超妊娠初期症状まとめ、お腹ゴロゴロ、グルグル鳴る下痢、吐き気?

超妊娠初期症状

お腹ゴロゴロ、グルグル鳴る下痢、吐き気?

お腹がゴロゴロ、グルグル鳴る、吐き気なども妊娠の症状の一つです。

妊娠初期にお腹がゴロゴロ、グルグル鳴る原因

妊娠初期にお腹がゴロゴロ、グルグル鳴る

妊娠初期に、お腹がゴロゴロ、グルグル鳴る原因として、黄体ホルモンの作用があります。

妊娠すると、妊娠ホルモンのhCGが分泌されたり、女性ホルモンの卵胞ホルモンや黄体ホルモンのバランスが急激に変化します。

この中で、黄体ホルモンは、お腹の赤ちゃんの成長をサポートするために、子宮を柔らかくする作用があります。

この影響が胃腸に現れて、お腹がゴロゴロ鳴ったりグルグル動くようになります。

胃腸症状が出て、妊娠初期から下痢に悩む妊婦さんもいます。反対に便秘になってお腹が張ったりします。

下痢や便秘は、妊娠初期の症状でもあるので、恥ずかしがらずに病院で診察を受けるようにしてくださいね。

関連記事:
妊娠初期のお腹の張り

超妊娠初期症状まとめ

超妊娠初期症状まとめ

主な症状をまとめてみました。


・頭痛がする
・胸に張りを感じる
・乳首が敏感になる
・胃痛がする、消化できない感じ
・ムカムカして吐き気が続く
・お腹がぐるぐる鳴って下痢になる
・お腹がゴロゴロ、ぎゅるぎゅる。
妊娠初期にお腹がぐるぐる、ゴロゴロ、ぎゅるぎゅる。

・腰に違和感がある、腰痛になる
・下腹部に痛みがある
・子宮辺りにチクチクした痛みがある
・お腹に張りを感じる
・股関節が痛い
・足の付け根が痛い
・全身に倦怠感がある
・一日中眠い

妊娠初期に一日中眠い

この他、生理前症状と似たような症状もあります。

・微熱が続く
・高温期のような体温
妊娠初期に高温期のような体温、微熱

・下腹部に鈍痛がある
・とにかく眠い
・常にイライラする
・ニキビができやすい
・めまいがする
・食欲が旺盛になる
・便秘になる
・下痢になる
・体がむくむ

超妊娠初期症状は腹痛と腰痛、下痢や便秘になる人が多い印象です。症状として決まったものはなく、全く普段と変わらない人もいます。

この後に出血や茶色のおりもの、ピンク色のおりものや鮮血の出血をする人もいます。

ピンク色のおりものや真っ赤な鮮血は、流産前の兆候である切迫流産の可能性があります。すぐに病院を受診したほうがいいでしょう。

関連記事:
切迫流産

妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期のママに知ってほしいことがあります。

妊娠初期の時期に、重要な栄養素である葉酸が不足すると、「無脳症」や「二分脊椎」など先天性異常のリスクが高くなることが分かっています。

葉酸は日頃の食事でも摂取できますが・・・妊娠初期は葉酸を摂取

葉酸は絶対に必要な栄養素なので注意してください。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

妊娠の兆候を感じたら

妊娠の兆候を感じたら

生理予定日が過ぎても生理が来ない場合は妊娠しているかもしれません。

生理不順のときもありますので、妊娠を確認するため、妊娠検査薬で調べることをおすすめします。

激しい運動やたばこ、アルコールなどは止めて、なるべく安静にしておきましょう。特にタバコやアルコールなどの飲酒は赤ちゃんに大きな影響を与えるためすぐに止めてください。

超妊娠初期症状と生理前の症状の違い

超妊娠初期症状と生理前の症状の違い

超妊娠初期症状と生理前の症状の違いはほとんど無く、見分けることは難しいとされます。

超妊娠初期症状では、妊娠検査薬でも陽性になることは少なく妊娠を確認することは困難です。

また、PMS(月経前症候群)とも見分けがつかず、妊娠の兆候としては分からないのが現状です。

出血があればすぐに受診を

妊娠初期に出血があればすぐに病院
妊娠前の出血は、流産や切迫流産の兆候のときがあります。

出血しても妊娠を継続できる場合が多いのですが、流産の可能性も否定できません。

切迫流産では、茶色のおりものや真っ赤な鮮血、血塊や半透明の液体が出ている人もいます。出血の量も少しの量で切迫流産となっていることもあるので、出血したらすぐに病院へ行くようにしましょう。

切迫流産については下記のページで詳しく説明しています。

関連記事:
妊娠初期の流産

この他の妊娠初期の症状や兆候については、初期妊娠症状でまとめています。読んでみてください。

妊娠初期の出血については、妊娠初期の出血で説明しています。

妊娠初期の注意点や気を付けることは、妊娠初期の注意点で紹介しています。

この他、妊娠超初期の症状のげっぷについては、妊娠超初期のげっぷで詳しく説明しました。読んでみてください。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠超初期の症状で腰痛、寒気、微熱、鼻づまり、眠れない?

妊娠超初期の腰痛、寒気、微熱

妊娠超初期の症状として、腰痛、寒気、微熱、鼻づまり、眠れないなどがあります。

妊娠超初期といえば、妊娠0~3週ごろまでの期間ですが、症状は妊娠3週後半から感じることが多いようです。

妊娠初期は、生理前の症状とよく似た症状が出るため妊娠に気が付かないママもいます。

妊娠超初期の具体的な症状

妊娠初期から出る症状をまとめてみると

・熱、微熱
・鼻づまり
・咳
・喉が痛い
・寒気を感じる
・鼻水、くしゃみ
・湿疹が出る
・胸が張る
・腰痛
・腹痛
・右下腹部痛
・左下腹部痛
・おりものが増える
・股関節痛
・恥骨痛
・骨盤痛

先輩ママに聞いたところ、このような症状を感じた人が多いです。

特に、熱や微熱、寒気、咳といった症状は、風邪の症状とよく似た症状です。

風邪気味かな?と思っていたら妊娠していたということも。生理前症状ともよく似ているので、症状だけでは妊娠したかは分かりません。

関連記事:
妊娠初期・超初期妊娠症状の兆候まとめ!発熱や喉の痛み、筋肉痛、股関節痛はあるの?

妊娠初期の基礎体温は?

妊娠したときは、基礎体温の高温期の体温が続くことになります。

妊娠前の習慣から、基礎体温を継続して測るママもいて、体温の変化に敏感になっていることもあります。

妊婦健診や医師から問題ないと言われているなら、基礎体温の計測を止めることも選択肢の一つです。

つわりの症状は妊娠4週ごろから

妊娠4週ごろ、つまり生理開始予定日ぐらいから、吐き気やムカムカなどの症状が出てきます。

つわりの症状は、吐き気やムカムカだけでなく、食欲が増す、急に眠たくなるなどいろいろな症状があります。

基本的につわりを治療する薬はないので、しっかりとつわり対策をして乗り切るようにしましょう。

詳しくは、妊娠つわり、妊娠8週目~10週目がピーク。食べつわりで性別は分かる?悪阻のまとめ。で説明しています。

妊娠初期の症状なしのママもいます。

妊娠初期の症状なしのママも以外と多くいます。

日本産科婦人科学会によると、最大で約50%の妊婦さんが症状なしというデータもあります。

参考:妊娠初期でつわりがない?不安や心配な方へ。妊娠7週7wでもつわりがない?流産の確率。

症状なしなので、本当に妊娠しているか不安になりますが、妊婦健診で異常がなければ過度に心配する必要はありません。

不安はストレスになるので、あまり心配しないようにしましょう。

つわりの途中で症状がなくなるのは注意。

今までつわりの症状があったのに、急に症状がなくなるときには注意が必要です。

妊娠の途中で症状なしになった場合、流産の可能性があります。

つわりがなくなった、あるいは急に軽くなったときは、産婦人科に連絡して指示を仰ぐようにしてください。

関連記事:
妊娠初期の流産
稽留流産でつわりがある?9週、10週目なら赤ちゃんが原因。

妊娠超初期は先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期のママに知ってほしいことがあります。

妊娠前から妊娠初期に葉酸が不足すると、無脳症や二分脊椎などの先天性異常のリスクが高くなることが研究で分かっています。

葉酸は、日頃の食事からも摂取できますが・・・
妊娠初期に葉酸が必要

参考:二分脊椎症と葉酸

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように注意してください。

詳しくは下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

妊娠初期に出血することもある。

妊娠の初期症状として、微量の出血を伴うことがあります。

生理予定日付近の出血は着床出血の可能性があります。

参考:生理予定日に着床出血@妊娠超初期での色や量、時期や確率は?

また、生理予定日後も出血を起こすこともあります。出血と腹痛があるときは流産の可能性もあるので、すぐに病院へ連絡して指示を仰ぐようにしてください。

もし妊活中なら、不正出血の可能性もあります。基本的に生理以外で出血するのは、全部不正出血なので、病院で原因を調べるようにしましょう。

関連記事:
妊娠初期の出血?鮮血やピンク色のおりもの、生理みたいな量が出る?

妊娠超初期の飲酒の影響は?

妊娠中に飲酒することは絶対にダメです。妊娠が判明したときから、すぐに禁酒するようにしましょう。

妊娠中に飲酒を続けた場合、流産、死産、先天性異常のリスクが高くなります。

・子宮内胎児発育遅延ならびに成長障害 
・精神遅滞や多動症などの中枢神経障害
・特異顔貌、小頭症など頭蓋顔面奇形 
・心奇形、関節異常などの種々の奇形

このような影響が出ることを「胎児性アルコール症候群」と表現しています。

妊娠中は全ての期間で影響が出るため、飲酒しないようにしましょう。

参考:「胎児性アルコール症候群」

妊娠超初期の症状だけでは、妊娠は分かりません。

生理予定日ごろから使える妊娠検査薬「チェックワンファスト」があるので、これを使って妊娠判定を行って確かめてみましょう。

妊娠超初期の症状はいつから?頻尿、吐き気、気持ち悪い

妊娠超初期の症状

妊娠超初期の症状はいつ?

