温期体温が持続することで妊娠の可能性が高まります。高温期が17日以上継続すると妊娠の可能性があり21日以上で妊娠している可能性が高くなります。

基礎体温が安定していないと、妊娠できる可能性は低くなります。きちんとした生理周期で排卵が行われていないと受精できる確率も低くなって妊娠しにくくなります。

妊娠時に体温が高くなる理由として、黄体ホルモンの影響があります。黄体ホルモンは着床へ向けて子宮内膜を厚くするなど着床の準備を進めています。妊娠していないならホルモンが減少して低温期に移行します。

基礎体温がガクッと下がっても妊娠を継続できている例もあるようです。低温期に近い体温まで下がって、翌日には高温期へ戻ることがあるようです。この場合は注意深く経過を観察する必要があります。詳しくは妊娠時の基礎体温で説明しています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

妊娠しやすい人、妊娠しにくい人

妊娠しやすい人、妊娠しにくい人

妊娠しやすい人とにんしんしにくい人には、ある傾向があると言われています。医学的な根拠はありませんが、参考程度に読んでみてください。

妊娠しやすい人の特徴

妊娠しやすい人の特徴

妊娠しやすい人の特徴として

・年齢が35歳以下。
・気持ちがおおらか、プラス思考。
・生理が毎月来ている。
・パパと仲良し。
・極端に痩せたり太っていない。

このような特徴があると言われています。

年齢が35歳以下。
妊娠と年齢には密接な関係があります。妊娠する上で卵子の質が大切になりますが、卵子は体と同じように老化することが分かっています。

特に33歳を過ぎるころから老化が顕著になり35歳を超えると急激に卵子の質が低下します。35歳が妊娠するポイントになります。

産婦人科領域では、35歳を過ぎると「高齢」になります。妊娠を考えているなら、一刻も早く妊活を開始しましょう。

気持ちがおおらか、プラス思考。
気持ちがおおらかでプラス思考ということは、ストレスが少ない環境ということになります。

自分が感じているストレスも妊娠に影響があると考えられています。

生理が毎月来ている。
生理が毎月きちんと来ていることも、妊娠する上で大切なことです。生理周期が正常ということは、排卵が決まった時期に来ているということになります。

パパと仲良し。
パパとの関係が良好で、定期的に仲良ししているほうが妊娠しやすい傾向があります。

極端に痩せたり太っていない。
いわゆる標準体型に近いほうが妊娠しやすいと考えられています。

妊娠しにくい人の特徴

妊娠しにくい人の特徴

妊娠しにくい人の特徴として

・生活が不規則
・年齢が高い(高齢)
・生理不順
・酒、たばこを吸う
・冷え症
・仲良しがない
・染色体異常や免疫型の相性が悪い

このような特徴があると考えられています。

生活が不規則
睡眠や食事の時間が不規則になると、体調面に影響を与えることになります。妊娠には、健康で代謝の良い体作りを目指すことが大切です。

年齢が高い(高齢)
35歳以上の高齢になると、妊娠力(妊娠できる確率)が急激に低下します。30代は20代のころと比べて妊娠しにくい体になっています。

卵子も急激に老化するので、早く妊活を始めることが大切です。

生理不順
生理が安定しないと、排卵が安定しません。排卵が安定することで妊娠できる確率も上がります。

酒、たばこを吸う
酒やたばこといった嗜好品は、血流を悪くするなど、体調面に悪い影響を及ぼします。

アルコールは、妊娠後のお腹の赤ちゃんに影響することが分かっているので、妊娠が分かった時点で止めるようにします。

冷え症
体の冷えも妊娠を妨げる原因の一つです。

仲良しがない
普段の仲良しがないと、妊娠しにくくなります。排卵日の期間だけ仲良ししても中々妊娠できないことがあります。

染色体異常や免疫型の相性が悪い
夫婦間での染色体異常や免疫型の相性が悪いと、受精した受精卵が子宮内膜に着床できないことがあります。

最近では、着床不全(着床障害)として専門に診療を行う施設も増えてきました。

通常、2年間避妊なしの夫婦生活を行って妊娠できないときは不妊症となります。最近では高齢妊娠の傾向が強くなって、1年間妊娠できなかったら不妊症として治療を開始する施設もあります。

中々妊娠できないなと思ったら、不妊外来を受診することをおすすめします。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この他、妊娠しやすい日については妊娠しやすい日で詳しく紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠しやすいタイミングとは?

