朝つわり、午前中だけつわり?朝ご飯はどうする?

朝つわり

朝つわり、午前中だけつわり?

朝はつわりの症状がひどくなる時間帯です。海外では、午前中のつわりのことを「MorningSickness」と呼ぶぐらい朝からつわりの症状を感じているようですね。

多くの妊婦さんが経験している症状になります。

朝ご飯は食べたほうがいい。

朝つわりならごはん

つわりは、胃の中が空っぽになるとムカムカが大きくなる傾向にあります。

朝起きたときにすぐに食べると、ムカムカが減少する人も多いです。

朝つわりの対策として、起きてすぐ食べられるように、小さなおにぎりやパンを枕元に置いておいて、朝起きてすぐに食べるようにします。

これで、午前中のつわりを楽にしてくれます。

できれば、朝ご飯もごはんやパンなどの炭水化物を食べるようにすると症状が楽になりますよ。

朝つわりはいつまで?

朝つわりはいつまで?

あさに気分が悪くなるつわりですが、いつまで続くのか不安になると思います。

一般的につわりが続く時期は、妊娠12~16週頃までと言われています。妊娠16週というと、妊娠初期の時期なので、妊娠初期の間はつわりが続くと考えていいでしょう。

つわりを自覚するのが、早い人で妊娠4週ごろなので約2ヶ月半ぐらいはムカムカが続くと思ってよさそうです。

つわりは終わりがあると信じて、頑張って乗り切りましょう。

つわりの時期は、先天性異常のリスクに注意!

つわりの時期は、先天性異常のリスクに注意!

つわりの時期のママに知ってほしいことがあります。

それは、つわりの時期の妊娠初期に、重要な栄養素である葉酸が不足してしまうと、「無脳症」や「二分脊椎」など先天性異常のリスクが高くなるということです。

このことは、世界的な疫学的調査で判明してことで、日本でも2002年より厚生労働省が妊娠初期のママに対して葉酸を積極的に摂取するように通知を出しています。

葉酸は、日頃の食事でも摂取できますが・・・
つわりの時期は葉酸

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように注意してください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

この次は、具体的な朝つわり対策と朝つわりに良い食べ物を紹介します。まだまだ続きます。

具体的な朝つわり対策

朝つわり対策

朝目覚めるときにツラい朝つわりですが、いくつか対策法があります。

具体的な朝つわり対策

・枕元におにぎりやクッキー。
・冷蔵庫に果物。
・氷やアイスを食べる。
・トマトやレモンを食べる。
・ソファーで体を後ろに伸ばす。
・食べ物は冷やして食べる。
・炊飯器から離れる。
・炭酸水を飲む。
・下着を楽なものにする。

こんな朝つわり対策を行っています。

■枕元におにぎりやクッキー。

枕元におにぎりやクッキー。

朝起きたときにスグに食べられるように、小さなおにぎりやクッキーを枕元に置いておきます。目が覚めたら、すぐに食べるようにするとムカムカが抑えられます。

つわりには、炭水化物がよいとされます。パンやごはんなどを食べるようにすると少しは気分が良くなることが多いです。

小さなおにぎりは、一度に作って冷凍しておけば便利です。パスタや麺類は、食べにくいのでおすすめできません。

■冷蔵庫に果物。

冷蔵庫に果物。

グレープフルーツやオレンジなどの柑橘類を切っておいて冷蔵庫に入れておきます。朝起きたらスグに果物を食べるようにするとスッキリして気分が良くなることが多いです。

果物は、生鮮食料品なので枕元に置くのは良くないです。必ず冷蔵庫に保管するようにしましょう。

■氷やアイスを食べる。

氷やアイスを食べる。

朝起きたときに、氷やアイスを食べるとヒンヤリして気分が良くなります。妊娠中は、氷をガリガリ食べる妊婦さんも多いようです。

アイスは、脂肪分の少ない氷菓がいいようです。

■トマトやレモンを食べる。

トマトやレモンを食べる。

トマトやレモンの薄切りを食べる方法です。トマトやレモンの酸味が清涼感があっていいです。プチトマトなら、パクッと一口で食べられるのでいいですね。

■ソファーで体を後ろに伸ばす。

ソファーで体を後ろに伸ばす。

ソファーに座ってぐっと後ろに背を伸ばすと、胃が伸びてムカムカが楽になります。無理のない範囲で行ってください。

■食べ物は冷やして食べる。

食べ物は冷やして食べる。

食べ物が温かいうちは匂いもキツくなります。食品を冷ませば、ある程度抑えられるので冷ましてから食べるようにしましょう。

■炊飯器から離れる。

炊飯器から離れる。

炊飯器でごはんを炊くときは、かなり匂いが充満します。ごはんを炊いている間は、他の部屋に移動するか外出するようにして対策しましょう。

■炭酸水を飲む。

炭酸水を飲む。

炭酸水を飲むとゲップが出やすくなってムカムカが軽減できます。他の炭酸飲料でもいいですが、甘すぎるのは避けたほうがいいかもしれません。

最近の炭酸水はフレーバーが入っているものあります。色々試してみるといいでしょう。

■下着を楽なものにする。

下着を楽なものにする。

体を締め付ける下着は、ムカムカを大きくします。体を締め付けない下着へチェンジしましょう。今はブラトップのキャミなどがあるので試してみてください。

朝つわりは、キッチリ対策することでムカムカを軽減することができます。自分に合った方法を試してください。

関連記事:
妊娠つわり対策まとめ、パスタやパンがムカムカ解消法に?

この他、つわり全般の話題はつわり・悪阻のまとめで詳しく紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にどうぞ。

妊娠初期につわりがこない?不安や心配?悪阻が来ないと障害の原因?

妊娠初期につわりがこない

妊娠初期につわりがこない、つわりがない

妊娠初期につわりがこないことで不安や心配を抱えている人もいると思います。

悪阻(つわり)が来ないと霜害があるのでは?と心配しているママもいるようですね。

実は、妊婦さん全体の20~50%がつわりを経験しないとされていて、つわりがないことは珍しいことではありません。

参考:妊娠悪阻にまつわる諸問題-日本産科婦人科学会

つわりの症状がなくても、産婦人科の健診で異常なしなら順調ですので、余計な心配をしてストレスを貯めないようにしましょう。

妊娠初期につわりがこない原因

妊娠初期につわりがこない原因

妊娠初期につわりがない原因は、よく分かっていません。つわりの原因も諸説あるので、ない理由もよく分かっていません。

原因の諸説の一つとして、つわりの原因として中枢神経の乱れとする説があります。

つわりは日によって重かったり軽かったりするため、自律神経の影響を受けているのではないかと言われています。

自律神経と中枢神経は近い場所にあるので、つわりがないときは、自律神経のコントロールがうまくいくと中枢神経の乱れもなくなると考える説もあります。

いずれにしろ、つわりがこなくても、健診で順調なら心配ないと考えていいようです。

悪阻(つわり)が来ないと障害では?