妊娠すると、今までなかった様々な症状が出てくることがあります。

ここでは、妊娠の兆候である症状を中心にご紹介します。

妊娠超初期の症状はいつから?

妊娠超初期の症状はいつ?

妊娠超初期の症状はいつから始まるのでしょうか?

妊娠超初期といえば、妊娠0週~3週ぐらいの時期です。妊娠0~2週までは着床していないため、妊娠3週ごろからになります。

この時期から症状が出る人もいるようですね。早い人では、妊娠3週の後半、生理開始予定日の1週間ぐらい前から症状が出てくるようです。

妊娠の具体的な症状

妊娠の具体的な症状

妊娠の症状は、普段の生理前の症状とよく似ています。

妊娠の症状

・風邪の症状
・喉が痛い
・鼻炎
・鼻水
妊娠の症状で風邪、頭痛、鼻水、鼻炎、喉が痛い

・動悸がする
・胸の張り
・げっぷが出る
・眠気が強い
・食欲がない
・気持ちが悪い
・空腹感が続く
妊娠の症状で胸が張る、胃痛、気持ち悪い、吐き気、空腹感

・唾液がたくさん出る。
・胸焼け
・汗が出る
・体が暑い
・寝汗をかく
・お腹が張る
・おならが出る
・尿漏れ
・頻尿
妊娠の症状で尿漏れ、頻尿

・恥骨痛
・足のむくみ
・情緒不安定になる

先輩ママの体験談を聞くと、上記のような症状が出たということでした。

■喉が痛い、鼻炎、鼻水などの風邪症状

妊娠初期の症状で喉が痛い、鼻炎、鼻水などの風邪症状

妊娠すると、喉が痛い、鼻炎、鼻水、微熱、頭痛など風邪に似た症状が出てくることがあります。

ママ自身も、風邪を引いたかな?と思って、妊娠したことに気が付かないこともあります。

風邪だと思って、市販の薬を飲むのは控えるようにしてください。

風邪薬の中には、胎児に影響する成分が入っていることがあります。妊娠超初期と呼ばれる妊娠3週ごろは、薬が胎児に影響することはないとされます。

しかし、本当に妊娠3週ごろか自分では判断できないので、妊活中や妊娠に心あたりがあるなら、薬は飲まずに妊娠検査薬で検査してみましょう。

陽性なら、すぐに産婦人科を受診して医師の診察を受けるようにしてください。

関連記事:
妊娠初期の薬、カロナールやジスロマック、クラリスロマイシンは飲んでいいの?

妊娠の症状と生理前症状の違いは?

妊娠の症状と生理前症状の違い

妊娠の症状と生理前症状は、非常によく似ていて症状だけでは妊娠の判断はできません。

症状が出ても、生理が来ないなら妊娠している可能性があります。

妊活中なら、すぐに妊娠しているか気になるところですが、妊娠検査薬が使える時期まで待って検査しましょう。

最近では、生理開始予定日から使用できる妊娠検査薬「チェックワンファスト」があります。こちらを利用して妊娠検査をしてください。

陽性なら、ほぼ100%妊娠しています。病院へ行って診断を受けてくださいね。

関連記事:
妊娠初期で検査薬が陽性、生理のような出血は妊娠の兆候?

妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期のママに知ってほしいことがあります。

それは、妊娠初期に重要な栄養素である葉酸が不足してしまうと、ということです。

このことは、世界的な疫学的調査で判明したことで、日本でも2002年より厚生労働省が妊娠初期の女性に対して葉酸を積極的に摂取するように通知を出しています。

葉酸は日頃の食事でも摂取できますが・・・
妊娠初期は葉酸を摂取が大事

葉酸は絶対に必要な栄養素です。不足しないように注意してください。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

つわりの症状は、いつから始まる?

つわりの症状は、いつから始まる?

吐き気やムカムカ、気持ち悪いなど、つわりの症状はいつから始まるのでしょうか?

つわりの症状は、早い人では妊娠4週ごろから始まります。生理開始予定日付近からですね。

ムカムカや気持ち悪い日が続いて、予定日になっても生理が来ないなら妊娠している可能性があります。

基礎体温を測っている人なら、高温期の体温が目安になります。高温期の体温が持続しているなら、妊娠している可能性があります。

つわりの種類

つわりの種類

つわりには、いくつかの種類があります。

・吐きつわり
・食べつわり
・眠りつわり
・よだれつわり

大きく分けて、上記の4種類があります。

吐きつわり

吐きつわり

吐き気があって、ムカムカと気持ち悪いのが「吐きつわり」です。

常に気持ち悪い状態があって、食べたり飲んだりすると戻してしまう症状です。

症状が重くなると、日常生活に支障が出て妊娠悪阻になります。おしっこが出ないなど重症化すると、入院が必要になる場合もあります。

吐きつわりでも、食べられる食べ物があるので、色々工夫してみましょう。

関連記事:
吐きつわりはいつまで?
つわりが良くなる方法と食べ物

食べつわり

食べつわり

食べつわりとは、何か胃の中に食べ物が入っていないと気持ち悪くなる症状です。

食べないと気持ち悪くなるため、食べ続けてしまいます。食べ物があると、つい口に入れたくなってしまいます。

空腹になる朝に気持ち悪くなることが多いです。海外ではMorningsicknessといった表現をしています。

対策としては、食べたくなったら野菜を食べることです。もやしやキャベツなどをチンして温野菜で食べるのがおすすめです。

ポン酢で食べると、あっさりして食べやすいですよ。

食べ過ぎると、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などのリスクが高くなるので注意しましょう。

関連記事:
食べつわりはいつまで?
朝つわり、午前中だけつわり?朝ご飯はどうする?

眠りつわり

眠りつわり

一日中眠気が続く状態が眠りつわりです。あくびが出やすく、いくら寝ても眠たくなる症状です。

症状が重くなると、突然強い眠気が襲ってきて日常生活に支障が出ることも。

車を運転中に眠気があると危ないので、眠気が治まらないときは、パパや家族に運転してもらうようにしましょう。

眠気は、赤ちゃんのために体を休めるようにしてくれるサインかもしれませんね。

関連記事:
眠りつわり

よだれつわり

よだれつわり

常によだれが出て止まらなくなるのがヨダレつわりです。

口の中がヨダレでいっぱいになるので不快な状態が続くことになります。

吐き出すことによって、多少は改善しますが、外出のときに困ったことになりますよね。

先輩ママは、ペットボトルを持参するなど対策しているみたいです。つわりが明けるまでは、辛い状態が続きます。

関連記事:
よだれつわり(唾液過多)

このように、妊娠超初期症状といっても様々な症状があります。

症状だけでは妊娠したか分からないので、必ず妊娠検査薬を使って妊娠を確認するようにしてくださいね。

でも、妊娠検査薬のフライングだけは絶対にダメです。

関連記事:
妊娠検査薬フライングで陰性、その後陽性で妊娠の確率は?つわりで吐き気?生理がこない原因。

この他、妊娠超初期については妊娠超初期で、妊娠初期に気をつけることは妊娠初期に気をつけることで解説しています。

妊娠初期の注意点は妊娠初期の注意点でまとめました。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで詳しく紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠超初期にオリモノが少ない?カンジタにも注意!喉が痛い、鼻が詰まる症状は妊娠超初期症状です。

妊娠超初期

妊娠超初期にオリモノが少ない?カンジタにも注意!

ここでは、妊娠超初期症状を経験した妊婦さんの体験談を元に症状などを詳しく紹介しています。

妊娠超初期にオリモノが少ない?

妊娠超初期にオリモノが少ない?

妊娠の超初期の時期にオリモノに変化が現れることがあります。先輩ママの体験談では、オリモノの量が増えたという経験談が多いですが、オリモノの量が少ないと答えたママも少なからずいます。

オリモノの量が増えたり少なくなるのは個人差が大きいようですね。

オリモノの量が少ない、多いで妊娠したかどうかまでは分かりません。妊娠を確認するには、生理開始予定日または生理開始予定日1週間後まで待って妊娠検査薬を使ってみましょう。

妊娠中はカンジタなど感染症にも注意!

妊娠超初期にオリモノが少ない?

妊娠中は、免疫力も落ちているのでカンジタなどの感染症にかかりやすくなっています。カンジタになると、オリモノが変化したり、あそこが痒くなるなどの症状が出てきます。

妊娠中でのカンジタの治療は、主に膣内に抗真菌剤を入れて治療することが多いです。薬は妊娠中でも安全性が高い抗真菌剤が処方されます。

カンジタは再発しやすいので、しっかりと治療することが必要です。非常に痒い症状があるので、少しでも早く治療を開始したほうが症状が治まるのが早くなります。

痒くてたまらないときは、すぐに産婦人科を受診して治療するようにしてください。妊婦健診が近いときは、そのときに医師に相談するようにしましょう。

喉が痛い、鼻が詰まる症状は妊娠超初期症状

喉が痛い、鼻が詰まる症状は妊娠超初期症状

妊娠超初期には、鼻が詰まる、喉が痛いなど風邪に似た症状が出ることがあります。喉が痛いし微熱もあって風邪かな?と思っていたら妊娠していたというママも多いです。

このような風邪に似た症状の他に、微熱やくしゃみ、頭痛などの症状も妊娠の兆候の一つです。また、腰痛や、股関節痛、下腹部痛など生理前によく似た症状も出ることがあります。

詳しくは、妊娠初期・超初期妊娠症状の兆候まとめ!発熱や喉の痛み、筋肉痛、股関節痛はあるの?で、まとめています。読んでみてください。

妊娠超初期は、先天性異常のリスクに注意して!

妊娠超初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠超初期といわれる0週~3週ごろは、先天性異常のリスクに注意するようにしましょう。

この時期は、赤ちゃんの脳や脊髄、心臓や肺といった重要な器官を形成する大切な時期です。

ここで、葉酸が不足すると、「無脳症」や「二分脊椎」といった先天性異常のリスクが高くなることが研究で明らかになっています。

葉酸は、普段の食事でも摂取できますが・・・

妊娠超初期は、先天性異常のリスクに注意!