妊娠しやすいタイミング

妊娠しやすいタイミングとは、生理周期で言うと排卵期ということになります。排卵日の計算式であるオギノ式だと、生理予定日より12~16日です。

この期間に仲良しすることで妊娠できる確率が上がります。

排卵日当日を基準として、集中的に仲良しする方法をタイミング法と呼ばれています。タイミング法は早く妊娠する方法として知られており、不妊治療を行っている産婦人科でも一般的に指導されている方法です。

30代前半までなら、自己流で3周期ほど試してみてもいいかもしれません。

タイミング法の適応となる人

タイミング法の適応となる人

自己流でタイミング法を行うには、様々なことを考慮することが必要になります。

タイミング法の適応となる人は

・年齢が十分に若い。
・生理周期が安定している。
・ママとパパに妊娠の問題がない。
・夫婦で協力する体制ができている。

このような人が、自己流でタイミング法を行うと妊娠率の向上が期待できます。

この中でも「年齢が十分に若い」ことが重要になっています。実は卵子は老化していくことが分かっていて、33歳ごろから卵子の質が低下しはじめ、35歳を過ぎると急激に低下することが分かっています。

35歳を過ぎると流産率も高くなるため、妊娠しにくい状況となります。妊活を始めるには早いほうがよいと言われる理由はここにあります。

上記でも述べていますが、タイミング法が成功するまでの期間があるので、自分でタイミング法を試すリミットは30代前半33歳ごろまでということになります。

30代前半でも早く妊娠したいときは、産婦人科の不妊外来を受診して治療を受けると妊娠する確率も上がってきます。

産婦人科の不妊外来でタイミング法を指導してもらう場合には、排卵誘発など妊娠率の向上を目指した治療を受けられるので、一度産婦人科やクリニックに相談してみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この次は、排卵日と妊娠について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





排卵日と妊娠

排卵日と妊娠

排卵日と妊娠は、非常に密接な関係があります。排卵日を意識することで妊娠の可能性が上がってきます。自分の排卵日を把握することは、妊娠において非常に大切な役目を持っています。

排卵日当日では妊娠しない?
以前は排卵日当日に仲良しするほうが妊娠率が高いと言われていましたが、最近の研究では排卵日より2日前が最も妊娠率が高いことが分かってきました。

精子の生存期間は2・3日あるので、卵子を待っている状態のほうが妊娠率が高いとされます。

この研究結果をみても分かるように、排卵日を正確に把握することで妊娠の可能性を上げることができます。まずは、自分の排卵日がどの期間にくるのか調べてみましょう。

まずは基礎体温から

基礎体温を測っていない人は、今から基礎体温を測って記録するようにしましょう。基礎体温を測ることで、排卵日だけでなく婦人科の疾患や妊娠できないサインを知ることができます。

基礎体温表は、正常な人ならきれいな二相に分かれていますが、ジグザクやガタガタのグラフになると、排卵が正常に行われていない可能性があります。

二相に分かれていても、じわじわと体温が上がるタイプは排卵日が分かりにくい場合があります。

このように基礎体温を測るだけでいろいろなことが分かるようになります。まずは体温を測ってグラフにすることから始めるようにしましょう。

妊娠しやすいタイミングは排卵期ですが、ママやパパに妊娠に関した問題があると妊娠しにくい状態となります。通常の夫婦生活を行って妊娠できないなと思ったら、早めに産婦人科の不妊外来を受診することをおすすめします。

この他、妊娠しやすい日全般の話題は妊娠しやすい日で詳しくまとめました。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

妊娠しやすくする方法

妊娠しやすくする方法

妊娠しやすくする方法は、ママとパパが健康で生理が正常に来ている人なら、試すことができます。

この方法を実践するには、夫婦揃って妊娠しやすい体を作っていくことが大切です。不規則な生活習慣と食生活を改善して妊娠しやすい体作りをおこなっていきましょう。

早く妊娠しやすくなる方法

早く妊娠しやすくなる方法

少しでも早く妊娠するには、ママとパパの体に妊娠できない原因がないか調べることが必要です。通常、避妊せずに夫婦生活を行って1年以内に妊娠する確率は約80%と言われます。