つわりがないと障害では?

悪阻(つわり)が来ないと、お腹の赤ちゃんに異常があって障害が出るのでは?と心配しているママもいます。

ですが、上記でも説明しているように、妊婦さん全体の2割~5割がつわりを経験しないため、症状がないからと言って障害が出るということはありません。

心配すると、ストレスの原因になるので、あまり心配しないようにしましょう。

つわりの時期は、先天性異常のリスクに注意!

つわりの時期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期のママに知ってほしいことがあります。

それは、この時期に重要な栄養素である葉酸が不足すると、「無脳症」や「二分脊椎」など先天性異常のリスクが高くなるということです。

このことは、世界的な疫学的調査で判明したことで、日本でも2002年より厚生労働省が妊娠初期の妊婦さんに葉酸を積極的に摂取するように通知を出してます。

葉酸は、日頃の食事でも摂取できますが・・・
つわりの時期は葉酸摂取を

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように注意してください。

詳しくは、下記ページで解説しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

この次は、本当はつわりの症状が出ているかも?とつわりが途中でなくなるときなどを詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





本当はつわりの症状が出ているかも?

つわりの症状が出ているかも?

妊娠初期につわりがないと言っても、つわりの症状が出ていることがあります。

・においに敏感になる。
・食べられないものがある。
・食べないとムカムカ。
・軽いムカムカ
・眠気やだるさ

こんな症状もつわりの症状です。

軽い症状なので、自分が気が付いていないこともあるようです。

関連記事:
妊娠初期でつわりがない?不安や心配な方へ。妊娠7週7wでもつわりがない?流産の確率。

つわりが途中でなくなるとき

つわりが途中でなくなる

妊娠初期から続いていたつわりが突然なくなるときは、注意が必要です。昨日までつわりがあったのに今日は突然楽になるときがあります。

先輩ママの体験談によると、ある日突然つわりがなくなり産婦人科を受診したら心拍が確認できなかったという体験談があります。

つわりがなくなる=流産ではないことが多いですが、突然つわりがなくなったときは、間違いでもいいので産婦人科を受診するようにしましょう。

つわりがこなくても順調に成長している人が多い

つわりがこなくても順調に成長している

妊婦さんの20~50%がつわりがこないわけですから、来なくても赤ちゃんは順調に成長していることが多いです。必要以上の心配はストレスになるので、心配しないようにしましょう。

もし、出血があったりおりものが茶色になったりしたときは、念のため産婦人科へ連絡して指示を仰ぎましょう。

妊娠初期は大きな変化が

妊娠初期は、体内のホルモンがダイナミックに変化していく時期です。体調も精神的にも大きく変わるので不安になることも多いと思います。

また、出血やおりものに色がついたりすることもあります。

いつもと違うと感じたら、すぐに産婦人科へ連絡してどうすればよいか指示を受けるようにしましょう。そうすることで、不安も徐々に解消すると思います。

妊娠中期になると、色々安定してくると思いますので頑張って乗り切るようにしましょう。

関連記事:
妊娠初期・超初期妊娠症状の兆候まとめ!発熱や喉の痛み、筋肉痛、股関節痛はあるの?

妊娠でつわりなし

妊娠してつわりなしだと、赤ちゃんが育っているか本当に不安になりますよね。特に胎のうが確認されていて心拍確認がまだのときは心配になります。

このようなことを経験している妊婦さんもいて、元気な赤ちゃんを出産している人も多くいます。妊婦健診で問題なしなら過度の心配はしないようにしましょう。

妊娠してもつわりがない理由はよく分かっていません。大体妊婦さんの2割から5割ぐらいがつわりを感じないということで、つわりなしの症状も珍しいことではないようです。

つわりなしと思っても、実はつわりが来ていることもあります。眠気やだるさ、臭いに敏感になる、食欲が増進する、あるものがとても食べたくなるなどもつわりの症状です。詳しくは妊娠でつわりなしで解説します。

つわりの占い

症状から性別を当てる占いがあります。

つわりがこないから難産、女の子が生まれると言われますが、地方によっては反対に男の子とされている地域もあり科学的に証明されたものではありません。

この他、つわり・悪阻全般の話題はつわり・悪阻のまとめで紹介しています。読んでみてください。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

つわりみたいな症状がある病気、吐き気は生理前症候群?

つわりの症状でも妊娠していない?

つわりの症状でも妊娠していない

つわりのような症状があっても、妊娠していないことがあります。

吐き気やめまいといった症状が出るのは女性ホルモンの影響や生理前症候群の可能性があります。

吐き気が続くことがあるので、内科や消化器科を受診する人が多いようですが、産婦人科を受診したほうが原因が早く分かるかもしれません。

つわりみたいな吐き気でも妊娠してない?

つわりみたいな吐き気でも妊娠してない?

つわりのような吐き気が続くようなことがあっても、妊娠でなくて別の病気のこともあります。

つわりのような症状が続く原因として

・女性ホルモンの影響
・生理前症候群
・お腹にくる風邪
・胃がんの症状

このようなことが原因で吐き気が続くことがあります。

女性ホルモンの影響
閉経前には、女性ホルモンが大きく変化します。いわゆる「更年期」です。更年期になると顔のほてりや吐き気、めまいなどが起こることが多いようです。

若くても、若年性閉経ということもあるので、念のために産婦人科受診をおすすめします。

生理前症候群(PMS)
生理前に妊娠初期のような症状が現れることを「生理前症候群(PMS)」と呼びます。

頭痛やめまい、吐き気や胃痛が起こることが特徴で、おおよそ生理前に起こることが多いものです。PMSは、若い女性でも起こることが多いのでこちらの可能性もあります。

お腹にくる風邪
風邪の症状で吐き気が続くことがあります。微熱が続いたり、吐き気や胃痛があるときは、お腹にくる風邪が原因かもしれません。

吐き気が主な症状のときは内科や消化器内科を受診しても問題ないと診断されることがあります。また、めまいなどが一緒に起こっているときに耳鼻科に行っても問題ないと診断されることがあります。