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように注意しましょう。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

妊娠超初期症状のおりもの

妊娠超初期症状のおりもの

妊娠超初期症状のおりものは、通常より量が多めでサラサラしたものになった人が多いようです。一方で、普段と変わらなかったという人もいて個人差が大きいようです。

妊娠超初期のおりものは、透明か白色が多いです。匂いは無臭か少し酸っぱい匂いがします。悪臭やキツイ匂いがある場合は何か異常が起こっているサインかもしれません。

おりものは、健康を知る上で大事なものです。ピンク色や茶褐色の色が付いていると出血を起こしている可能性があります。すぐに産婦人科を受診して診察を受けるようにしましょう。

この他にも、黄色や黄緑色は細菌性膣炎、水っぽいものはクラミジア頸管炎、パサパサしたものはカンジタ膣炎、クリーム色はトリコモナス腟炎が疑われます。詳しくは妊娠超初期症状のおりもので説明しています。

この次は、受精から着床までの流れと妊娠超初期の症状などについて詳しく紹介します。まだまだ続きます。

受精から着床までの流れ

受精から着床までの流れ

妊娠超初期の症状の前に、受精から着床までの流れを見ていくことにしましょう。

■妊娠0週

まだ生理中です。

■妊娠1週

生理直後の状態です。

■妊娠2週

排卵が起きて卵管膨大部で精子と受精します。

■妊娠3週

精子と受精した卵子(受精卵)は、約6日ほど時間を掛けて子宮へ到着します。

■妊娠4週

受精卵は、約6日掛けて子宮内膜に根を下ろします。(着床)

大体妊娠4週ぐらいから、妊娠したときに初めて分泌されるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)が分泌されます。hCGの刺激でエストロゲンやプロゲステロンといったホルモン産生されます。

このことによって基礎体温でいう高温期が維持されて体温が高い状態が続くことになります。

妊娠検査薬はhCGに反応するので、このころから陽性反応が出るようになります。いち早く結果を知りたくて、妊娠3週あたりから検査薬をフライング使用する人がいますが、正確な判定ができないので検査日まで待つことが大切です。

妊活中や人工授精、体外受精などを行っていると早く結果が知りたくなるのは分かりますが、焦らずゆったりと待つように心がけましょう。

妊娠週数の数え方

妊娠週数の数え方

一口に妊娠0~3週と言っても、自分でどの時期か良く分からないことがありますよね。

ここで、妊娠週数の数え方を紹介します。

妊娠0週とは、最終月経日、つまり最後の生理が開始した日が妊娠0週0日(0w0d)となります。生理二日目から妊娠1日目(0w1d)と数えていきます。

7日(7d)で1週(1w)と増えていきます。

受精卵が子宮内膜に着床するのは3w0dぐらいなので、妊娠0週(0w0d)から2週(2w0d)まではお腹の中には赤ちゃんが存在しないことになって初期症状は感じることはないとされます。

それでも、妊娠超初期に様々な症状を経験した妊婦さんもいます。しかし、通常の生理前の症状とよく似ているので、自分では気が付かないことも多いです。

妊娠超初期の症状

妊娠超初期の症状

妊娠超初期の主な症状として

・おりものが増える。
・おりものが少ない。
・おりものがない。
・透明のおりもの。
・白っぽいおりもの。
・頭痛、イライラ。
・のぼせ、微熱。
・顔が火照る。
・喉が痛い。
・風邪のような症状。
・胸が痛い、張る。
・乳首がヒリヒリ。
・腹痛、下腹部痛。
・左右下腹部痛。
・下痢または便秘。
・腰痛。
・股関節痛。
・足の付け根が痛い。
・腰から太ももが痛い。

妊娠超初期には、このような症状を感じることがあるようです。とは言っても、症状が生理のときとよく似ているので妊娠に気が付かない人も多いようです。

妊娠超初期の症状として多いのは、腹痛や腰痛、頭痛などの痛みが出る症状、下痢や胃痛、寒気や汗が出る、暑いなどの症状も出ることがあります。

しかし、症状だけで妊娠しているかどうかは分かりません。妊娠の可能性があるときは、生理予定日または生理予定日1週間後まで待って妊娠検査薬を使って陽性反応が出るが確認しましょう。

妊娠が分かったら、ママと赤ちゃんのために生活習慣や食生活を見直してみましょう。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


妊娠超初期に風邪薬は?

妊娠超初期に風邪薬は?

妊娠超初期に風邪薬を飲んでしまって不安になる方もいると思います。風邪薬がお腹の赤ちゃんに影響があるのか心配になりますね。

妊娠超初期といえば、妊娠0~3週目なので、かなり早い時期になります。妊娠3週ぐらいで着床することが多いので、着床したばかりの時期です。

この時期に飲む薬の影響はないと考えられています。

薬の影響がない理由として、all or noneの法則が適用されることがあります。実際には、薬の栄養があったとしても、着床できないので影響はないとされます。

風邪薬に限らず、妊娠中は常に薬の影響を考えなければなりませんが、妊娠超初期に関してはall or noneの法則が適用されて、影響がある受精卵は着床しないとしています。

妊娠超初期は、ママも妊娠に気が付いていないことが多いので、誤って風邪薬を飲む可能性があります。妊娠の初期症状が風邪に似ていることもあって飲んでしまう可能性もあります。

医学的には、問題はないとされていますが、心配なときは産婦人科の主治医に相談するようにしましょう。

妊娠超初期の出血

妊娠超初期の出血

妊娠超初期の出血で、一番先に疑われるのが妊娠による着床時出血(着床出血)です。これは、ちょうど生理予定日ぐらいのころに出血を起こすことがあります。

着床時出血とは、受精卵が着床するときに生じる出血で月経様出血とも表現されているものです。ちょうど生理と同じような時期にごく少量または生理と同じような量の出血を起こすことで知られています。

ですが、妊娠超初期の出血ということで、着床時出血はこの時期でも最後のほうです。これより早い段階で出血を起こしているなら不正出血の可能性があります。

不正出血は、子宮がんや子宮筋腫、子宮頸管炎、子宮頸管ポリープ、子宮膣部びらんなどの病気やエストロゲンとプロゲステロンといったホルモンが原因の場合があります。詳しくは妊娠超初期の出血で解説しています。

妊娠超初期症状はいつから?

妊娠超初期症状はいつから?

妊娠超初期症状はいつから始まるのか不安になることもありますよね。特に、今まで症状が出ていないと本当に妊娠しているのか分からないと思ってしまうことも。

実際に様々な妊娠症状が現れるのは妊娠3週ごろからということで、妊娠超初期の後半ぐらいから頭痛や胸の痛み、腹痛や腰痛といった症状が現れるようになります。

これ以外にも、微熱や喉の痛み、子宮や卵巣の痛み、足の付け根や股関節、太ももが痛くなるなど人によって出てくる症状も違ってくるようです。

妊娠かな?と思う時期は、大体生理予定日ぐらいからです。生理が来ないのでもしかして?と思って検査したら陽性だったという人も多いです。妊娠が分かったらすぐに産婦人科を受診してください。詳しくは妊娠超初期症状はいつから?で紹介しました。

妊娠超初期の兆候

妊娠超初期の兆候

妊娠超初期の兆候は、感じ取れる人は少ないかもしれません。妊活中の人は、妊娠に敏感になっているので兆候を感じ取れるかもしれませんが、ほとんどの人は感じていないようです。

超初期の兆候といっても、受精卵の着床が始まるのが妊娠3週ごろなので、この時期からの症状ということになります。これ以前は症状がないのが普通です。

妊娠の兆候は、人によって様々ですが、強い眠気やだるさ、生理前のような症状、少量の出血または生理ぐらいの出血などが主な症状と言われています。

自分が気が付かなくても、家族や友人が気が付くこともあります。顔つきが変わったり、上の子が急に甘えん坊になったりと自分より先に妊娠に気が付くケースもあります。詳しくは妊娠超初期の兆候で説明しています。

妊娠超初期の基礎体温

妊娠超初期の基礎体温

妊娠超初期の基礎体温は、高温期が持続している形になります。高温が続くので、通常の体温より0.3~0.5℃ぐらい体温が高い状態になります。

通常、2週間以上高温期が続いた状態になると、妊娠している可能性が高くなります。生理予定日まで体温が高い状態が続いていれば、妊娠検査薬を使って検査してみましょう。

体温が高くなるからといって、38℃以上の高熱の場合は妊娠ではなく風邪やインフルエンザウイルスに感染するなど違う病気の可能性が高くなります。

高熱が続く場合は、産婦人科へ連絡をしてから受診するようにしましょう。受診するときはマスクをするようにしてください。高温期ぐらいの体温なら妊娠の可能性があります。詳しくは妊娠超初期の基礎体温で解説しました。

妊娠超初期症状と生理前

妊娠超初期症状と生理前

妊娠超初期症状と生理前症状は非常によく似ていて、これだけで妊娠と判断するのは難しいでしょう。特に妊娠超初期ですから、妊娠0週~3週の間に症状を感じる人は少ないようです。

少ないと言っても、妊娠に敏感な人は感じ取ることができるかもしれません。微熱や頭痛、喉の痛み、鼻水や鼻づまりなど風邪に似た症状が出ることがあります。

ですが、このような症状は、生理前にも良く出る症状です。生理の前にも同じような症状が出るので、妊娠していることに気が付かない人も多いです。あとから考えると妊娠の兆候だったという人が大半ではないでしょうか?