もし、1年以上仲良ししても赤ちゃんができないときは、産婦人科で妊娠できない原因を調べるようにしましょう。

早く妊娠する方法とは?
早く妊娠する方法とは、

① 産婦人科で正確な排卵日を調べる。
② 排卵日の2日前ぐらいから仲良しする。
③ 早ければ、その周期に妊娠。

このような手順が最も早く妊娠できる方法です。

基礎体温表を付けている人は、低温期の最後ぐらいが排卵日といわれるので、その2日前ぐらいから仲良しするといいでしょう。

正確な排卵日は、産婦人科を受診することで分かるようになります。おりものの伸び具合で排卵日を知る方法もありますが、正確ではありません。

少しでも早く妊娠したいなら、産婦人科を受診して排卵日を調べるようにしましょう。

しかし、この方法を実践できるのは、生理が毎月正しく来ている人でパパにも生殖機能に問題がない人だけです。

1年以上通常の夫婦生活を行っても妊娠できないときには、何かしら妊娠できない原因があると考えるのが自然です。

次は、妊娠できない原因と妊娠しやすい体作りについて紹介します。

スポンサードリンク





妊娠できない原因

妊娠できない原因

妊娠できない原因として

・排卵が起きていない。
・高齢である。
・生理不順がある。
・肥満や糖尿病。
・パパに不妊の原因がある。

このようなことが考えられます。

排卵が起きていない。
排卵が起こらないと、受精できないので妊娠できません。生理が90日以上来ない無排卵や生理があっても月2回来るなど頻発月経の状態だと妊娠できない不妊になる可能性が高いです。

この場合は、排卵を起こす治療や病気の治療を行います。特に無排卵の治療は、時間が掛かることが多いので、早く産婦人科を受診して治療を始めることが大切です。

高齢である。
産婦人科の分野では、35歳以上が「高齢」に分類されます。35歳を過ぎると、色々なリスクが増えることが知られています。

妊娠を望むなら、できるだけ早い時期に妊娠へ向けた準備をすることが大切です。

生理不順がある。
生理不順は、色々な婦人科疾患のサインであることが多いものです。生理周期が長かったり(39日以上)短かったりすると生理が来ても排卵が起こらない無排卵である可能性があります。

排卵が起こっているかどうかは、自分では分からないので産婦人科を受診して調べるようにしてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


肥満や糖尿病。
肥満や糖尿病といった成人病も、妊娠できない原因となります。肥満や糖尿病は、妊娠してからも様々な障害が起こることが多いので改善、治療していくことが大事です。

パパに不妊の原因がある。
一般的に認知度が低いのですが、パパに不妊の原因がある「男性不妊」も妊娠できない原因になっています。検査を受けるときは夫婦揃って受けるのが基本です。

妊娠しやすい体作り

妊娠しやすい体作り

妊娠しやすい体とは、

・健康で冷え症がない。
・ストレスを溜め込んでない。
・代謝が良くて血の巡りが良い。

このような体を目指して、生活習慣や食事内容を改善していきます。

食事は、一日3食同じ時間に食べるようにして生活のリズムを作るようにします。睡眠も十分に取るようにしてストレスを溜め込まないように上手に解消していきましょう。

食事も栄養のある食材を自分で調理するようにして、塩分や糖分の取り過ぎないようにします。

健康で体調の良い状態にして、妊娠へ向けた準備をするようにしましょう。

このように、妊娠しやすくする方法は、健康な体作りが基本になります。自分の生活に不摂生がないか確認して改善していきましょう。

この他、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで紹介しています。読んでみてください。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

一番妊娠しやすい日

一番妊娠しやすい日

一番妊娠しやすい日とは、卵子が受精できる期間、排卵後の6~12時間後ということになります。つまり、排卵日当日が一番妊娠しやすい日と言えます。

でも、最近の研究で排卵日より前3日、後1日の期間が最も妊娠しやすい期間であることが分かりました。排卵日当日だけなく前3日、後1日の期間に仲良しするようにしましょう。

妊娠したいと思ったら、排卵日を調べることから始めましょう。排卵日の目安は基礎体温表から分かりますが、正確な排卵日を調べるには産婦人科を受診するか排卵検査薬で自分で検査することになります。

