妊娠超初期のおりもの、水っぽいオリモノなら妊娠?

妊娠超初期のおりもの

妊娠超初期のおりものは水っぽい

妊娠超初期のおりものは、白色または透明の水っぽいサラサラしたものになった人が多いようです。また、クリーム色たっだと言う人もいます。

排卵日のおりものとは違った感じになります。排卵日のおりものは伸びが良くビヨーンと伸びるおりものになるので、これとは違った感じとなるようですね。

水っぽいオリモノなら妊娠?

水っぽいオリモノなら妊娠?

水っぽいオリモノでサラサラしたものになると妊娠と考えるのはちょっと早いかもしれません。

おりものの量が増えるという人もいますが、変化を感じない人もいて個人差が大きいようです。

妊娠したかどうかを確認するには、妊娠検査薬を使って陽性なるか確認することが確実です。検査薬が陽性になるとほぼ100%妊娠しています。

陽性反応が出たら、生理予定日の1週間後ぐらいに産婦人科を受診して、正常な妊娠かどうか診断してもらうようにしましょう。

妊娠超初期のおりものが増える原因

妊娠超初期のおりものが増える原因

妊娠超初期のおりものが増える原因は、妊娠によって黄体ホルモンが分泌があり、エストロゲンとの相互作用で更にホルモンの作用が強くなることでおりものが増加します。

ホルモンの作用が強くなると、おりものの量が増えてくることが多いようです。

ですが、必ず増えるというわけではなく逆に少なくなる人もいるようです。また、変化を感じない人もいます。

おりものの量が増えると膣の自浄作用が弱くなることがあります。自浄作用が弱くなると細菌に感染しやすくなるので、おりものシートをマメに変える、下着を清潔にするなど、常に清潔を意識することが大切です。

妊娠超初期のおりものに血が混じる

妊娠超初期のおりものに血が混じる

妊娠超初期といわれる妊娠3週ごろにおりものに血が混じるのは、「着床出血」と言う症状かもしれません。

着床出血というのは、卵子と精子が受精した受精卵が子宮内膜に着床するときに起こる出血で、一般名称です。学会などでは「月経様出血」と表現されることが多いようです。

着床出血は異常でなく、自然な生理現象です。2.3日で治まる少量の出血であることが多いです。

ですが、基本的に生理以外で出血することは不正出血になります。妊娠超初期では妊娠検査薬でも反応しないことが多いので、着床出血か不正出血かを自分で判断することはできません。

妊娠の可能性がある場合でも、念のために産婦人科を受診して原因を調べるようにしましょう。

妊娠を考えるなら、先天性異常のリスクに注意!

妊娠を考えるなら、先天性異常のリスクに注意!

妊活中や妊娠を考えているママに知ってほしいことがあります。

それは、妊娠前から初期にかけて重要な栄養素である葉酸が不足してしまうと、「無脳症」や「二分脊椎」など先天性異常のリスクが高くなることです。

これは、世界的な疫学的調査で判明していることです。日本でも2002年から厚生労働省が葉酸を摂取するように通知を出しています。

葉酸は、色々な食品に含まれていて、日頃の食事でも摂取できますが・・・
妊娠超初期から葉酸を摂取

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように注意してください。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

おりものの働き

妊娠超初期のおりものの働き

おりものの役目としては、

・膣内を酸性に保ち細菌や雑菌の侵入を防ぐ
・子宮の老廃物を排出する役目
・精子の動きを助ける

主にこの3つがあります。

膣内に雑菌が入るとおりものの臭いが変わってきます。おりものが匂うときは異常があることが多いので、産婦人科を受診するようにしましょう。

スポンサードリンク





妊娠超初期のピンク、赤のおりものは注意!

妊娠超初期のピンク、赤のおりもの

おりもののピンクや赤の色は血液の色です。

正常なおりものは、透明かやや白みがかった色をしています。おりものに色が付くのは何かしら異常があることを示してします。

妊娠超初期に、着床時に少量の出血がある着床時出血がありますが、異常があるかもしれないので早めに産婦人科を受診するようにしましょう。

妊娠超初期には色々な症状がある

妊娠超初期には色々な症状

妊娠超初期と言われる妊娠0週~3週までの間には、おりものに変化があること以外にも様々な症状が現れることがあります。

■妊娠超初期の色々な症状

・頭痛
・吐き気・ムカムカ
・イライラ
・やる気が起きない
妊娠超初期の頭痛、熱、イライラ

・腹痛
・下腹部痛
・左右、どちらかの下腹部痛
・子宮が痛い
・チクチクお腹が痛い
・足の付け根が痛い
・股関節痛
・足がむくむ
・肌荒れ

妊娠超初期で肌荒れ、にきび

妊娠超初期には、このような症状が出ることがあります。

生理前の症状と妊娠超初期の症状の違いはない?