通常、妊娠に気が付くのは、妊娠4週つまり生理予定日を過ぎた頃がピークです。この時期は妊娠検査薬も使えるので早めに検査して妊娠の有無を調べてみましょう。詳しくは妊娠超初期症状と生理前で説明しています。

妊娠超初期症状で頭痛

妊娠超初期症状で頭痛

妊娠超初期症状で頭痛がありますが、この他にも微熱やだるさ、鼻水や喉の痛みなど風邪と同じような症状が出ることが知られています。この他にも下腹部痛やチクチクした左右の下腹部痛、腰痛、股関節痛など様々な症状が現れます。

妊娠超初期といえば、妊娠3週ごろまでの時期です。妊娠3週ごろに着床が始まるので、敏感な人はこの時期から色々な症状を感じ取る人もいます。

この時期に頭痛が起こる原因として、妊娠による体調変化やホルモンバランスの変化、ストレスなど外的要因などがあります。どの原因も妊娠が深く関係していることが多いです。

しかし、強い頭痛や続く時は違う病気かもしれません。脳出血などの脳疾患は強い頭痛がするのが特徴です。この他にも風邪やインフルエンザウイルスに感染しても頭痛がするので、頭痛が続くなら病院を受診するようにしましょう。詳しくは妊娠超初期症状で頭痛でまとめました。

妊娠超初期症状で吐き気

妊娠超初期症状で吐き気

妊娠超初期症状の吐き気は、妊娠初期の症状としてよく知られている症状です。吐き気の他にも、胃痛や胸焼け、下腹部痛、腰痛、股関節痛、胸の張りなど様々な症状が出てきます。

この時期に吐き気が起こる原因として、ホルモンバランスの急激な変化があります。妊娠すると初めて分泌されるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)などがあり、体内でのバランスが変わって吐き気を起こすと考えられています。

妊娠超初期症状の吐き気は、つわりの前兆の可能性があります。つわりは、早い人で妊娠4週で始まるので、この前触れかもしれません。しっかりと対策していきましょう。

つわり対策としては、食事を数回に分ける、温かいものは食べない匂いがするものには近づかない、アイスやシャーベットを食べる、ぬるい水やお茶を飲まないなどがあります。詳しくは妊娠超初期症状で吐き気で説明しています。

妊娠超初期の胃痛

妊娠超初期の胃痛

妊娠超初期に胃痛を感じる妊婦さんもいるようです。妊娠超初期というと、妊娠0週~3週ぐらいまでなので、この時期の胃痛は違う病気かもしれません。

この時期に起こる胃痛の原因として、妊娠による体内のホルモンバランスの変化があります。ホルモンバランスが急激に変化を起こすことで体調面に色々な影響を及ぼすことが知られています。

妊娠超初期の胃痛対策として、食事は良く噛んで食べる、辛いものや酸味の強いものは避ける、乳製品を食事に取り入れる、脂っこいものは食べないなどがあります。

妊娠の兆候として胃痛などの胃腸症状がありますが、この時期の胃痛は妊娠ではなく違う病気の可能性があります。痛みが続く場合には、医師に妊娠の可能性があることを伝えて診察を受けましょう。詳しくは妊娠超初期の胃痛で紹介しています。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


超妊娠初期症状

超妊娠初期症状

超妊娠初期症状が出る時期は、妊娠超初期の中でも後半の妊娠3週ごろだとされています。この時期は、ちょうど受精卵が着床する時期なので、体調に変化が現れやすくなっています。

体調の変化が起こる原因として、体内のホルモンバランスの変化があります。妊娠によって分泌されるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)と言うホルモンやエストロゲンとプロゲステロンといったホルモンのバランスが急激に変化します。

このホルモンの変化が、自律神経や交感神経に影響して様々な症状を感じるようになります。頭痛や下腹部痛、腰痛といった症状が主な症状です。

超妊娠初期症状を感じないという人も、妊婦さん全体の2~3割ぐらいいると言われています。ですが、強い眠気やだるさも妊娠の症候なので気が付いていないだけかもしれません。詳しくは超妊娠初期症状で説明しています。

妊娠超初期症状の腰痛

妊娠超初期症状の腰痛

妊娠超初期症状の腰痛は、妊娠初期の症状としてよく知られているものです。腰痛の他にも頭痛や腹痛といった症状が現れることがあります。

妊娠超初期といえば、妊娠0~3週ごろまでの期間ですが、具体的な症状が出るのは妊娠3週ごろからが多いです。それ以前に何らかの症状を感じる人は少数です。

腰痛が起こる原因としては、妊娠によるエストロゲンとプロゲステロンといった女性ホルモンの増加とhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)などの初めて分泌されるホルモンバランスの変化です。

女性ホルモンのバランスが変化すると、胸が大きくなる、子宮が柔らかくなる、腰痛になりやすい、シミができやすくなる、尿がたまりやすい、頻尿になるなどの症状が出てきます。詳しくは妊娠超初期症状の腰痛で解説しています。

妊娠超初期の症状はいつから?頻尿、吐き気、気持ち悪い

妊娠超初期症状はいつごろから始まるのでしょうか?

症状がいつごろか始まるのかというと、個人差がありますがおおよそ妊娠4週ごろからなります。生理前と似た症状は妊娠3週ごろから、妊娠4週ごろからは吐き気、ムカムカ、気持ち悪いなど症状が出てきます。

妊娠初期には、この他に喉が痛い、頭痛がする、微熱がある、鼻炎になった、フラフラする、情緒不安定になるなど様々な症状が出てくることになります。生理前とお案じような感じですね。

上記の症状は、生理前に出る症状とよく似ています。症状がある、ないだけで妊娠は分かりません。必ず生理開始予定日まで待って、妊娠検査薬を使って妊娠判定してみましょう。

つわりも症状も、吐き気だけでなく眠気や食欲が増す食べつわりなど色々な種類があります。つわりを治す薬はないので、頑張ってつわり対策をして乗り切るようにしましょう。詳しくは、妊娠超初期の症状はいつから?頻尿、吐き気、気持ち悪いで説明しています。

この他、妊娠初期に気をつけることは妊娠初期に気をつけることで、妊娠初期の注意点は妊娠初期の注意点でまとめました。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠超初期症状で足がつる、太ももが痛い原因は?

妊娠超初期症状で足がつる、太ももが痛い原因は?

妊娠超初期症状で足がつる、太ももが痛い原因

妊娠の症状で足がつる、太ももが痛いなど普段とは違った症状を感じる人もいますよね。

妊娠超初期症状はいつから始まるの?と思う人も多いと思います。

一般的に言われる妊娠超初期とは、妊娠週数で言うと妊娠0週から3週までの間です。

妊娠の症状が出始めるのは、生理予定日の数日前つまり妊娠3週ごろからだと言われています。排卵があって受精して、ちょうど着床する時期から色々な症状が出始めます。

ちょうど妊娠超初期から妊娠初期へ変わるぐらいの時期ですね。

そのままつわりへ入ってしまう人もいて、症状の出方には個人差があるようです。

足がつる、太ももが痛い原因は?

妊娠初期に足がつる、太ももが痛い原因

妊娠初期に足がつったり、太ももや足の付け根が痛くなる原因はよく分かっていません。

ですが、妊娠したことによるホルモンバランスの急激な変化が影響していると考えられています。

受精卵が子宮内膜に着床することで妊娠が成立しますが、この時期から出産の準備のために様々な体の変化が始まります。

出産の準備のため、子宮の成長をサポートして柔らかくするために黄体ホルモンが急激に増加します。

黄体ホルモンが増加することで、子宮が柔らかくなる作用がありますが、これが関節や背骨を支えている筋肉や靱帯に影響して足がつったり太ももが痛くなるとされています。

妊娠の初期には、この他にも胃腸に作用して胃痛や便秘などの症状など様々な症状が出ることがあります。

その他の妊娠超初期の症状

妊娠超初期の症状

足がつる、太ももが痛い症状の他にも

・頭痛、片側の頭痛。
・イライラ、モヤモヤ。
・微熱、クラクラする。
・熱っぽい。
妊娠初期に頭痛、微熱、イライラ

・風邪のような症状。
・頭がキーンと痛い。
・鼻が詰まる、鼻水。
・喉が痛い、喉がイガイガ。
妊娠の初期症状で喉が痛い、喉がイガイガ、鼻が詰まる、鼻水

・胸が張る、痛い。
・乳首がチクチク、ヒリヒリ。
・胃痛、胸焼け。
・胃がシクシク痛い。
・下腹部痛。
・左下腹部痛。
・右下腹部痛。
・左右の卵巣がチクチク。
・子宮の痛み。
・鈍痛の腹痛。
妊娠初期症状で下腹部痛、子宮の痛み

・腰痛、腰が痛い。
・股関節痛。
・足の付け根が痛い。
・お尻が痛い。
・肌荒れやニキビ。

このような症状を感じる妊婦さんが多いようです。

でも、こんな症状って生理前とよく似ているので妊娠したのに気が付かない人も多くいるようですね。この他、妊娠超初期の症状である食欲については、妊娠超初期の食欲で詳しく説明しました。読んでみてください。

妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期のママに知ってほしいことがあります。

妊娠初期は、「私の赤ちゃん」がグングン成長する時期です。

この時期に、大事な栄養素である葉酸が不足してしまうと、「無脳症」や「二分脊椎」など先天性異常のリスクが高くなることが分かっています。

これは、世界的な疫学的調査で判明したことで、日本でも2002年より厚生労働省が妊娠初期の妊婦さんに対して、積極的に摂取するように通知を出しています。

葉酸は、日頃の食事でも摂取できますが・・・
妊娠初期に葉酸

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように十分に注意してください。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

妊娠が分かったら?