どの診療科を受診しても、問題ないと診断されるときは産婦人科を受診すると原因が分かるかもしれません。

この次は、妊娠の兆候について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

関連記事:
PMS、月経前症候群

妊娠の兆候

妊娠の兆候

妊娠の兆候といっても、特別な症状が現れるわけではありません。

生理前症候群(PMS)と非常によく似た症状が出るため、妊娠と見分けが付かないことが多いようです。

主な妊娠の兆候として

・頭痛やのどの痛みなど風邪に似た症状
・腹痛や腰痛など生理痛に似た症状
・左右の下腹部がチクチク痛む
・股関節のあたりが痛くなる

この他にも様々な症状が現れることがあります。

一方で、全く妊娠の兆候が現れない人も意外と多くいます。

妊娠したかどうかを判別するには、妊娠検査薬を使うことで分かるようになります。

最近では、次の生理予定日ぐらいから使用できる妊娠検査薬もあるので、妊娠かな?と思ったら妊娠検査薬を使って陽性かどうか調べてみましょう。

関連記事:
妊娠初期・超初期妊娠症状の兆候まとめ!発熱や喉の痛み、筋肉痛、股関節痛はあるの?

妊娠を考えるなら、先天性異常のリスクに注意!

妊娠を考えるなら、先天性異常のリスクに注意!

妊娠を考えているママに知ってほしいことがあります。

それは、妊娠前から妊娠初期にかけて、重要な栄養素である葉酸が不足してしまうと、「無脳症」や「二分脊椎」など先天性異常のリスクが高くなるということです。

このことは、世界的な疫学的調査で判明したことで、日本でも200年より厚生労働省が妊娠前と妊娠初期の女性に対して葉酸を積極的に摂取するように通知を出しています。

葉酸は日頃の食事でも摂取できますが・・・
妊娠を考えるなら葉酸を摂取しよう

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように注意してください。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

この他、つわり全般の話題はつわり・悪阻のまとめで詳しく説明しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

つわりの症状で変化がある?

つわりの症状が変化

つわりの症状が妊娠中に変化することがあります。例えば、今まで食べつわりだった妊婦さんが途中で吐きつわりに変化して食べられなくなるなど大きな変化がある人もいるようです。

つわりは妊娠16週までには終わる人が多いので、頑張って乗り越えるようにしましょう。

様々な症状の変化

様々な症状の変化

つわりの症状が色々な状態に変化していくことがあります。例えば

・食べつわり → 吐きつわり
・眠りつわり → ヨダレつわり
・吐きつわり → 食べれなくなる

このような症状が、毎日あるいは数日で切り替わるように変化することが多いようです。

昨日はフライドポテトをおいしく食べられたのに、今日は全く食べられずに吐いてしまうようなこともあります。

つわりの症状はhCGのせい?

つわりの症状が起こる原因はよく分かっていませんが、妊娠したときに初めて分泌されるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)が関与している説があります。

hCGが分泌される量が毎日変化するため、症状の出方にも差ができるという説です。

今のところ詳しい原因が分からないというのが現状です。つわりは治療する薬はなく、基本的に対処療法となります。とは言っても、妊娠後期まで続くことは少ないので、必ず終わりが来ると思って頑張って乗り切るようにしましょう。

妊娠前・妊娠初期に絶対必要な葉酸

妊娠初期に葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この次は、つわりの対処法について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





つわりの対処法

つわりの対処法

つわりの対処法は、つわりの種類によって変わってきます。

つわりは、大きく分けると

・吐きつわり
・食べつわり
・眠りつわり
・ヨダレつわり

このように分類できます。しかし、それぞれ単独で症状が出る人もいる一方で、食べつわりに吐きつわりなど複数の症状が出て辛い思いをしている人もいます。

吐きつわり
吐きつわりは、経験している人も多い症状です。ドラマなどでの妊娠のシーンは吐きつわりのことが多いですよね。

吐きつわりの対策としては「食べられるときに、食べられるものを食べる」ことが原則になります。

吐きつわりの場合は、ほとんどの食べ物を受け付けないことが多いようですが、どれか一つは食べることができる食べ物があります。

食べられるものを、少量ずつでいいので食べるようにするとムカムカが抑えられます。空腹のままだと余計ムカムカしやすいので、少しずつでも食べるようにしましょう。

食べた後に歯磨きをするとスッキリした気分になります。うがいだけでも違ってきますよ。

食べつわりの場合
食べつわりの場合は、いかに食欲を抑えるかがポイントになります。食欲のままに食べ続けると、あとで妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病のリスクが高くなります。気をつけましょう。

食べ物を周りに置かないことが大切です。

どうしても食べたくなったら、野菜をチンした温野菜を食べるようにします。ポン酢で食べるとおいしくいただけます。

眠りつわり
強い眠気に襲われるのが眠りつわりです。対策としては、とにかく休むことです。横になるだけも楽になります。

仕事をしていて、横になれないときは椅子に座ると楽になります。職場の上司などに相談して休憩できるような環境になるように工夫してみましょう。

ヨダレつわり
ヨダレつわりとは、生唾が出て止まらなくなる症状のことです。

対策としては、まめに外に出すようにすると、少しムカムカが抑えられるようになります。

つわりは、薬では治療できないので症状を軽減される工夫が必要になってきます。色々試してみて楽になる行動を探してみましょう。

この他、つわり全般の話題はつわり・悪阻のまとめで詳しくまとめました。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

つわりで食べられないときには?

つわりで食べられない

つわりで食べられないときには、無理をして食べることはありません。特に吐きつわりは、常にムカムカして食欲が出ないことが多いです。

食べても吐いてしまう吐きつわりで大切なことは、「食べられるものを食べられるときに食べる」です。

無理をして食べ物を口に入れても戻してしまうだけなので、少し気分が良くなったときに食べられるだけ食べるようにしましょう。

あまり食べる量が少ないと、お腹の赤ちゃんの成長に影響があるのでは?と心配になりますが、つわりが治まってからしっかり栄養を摂取するようにすれば大丈夫です。

とにかく「食べられるものを食べられるときに食べる」ようにしましょう。

つわり中でも食べられるものがある

つわり中でも食べられるものがある

つわり中でも、これだけは食べられる!という食べ物があります。代表的な食べ物として

・アイスキャンディ
・氷
・パンやおにぎり
・トマト
・スイカやイチゴなど果物

このような食べ物が食べることができたという人が多かったです。

変わったところでは、ポテトフライや揚げ物など脂っこいものだけ食べられたという人もいました。

食べても戻してしまうことが多いつわりですが、食べられる食べ物があるはずです。自分に合った食べ物を見つけてみましょう。

妊娠前・妊娠初期に絶対必要な葉酸

妊娠初期に葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この次は、具体的なつわり中でも食べられる食べ物について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

つわりの症状で腰痛?