生理前の症状と妊娠超初期の症状の違い

妊娠超初期の症状は、生理前の症状と違いを見つけることが難しいです。同じような症状が生理前にも起こるので、妊娠したと気が付かない人も多いです。

不妊治療や妊活を行っている人は、このような症状に敏感になり「もしかして妊娠?」と思うこともあります。

このような症状だけで妊娠かどうかを判断できません。妊娠したかどうかは、生理予定日の1週間後に妊娠検査薬を使って調べるようにしましょう。

妊娠超初期には葉酸がいい

妊娠超初期は葉酸

妊娠初期の0週~12週までに葉酸を摂取することで神経管閉鎖障害の発症リスクを低くすることができます。

葉酸は、ほうれん草や小松菜など緑黄色野菜に多く含まれている栄養素です。妊婦さんは推奨量は440μg摂ることが推奨されています。

440μgは、ほうれん草1把分(約200g)に相当します。毎日食べるのは大変ですが、工夫して摂るようにしましょう。不足するときはサプリメントでの摂取もできます。産婦人科で相談してください。

口コミで人気の葉酸サプリはこちら

このように、妊娠超初期のおりものは水っぽく、色は白か透明、サラサラしていることが多いようです。おりものの変化だけで妊娠したか分からないので、妊娠検査薬を使って調べ、妊娠していたらすぐに産婦人科を受診するようにしましょう。

妊娠超初期のおりもののコラム

今月の妊娠超初期のおりもののコラム

■妊娠超初期のおりものに色が付く?
妊娠初期のおりものは、水っぽく色は白や透明なものが多いのですが、ピンク色や茶色、茶褐色、黄色や黄緑といった色に変化することがあります。

おりものに色が付くということは、何かしら内容物が混じっていることが多いです。それでは、色々なおりものの変化をみてみましょう。

おりものがピンク色
おりものがピンク色になるということは、鮮血が混じっているということです。内部のどこかに出血している可能性があります。

妊娠初期の出血は、心配のない出血も多いのですが切迫流産や稽留流産の可能性があります。腹痛などを伴っているときは、産婦人科に連絡して指示を仰いでください。

おりものが茶色、茶褐色
おりものが茶色や茶褐色になるときは、少し古い血液が混じっている状態です。こちらも、どこか内部から出血している可能性があります。

ちょっと心配なので、産婦人科へ連絡してみてください。

おりものが黄色、黄緑
おりものが、黄色や黄緑になるときは、どこかに炎症があって膿が出ている状態です。妊娠すると膣の自浄作用が低下して細菌に感染しやすくなります。

早めに産婦人科を受診して治療しないと、膣から子宮へと上行感染を起こして絨毛膜羊膜炎など、ママとお腹の赤ちゃんに重大な影響を及ぼすことがあります。

おりものの色の変化に気が付いたら、産婦人科へ連絡して指示をもらうようにしましょう。

感染症を予防するためには?
妊娠すると、免疫機能が低下して色々な病気にかかりやすくなります。日頃から病気に感染しないように予防しましょう。

特に、おりものが変化して量も増えてきますので、常に清潔を保つことが必要です。

感染症対策
・おりものシートを使う。
・おりものシートをマメに交換。
・下着は清潔にする。
・ウォシュレットで洗いすぎない。

このような対策があります。

常に清潔を保つように、まめに交換して清潔になるようにしましょう。

妊娠超初期は、ホルモンバランスが急激に変化するときです。妊娠により初めて分泌されるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)もあり、体調面に作用するといわれています。

妊娠4週を過ぎるころには、つわりが始まる人が多いようです。つわりは、吐きつわりや食べつわりなど様々な症状が続くことによって気分が悪い日が続きます。

こうした変化は妊娠超初期から感じる人もいます。妊娠中期になれば落ち着いてくるので、それまで頑張っていきましょう。

【関連記事】
妊娠初期の注意点や気を付けることをまとめています。下記のページを読んでみてください。

妊娠初期の注意点

妊娠したい人におすすめの記事は下記のページで、詳しく紹介しています。おすすめです。

妊娠したい

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠初期の黄色いおりものには注意!妊娠中のオリモノの色に気をつけて!

妊娠初期の黄色いおりもの

妊娠初期の黄色いおりもの

黄色いおりものが出たなら注意してください。普通おりものの色は透明か乳白色です。

黄色や茶色、赤など色が付いていれば、どこかに異常がある可能性があります。

特に色が黄色いとどこかに炎症が起こっている可能性があります。最近流行しているクラミジア感染症も、おりものが黄色や黄緑になることが多いので注意してください。

おりものに色が付いたり臭いがある、かゆみなど、いつもと違う感じがしたら、産婦人科を受診して原因を調べるようにしましょう。

妊娠初期の黄色のおりものは、カンジタ膣炎?

妊娠初期の黄色のおりものは、カンジタ膣炎?

妊娠初期は、ホルモンバランスの変化でおりものが増えることが多いです。

一般的に量も増えて、粘り気のないサラサラしたおりものに変化します。色は乳白色か透明に近い色です。

しかし、黄色のおりものはカンジタ膣炎の可能性があります。炎症を起こしているので黄色になります。

黄色と言ってもクリーム色や黄緑に見えることがあり注意が必要です。

おりものが黄色になる原因は?