妊娠が分かったらすること

妊娠検査薬で陽性と判定されたら、まず始めに行うことは

・産婦人科を受診して診断してもらう

ことです。

妊娠が分かったら、すぐに産婦人科を受診して「正常な妊娠」であることを診断してもらいます。

妊娠検査薬は妊娠は判定できますが、正常な妊娠かどうかまでは分かりません。

検査で陽性でも、「子宮外妊娠」や「胞状奇胎」「化学流産」などの状態になるリスクがあります。このような状態になると、ママや赤ちゃんに重大な結果を及ぼすことがあるので早く診断してもらうことが大切です。

検査薬で陽性なら、すぐに産婦人科へ行って正常な妊娠かどうか確かめましょう。

正常な妊娠が分かったら、すぐに葉酸を摂取しましょう。葉酸は無脳症や二分脊椎などのリスクを軽減します。できるだけ早めから摂取することが大切です。

食事から必要量を摂取するのは難しいので、サプリからの摂取がおすすめです。厚生労働省もサプリのほうが吸収効率がよいとしてサプリでの摂取を推奨しています。

サプリならつわり中でも無理なく飲むことができます。妊娠に最適なサプリの選び方については失敗しない!葉酸サプリの選び方で詳しく紹介しているので読んでみてください。

これからは食生活や生活環境を見直して、ママと赤ちゃんが元気になれるような環境を作っていくようにしましょう。

この他、妊娠超初期については妊娠超初期で、妊娠初期に気をつけることは妊娠初期に気をつけることで紹介しています。

妊娠初期の注意点は妊娠初期の注意点でまとめています。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで説明しました。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

つわりの症状、妊娠超初期症状で吐き気、妊娠三週目でつわりの症状が出ることも。

つわりの症状、妊娠超初期症状で吐き気

妊娠超初期のつわりで吐き気、気持ちが悪い

妊娠超初期のつわりの症状で、吐き気やムカムカが出てくることがあります。

吐き気やムカムカ、気持ちが悪いのは、妊娠の兆候として知られている症状で、この他にも頭痛や下腹部痛、腰痛など色々な症状が出てきます。

つわりの吐き気などの症状が出る時期は、妊娠超初期でも後半の妊娠3週ごろからです。この時期は生理予定日の数日前なので、ちょうど受精卵が着床を始める時期です。

この頃から、体調に変化が現れることがあります。

妊娠超初期に吐き気が出る原因

妊娠超初期に吐き気が出る原因

妊娠超初期に吐き気が出てくる原因として、体内のホルモンバランスの急激な変化があります。

エストロゲンとプロゲステロンといった従来から分泌されているホルモンに加えて、胎盤を形成するときに初めて分泌されるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)などがあって大きな変化を起こします。

様々なホルモンが作用することによって、吐き気やムカムカが起こると考えられています。

この吐き気は、つわりの前兆かもしれません。早い人では妊娠4週ごろからつわりが始まるので、吐き気が段々強くなる可能性もあります。

ホルモンの作用は、胃や腸にまで及ぶことがあって、吐き気だけでなく胃痛や便秘、下痢などの症状が出ることもあります。

つわりは妊娠16週ごろまで続くことが多いため、今からしっかりとつわり対策を行っていきましょう。

この次は、今からできるつわり対策などを詳しく紹介します。

妊娠中のつわり対策

妊娠中のつわり対策

残念ながらつわりを治す薬はありません。でも、いくつか対策を行うことでつわりを軽減することはできます。

つわりには、吐きつわり、食べつわり、眠りつわりなど種類がありますが、この中でも多いのが吐きつわりです。

吐きつわりは、食べても戻す、食べなくても吐き気が続くという辛い症状が続きます。

このような症状を緩和するために、しっかりと対策していきましょう。

今からできるつわり対策
今からできるつわり対策として次のようなものがあります。

・食事は少量、数回に分けて。
・寝る前と起きたすぐに食べる。
・温かいものを食べない。
・匂いがするものに近づかない。
・冷たいものを食べる。
・ぬるい水やお茶を飲まない。
・炭酸水を飲む。
・締め付ける下着はNG。

このような対策があります。

食事は少量、数回に分けて。

食事は少量、数回に分けて。

一度にたくさんの量を食べると、胃に負担が掛かって吐き気が出てきます。

食事は少量を数回に分けて食べるようにします。胃の中にある程度食べ物が残ることでつわりを軽減できます。

寝る前と起きたすぐに食べる。
寝る前と起きたすぐに食べる。

つわりは、MorningSicknessと呼ばれるぐらい、寝起きに気持ちが悪い気分になったり吐き気がすることが多いです。

寝る前と起きたすぐに、食べ物を胃の中に入れると吐き気を軽減できます。

つわりには炭水化物がよいとされますので、小さなおにぎりやパンがおすすめです。

温かいものを食べない。
温かいものを食べない。

温かい食べ物は、匂いが強くムカムカの原因になります。食べるものは、できるだけ冷やして食べるようにしましょう。

匂いがするものに近づかない。
匂いがするものに近づかない。

キッチンや炊飯器など、匂いのするところには近づかないようにします。自分がいる部屋を閉め切ってしまうことも方法の一つです。

完全な無臭にはなりませんが、ある程度匂いを軽減することができます。

冷たいものを食べる。
冷たいものを食べる。

アイスやシャーベットといった冷たいものを食べると吐き気も抑えられます。氷をガリガリ食べる妊婦さんもいます。

ぬるい水やお茶を飲まない。
ぬるい水やお茶を飲まない。

ぬるい水やお茶を飲むと、ムカムカが増幅されます。なるべく冷えたものか温かい飲み物を飲むようにしましょう。

炭酸水を飲む。
つわり対策に炭酸水を飲む

他のものはダメだけど、炭酸水だけは飲めた!という妊婦さんも多いです。海外の炭酸水も人気ですが、イオンにフレーバー付きの炭酸水が売ってあるので試してみてください。

締め付ける下着はNG。
締め付ける下着はNG

補整下着など、体を締め付ける下着は苦しくなるので外したほうがいいでしょう。ブラトップも楽でおすすめです。

この他にも、フライドポテトだけは食べられたなど、人によって受け入れられるものは個人差が大きいようです。自分にあったつわり対策を見つけてください。

妊娠超初期症状の吐き気は、つわりの兆候かもしれません。今から対策しておくとこれからが楽になります。自分なりの対策法を探してみましょう。

妊娠超初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠超初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊活中や妊娠超初期のママに知ってほしいことがあります。

妊活中や妊娠超初期に葉酸が不足すると、「無脳症」や「二分脊椎」など先天性異常のリスクが高くなることが判明しています。

これは、世界的な疫学的調査で分かったことです。日本でも厚生労働省が2002年に葉酸を積極的に摂取するように通知を出しています。

葉酸は、普段の食事でも摂取できますが・・・
妊娠超初期も葉酸を摂取

特につわりの時期は、満足に食べられないことが多いので、今以上に葉酸を摂取できるように気を付けてください。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

寝起きに気持ち悪いのはつわり?

寝起きに気持ちが悪い、吐き気はつわりの症状の可能性があります。

諸外国では、つわりのことを「Morningsickness」(モーニングシックネス)と呼んでいます。

つわりの症状が、寝起きに出ることが多いので、こう呼ばれているようですね。

一般的につわりの症状は、妊娠16週目ぐらいに治まってくることが多いようです。この時期までは、しっかりつわり対策をして乗り越えるようにしましょうね。

妊娠超初期の症状である咳については、妊娠超初期の咳で詳しく解説しました。読んでみてください。

この他、妊娠超初期については妊娠超初期で、妊娠初期に気をつけることは妊娠初期に気をつけることで紹介しています。

妊娠初期の注意点は妊娠初期の注意点でまとめました。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで解説しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠超初期の胃痛、胃の痛みは妊娠の兆候?

妊娠超初期の胃痛、胃が痛いのは妊娠の兆候?

妊娠超初期の胃痛、胃が痛いのは妊娠の兆候?

妊娠超初期に、胃痛を感じるママもいます。妊娠超初期と言えば妊娠0週~3週ごろなので、着床する時期の妊娠3週ごろから胃痛など様々な症状が出ることがあります。

妊娠0週~2週、つまり前回の生理日から2週間後ぐらいで現れる症状は、妊娠でない他の原因で胃痛が起こっていると考えます。

あまりにも早い時期の症状は、違う病気の可能性もあるので注意しましょう。

妊娠超初期は、胃痛など症状が出る時期

妊娠超初期は、胃痛など症状が出る時期

妊娠初期は、胃痛や下腹部痛、腰痛、股関節痛など様々な症状が出てくる時期です。

実際に胃痛など症状を感じ始めるのは、着床する時期の妊娠3週ごろ、次回の生理予定日の数日前ぐらいからが多いです。

妊娠週数の数え方は、前回の生理が始まった日が妊娠0週ということになります。

つまり、妊娠0週から排卵が起こる時期の2週間後の妊娠2週ごろまでは、特別な症状は出ないことになります。

妊活中で、妊娠に敏感になっている人はそれより早く症状を感じるかもしれません。妊娠していなくても、排卵が起こる時期には腹痛などが出てくることがあります。

妊娠超初期に感じる胃痛だけで妊娠は分かりません。

妊娠を知るには、妊娠検査薬を使うのが確実です。検査する時期以前にフライング使用しても正確な判定はできないので必ず検査時期まで待つようにしましょう。

妊娠超初期の胃痛対策

妊娠超初期の胃痛対策

妊娠初期の胃痛対策として、

・辛いものや酸味の強いものは避ける。
・食事は良く噛んで食べる。
・脂っこいものは避ける。
・乳製品を摂取してみる。

このような胃痛対策があります。

辛いものや酸味の強いものは避ける。
辛いものや酸味が強い食べ物は、胃の内部を刺激して胃痛を増幅させる原因になります。できるだけ辛いものや酸味の強いものは避けるようにしましょう。

食事は良く噛んで食べる。
食事中は、良く噛んで食べるようにしましょう。噛まないまま食べると、胃に負担が掛かり痛みが増します。咀嚼は数十回を目標に噛んで食べるようにしましょう。

脂っこいものは避ける。
普段なら、天ぷらやコロッケ、唐揚げなど美味しく食べられますが、胃痛がある場合には脂っこいものが胃に負担を掛けるので避けるようにしましょう。

乳製品を摂取してみる。
牛乳やヨーグルトが大丈夫な人は、食事に乳製品を加えるといいでしょう。

妊娠超初期の胃痛は、妊娠の兆候のときもありますが違う病気の可能性もあります。数日胃痛が続くようなら、妊娠の可能性があることを伝えて病院を受診するようにしましょう。

妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期のママに知ってほしいことがあります。

妊娠初期は、「私の赤ちゃん」がグングン成長する時期です。

この時期に、重要な栄養素である葉酸が不足すると、「無脳症」や「二分脊椎」など先天性異常のリスクが高くなることが分かっています。

これは、世界的な疫学的調査で判明したことで、日本でも2002年より厚生労働省が妊娠初期の妊婦さんに積極的に葉酸を摂取するように通知を出しています。

葉酸は、普段の食事でも摂取できますが・・・
妊娠初期は葉酸が大事

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように注意してください。

詳しくは、下記ページで解説しているので読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

この次は、妊娠初期の注意点などについて詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠初期の注意点

妊娠初期の注意点

妊娠初期は、ホルモンバランスが急激に変わって体調面にも変化が現れてきます。

胃痛や胸焼けなど胃腸の症状も出ることがあります。便秘や下痢になったりすることもあります。

このような症状は、妊娠に伴う症状なので、ある程度仕方のないことかもしれません。色々な対策を行うことで症状を軽減できるので色々試してみてください。

妊娠初期は、お腹の赤ちゃんが薬に敏感になっているので薬を使うことは極力避けるようにします。

漢方薬でも例外ではありません。妊娠初期に薬を飲むのは産婦人科医に相談してから飲むようにしましょう。

この他、妊娠超初期については妊娠超初期で、妊娠初期に気をつけることは妊娠初期に気をつけることで紹介しています。

妊娠超初期の症状である睡眠については、妊娠超初期に眠れないで詳しく説明しました。読んでみてください。

妊娠初期の注意点は妊娠初期の注意点でまとめました。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで解説しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠超初期に運動しても大丈夫?注意点と出血、腹痛について。

妊娠超初期に運動

妊娠超初期に運動

妊娠超初期は、妊娠に気が付いていないママも多くいます。

超初期といえば、妊娠0~3週なので、受精してから1週間後ぐらいになります。妊娠に気が付く人が少ないので、普段通り運動しているママもいるのではないでしょうか?