つわりの症状で腰痛?

つわりの症状で腰痛が出るというよりも、妊娠初期の症状で腰痛が発生していると考えられます。

腰痛は、典型的な妊娠初期症状の一つで、この他にも股関節痛など体を支える関節に痛みが発生することがあります。

妊娠の初期症状で腰痛になる

妊娠の初期症状で腰痛になる

つわりの症状が始まる妊娠の初期には、体内のホルモンバンスが急激に変化します。

ホルモンバランスを調整することで子宮や赤ちゃんの成長をサポートする役目があるのです。

モルモンの中には、子宮を柔らかくする作用がありますが、これが関節を緩めたり胃腸に作用して便秘になったりすることがあります。

体重を支えている背骨や骨盤の関節も緩くなって、体を支える力が弱くなって腰痛が起こることがあります。

もう一つの原因として、お腹が大きくなっていることによる姿勢の変化です。体の重心が変わってくるので、それを支えようとして腰痛になりやすくなります。

ホルモンバランスの変化は、赤ちゃんの成長に必要なものなので、無理をしないようにして養生していくことが大切になります。

妊娠初期の腰痛対策

妊娠初期の腰痛対策

妊娠初期の腰痛対策は、体調をみながら慎重に行うことが大切です。無理にマッサージや鍼灸など行うと今後の生活に影響が出る可能性があります。

腰痛対策として

・無理な姿勢を続けない
・腰に負担が掛からないように生活する
・腰や下半身が冷えないように服装を変える

このような対策があります。

また、骨盤ベルトや腹巻きも腰痛に良いとされますが、骨盤ベルトや腹巻きを使用する前には、必ず産婦人科医に相談してから着用するようにしてください。

妊娠前・妊娠初期に絶対必要な葉酸

妊娠初期に葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この次は、辛いつわりはいつ頃まで続く?について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





辛いつわりはいつ頃まで続く?

辛いつわりはいつ頃まで続く?

腰痛や頭痛、吐き気や胃痛、便秘症状まで様々な不快症状が続くつわりですが、いつ頃まで続くのでしょうか?

一般的に、つわりの症状が落ち着いてくるのは妊娠16週ごろだと言われています。ですが、つわりの終わりには個人差があって、妊娠12週ごろで終わった人もいれば、妊娠後期まで続いた人もいて個人差が大きいようです。

腰痛の上に吐き気や胃痛、便秘など複数の症状が重なって起こることも多いため、かなり辛い症状が続くことになります。

つわりの時期で特に気をつけたいのが水分不足による脱水です。1日に何回も吐いて水分を補給できないようなときには、産婦人科を受診して点滴をうけるなど治療を受けたほうがいい場合もあります。

寝込んでしまって、日常生活にも支障をきたすような状態になると、妊娠悪阻という状態となって入院が必要になる場合もあります。

具合が悪くて動けないようなときには、産婦人科を受診するようにしましょう。

この他、つわり全般の話題はつわり・悪阻のまとめで詳しく解説しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

つわりの症状で寒気?

つわりの症状で寒気

寒いと感じるなら、つわりの症状で寒気が出ているというよりも、妊娠初期症状の一つとして寒気を感じているかもしれません。

寒気は発熱の前に起こることが多いので、今から発熱があるかもしれません。

妊娠してから、風邪やインフルエンザで病院に掛かるときは、産婦人科を受診するようにして、必ず事前に連絡してから受診するようにしてください。

寒気で直接受診しないで!

寒気で直接受診しないで!

妊娠後の病気で産婦人科を受診する場合は注意が必要です。

症状が改善しないので、すぐに産婦人科を受診したい気持ちは分かりますが、必ず電話連絡してから受診するようにしましょう。

もし、ウィルス性の風邪やインフルエンザに罹患している場合、他の妊婦さんに感染させてしまう可能性があるからです。

特につわりが出る妊娠初期は免疫力が低下して体の抵抗力も弱っているので、感染しやすくなっています。

くれぐれも、病院を直接受診しないようにしましょう。

妊娠前・妊娠初期に絶対必要な葉酸

妊娠初期に葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この次は、妊娠初期に寒気が起こる原因について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠初期に寒気が起こる原因

妊娠初期に寒気が起こる原因

妊娠初期に寒気が起こる原因として、風邪やインフルエンザの他にホルモンバランスの乱れがあります。

妊娠すると、子宮を大きくして出産に備えるために、体内のホルモンバランスが急激に変化していきます。ダイナミックにホルモンバランスの乱れが生じるために、体調面に大きな影響を及ぼすことがあります。

寒気の他にも、微熱やのどの痛みなど風邪に似た症状、胸の痛みや張り、下腹部痛や腰痛、股関節痛など様々な痛みや症状が出てくることになります。

一方、風邪やインフルエンザなど一般的な症状でも寒気は出ます。発熱やその他の症状を確認することが大切です。

妊娠初期は体調不良が多い

認印初期には、急に体調が悪くなったりすることあります。初期はお腹も目立たないので周囲の理解が得られないかもしれません。

胎芽と心拍が確認できる妊娠10週ごろに職場へ報告すると協力してもらうことができてスムーズにことが運びます。

この時期に妊娠の報告を済ませるようにしましょう。

この他、つわり全般の話題はつわり・悪阻のまとめで詳しく説明しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

つわりが重い

つわりが重い

つわりが重いと感じるときは、妊娠悪阻という状態かもしれません。妊娠悪阻は、妊婦さん全体の約0.1%に発生すると言われています。

日常生活に支障がある場合や尿が少ない、体重が減少しているなどの症状が出ている場合は、すぐに産婦人科を受診して治療を受けるようにしましょう。

重いって感じるのはどのぐらい?