妊娠中は、抵抗力が低下しているため、様々な病気に掛かりやすくなっています。

カンジタ膣炎もその一つです。妊娠初期は、いつもより炎症を起こしやすくなっています。

黄色いおりものの治療、対処法

主に膣剤を膣の中に入れて治療します。

でも、産婦人科医の医師によっては、何もしないこともあるようです。膣剤を入れることによってかぶれが出ることがあるためです。

このあたりは医師の判断になるので、産婦人科の担当医に相談するようにしてください。

■おりものに異常があるときの対処法。

治療が終わった後は、清潔を保つことが必要です。

おりものの量が多いときは、サラサーティなどおりものシートを付けて、こまめに変えるなど清潔を保つようにします。

洗いすぎは良くないので、必要以上にこすらないようにすることも大切です。

清潔を保つように心がけましょう。

関連記事:
妊娠初期症状のおりもの

おりものが黄色、黄緑になる病気

おりものが黄色、黄緑になる病気

おりものが黄色や黄緑になるときは、子宮や卵管などに炎症を起こしている可能性があります。

おりものが黄色や黄緑になる病気

・卵管炎
・子宮内膜炎
・細菌性膣炎
・淋病
・非特異性膣炎
・トリコモナス膣炎

このような病気である可能性があります。

次は、病気について詳しく紹介します。

卵管炎
卵管炎とは、子宮から卵巣に向かって細長い管(卵管)が炎症を起こしている状態です。普通は子宮から炎症が広がって卵管へと到達します。

卵管炎の症状としては、自覚症状がない場合も多くあります。炎症が骨盤内にまで広がってしまうと、歩けないぐらいお腹が痛くなることもあります。

卵管炎の原因は、ほとんどがクラミジアなどによる感染症です。クラミジアは自覚症状が少ないので気が付かずに感染が広がってしまうことが多い病気です。

卵管炎になると、卵管が周囲の臓器と癒着(くっついてしまう)して狭くなったり閉塞してしまうことがあります。こうなると卵子が子宮に到達できずに受精でなかったり子宮外妊娠(異所性妊娠)になったりします。

症状が進行すると不妊の原因になるので、早めの治療が大切です。

子宮内膜炎
子宮内膜炎は、子宮の内側を覆っている子宮内膜が炎症を起こす病気です。子宮内膜炎の原因としては、クラミジアや大腸菌、淋菌などに感染して起こります。

子宮内膜炎の症状は、発熱や激しい腹痛、腰痛、おりものの増加、不正出血などです。治療は抗生物質や消炎鎮痛剤が投与されます。

慢性化してしまうと無月経になることもあり、不妊の原因になることもあります。早めの治療を心がけましょう。

細菌性膣炎
細菌性膣炎は、膣の自浄作用が低下して雑菌が増えた状態になります。症状が進むとおりものの臭いが増加します。臭いは魚の腐ったようなひどい臭いになることもあります。

細菌性膣炎の症状としては、臭いの他にもかゆみや周囲が熱いなどありなすが無症状のこともあります。原因はよく分かっていません。

対処法としては、洗浄を習慣的に行う、タンポンは長時間使用しない、常に衛生的になるように気をつけるなどです。ですが、洗いすぎると自浄能力が低下するので適度な間隔で行うと良いようです。

淋病
淋病は、STDの一つで排尿時の痛みやおりものの増加、不正出血などの症状が出る病気です。淋病は炎症起こし腹痛や腰痛の原因になっていることがあります。

深刻なのは、これが不妊症の原因になっていることで早めに治療を行うことが大事になってきます。

非特異性膣炎
カンジダ、トリコモナス、淋菌以外の原因で炎症を起こすのが非特異性膣炎です。症状としては、赤く腫れたり出血や排尿痛を伴うことがあります。

治療は抗生物質の投与で行います。

トリコモナス膣炎
トリコモナス原虫に感染することで起こるのがトリコモナス膣炎です。おりものの臭いがきつく悪臭になることがあります。トイレや浴槽から感染することもあります。

妊娠初期は先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期は先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期のママに知ってほしいことがあります。

それは、妊娠初期に重要な栄養素である葉酸が不足してしまうと、「無脳症」や「二分脊椎」など先天性異常のリスクが高くなるということです。

葉酸は普段の食事でも摂取できますが・・・
妊娠初期は葉酸を摂取

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように注意してください。

詳しくは、下記ページで解説しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

おりものが茶色、白色になる病気

おりものが茶色、白色になる病気

おりものが黄色や黄緑になる以外でも茶色や白色になるときがあります。

おりものが茶色
・子宮体がん
・子宮頸がん
・着床出血
・子宮頸管ポリープ
・不正出血

おりものが白色
・子宮膣部びらん
・子宮頸管炎
・クラミジア
・カンジダ症

黄色いおりものだったり、茶色や白色など色が付いている場合は何かしら病気になっている可能性があります。痛みやかゆみなどあるときは更に可能性が高くなります。

異常を感じたらすぐに産婦人科受診して治療を行うようにしましょう。

この他、おりものの話題はおりもので、関連がある生理周期については生理周期でまとめています。読んでみてください。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしていください。

妊娠初期に茶色いおりものになる原因は?