ここでは、妊娠超初期から運動していいのか紹介します。

超初期から運動で流産?

超初期から運動で流産?

一番気になっているのが、運動したことで流産するのは?という疑問ですよね。

日本産科婦人科学会によると、仕事や運動が流産の原因になることは、ほぼないとしています。

参考:流産・切迫流産:病気を知ろう:日本産科婦人科学会

妊娠初期に流産する原因の多くは、胎児の染色体異常によるものです。

力仕事や重いものを持つ、運動していたなどは流産の原因になることは非常に少ないということです。

出血や腹痛に注意!

出血や腹痛に注意!

妊娠初期は突然出血したり腹痛が起こることがあります。

妊娠の初期症状して少量の出血や腹痛がありますが、出血と強い腹痛は流産の兆候であることがあります。

素人では流産か症状の一つか判断できないので、病院に連絡して指示をもらうようにしてください。

妊娠初期の運動量はどれぐらい?

妊娠の初期で運動するときは、必ず産婦人科医に相談してから行うようにしてください。

それを前提として、運動量は軽めにしたほうが無難です。ウォーキングや散歩程度の軽めの運動がおすすめです。

上記でも、運動は流産の原因にならないと記述していますが、アスリート波の激しい運動は控えるようにしてください。

妊娠初期は体調を崩すことが多いので、様子を見ながら慎重に行動しましょう。

妊娠超初期は先天性異常のリスクに注意!

妊娠超初期は先天性異常のリスクに注意!

妊娠初期のママに知ってほしいことがあります。

それは、妊娠初期に重要な栄養素である葉酸が不足してしまうと、ということです。

このことは、世界的な疫学的調査で判明したことで、日本でも2002年より厚生労働省が妊娠初期の女性に対して積極的に摂取するように通知を出しています。

葉酸は日頃の食事でも摂取できますが・・・
妊娠超初期は、先天性異常のリスクに注意!

葉酸は絶対に必要な栄養素です。不足しないように注意してください。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

初期に避けたほうがいいスポーツ

初期に避けたほうがいいスポーツ

妊娠初期の運動として避けたいいスポーツとして、

・バレーボール
・バスケットボール
・サッカー
・マラソン
・スキューバダイビング
・トライアスロン
・ウェイトトレーニング

このような運動は避けるようにしてください。

特にバレーボールなど集団で行うスポーツは気分が悪くなっても途中で抜けるのが難しいので参加しないほうが無難です。

妊娠初期は体調が悪くなる。

妊娠初期は体調が悪くなる。

妊娠超初期を過ぎた妊娠4.5週ぐらいになると、体調に大きな変化現れることがあります。

その中でもつわりは、妊娠の症状で多くの妊婦さんが経験する症状です。

つわりにもいくつかの種類があります。

・吐きつわり。
・食べつわり。
・眠りつわり。

このような症状が現れます。

吐きつわりの症状

吐き気はつわりの代表的な症状で、いつもムカムカ、吐き気が治まらないのが特徴です。

ムカムカして食べる気が起きずに、一日中寝ている妊婦さんもいるほどです。

吐きつわりの対処法としては、「食べられるものを食べられるときに食べる。」ようにすることです。

少し吐き気が治まるときがあるので、そのときに食べられるのもを食べるようにしてください。

水分が不足すると脱水になる危険性があります。固形物は無理でも液体なら飲めることがあるので試してみてください。

つわりにおすすめの食べ物

先輩ママに聞いたおすすめの食べ物として

・フライドポテト
・梅干し
・温野菜
・アイスキャンディ
・アイスクリーム
・トマト
・イチゴ

こんな食べ物が食べやすかったと回答しています。

フライドポテトは脂っこいので意外ですね。でも、ポテトを食べるためにファストフード店に通ったママもいます。

ダメ元で試してみるのもいいかもしれません。

あとは、梅干しやアイスなどさっぱりしたものが人気ですね。トマトやイチゴなども栄養があって食べやすいみたいです。

温野菜はレンジでチンすると簡単にできます。ポン酢をかけて食べるとさっぱりしますよ。

食べつわりの症状

吐きつわりとは反対に、ずっと食べないと気持ちが悪くなるのが食べつわりです。

とにかく胃が空になると、気分が悪くなるので、食べ続けることになります。

ここで注意したいのが、食べる量です。過度に食べ過ぎてしまうと、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病などのリスクが高くなるので注意してください。

食べつわりの対処法として、

・周りに食べ物を置かない。
・温野菜で空腹を満たす。

こんな対処法があります。

自分の手の届く範囲に食べ物があると、つい食べてしまいます。食事の3食以外はおやつ程度にして、常に食べることをやめるようにしましょう。

また、食欲が出てきたときは温野菜がおすすめです。もやしやサツマイモなどを温野菜にすると、食物繊維も摂取できて便秘改善に役に立ちます。

眠りつわりの症状

つわりの種類に、いつも眠気がある眠りつわりがあります。

症状としては、常に眠気がある状態で、一日中眠たい状態が続くことになります。

対処法としては、眠ることです。日常生活に支障をきたすぐらい強い眠気が出ることも。

車の運転などは危険なので、家族に運転してもらうようにしてください。

妊娠超初期の運動は、必ず病院で医師と相談しながら行うようにしましょう。

気分が悪くなったり、出血や腹痛などが起こったらすぐに休憩して、産婦人科に連絡するなど必要な対処を行うようにしてください。

この他、妊娠初期に気をつけることは妊娠初期に気をつけることで、妊娠初期の注意点は妊娠初期の注意点でまとめています。読んでみてください。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで説明しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠発覚の時期はいつ?発覚までの期間にタバコやアルコールは?仕事の報告の時期は?

妊娠発覚の時期はいつごろ?

妊娠発覚の時期はいつ?発覚前のタバコやアルコールは大丈夫?

妊娠が発覚するのはいつごろなの?

妊娠発覚前にタバコを吸ったり飲酒したけど大丈夫?

仕事で妊娠を報告する時期は?

こんな疑問を中心に、妊娠発覚してから気をつけることなどをまとめて紹介します。

妊娠発覚の時期はいつ?

妊娠発覚の時期はいつ?

妊娠発覚の時期はいつごろでしょうか?

ママが妊娠が気がつくのは生理が遅れてるとき(無月経)が多いようですね。

生理が2,3日遅れていて「もしかして妊娠?」と疑って妊娠検査薬を使って妊娠が判明する例です。

この時期は、生理開始予定日の数日後、薬局で買える検査薬が使用できるのが予定日1週間後ですので、妊娠5週ぐらいです。

最短何日で妊娠が分かる?

妊娠を心待ちにしているママは、少しでも早く妊娠を知りたいですよね。

最短何日で妊娠が分かるかというと、胎のうが確認できるのが早ければ妊娠4週なので、生理予定日ぐらいになります。

参考記事:妊娠初期の超音波診断

妊娠検査薬の陽性反応が出るのは生理予定日当日が最短。

妊娠検査薬の陽性反応が出るのは生理予定日当日が最短。

妊娠検査薬で最短で妊娠が分かるのは、生理予定日当日に使える早期妊娠検査薬です。

薬局で買える検査薬は、生理予定日から一週間後に使用するものが多いのですが、早期妊娠検査薬は、予定日当日から使用できます。

最短で妊娠を知りたいなら早期検査薬を使用しましょう。予定日当日から判定できます。

海外の妊娠検査薬は生理予定日4日前から検査できるキットも。

海外の検査薬は、生理予定日前から判定できると記載されているものがあります。

ワンステップ妊娠検査薬

上記のHPによると、生理4日前で53%の判定となっています。つまり半分程度の判定率です。

生理4日前では正確な判定ができないので、検査薬のフライング使用はやめて、予定日当日から判定できる早期検査薬を使うようにしましょう。

妊娠発覚前のタバコは?

妊娠発覚前のタバコ

妊娠が分かる前のタバコは、胎児に影響がないか心配になりますよね。

日本産婦人科医会のHPによると、妊娠中にタバコを吸う、胎児に影響があることが分かっています。

参考:飲酒、喫煙と先天異常

タバコの煙には、ニコチンや一酸化炭素、鉛など胎児に有害なものが含まれていて、胎児に毒性があり血管が収縮する作用があります。

妊娠中のタバコの害として、低体重児で出産があります。

喫煙を続けたママは、タバコを吸っていないママに比べて役200g軽い赤ちゃんを出産していることが分かっています。

ヘビースモーカーになると、役450gも軽い赤ちゃんを出産するとされています。

このほかにも、様々な影響や症状が出てくる可能性があります。

■妊娠中のタバコの影響
・早産
・流産
・前置胎盤
・胎盤早期剥離

このような異常が通常の2~3倍に増加します。

早産する確率は喫煙本数に比例

妊娠中の喫煙本数と早産する確率についてまとめた報告があります。

この報告によると、タバコを吸わない人の早産率が6%に比べて5本以上で7%、11~20本で13%、31本以上で33%と高くなります。

明らかに喫煙本数と早産率が比例していることが分かります。

禁煙の効果が大きい。

妊娠発覚前から喫煙していても、妊娠が分かった時点で禁煙すれば、非喫煙者とほぼ変わらないことが分かっていて禁煙の効果が大きいです。

今までタバコを吸っていたママは、今すぐ禁煙して異常のリスクを抑えるようにしてください。

受動喫煙(間接喫煙)も問題

ママが吸っていなくても、パパや家族が吸っていると受動喫煙になって異常のリスクが高くなります。

受動喫煙は、1日1~5本程度の喫煙効果があると言われているので注意が必要です。妊娠を機会にして、家族で禁煙することをおすすめします。

妊娠発覚前の飲酒は?