つわりは妊婦さん全体の5~8割ぐらいが経験する症状ですが、吐き気やムカムカなど感じ方に個人差があります。

つわりが重いといっても、どのくらいの症状が重いというのか分かりにくいですよね。

実際に日本産科婦人科学会の学会誌にも「つわりと妊娠悪阻の区分は実際には不明確である」と記載があることからも、明確な判断基準があるわけではないようです。

一方、同志につわりと妊娠悪阻の症状による分類も掲載されています。

つわりと妊娠悪阻の症状による分類
■軽傷(これがつわりかと思う程度)
軽度の全身倦怠感,頭重感,早朝・空腹時の悪心,食欲不振,食嗜変化,嗜眠感乗物酔い

■重症(非常に重症だと感じる程度)
一日数回の苦痛を伴う悪心・嘔吐,冷汗,頭痛,食事摂取困難,強度の全身倦怠感

■妊娠悪阻
つわり症状が持続的,高度となり脱水,飢餓状態を来す,乏尿,体温上昇,代謝性アルカローシスで悪化すると脳症の発現

参考:妊娠悪阻にまつわる諸問題

上記のような症状が出たり、動けないような状況が続くようであれば、産婦人科を受診するようにしてください。

妊娠前・妊娠初期に絶対必要な葉酸

妊娠初期に葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この次は、妊娠悪阻の症状について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠悪阻の症状

妊娠悪阻の症状

具体的な妊娠悪阻の症状として

・一日に何回も吐いてしまう
・尿の量が少なくなる
・口やのどが渇く(脱水症状)

重症になると

・肝機能障害
・臓器機能不全
・脳神経障害
・全身状態の急激な悪化

などがあって、ママや赤ちゃんの将来に重大な影響を及ぼすことがあるので注意しましょう。

妊娠悪阻の治療

妊娠悪阻の治療は

・点滴など脱水症状の治療
・食事指導
・鎮吐剤,鎮静剤

などが行われます。

胃を休めて脱水症状を改善すれば症状も落ち着いてきます。

尿が少なかったり、肌に張りがなくなると脱水症状が進んでいることになります。すぐに産婦人科を受診してつわりが重いことを伝えて診察を受けるようにしましょう。

この他、つわり全般の話題はつわり・悪阻のまとめで詳しくまとめています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

つわりの症状で性別が分かる?

つわりの症状で性別が分かる?

つわりの症状で性別まで分かるのでしょうか?

全国各地に妊娠に関する言い伝えや伝承が残っていますが、本当につわりの症状だけで性別まで分かってしまうのでしょうか?

性別に関する言い伝え

性別に関する言い伝え

日本全国にはつわりの症状以外にも、赤ちゃんの性別に関連する言い伝えが残っています。今回は、男の子、女の子別に言い伝えをまとめてみました。

男の子の赤ちゃんの言い伝え
・顔がキツイと男の子。
・お腹が前に突き出ると男の子。
・つわりが軽いと男の子。
・塩辛いものが欲しいと男の子。
・酸っぱいものが欲しいと男の子。
・肉が食べたくなると男の子。
・むだ毛がつるつるで男の子。

女の子の赤ちゃんの言い伝え
・電磁波を浴びると女の子。
・つわりが重いと女の子。
・顔が優しいと女の子。
・甘いものが欲しいと女の子。
・男の子の夢なら女の子。
・元気にお腹を蹴ると女の子。
・野菜や魚が食べたいと女の子。
・授かり婚なら女の子。
・毛が濃くなると女の子。

つわりの症状だけをみてみると、軽ければ男の子、重いと女の子という言い伝えが多いようです。

でも、これとは反対に、つわりが軽ければ女の子、重ければ男の子という説もあって両方が伝えられているようです。

よく考えてみると、確率的には1/2です。つわりが重い、軽いというのは個人差が大きいように思えます。当たればいいな!くらいの気持ちで聞くと楽しめそうですね。

妊娠前・妊娠初期に絶対必要な葉酸

妊娠初期に葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この次は、性別占いとして有名な中国式カレンダーについて詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





性別占いの中国式カレンダー

性別占いの中国式カレンダー

赤ちゃんの性別を占う方法として、中国式カレンダーというものがあります。この他にも同じような占いとしてブラジル式カレンダーなど様々なものがあります。

赤ちゃんの性別占いの代表的なものとして、中国式カレンダーを紹介します。

中国式カレンダーとは?
中国式カレンダーとは、男女どちらの性別が分かるカレンダーと言われています。ママの年齢と受胎月によってカレンダーから分かるようになっています。

何でも、今から700年以上前の中国の学者が統計を取ったものとして伝承されています。(諸説あります。)

的中率は中国人で約99%、アジア人で約90%と言われていますが定かではありません。

的中率には様々な意見があり、当たった人も外れた人もどちらも多くいるようです。当たったらすごいなぐらいの感覚で試すといいかもしれません。

妊娠中に性別が気になることがありますが、それよりも妊娠中は穏やかに過ごせるように、食事や生活習慣を改善して過ごすようにしましょう。

この他、つわり全般の話題はつわり・悪阻のまとめで詳しく解説しました。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

つわりの症状で腹痛がある?

つわりの症状で腹痛

つわりの時期に腹痛が起こるとすると、つわりの症状で腹痛というよりも妊娠初期症状に起こる腹痛と考えたほうがいいかもしれません。

妊娠初期に起こる腹痛は、生理的なものからお腹の赤ちゃんに関わる重大なものまであります。

腹痛が続いたり不安がある場合には、間違いでもいいので産婦人科に連絡して指示を仰ぐようにしましょう。

妊娠初期の腹痛の原因は?

妊娠初期の腹痛の原因は?

つわりの時期である妊娠初期に腹痛が起こる原因として

・子宮の成長に関するもの
・靱帯の引きつりやけいれん
・便秘
・切迫流産、流産
・膀胱炎や尿管結石

このような原因が考えられます。

子宮の成長に関するもの
お腹の赤ちゃんの成長に伴って子宮も大きくなってきます。子宮が大きくなるスピードが速いので組織を引っ張ったり圧迫することで痛みが発生します。

靱帯の引きつりやけいれん
子宮は骨盤内に靱帯によって支えられていますが、靱帯の引きつりやけいれんが原因で腹痛を起こすことがあります。

便秘
妊娠初期は、女性ホルモンの影響で便秘になりやすくなっています。子宮を成長させるために、柔らかくする作用がありますが、これが腸にまで作用して腸の動きを悪くすることがあります。

2.3日出ていないなら、便秘からの腹痛も考えられます。

切迫流産、流産
腹痛が起こって一番気になるのが切迫流産、流産だと思います。特に妊娠初期には流産する確率が約15%とリスクが高くなる妊娠最大の合併症だと言われています。

切迫流産や流産の兆候として、強い腹痛、出血があります。断続的に痛みがくる場合や強い痛みがある腹痛があるときは、産婦人科へ連絡してどうしたらよいか指示を仰ぐようにしてください。

膀胱炎や尿管結石
膀胱炎や尿管結石でも、腹痛を感じることがあります。妊娠するとおしっこが近くなったりするので我慢する機会も多くなってきます。あまり我慢しすぎると膀胱炎になります。