産婦人科を受診すれば、一番妊娠しやすい日である排卵日も正確に分かり仲良しのタイミングも指導してもらえるので、妊娠希望の人は一度産婦人科を受診することをおすすめします。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


基礎体温と一番妊娠しやすい日

基礎体温と一番妊娠しやすい日

排卵日は、基礎体温表を付けていると調べやすくなります。一般的には、基礎体温の低温期の一番最後の日が排卵日と言われますが、ちょっと違っています。

排卵は、低温期の一番最後の日ではなく体温が上がりはじめた日、低温期最後の日の翌日に排卵されることも多いのです。

排卵日当日に仲良ししたほうが妊娠しやすいと考えられますが、排卵日の前々日や前日に仲良しした方が妊娠しやすいという医師もいて多くの意見があるようです。

このような事情を考慮すると、一番妊娠しやすい時期は排卵当日と前3日、後1日の5日間が妊娠しやすい時期と考えることができます。

スポンサードリンク

ninsinsyoki1172

妊娠と排卵

妊娠するには、排卵が起こり受精することが必要です。卵子と精子が受精して受精卵になり子宮内膜へ着床してはじめて妊娠できるのです。

排卵が起こらなければ、妊娠できないのです。中々妊娠できない人の中には、排卵が起こらない無排卵になっている人も多いです。

無排卵とは、文字の通り排卵が起こらない病気で、生理が短かったり長くなる生理不順の原因ともなっています。

無排卵でも生理が来ることがあるので、自分でも気が付いていない人もいます。月2回生理が来る、60日以上生理が来ていないなど生理不順の人は無排卵の可能性もあるので産婦人科で原因を調べてもらいましょう。

妊娠しやすい体質

妊娠しやすい体質

妊娠しやすい体質とは、健康でストレスのない状態のことをいいます。健康でなければ、妊娠力も低いものとなります。

女性に多い冷え症も妊娠の妨げになることが多いので冷えを取って代謝を上げることが大切です。

これは男性にもいえることで、ストレスを溜め込まずに健康であることが大切になってきます。妊娠を希望するときは、男女ともに健康を目指して生活を改善していきましょう。

妊娠しやすい体質を作るには、2つの大事なことがあります。

・規則正しい生活を送る。
・自分の体をよく知る。

このようなことに気をつけて妊活をはじめましょう。

規則正しい生活を送る。

妊娠しやすい体質とリズム

規則正しい生活でないと、体や心にストレスを溜め込むことになります。体に優しいリズムで生活を送るように改善していきましょう。

食事は、外食は避けて自宅で調理したものを食べるようにしましょう。栄養バランスを考え体を温める食材を食事に取り入れましょう。

妊娠前や妊娠初期には葉酸摂取が大事!

妊娠前や妊娠初期に葉酸が不足することで、無脳症や二分脊椎といった先天性障害のリスクが高くなることが分かっています。

妊娠中に葉酸が不足しないように気を付けましょう。

食事から必要量を摂取するのは難しいので、サプリからの摂取がおすすめです。厚生労働省もサプリのほうが吸収効率がよいとしてサプリでの摂取を推奨しています。

サプリならつわり中でも無理なく飲むことができます。サプリでの葉酸摂取がおすすめです。妊娠に最適なサプリの選び方については失敗しない!葉酸サプリの選び方で詳しく紹介しているので読んでみてください。

妊娠にはほうれん草

十分な睡眠時間を確保することも大切です。睡眠不足になると、体に負担を掛けるだけでなくイライラの原因となります。肩こりや頭痛の種にもなるのでしっかり質のよい睡眠が取れるように生活を工夫してみましょう。

妊娠しやすい体質には睡眠

ストレス解消には、半身浴やヨガなどの軽い運動もおすすめです。運動すれば代謝も上がるので体の調子も良くなってきますよ。

妊娠にヨガ

一番妊娠しやすい日は、排卵日を含む5日間です。この時期に仲良しして妊活をすすめていきましょう。妊娠希望のときは、これだけでなく健康な体作りも進めていきましょう。

この他、妊娠しやすい時期全般の話題は妊娠しやすい時期で、妊娠しやすい日については妊娠しやすい日でまとめました。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