妊娠初期の茶色いおりもの

茶色いおりもの

妊娠初期の茶色いおりものは、多くの妊婦さんが経験していているようですね。

しかし、鮮血や生理2日目ぐらいの出血や量のときは何かしら異常が起きている可能性があります。

出血に気が付いたら、すぐに産婦人科へ連絡して指示を仰ぐようにしてください。

茶色いおりものになる原因

茶色いおりものになる原因

茶色いおりものになる原因は、少し古い血液が混じっているためです。

妊娠初期には、ホルモンの分泌が活発になり量も増えてきますが、そのおりものに過去に起こった出血が少しずつ混じっている状態になります。

茶色と言っても様々で、茶褐色のおりもの、赤茶色くなっているおりものなどに見えることもあります。

茶色のおりものは、安静にしていることで治まってくることが多いものです。

ですが、自分では判断できないので、産婦人科に電話をして今後の対応を聞いてみましょう。

痛みやお腹の張りがある場合は、急いで産婦人科連絡して、どうしたらよいか聞いてみましょう。

この他にも、ピンク色のおりものや鮮血が混じったものがみられますが、この場合は注意が必要です。ピンク色は鮮血が混じっている状態です。

特に、生理2日ぐらいの出血や量が出る場合、痛みがある場合は急いで産婦人科へ連絡しましょう。

妊娠初期に鮮血が出るのは?

妊娠初期に鮮血が出る

妊娠初期に鮮血の出血を起こす原因として

・胎盤と子宮の成長のズレ
・内診や経膣エコー
・膣びらん、子宮頸管ポリープ
・流産、切迫流産

このような原因が考えられます。

胎盤と子宮の成長のズレ

妊娠初期に出血を起こす原因として、胎盤と子宮の成長のズレがあります。

子宮と胎盤は、妊娠週数が進むにつれて大きくなっていきますが、それぞれの成長速度が違うためズレが生じて胎盤の端が少し剥がれることがあります。

このときに出血を起こしたものが子宮の壁を伝わって、おりものと一緒に出てくることがあります。おりものと一緒に排出されるまで時間が掛かるため、茶色のおりものとなって出てきます。

おりものの茶色やピンクは血液の色です。少し古い血液が茶色になっています。

内診や経膣エコー

妊娠中は、膣内や子宮の入り口である子宮頸管がうっ血している状態になっています。組織が柔らかい状態になっていて少しの刺激でも出血を起こしやすい状態になっています。

膣びらん、子宮頸管ポリープ

上記で説明したように、内部が出血を起こしやすい状態になっています。刺激を受けることで出血しやすくなっています。

子宮頸管ポリープは手術するの?

頸管ポリープは、「感染の原因となるので手術する」というのと「刺激で流産してしまうかもしれないので経過観察」という意見があり分かれています。

施設ごとに方針が違うと思いますので、医師から十分な説明を受けてから判断するようにしましょう。

流産、切迫流産

流産や切迫流産の兆候として、出血があることがあります。これが一番の心配だと思います。

進行流産の場合は、多量の出血と痛みやお腹の張りが伴うことが多いです。このような場合には、すぐに産婦人科へ連絡して指示を仰ぐようにしましょう。

進行流産になると、もう止めることはできません。できるだけ安静にして様子を見るしかないのです。夜中に産婦人科へ連絡しても「明日来てください。」と言われるのはこのためです。

少量の出血や茶色のおりもので、無理をして救急外来を受診して何時間も待たされるよりは、自宅で安静にして翌日に受診したほうがリスクが低いと考えられます。

ですが、今の出血がどんな状態であるか自分では判断できないので、必ず産婦人科へ連絡して指示を仰ぐようにしてください。

そのまま放置しておくのはリスクが高すぎます。必ず産婦人科医の指示を受けるようにしましょう。

関連記事:
妊娠初期の流産

妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期のママに知ってほしいことがあります。

妊娠初期は、お腹の赤ちゃんがグングン成長する時期です。

この時期に、重要な栄養素である葉酸が不足してしまうと、「無脳症」や「二分脊椎」など先天性異常のリスクが高くなることが分かっています。

これは、世界的な疫学的調査で判明していることで、日本でも2002年より厚生労働省が妊娠初期の妊婦さんに積極的に摂取するように通知を出しています。

葉酸は、日頃の食事でも摂取できますが・・・
妊娠初期は葉酸を摂取しよう

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように注意してください。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

この次は、出血がない流産が多い?について紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





実は出血がない流産が多い?

出血がない流産が多い?