妊娠初期の腹痛は、問題ないこともありますが切迫流産や流産など、お腹の赤ちゃんの将来に重大な影響を及ぼすことがあります。

たとえ間違いでもいいので、産婦人科へ連絡して指示を仰ぐようにしましょう。

妊娠前・妊娠初期に絶対必要な葉酸

妊娠初期に葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この次は、この他のつわりの症状について、詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





この他のつわりの症状

この他のつわりの症状

つわりは、様々な症状が出ることが知られています。この中でいくつか紹介したいと思います。

つわりの症状は

・吐きつわり
・食べつわり
・眠りつわり
・ヨダレつわり

主にこのような症状が出てきます。

吐きつわりや食べつわりは、周りにも経験している人が多いので知っている人も多いと思いますが、眠りつわりやヨダレつわりなどは、つわりの症状としてあるのは知っている人は少ないと思います。

つわりはお腹の目立たない妊娠初期から現れることが多いです。特に眠りつわりになると、非常に強い眠気があるのが辛いです。

仕事をしている人は、サボっていると思われることもあります。でも、自分でもどうしようもないので、周りの人に妊娠を報告して理解を得るようにするといいでしょう。

つわりは、妊娠16週ごろには治まってくる人が多いです。つわりを治す薬はないので頑張って乗り越えるように、しっかりと対策を立てるようにしましょう。

この他、つわり全般の話題はつわり・悪阻のまとめで詳しくまとめています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

つわりの症状はどんなもの?

つわりの症状

つわりの症状は、一般的に吐いてしまう吐きつわりがあると思いますが、食べ続ける食べつわりや眠気がある眠りつわりなど様々な症状が出ることがあります。

これらの症状は単独ではなく、複数一緒に出ることもあって辛い症状が続くことになります。

具体的なつわりの症状

具体的なつわりの症状

つわりの具体的な症状として

・吐きつわり
・食べつわり
・眠りつわり
・よだれつわり

このような症状が出ます。この他にも様々な症状が出てくることがあります。

吐きつわり
何を食べても吐いてしまうのが吐きつわりです。食べてもすぐに戻してしまうのでかなり辛い症状になります。吐くと少しすっきりしますが、胃の中に何もないとムカムカが続くことになります。

食べつわり
吐きつわりとは反対に、何か食べていないとムカムカする食べつわりがあります。胃の中が空になるとムカムカするので、ずっと食べ続けることになります。

赤ちゃんの分まで食べる!と言ってどか食いする人もいますが、妊娠中の過度の体重増加は妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などの合併症を引き起こすこともあるので注意しましょう。

眠りつわり
眠りつわりとは、日中でも眠気があって、寝ても眠たくてしょうがない状態のつわりです。症状が重くなると眠気で倒れ込む人もいます。車の運転はしないなど対策を取る必要があります。

よだれつわり
よだれつわりとは、ヨダレが一日中出て止まらなくなるつわりです。いつも口の中に貯まるので気持ちが悪い状態が続くことになります。吐きつわりなどと一緒に症状が出ることがあります。

この次は、今からできる!つわり対策について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

妊娠前・妊娠初期に絶対必要な葉酸

妊娠初期に葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


スポンサードリンク





今からできる!つわり対策

今からできる!つわり対策

今からできるつわり対策を項目ごとに紹介します。

吐きつわりの場合
吐きつわりのつわり対策は「食べられるものを食べられるときに食べる」を基本にします。妊娠中はこれだけは食べられる食べ物があるはずです。

冷たいアイスだったり果物だったりしますが、それを気分のよいときに食べるようにするといいでしょう。

食べつわりの場合
とにかく食欲を抑えることが大切です。食べ物を周りに置かない、買い物は家族に頼む、どうしても食べたいときはレンジでチンした野菜をたべるようにします。

この時期の食欲治まらないと、妊娠中期~後期にかけての体重管理が大変になります。食べ過ぎないように注意しましょう。

眠りつわりの場合
眠りつわりは強力な眠気があることがあります。このときの対策としては、眠るしかありません。5分程度横になるだけでも随分と違ってきます。横になるのが無理なら座るだけでも違いますので試してみましょう。

よだれつわりの場合
ヨダレつわりは、つばが止まらなくなる症状になることが多いのですが、口の中に貯めておくと気持ち悪いのが増幅されるので、なるべく外に出すことが大切です。

外出先では、ハンカチやティッシュにしみこませるなど対策を取りましょう。

つわりの症状といっても様々な症状が複合的に出てくることが多いです。つわりは妊娠16週ごろには治まってくることが多いので、終わりが必ず来ると信じてしっかり対策をするようにしましょう。

つわり症状で頭痛?

つわりの症状で頭痛が起きるというよりも、妊娠初期症状で頭痛が起こることがあります。吐きつわりや眠りつわりと一緒に頭痛が起こることもあって、辛い日々が続いていくことになります。

頭痛が起こる原因として、ホルモンバランスの変化や鉄分不足、首のこり、頭の血管が細いなどが原因と考えられています。生理前の症状とよく似ていることがあります。

痛みが続くと、いつごろ終わるのか不安になりますよね。先輩ママの意見を聞いてみると、おおよそ妊娠中期に入る頃には治まってくることが多いということでした。

首元を温めたり、冷やしたりする。暗い部屋で横になる、寝過ぎないようにする、辛いときは産婦人科を受診して薬を処方してもらうなどして対策を立てていきましょう。詳しくはつわり症状で頭痛?で説明しています。

この他、つわり全般の話題はつわり・悪阻のまとめで詳しく説明しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

つわり症状で頭痛?

つわり症状で頭痛?

つわりの症状として頭痛が起こるというよりも、妊娠初期症状の一つして頭痛が起こることがあります。つわりの症状と一緒に痛みが出ることもあって辛い日々が続いている人もいます。

妊娠初期に頭痛になる原因は?

妊娠初期に頭痛になる原因は?

つわりの症状が起こる妊娠初期に頭痛が起こる原因として

・ホルモンバランスの変化。
・鉄分不足。
・首のこり。
・頭の血管が細い。

このような原因が考えられます。

ホルモンバランスの変化。
妊娠初期はホルモンのバランスがダイナミックに変化するときです。この時期に頭痛など体の痛みや不調が起こることがあります。ちょうど生理前の症状と同じような症状が出ることが多いです。

鉄分不足。
妊娠中は、赤ちゃんの分の血液も必要になるため、どうしても血液が薄くなっています。それで鉄分が不足するため頭痛が起こることがあります。

首のこり。
首のこりがあると、血液の流れが悪くなって頭痛が起こることがあります。

この次は、妊娠初期の頭痛はいつまで?と頭痛を軽くする対策を紹介します。まだまだ続きます。

妊娠前・妊娠初期に絶対必要な葉酸

妊娠初期に葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


スポンサードリンク





妊娠初期の頭痛はいつまで?