妊娠可能日

妊娠可能日

妊娠可能日とは、排卵日を基準に排卵日前3日と後1日の合計日間の時期をいいます。しかし、これ以外の期間は絶対妊娠しないというわけではなく妊娠する可能性はあります。

妊娠可能日を知っていれば、この時期に仲良しすることで妊娠の可能性がアップします。赤ちゃんが欲しい人は、排卵日付近にタイミングを合わせてみましょう。

妊娠しやすい時期を調べるには、基礎体温表を作ることで分かります。基礎体温を測っていない人はすぐに測るようにしましょう。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


妊娠可能日

排卵日が妊娠の可能性が高くなる

排卵日が妊娠できる可能性が高くなります。一般的に精子の受精可能時間は48~72時間、卵子の受精可能時間は12~24時間と言われています。

このタイミングで仲良しすることで、妊娠する可能性が高まります。この方法は、不妊治療でも行われている方法でタイミング法と呼ばれているものです。

赤ちゃんが欲しいと思ったときは、まずは自分の排卵日がいつなのか調べることが大切です。

次は、排卵日を調べるいくつかの方法について紹介します。

スポンサードリンク

排卵日を知る方法

排卵日を知る方法

排卵日を知る方法としては、以下のようなことで分かるようになります。

排卵日を知る方法
・基礎体温表
・排卵日のおりもの
・排卵検査薬と産婦人科

このようなことで排卵日を調べることができます。

基礎体温表
正常な生理周期が来ている人は、基礎体温表が低温期と高温期の2相に分かれています。この低温期の一番最後の日が排卵日の目安となります。

この日はあくまでも目安で、本当に排卵があるのはこの日の前後と言われています。排卵日前3日と後1日が妊娠の可能性が高いと言われるのは、排卵が起こる確率が高いためです。

排卵日のおりもの
排卵日が近づいてくると、頸管粘液が増えてきてのびがよくなってきます。これを自覚できる人もいるので排卵日の目安となります。

性状は、サラサラして水のような感じで、おりものの伸びは約10cmぐらいまで伸びることもあります。

頸管粘液とは?
頸管粘液は、精子の移動を助けるもので、排卵日付近に多く分泌される粘液です。卵胞ホルモン(エストロゲン)に反応して分泌されるもので、大体0.4mLぐらい分泌されると言われています。

排卵検査薬と産婦人科
正確な排卵日を調べるなら、自宅で排卵検査薬を使うか産婦人科を受診して超音波検査を受けると分かるようになります。どちらにしても、一度産婦人科を受診することになります。

通常の夫婦生活を行って2年以内で妊娠できなければ不妊症と呼ばれることになります。最近では、晩婚化で妊娠年齢も上がってきています。特に35歳以上では、妊娠しにくくなるので早めに治療を開始したほうがいいでしょう。

赤ちゃんが欲しいけど中々できないという人は産婦人科を受診して不妊の原因を調べるのも選択肢の一つです。

妊娠できない理由

妊娠できない理由

妊娠できない理由は様々ですが、ここでは代表的なもの挙げていきます。

・器質的な原因で不妊。
・生理不順。
・子宮筋腫や子宮内膜症

器質的な原因で不妊。
妊娠できない理由は、男女とも同じ割合であると言われています。不妊の原因で、女性側にあるのが4割、男性側にあるのが4割、原因不明が2割程度です。

男性側に問題がある男性不妊は、案外知られていないことが多く不妊治療を行って初めて気が付くケースもあります。男性に原因があるかもしれないので、不妊検査は夫婦揃って受けることが大切です。

生理不順。
生理周期が安定していないと、排卵日が分かりにくくなります。また、生理は強いストレスを受けると止まることがあります。生理が来ていても排卵していないときもあります。

生理不順は不妊の原因となるので、早めに産婦人科を受診して治療をするようにしてください。

子宮筋腫や子宮内膜症
子宮筋腫や子宮内膜症などの婦人科疾患も妊娠できない原因と考えられています。婦人科疾患の中には、年齢と共に増大するものもあるので注意が必要です。

いづれにしろ、自分では判断できないものばかりです。妊娠できないと思ったら不妊外来を受診して原因を調べるようにしましょう。

妊娠可能日に仲良しすることで妊娠できる可能性も上がってきます。まずは、自分が正常な生理周期になっているか確認して排卵日を調べてみましょう。

この他、妊娠しやすい日全般の話題は妊娠しやすい日にまとめています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

スポンサードリンク