ASKAレディースクリニック院長の中山雅博先生によると、「多くの(稽留)流産は出血を伴いません。」とのことでした。

参考:切迫流産後の症状について: 不妊症Q&A 

現在は医学が進歩していて「超音波検査で早期の診断が可能となった現在では出血が起こる前に診断が確定してしまうから」だそうです。

出血や茶色のおりものが確認できた場合は、その他の原因も考えられますので、出血の原因を調べることが大切です。

もやもやしたままで過ごすのはストレスになって体にも良くないので、産婦人科を受診して原因を調べてもらいましょう。

【関連記事】
妊娠初期の注意点や気を付けることをまとめています。下記のページを読んでみてください。

妊娠初期の注意点

妊娠したい人におすすめの記事は下記のページで、詳しく紹介しています。おすすめです。

妊娠したい

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

クリーム状のオリモノなら妊娠?白く粘り強いオリモノなら要注意!

クリーム状のオリモノ

クリーム状のオリモノなら妊娠?

おりものは、帯下(たいげ)とも呼ばれ女性にとって、とても大事な役割をもっています。

色や粘り気に異常を感じたら体からの危険信号かもしれません。おりものがいつもと違う色だったり、痛み・かゆみなどの症状があったら、すぐに病院を受診してください。

クリーム状のオリモノなら妊娠?

クリーム状のオリモノなら妊娠?

オリモノがクリーム状になって、もしかしたら妊娠?と思うかもしれません。

でも、妊娠したママにアンケートを採ってみると、クリーム状というより、白くさらさらしたオリモノに変化した人が多かったです。

どちらかというと、粘りよりさらさらしたおりものになるようです。

でも、オリモノの量が減ったという人や全くいつもと変わらなかったという人もいて個人差が大きいです。

オリモノの状態で妊娠したか見分けることはできません。

妊娠の可能性があるなら、生理予定日から使える妊娠検査薬(チェックワンファースト)を使って陽性反応が出るか確かめてみましょう。

白く粘り強いオリモノなら要注意!

白く粘り強いオリモノなら要注意!

白く粘り強いオリモノなら要注意です。

色が白くて、粘り気が強いオリモノは、腟カンジダ症やクラミジア感染症の可能性があります。

特にクラミジア感染症は、卵管閉塞など不妊の原因になっています。妊娠を考えている人は、早めに治療するようにしましょう。

腟カンジダ症も治療の必要があるので、早めに産婦人科を受診して診察を受けてください。

いつもと違うオリモノは、病気のサインかもしれません。

妊娠を考えるなら、先天性異常のリスクに注意!

妊娠を考えるなら、先天性異常のリスクに注意!

妊娠を考えているママに知ってほしいことがあります。

それは、妊娠前から妊娠初期にかけて、重要な栄養素の葉酸が不足してしまうと、「無脳症」や「二分脊椎」といった先天性異常のリスクが高くなるということです。

このことは、世界的な疫学調査で判明した事実です。

日本でも2002年より厚生労働省が妊娠前や妊娠初期の女性に対して積極的に葉酸を摂取するように通知を出しています。

葉酸は、普段の食事でも摂取できますが・・・
妊娠したいなら葉酸が大切

葉酸は、絶対必要な栄養素なので、不足しないように注意してください。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

おりものとは

おりものとは?

おりものとは、子宮や膣の分泌物混ざっているものです。おりものは、毎日出ていて生理の周期によって色や粘り気、量が変化していきます。

おりものの働きは、涙や唾液と同じ働きを持ち、雑菌を外に出したり内部の潤いを保つ大切な役割を持っています。

正常なおりものは、乳白色で卵白のような粘り気があるのが特徴です。下着に付くと少し黄色になったり臭いがきつくなったりします。

【関連記事】
妊娠初期症状のおりもの

妊娠初期おりものが茶色

黄色いおりもの

おりものの色

おりものの色

通常のおりものの色は乳白色です。通常、おりものに色が付くことはほとんどありません。

おりものに色が付いているとすれば、それは体からの危険信号かもしれません。色によって症状や病気は違いますが、すぐに病院に行くことをおすすめします。

おりものが黄色
おりものが黄色になっているときは、どこかが炎症を起こしている可能性があります。おりものが黄色になる病気として子宮内膜炎・卵管炎・細菌性膣炎などが考えられます。

黄色は膿の色です。どこかがただれや化膿しているかもしれませんので、すぐに病院へ行ったほうがいいでしょう。

おりものが茶色
おりものが茶色になるときは、妊娠初期症状や子宮頸管ポリープ、子宮頸がんや子宮体がんがなどが考えられます。

閉経後におりものが茶色になるのは要注意です。茶色になる原因は子宮体がんかもしれません。子宮体がんのおりものはにおいが強烈で異臭・悪臭を出るのが特徴で不正出血も伴っています。

閉経後に出血があるときは、すぐに産婦人科を受診したほうがいいでしょう。

おりものが赤色
おりものに赤色が混じっていたら、それは不正出血かもしれません。おりものが赤色になる原因として子宮内膜症や子宮頸管ポリープ・子宮頸がん・子宮体がんなどの病気が考えられます。