妊娠発覚前の飲酒

日本産婦人科医会によると、「アルコールが催奇形性を有することは明らか」として注意喚起を行っています。

■胎児への影響

1. 子宮内胎児発育遅延ならびに成長障害 
2. 精神遅滞や多動症などの中枢神経障害
3. 特異顔貌、小頭症など頭蓋顔面奇形 
4. 心奇形、関節異常などの種々の奇形

妊娠中に飲酒を続けると、このような障害が起こるリスクが高くなります。このような障害を「胎児性アルコール症候群」と表現されています。

「これ以下の飲酒量であれば胎児に影響がない」とされています。つまり、たとえ少量でも妊娠中にアルコールを摂取すると胎児に障害が起こるリスクがあるということです。

妊娠を知らずにワインを少量飲んだ程度なら、実際には問題ないとしています。

早期に禁酒すれは、それなりの効果を期待できるとしているので、妊娠が発覚した時点で禁酒するようにしてください。

妊娠発覚の時期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠発覚の時期は、先天性異常のリスクに注意!

妊娠が分かったママに知ってほしいことがあります。

それは、妊娠発覚の時期から初期にかけて、重要な栄養素である葉酸が不足すると、「無脳症」や「二分脊椎」など先天性異常のリスクが高くなるということです。

これは、世界的な疫学的調査で判明したことで、日本でも2002年より厚生労働省が妊娠初期の女性に対して葉酸を積極的に摂取するように通知を出しています。

葉酸は、普段の食事でも摂取できますが・・・

妊娠発覚後は、先天性異常のリスクに注意!
「無脳症」や「二分脊椎」など先天性異常のリスクが高くなる

葉酸は、葉酸は絶対に必要な栄養素です。不足しないように注意してください。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。
妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

妊娠が分かる時期は妊娠1ヶ月です。

妊娠が分かる時期は妊娠1ヶ月

妊娠が分かる生理予定日前後は妊娠1ヶ月(妊娠4週)になります。

妊娠週数の数え方

WHO(世界保健機構)によると、妊娠週数は最終生理日から数えるとされています。

生理予定日が妊娠4週となります。みんなが妊娠に気がつくことが多い予定日1週間後は妊娠5週です。

妊娠0週は生理なので、妊娠していないことになります。不思議ですね。

妊娠週数は生理が一定に来ている人が基準となっているので、周期が35日型など長い人は違ってくるので注意しましょう。

計算上では、35日型の人は胎児の発育が未熟となりますが、実際にはエコー検査(超音波検査)でCRL(胎児頭臀長 crown-rump length)を基準に算出するので安心してください。

発覚後の病院へ行くタイミングは?

発覚後の病院へ行くタイミングは?

検査薬で妊娠が判明したら、すぐに病院を受診して正常妊娠かどうか診断してもらいます。

おおよそ、妊娠が判明する時期は妊娠5週前後なので、エコー検査で胎のうが確認できる時期です。

子宮内に胎のうが確認できることで妊娠が成立します。

妊娠が成立=正常妊娠ではない。

妊娠が成立=正常妊娠ではない。
胎のうが確認できることで妊娠が成立しますが、正常妊娠とは診断されません。

■正常妊娠となる3つの条件
・胎のう
・胎芽
・心拍(心音)

上記の3つが確認されることで正常妊娠となります。

胎のうが確認できるのは妊娠5週ごろから、胎芽と心拍が確認できるのは妊娠6週ごろからです。

病院を受診しても、胎のうが確認できないときは後日の再受診となります。

参考:妊娠したかな?と思ったら:フィオーレ第一病院

仕事の妊娠報告の時期は?

仕事の報告の時期は?

職場への妊娠報告の時期は、妊娠10週ぐらいを目安にすると良いと思います。

この時期になると、胎芽や心拍(心音)が確認できて流産する確率が劇的に下がる時期です。母子手帳も交付される時期なので妊娠10週ごろ職場や上司へ妊娠報告するといいでしょう。

この他、妊娠初期の症状については、妊娠初期・超初期妊娠症状の兆候まとめ!発熱や喉の痛み、筋肉痛、股関節痛はあるの?で、注意点については、妊娠初期、超初期の注意点や気を付けることで説明しています。読んでみてください。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠超初期症状の腰痛

妊娠超初期症状で腰痛

妊娠超初期症状の腰痛は、妊娠の兆候として知られている症状の一つです。

妊娠超初期と言えば、妊娠0週から3週までの間ですので、症状が現れるとしても妊娠3週ごろからと考えられています。

もしかしたら、妊活中で妊娠に敏感になっている人は、これより早い時期に何かしら症状を感じることがあるかもしれません。

しかし、腰痛があるからと言って妊娠が判定できるわけではありません。妊娠を知るには、妊娠検査薬を使って調べるようにしましょう。

妊娠超初期症状で腰痛になる原因

妊娠超初期症状で腰痛になる原因

妊娠すると、黄体ホルモンや卵胞ホルモンなどの分泌が増加して様々な症状を引き起こします。

妊娠の超初期での腰痛が起こる原因として「黄体ホルモン(プロゲステロン)」の作用があります。

黄体ホルモンには、子宮を柔らかく作用がありますが、この作用が骨盤の関節に影響して緩んできて歪みを起こすことが原因です。

関節が緩むために、それを支えようと周りの筋肉が張ってくるので痛みが起こることがあります。以前は腰痛持ちではなかった人も腰痛になる可能性があります。

妊娠によって女性ホルモンが増加することで、腰痛以外にも様々な症状が現れてくるようになります。

妊娠前・妊娠初期に絶対必要な葉酸

妊娠初期に葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この次は、女性ホルモンの増加が体に与える影響について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





女性ホルモンの増加が体に与える影響

女性ホルモンの増加が体に与える影響

妊娠すると、エストロゲン(卵胞ホルモン)やプロゲステロン(黄体ホルモン)などの女性ホルモンの分泌が増加します。

また、お腹の赤ちゃんが胎盤を形成するときに分泌されるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)などがあって、体内のホルモンバランスが急激に変化していきます。

ホルモンバランスの変化が自律神経や交感神経に影響を及ぼして様々な症状が現れることになります。

女性ホルモンが増加すると?
女性ホルモンが増加することによって、

・胸が大きくなる。
・子宮が柔らかくなる。
・腰痛になりやすい。
・シミやできやすくなる。
・便秘や下痢になる。
・尿がたまりやすい、頻尿。
・胃痛や胃のむかつき、胸焼け。
・下半身のむくみ。
・息切れや動悸。

このような症状が現れることがあります。

また、妊娠中は血液量が約1.3倍から1.5倍に増加して貧血が起こりやすくなります。この他にも尿の量が増えたり血が固まりやすくなるなどの症状が現れることがあります。

妊娠超初期の症状である睡眠については、妊娠超初期に眠れないで詳しく説明しました。読んでみてください。

妊娠中は食べるものにも気を配る必要があります。レバーやうなぎ、マグロやひじきなど妊娠中は控えたほうがよい食品もあります。

栄養のバランスを考えた食事をするようにメニューを考えていきましょう。

妊娠週数が進むと、つわりなどの症状が出てきます。つわりを治す薬はないので、色々なつわり対策を行って症状を軽減していきます。

妊娠初期には葉酸がよいとされます。必要量を食品で摂取するのは大変なのでサプリを選択するのも方法の一つです。

食事から必要量を摂取するのは難しいので、サプリからの摂取がおすすめです。厚生労働省もサプリのほうが吸収効率がよいとしてサプリでの摂取を推奨しています。

サプリならつわり中でも無理なく飲むことができます。サプリでの葉酸摂取がおすすめです。妊娠に最適なサプリの選び方については失敗しない!葉酸サプリの選び方で詳しく紹介しているので読んでみてください。

妊娠超初期症状の腰痛は、ホルモン変化が関係しています。正しい姿勢を保つ、ストレッチやマッサージを行うなど症状を軽減していきましょう。

この他、妊娠超初期については妊娠超初期で、妊娠初期に気をつけることは妊娠初期に気をつけることで紹介しています。

妊娠初期の注意点は妊娠初期の注意点でまとめています。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで紹介しました。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

超妊娠初期症状

超妊娠初期症状

超妊娠初期症状は、妊娠超初期の終わりごろ、おおよそ妊娠3週ごろから出始めるのが一般的です。症状は、全ての妊婦さんに出るわけではなく全く感じない人も約2~3割ぐらいいます。

基礎体温の高温期が2週間以上続くと妊娠している可能性があります。生理予定日まで待って妊娠検査薬を使って妊娠しているか検査してみましょう。

妊娠判定が陽性なら、すぐに産婦人科を受診して正常な妊娠か確定診断してもらいます。

超妊娠初期症状で下腹部痛や腰痛も

超妊娠初期症状で下腹部痛や腰痛も

超妊娠初期の症状で、下腹部痛や腰痛を感じる人がいます。この他にも頭痛や風邪に似た症状、微熱やだるさを感じる人もいるようです。

下腹部痛や腰痛の症状が出る原因として、妊娠による影響があります。妊娠によって卵巣が腫れたり、受精卵が着床して胎盤を形成するときに下腹部痛を起こすことがあります。

腰痛は、黄体ホルモン(プロゲステロン)の作用によって関節が緩んで痛みとして出てくると考えられています。

頭痛や風邪に似た症状の原因は、体内のホルモンの変化が影響しています。

通常は、高温期に黄体ホルモン(プロゲステロン)が多く分泌されて体温が高い状態が持続します。生理が終わるとホルモンが減少して平熱に戻ります。

妊娠すると、高温期の状態が持続されるため高温期の体温が続くことになります。これに加えて、妊娠すると初めて分泌されるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)やエストロゲンなどとのバランスが崩れて体調に変化が現れます。

これが影響して、頭痛や風邪に似た症状が出ると考えられています。

どちらも妊娠の兆候として知られている症状ですが、普段の生理前の症状と変わらないため妊娠に気が付かない人も多いようです。この他、妊娠超初期の症状である咳については、妊娠超初期の咳で詳しく解説しました。読んでみてください。

あとから考えると、超妊娠初期症状だったと感じる人が大半です。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


超妊娠初期症状を感じない人がいる?について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





超妊娠初期症状を感じない人がいる?