妊娠初期の頭痛はいつまで?

つわりと頭痛が一緒に来ると、とても辛い日々が続くことになります。痛みはいつまで続くの?と心配になりますよね。

つわりと頭痛を一緒に体験した先輩ママに聞いてみると、およそ安定期に入った頃に痛みが治まってくるという意見がありました。

個人差がありますが、安定期に入る妊娠中期ごろが目安となるかもしれません。

<div style="clear:both;"></div>

頭痛を軽くする対策

妊娠初期の頭痛を軽くする対策として

・頭痛が治まるまで横になる。
・首の根元を温める、冷やす。
・鉄分を意識した食事をする。
・産婦人科で薬を処方してもらう。

このような頭痛対策があります。

頭痛が治まるまで横になる。
頭痛対策として、部屋を暗くして横になると症状が軽減できることがあります。これとは反対に寝過ぎても頭痛の原因になるので、適度な時間休むようにしましょう。

首の根元を温める、冷やす。
首こりからの頭痛は、首の根元を温める、あるいは冷やすことで改善できることがあります。温める、冷やすは、その日によって違ってくることもあります。

鉄分を意識した食事をする。
日頃から鉄分の多い食品を食事に取り入れるようにしましょう。鉄分が不足しても頭痛の原因になります。

レバーやウナギ、ひじきなどは鉄分が多い食品ですが、先天性異常の原因になることがあるので、妊娠中は食べないようにしましょう。

産婦人科を受診。
ひどい頭痛なら、産婦人科を受診して妊娠中も飲むことができる薬や漢方を処方してもらいましょう。市販の頭痛薬は妊娠中は禁忌の成分が入っていることもあるので、飲まないようにしましょう。

つわり症状で頭痛というよりは、妊娠初期症状の一つと考えたほうがいいかもしれません。妊娠中期には治まっていることも多いので、しっかり対策をして乗り切りましょう。

この他、つわりの症状については、つわりの症状はどんなもの?で、つわり全般の話題はつわり・悪阻のまとめで詳しく説明しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠つわりの症状

妊娠つわりの症状

妊娠つわりの症状は、様々な症状が出ることで知られています。一般的には、吐き気があるつわりがイメージされますが、実際には様々な症状が出現することになります。

妊娠つわりはいつから?

つわりの症状が出始めるのは、早い人で妊娠4週ごろ、つまり生理予定日ぐらいから出てくることがあります。この頃から症状が出始めて体調が悪いことが多くなってきます。

つわりの症状が軽い場合には、自分が妊娠していると気が付かないこともあります。

症状が重くなると、立つことも困難になるぐらい症状が重くなる人もいます。妊娠悪阻といって入院が必要になることがあります。

つわりの症状が出る場合は、つわり対策を行うことで症状が軽減できることがあります。多くの人が妊娠16週ごろから治まってくるので、終わりがあると思ってつわり対策を行って乗り切りましょう。

妊娠つわりにいい食べ物

妊娠つわりにいい食べ物

つわり中では満足に食事をすることもできなくなることがあります。そんなときでも食べることができた食べ物を紹介します。

トマト
トマトのすっぱい酸味がさっぱりして口当たりがよいので人気があります。そのままでも食べられるプチトマトが人気です。

フライドポテト
意外にも油を使っているフライドポテトが食べやすかったりします。揚げ物はダメでもポテトだけは食べられるという意見があります。

アイスや氷
冷たい口当たりが食べやすく感じます。アイスの甘さがダメなら氷を試してみてください。ガリガリ氷を食べる妊婦さんも多いです。

カレーライス
ご飯の匂いがダメでもカレーをかけると食べられる人もいます。つわり中でも辛いものなら大丈夫な人もいました。辛いものは食べる量に注意しましょう。

ゼリーや寒天
ゼリーや寒天の食感がたべやすいと好評です。寒天なら食物繊維も豊富なので便秘対策になります。

この他、食べ物ではありませんが、炭酸水が飲みやすいと好評です。あれなのですがゲップが出やすいので胃が少し楽になるのがいいようです。

つわり中は、これだけは食べられる!という食べ物があります。色々試してみて、自分に合った食べ物を見つけてみましょう。

妊娠前・妊娠初期に絶対必要な葉酸

妊娠初期に葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この次は、つわりで赤ちゃんの性別が分かる?を詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





つわりで赤ちゃんの性別が分かる?

つわりで赤ちゃんの性別が分かる?

つわりの症状で赤ちゃんの性別が分かる?についてですが、現在のところ、つわりの症状で性別が判断できることは医学的に証明されていません。

つわりの症状では、軽いと男の子、重いと女の子などのいい伝えがあります。

この他の民間での言い伝えでも、顔がキツくなると男の子、優しい顔なら女の子、お腹が突き出ると男の子、お腹が丸いと女の子など色々な言い伝えがあります。

どれも反対のことがいわれている地域があって、住んでいる地方によって違いがあるようですね。

当たればいいな!ぐらいの気持ちで聞くといいかもしれません。

妊娠つわりの薬はない

現在のところ、妊娠つわりに効くような薬は存在しません。いろいろなつわり対策を行って乗り切るしか方法がありません。

つわり中は、栄養バランスは気にせずに食べられるものを食べるようにします。しかし、水分不足にならないように、こまめに補給しましょう。

妊娠つわりの症状は、妊娠16週ごろから治まってくることが多いです。この時期を過ぎれば楽になってくるので、頑張ってつわりを乗り越えるようにしましょう。

この他、つわり全般の話題はつわり・悪阻のまとめで詳しくまとめました。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

眠りつわり

眠りつわり

眠りつわりは、妊娠初期に良く出る症状で、日中でも眠気を感じることも多く、気が付くと寝ていることもあるという、つわりの症状の一つです。

妊娠初期に出やすい眠りつわりですが、妊娠中期や後期に眠気やだるさが出る妊婦さんもいます。

つわりによる眠気は、赤ちゃんが成長している証拠だと思ってしかkりした対策を取ってこの時期を乗り切るようにしましょう。

眠りつわりはいつまで?

眠りつわりはいつまで?