生理後2週間前後の排卵するときに少量の出血がある排卵時出血もありますが、他にも重大な病気があるかもしれないので受診してください。

おりものが白色
通常のおりもの色は乳白色ですが、これがクリーム状になったり粘り気が強いものだとすると腟カンジダ症やクラミジア感染症が考えられます。

腟カンジダ症は妊婦さんにも起こりやすい病気で自浄作用が弱っているときに出やすい病気です。クラミジア感染症は卵管炎や不妊の原因にもなるのですぐに治療を行ってください。

スポンサードリンク

おりののの臭い

おりののの臭い

おりものの臭いは無臭と言われています。少し乾燥すると酸っぱい臭いがします。ヨーグルトやチーズに似た臭いと感じる人もいるようです。

おりものが生臭い・魚の腐った臭いがするときは雑菌が入り込んでいるためかもしれません。また、強烈な臭いになっているときは、子宮体がんの可能性があります。

臭いもきつく不正出血もあるようなら病院を受診するようにしましょう。

おりものが多い

おりものが多い

おりものが多いのは排卵期の時期です。排卵期には、精子を受け入れやすくするためにおりものが増えます。また、年齢が10代や20代のときは量が多く40代を過ぎるころから少なくなっていきます。

年齢や生理周期によってもおりものが多くなったりするので、他の人とは比較できません。多いと言っても今までの自分の量と比べてみましょう。

水っぽいおりものが多く出る場合は、クラミジア頚管炎や卵管がんの可能性があります。早めに検査を受けるようにしましょう。

ここで書いているおりものの色や量は一例です。自己判断せずに病院を受診するようにしてください。

妊娠とおりもの

妊娠すると卵胞ホルモンが増えるため、おりものが多くなって増えます。妊娠の初期症状では、おしるしといって少量の出血や茶色やピンク色のおりものがでることがあります。

この他には不正出血の可能性もあるので、早めに病院を受診するようにしましょう。

清潔にすることが大事

おりものが臭う、不快なときは清潔にするように心がけましょう。おりものの量が多いときはおりものシートを使うと思いますが、おりものシートも雑菌を増やす原因となるので、まめに取り替えるようにしましょう。

下着もピッタリしたのものより通気性のよい下着をえらんでください。ぴったりしたジーンズもムレを起こす原因です。時に夏場は蒸れやすいので注意してください。

おりものの働き

おりものの働き

おりものの働きは大きく分けて3つあります。

・膣内の自浄作用
・雑菌の侵入を阻止
・受精を助ける

上記のような働きをします。

膣内の自浄作用
膣内に異物が入るとおりものが出て外に排出されます。のどや目と同じような働きを持っています。おりものにはデーテルライン桿菌という乳酸菌があって大腸菌や雑菌が増えないようにしてます。

膣内はPHが4.0~5.0に保たれていて雑菌が繁殖しにくい環境を作っています。

雑菌の侵入を阻止
膣は、雑菌が入りやすい場所にあります。このため雑菌に感染しやすくなっているのですが、おりものが雑菌を洗い流すことで雑菌の侵入を阻止しています。

受精を助ける
排卵日付近では、頸管粘液というおりものが出て、受精の手助けをします。ちょうど波のような状態を作って精子を子宮内部へ運ぶ役割を持っています。

このように、おりものはとても大切な役割を持っています。いつもと感じが違う、においがキツイ、茶色・血が混じっているようだったらすぐに産婦人科を受診してください。

黄色いおりもの

黄色いおりものになったら、子宮か卵管に炎症が起きている可能性があります。痛みやかゆみがない場合でも炎症が起きていることがあるので、黄色いおりものになったらすぐに産婦人科へ行って治療を行ってください。

おりものが黄色くなる原因は、卵管炎・子宮内膜炎・細菌性膣炎・淋病・非特異性膣炎などがあります。卵管炎は若い世代に広がっている病気で、卵管が癒着を起こし不妊の原因にもなっている病気です。

症状が進行してしまうと、治療に長い時間が掛かったりするので早く治療することが大切です。

おりものが黄色以外にも茶色や赤、白色やクリーム色になるときがあります。おりものに色が付いてるということは、どこかに炎症がある可能性が高いので病院で診察を受けることになります。

おりものの臭いがひどいときも同じです。ひどい臭いはがんなどの可能性もあるので、はやく産婦人科を受診しましょう。詳しくは黄色いおりもので紹介しています。

おりものと関係が深い生理周期や生理不順については生理周期生理不順で紹介しています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

妊娠初期症状のおりもの

妊娠初期症状のおりもの

妊娠における初期症状として、おりものの変化があります。

排卵期には、びよーんとよく伸びるおりものに変化しますが、それとは違った変化になることが多いようです。

妊娠初期のおりものの変化

妊娠初期のおりものの変化

妊娠初期には、おりものが変化することが多いようです。

■おりものの量が増える

普段よりおりものの量が増えることが多いようです。

■サラサラになる

おりものの性状が、サラサラになったという人が多いです。

■色は透明か白色

おりものの色は、透明か少し白色を帯びたものです。

■血が混ざっていることも

おりものに血液が混じって、ピンク色か茶色に見えることもあります。

量が少なくなる人もいる。

これとは反対に量が少なくなったという人もいました。全く変化なしという人もいます。

妊娠初期におりものが変化する理由

妊娠初期症状としておりものの変化ですが、これは妊娠におけるホルモンバランスの急激な変化で起こると考えられています。

妊娠を継続するために、様々なホルモンが作用するようになります。このホルモンバランスの変化がおりものに作用しています。

妊娠前・妊娠初期に絶対必要な葉酸

妊娠初期に葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


おりものの変化で妊娠は分からない

おりものの変化で妊娠は分からない

ここで注意したいのが、おりものの変化だけで妊娠したかどうかは分からないということです。

おりものが透明になってサラサラしたものに変化したとしても、妊娠しているとは限らないのです。

妊娠したかどうかは、妊娠検査薬で検査することで分かります。生理が遅れていれば妊娠している可能性もありますが検査薬を使うことが確実です。

生理予定日の1週間後ぐらいに検査するようにしましょう。

この次は、妊娠が判明したときに気をつけることを紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠が判明したときに気をつけること

妊娠が判明したときに気をつけること

妊娠検査薬で妊娠が判明してから気をつけることを紹介します。

■産婦人科を受診する

妊娠検査薬で陽性が出たら、早めに産婦人科を受診して正常な妊娠かどうか確認するようにします。

異常な妊娠の場合がある。
妊娠検査薬は、あくまで妊娠しているかどうかを検査する試験薬です。その妊娠が正常な妊娠かどうかまでは判断できません。

必ず産婦人科を受診するようにしましょう。

■食生活、生活習慣を改善

妊娠が分かったら、食生活や生活習慣、服装などをチェンジしてママと赤ちゃんの健康と成長をサポートします。

外食は、栄養が偏っていることが多いので、なるべく自宅で調理して栄養バランスを考えた食事になるようにします。多くの食品を少しずつ食べるようにしましょう。

生活習慣の改善します。特に睡眠不足は体にストレスを与えるので、十分な睡眠時間と質を確保できるように改善しましょう。

服装は、体を締め付けずに負担が少ない緩やかなものにチェンジします。肩が出ているものやスキニーなどは、冷えや締め付けの原因になるので控えるようにします。

■つわり対策もしっかりと!

早い人では、妊娠4週つまり生理予定日ごろからつわりが始まる人もいます。今のうちからしっかりとつわり対策をすることが大切です。

つわりと言っても、吐きつわりや食べつわり、眠りつわり、よだれつわりなど色々なタイプがあります。

それぞれ対策が違ってきます。具体的な対策は妊娠つわり・悪阻対策まとめで紹介しているので読んでみてください。

この他、妊娠したときの症状は妊娠の症状で、妊娠とも関連が深い生理周期については生理周期で詳しく紹介しています。

妊娠では妊娠から出産までの疑問や対処法をたくさん紹介しています。読んでみてください。

妊娠超初期症状のおりもの

妊娠超初期症状のおりもの

妊娠の超初期症状の一つとしておりものの変化があります。妊娠超初期とは、妊娠0~3週のことを言います。この時期に、妊娠に関連する体の変化に気が付かない人が多いです。

妊娠すると、おりものだけでなく様々な変化が現れることになります。生理予定日を1週間過ぎても生理が来ない場合は、妊娠検査薬で妊娠していないか確かめるようにしましょう。

超初期症状のおりものの色

この時期のおりものの色は、透明か白色が多いです。茶色やピンク、茶褐色などは血液が混じっている可能性もあるので不正出血かもしれません。

黄色や黄緑色のおりものは、内部のどこかに炎症がある可能性があります。膣炎やクラミジアなどの感染症の疑いもあります。

色が付いてるおりものは、何かしら体の変化のサインかもしれません。異常に気が付いたときは、すぐに産婦人科を受診して原因を調べるようにしましょう。

おりものの量は?

妊娠超初期症状でのおりものの量は、少し増えると感じる人が多いようです。変化のない人もいます。個人差が大きいです。

おりものの匂いは?
おりものの匂いは、ほぼ無臭か少し酸っぱい匂いがします。魚の腐ったような悪臭やカッティングチーズのようなキツイ匂いは異常があるサインかもしれません。

すぐに産婦人科を受診して原因を調べて治療するようにしましょう。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この次は、おりものの種類などについて詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