眠りつわりはいつまで続くのか不安になると思いますが、他のつわりと違って眠りつわりの場合は個人差が激しいようです。

大体妊娠初期の終わり頃、妊娠16週頃までには治まると思いますが、妊娠20週だったり妊娠後期まで続く人もいて人によって違ってきます。

この次は、具体的な眠りつわり対策などについて詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





眠りつわり対策

眠りつわり対策

先輩ママさんが実践した対策として

・とにかく寝る。
・周囲の協力を得る。
・仮眠を取る。
・気分転換をする。

眠りつわり対策として上記のような方法があります。

とにかく寝る。
眠気つわりは、とにかく尋常でない眠気がありますので、無理をせずに眠ることです。買い物の途中や運転中にも眠気が出るので運転や買い物は控えたほうがいいかもしれません。

とにかく昼でも夜でも眠れるなら寝るようにしましょう。

周囲の協力を得る。
眠りつわりは、外から見るとだた怠けているように見えます。特に職場では、サボっているように思われがちです。

パパにも怠けているように見えるので、周囲や家族への理解を得ることが大切です。

パパに理解してもらうには、一番良いのは妊婦健診に一緒に行って産婦人科医から眠気はつわりであることを説明してもらうことです。

また、職場の人への報告も大切です。周囲の人へ理解を得るように工夫してみましょう。

仮眠を取る。
専業主婦でなくて仕事をしている妊婦さんは、眠たいときに寝るのは難しいと思います。そこで、仕事をしている人は休憩時間中に仮眠を取ることをおすすめします。

仮眠を取る時間は、10分でも20分でもいいです。短い時間でも仮眠を取ることで随分と眠気が軽くなります。試してみてください。

気分転換をする。
部屋の中でじっとしていると眠気が増幅されるので、窓を開けたりアロマを嗅ぐようにすると眠気が軽くなります。体調が良ければ、外に出て少し散歩をすることも眠気を軽減できます。

眠気つわりは、周囲の理解も得にくく眠気が突然出てくることも多いです。眠いときは無理をぜすに眠るようにしましょう。

妊娠前・妊娠初期に絶対必要な葉酸

妊娠初期に葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


その他のつわりの症状

つわりと言ってもいくつかの種類があります。

・吐きつわり
・食べつわり
・よだれつわり
・眠りつわり

これらのつわりは、同時に起こることもあります。つわりは辛い症状ですが、赤ちゃんが元気に成長している証拠だと思って頑張って乗り切るようにしましょう。

つわりが起こりやすい妊娠2ヶ月については、妊娠2ヶ月でまとめています。読んでみてください。

この他、つわり全般の話題はつわり・悪阻のまとめでまとめました。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にどうぞ。

よだれつわり(唾液過多)

よだれつわり(唾液過多)

よだれつわり(唾液過多)は、常に唾液が口の中に溜まる状態が続くつわりです。いつも唾液が溜まっているので、気持ちが悪くなって処理にも困ることになります。

よだれつわりは、通常のつわりより長く続く傾向があって、一番長い人では出産後まで続いたという人もいるぐらいです。

このつわりは、食べつわりやはきつわりと一緒に来ることもあって、とても辛い時期が続くことになります。しかし、必ず終わりは来るので頑張って乗り切りましょう。

よだれつわりはいつまで?

よだれつわりはいつまで?

よだれつわりは、症状が辛いのでいつまで続くのか不安になると思います。

一般的によだれつわりは、妊娠25週ごろには治まってくる場合が多いようです。でも、出産後数週間は続いたという人もいます。

他のつわりが妊娠15週頃には治まってくるので、ちょっと長い間つわりが続くことになります。

幸い、よだれつわりは食欲に影響しないことが多いので、溜まった唾液の対策をすれば乗り越えられるようになります。

つわりは終わりがくると信じて頑張っていきましょう。

妊娠前・妊娠初期に絶対必要な葉酸

妊娠初期に葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


次は、よだれつわりの原因と対処法を詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





よだれつわりの原因

よだれつわりの原因

よだれつわりの原因は、よく分かっていませんが副腎皮質ホルモンが影響しているという説もあります。ホルモンが多く分泌されることで唾液が多く出るというものです。

この他にもビタミンB6が不足していたりすると、唾液が多く出ることもあるようです。

よだれつわり対策

よだれつわり対策

先輩ママが実践した具体的なよだれつわり対策を紹介します。

・ペットボトルや水筒を持ち歩く。
・ビニール袋に新聞紙。
・小さいハンカチを持つ。
・タオルを加えて寝る。
・医療用の滅菌ガーゼを噛む。
・ぬるいポカリを飲む。
・飴やタブレットを食べる。

みなさん、こんな対策をしてよだれつわりを乗り越えたようです。

ペットボトルや水筒を持ち歩く。
口の中に唾液が溜まったら、ペットボトルの中に吐き出すようにします。これなら、外から見ると飲んでいるように見えるのでいいです。

小さい水筒などでもいいですね。缶ボトルなら中身も見えないのでいいかもしれません。

ビニールに新聞紙。
ビニール袋に新聞紙やティッシュを入れて、溜まったらこの中に吐くようにします。こちらは中身が見えるので、家の中で使用するほうがいいと思います。

この袋の利点は、そのまま捨てられることで後処理が簡単です。

タオルをくわえて寝る。
唾液は、寝ている間も出ています。寝ているときはタオルを口にくわえたまま寝ると言う方法です。しかし、喉に引っかける危険性があるためおすすめできません。

上のビニール袋かタオルを枕元において、それに吐き出すほうが安全です。

医療用の滅菌ガーゼを噛む。
これも、タオルと同じで寝るときに口の中に入れます。これも、同じように危険性があるので止めたほうが無難です。

ティッシュを噛む人もいますが、ティッシュには薬品が含まれていることがあるため噛まないほうが安全です。

ぬるいポカリを飲む。
冷えていない温いポカリなどスポーツ飲料を少しずつ飲む方法です。スポーツ飲料は少し酸味があるので、つばを飲み込みやすいようです。

この方法は、産婦人科医の医師から聞いた方法です。

飴やタブレットを食べる。
飴やフリスク、ミンティアなどのタブレットを食べる方法です。これも、つばを飲み込みやすいので実践している人が多いです。

一時的に唾液が減るので楽になります。

どの対策法が自分に合っているか分からないので、いいなと思う方法を試してみてください。

この他、つわり全般の話題はつわり・悪阻のまとめでまとめました。参考にどうぞ。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。読んでみてください。

スポンサードリンク