おりものの種類

おりものの種類

おりものは、つぎのように分けることができます。

・ピンクや茶色のおりもの
・水っぽいおりもの
・黄色、黄緑色のおりもの
・水気がないおりもの
・魚の腐ったような匂い
・クリーム色で泡立つ

色や性状でこのように分類できます。

ピンクや茶色のおりもの
ピンク色や赤い色のおりものは、鮮血が混じっています。茶色は少し古い血液が混じったときに出る色です。

どちらも色も出血を意味しているので、すぐに産婦人科を受診して診察を受けてください。

水っぽいおりもの
普段のおりものはサラサラしていますが、それよりも水っぽくて流れ出るぐらい量が増えているとクラミジア頸管炎の疑いがあります。

黄色、黄緑色のおりもの
黄色や黄緑色のときは、淋菌や大腸菌が入って細菌性膣炎の疑いがあります。淋菌の場合は、抗生物質の点滴でしっかり治療する必要があります。

水気がないおりもの
水気がなくてパサパサしたおりものは、カンジタ膣炎かもしれません。

魚の腐ったような匂い
雑菌が繁殖したときにこのような匂いになります。

クリーム色で泡立つ
クリーム色で泡だったおりものが出てかゆみが強い場合はトリコモナス腟炎が疑われます。

参考:おりもの異常と検査・考えられる病気 [婦人病・女性の病気] All About

妊娠超初期症状のおりものと思っていても、実は他の病気かもしれません。おりものに異常を感じたらすぐに産婦人科を受診するようにしましょう。

この他、妊娠超初期については妊娠超初期で、妊娠初期に気をつけることは妊娠初期に気をつけることで紹介しています。

妊娠初期の注意点は妊娠初期の注意点でまとめました。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで解説しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠初期おりものが茶色

妊娠初期おりものが茶色

妊娠初期おりものが茶色なら、産婦人科に連絡して指示を仰ぐようにしましょう。もし、痛みやお腹の張りが続いているならすぐに連絡してください。

妊娠初期におりものが茶色になるのは、珍しいことではありませんが、何か異常があるサインかもしれないのです。

痛みや張りが一緒にある場合は、切迫流産、流産の可能性もあるので、すぐに産婦人科とコンタクトを取ってください。

妊娠初期おりものが茶色になる原因

妊娠初期おりものが茶色になる原因

妊娠初期のおりものが茶色になる原因として、血液が混じっていることが考えられます。茶色は、少し古い血液の色です。おりものが茶色になるということは、少し前にどこかで出血があったことを意味しています。

茶色のおりものが確認できたら、すぐに産婦人科へ連絡して指示を仰ぐようにしましょう。

妊娠前・妊娠初期に絶対必要な葉酸

妊娠初期に葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この次は、妊娠初期に出血を起こす原因と他の色のおりものの原因を詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠初期に出血を起こす原因

妊娠初期に出血を起こす原因

妊娠初期に出血を起こす原因として

・切迫流産、流産
・膣びらん
・子宮頸管ポリープ

このような原因が考えられます。

切迫流産、流産
一番心配なのが、茶色のおりものが切迫流産や流産の兆候ではないかということです。茶色は血液の色なので完全に否定することはできません。

流産の多くは、鮮血の血液(赤や真っ赤)が多量に出てくることが多いとされます。それと一緒にお腹の張りや腹痛を伴うことが多いようです。

しかし、妊娠初期には何も症状がない稽留流産があります。自覚症状がなく検診で発見されることもあります。

いずれにしても、おりものに色がついている時点で、何かしらの以上のサインである可能性があります。茶色のおりものを確認したらすぐに産婦人科へ連絡しましょう。

膣びらん
妊娠中は、膣内が常にうっ血している状態になります。少しの刺激でも出血を起こすことがあります。

子宮頸管ポリープ
子宮頸管にポリープがあると、そこから出血を起こすことがあります。頸管ポリープは、手術をする場合と経過観察となる場合があります。

心配のなのは、切迫流産や流産ですね。おりものに異常があって不安なら産婦人科医へ相談してみてください。

妊娠初期はおりものが増える

妊娠すると、ホルモンがダイナミックに変化するので、初期の頃からおりものが増加したり水っぽくなったり粘り気が増してくることもあります。

これは、生理的変化なので心配ないです。

他の色のおりものの原因

おりものがピンクになる。
妊娠初期のおりものがピンクになるのは、血液が混じっている可能性があります。茶色から茶褐色、薄い赤、ピンク色など色々表現がありますが、ほとんどは血液の色である可能性があります。

産婦人科へ連絡して指示を受けてください。

おりものが黄色や黄緑
妊娠初期でおりものが黄色や黄緑になるときは、炎症を起こしていると考えられます。妊娠初期はカンジタになることがあるので、黄色や黄緑のおりものになることがあります。

カンジタは治療できるので早めに産婦人科を受診してください。

カンジタや感染症の場合、色の変化とともに臭いがキツくなります。臭いが気になるときも受診することをおすすめします。

このように、妊娠初期おりものが茶色になるときは、異常のサインかもしれません。茶色になっても心配のないことも多いので、早めに産婦人科を受診して原因を調べるようにしましょう。

この他、妊娠初期に気をつけることは妊娠初期に気をつけることで、妊娠初期の注意点は妊娠初期の注意点でまとめています。読んでみてください。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

スポンサードリンク