超妊娠初期症状を感じない人がいる?

日本産婦人科学会の資料によると、妊婦さん全体の2~3割ぐらいが妊娠初期の症状を感じていないとされています。

しかし、実際には妊娠の初期症状が出ているのに妊娠の兆候として感じていないことがあるようです。

初期症状と思われていないもの
・熱っぽい症状。
・強い眠気や全身のだるさ。

このような症状も超妊娠初期の症状として知られています。症状が軽いと、それが妊娠の兆候と感じていなかったということかもしれません。

超妊娠初期症状は、この他にも

・胸の痛み、張り。
・左右の下腹部痛。
・股関節痛。
・太ももの裏の痛み。
・肌荒れやニキビ。

こんな症状があります。

これらの症状だけで、妊娠したかどうかは分かりません。確実に妊娠を判断するには、妊娠検査薬を使って判定することです。

早く妊娠を知りたいために、妊娠検査薬をフライング使用する人もいますが、正確な判定ができないので止めておきましょう。

超妊娠初期症状は、生理前の症状とほとんど同じです。症状だけで判断せずに検査薬を使って判定したほうが確実です。

陽性反応が出たら、すぐに産婦人科を受診して、子宮外妊娠(異所性妊娠)や胞状奇胎など異常な妊娠でないことを確かめましょう。

この他、妊娠超初期については妊娠超初期で、妊娠初期に気をつけることは妊娠初期に気をつけることでまとめました。

妊娠初期の注意点は妊娠初期の注意点で紹介しています。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで解説しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠超初期症状で頭痛

妊娠超初期症状で頭痛

妊娠超初期症状で、頭痛があったという妊婦さんもいます。この時期は、頭痛だけでなく微熱やめまい、鼻水や喉の痛みなど風邪に似た症状が出ることがあります。

他にも、胸の張りや下腹部痛、生理のような鈍痛、腰痛、股関節痛など下半身に症状が出ることもあります。これらは、妊娠の初期症状として知られていますが、これだけで妊娠したとは言い切れません。

もし、妊娠の可能性があるなら、生理予定日まで待って妊娠検査薬を使って調べるのが確実です。(検査薬によっては、生理予定日1週間後)

早く妊娠を知りたい気持ちは分かりますが、焦らずに生理予定日まで待ってから調べましょう。

妊娠超初期に頭痛が起こる原因

妊娠超初期に頭痛が起こる原因

妊娠超初期と言われる妊娠3週ごろに頭痛が起こる原因として

・妊娠による体調変化。
・ホルモンの急激な変化による作用。
・ストレスなど外的要因。

このような原因が考えられます。

妊娠による体調変化。
妊娠すると、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)と呼ばれるホルモンが分泌されたり、体調に変化が現れることが多いです。

体調不良で血行が悪くなり、頭痛を起こすことがあります。

ホルモンの急激な変化による作用。
妊娠によってエストロゲンとプロゲステロンといったホルモンのバランスが急激に変化します。この変化によって、自律神経や交感神経に作用して様々な症状を引き起こします。

頭痛だけでなく、胃痛やムカムカ、便秘や下痢など胃腸にも作用します。

ストレスなど外的要因。
ストレスも頭痛や肩こりの原因になります。大きなストレスを受けると、血行が悪くなって頭痛や肩こり、体の冷えなどの症状が出ます。

妊娠超初期症状で頭痛がありますが、ひょっとしたら、違う原因で頭痛がしているかもしれません。

妊娠前・妊娠初期に絶対必要な葉酸

妊娠初期に葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠初期に絶対必要な葉酸
妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この次は、女性が感じやすい頭痛の原因を詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





女性に多い頭痛の原因

女性に多い頭痛の原因

頭痛には、緊張型頭痛と偏頭痛がありますが、どちらも女性のほうが多いのが特徴です。とりわけ偏頭痛は、男性の約3倍と女性のほうが多いです。

緊張型頭痛の原因はストレスです。女性のほうが男性よりストレスを受けやすい傾向があります。

偏頭痛の原因は、ホルモンが関係しています。生理前に頭痛がするように、毎月のホルモン変化によって頭痛がおきます。閉経すると偏頭痛が治まる人も多いのでホルモンが関係していると推測されます。

あまりに強い頭痛は、脳出血など重症のことが多いので、すぐに病院で診察を受けるようにしてください。

妊娠超初期症状として頭痛がありますが、これだけで妊娠しているかは分かりません。風邪やインフルエンザウイルスに感染している可能性もあるので、頭痛が続くようなら医師に妊娠の可能性を伝えて診察を受けるようにしましょう。

この他、妊娠超初期の症状である食欲については、妊娠超初期の食欲で詳しく説明しました。読んでみてください。

妊娠超初期については妊娠超初期で、妊娠初期に気をつけることは妊娠初期に気をつけることでまとめています。

妊娠初期の注意点は妊娠初期の注意点に掲載しました。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠超初期の寒気

妊娠超初期の寒気

妊娠超初期には、寒気の他にも頭痛や微熱、喉の痛みや鼻水鼻づまりなどの症状が出てくることがあります。このような症状は、風邪とよく似ているので違いが分からないかもしれません。

寒気だけで妊娠を判断することは困難です。もし、妊娠の可能性があるなら、生理予定日まで待って妊娠検査薬を使って調べてみましょう。

これ以前に検査薬を使っても正確な判断はできないので、必ず使用書にある検査日を守るようにしてください。

妊娠超初期の寒気が起こる原因

妊娠超初期に寒気が起こる原因

妊娠超初期に寒気を感じる原因として、ホルモンバランスの変化があります。

妊娠すると、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)という初めて分泌されるホルモンがあったり、エストロゲンとプロゲステロンといったホルモンバランスが急激に変化するためと考えられています。

hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)とは、胎盤で作られるホルモンで、妊娠検査薬はこのホルモン量を測定して判定しています。

胎盤で作られるため、妊娠しているときにしか分泌されません。つまり、妊娠検査薬が陽性なら、ほぼ100%妊娠しています。

hCGやエストロゲン、プロゲステロンといったホルモンが作用して、寒気や微熱など風邪のような症状を引き起こします。

この他にも、様々症状が出て体調不良の原因にもなっています。

でも、寒気があるからといって必ず妊娠しているとは限りません。正確に判断できるのは妊娠検査薬ですので、焦らず生理予定日または生理予定日1週間後まで待って検査してみましょう。

陽性なら、すぐに産婦人科を受診して、子宮外妊娠(異所性妊娠)や胞状奇胎など異常な妊娠でなく正常な妊娠であることを診断してもらいましょう。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この次は、妊娠初期の冷えなどについて詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠初期の冷え

妊娠初期の冷え

妊娠初期に体が冷えていると、ママとお腹の赤ちゃんにとっていいことではありません。体の冷えを改善して、ゆったりと過ごすようにしましょう。

妊娠が分かったら、生活リズムと食生活を見直してみましょう。

食事は、一日3回きちんと食べるようにします。できれば、毎日同じ時間に食べるようにしましょう。食事のメニューも緑黄色野菜や肉、魚など栄養バランスを考えましょう。

体の冷えを改善するには、玉ねぎやじゃがいも、人参、ゴボウなど根菜類を摂るとよいと言われます。鍋やシチューにすると、一度に多くの根菜類を食べることができるのでおすすめです。

睡眠不足も体調不良の原因となります。寝る時間が不規則になると体調に影響するので、毎日同じ時間帯に寝るようにしましょう。

寝る前は、TVやスマホを止めてリラックスした状態で寝ると良い眠りにつくことができます。試してみてください。

妊娠超初期の寒気は、妊娠初期症状の一つです。この他にも風邪のような症状が出ることもあります。具体的な症状が出るのは妊娠3週つまり生理予定日の数日前です。

これより以前なら、本当の風邪かもしれないので、病院で妊娠の可能性があることを伝えて診察を受けるようにしましょう。

この他、妊娠超初期については妊娠超初期で、妊娠初期に気をつけることは妊娠初期に気をつけることで紹介しています。

妊娠超初期の症状である口内炎については、妊娠超初期の口内炎で詳しく説明しました。読んでみてください。

妊娠初期の注意点は妊娠初期の注意点でまとめています。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで紹介しました。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠超初期症状と生理前

妊娠超初期症状と生理前

妊娠超初期症状と生理前の症状は、非常によく似ており見分けが付かないかもしれません。

実際に症状が出たときに「これは妊娠の症状」と気が付く人は少ないようです。あとから考えると、あれが妊娠初期の症状だったと感じる人が多いです。

もし、妊娠の可能性があるなら、生理予定日ぐらいから使える妊娠検査薬を使って妊娠の有無を確認するようにしましょう。

妊娠が分かったら、すぐに産婦人科を受診して正常な妊娠か確かめましょう。

妊娠超初期の症状

妊娠超初期の症状

妊娠超初期の症状として多いのが、風邪ような症状です。風邪かな?と思っていたら妊娠していたという妊婦さんも多いです。

その他にも、妊娠の兆候として

・頭痛や微熱。
・イライラがある。
・頭がフラフラする。
・喉が痛い。
・鼻が詰まる。
・鼻水が出る。
・胸が痛い、張る。
・乳首が敏感。
・胃痛がする。
・キリキリ胃が痛い。
・みぞおちが痛い。
・下腹部痛。
・右下腹部痛。
・左下腹部痛。
・子宮が痛い。
・卵巣のあたりがチクチク。
・股関節痛。
・腰痛。
・腰が張る。
・足の付け根が痛い。
・太ももの裏が痛い。
・ニキビができる。
・肌荒れ。

症状の感じ方は、個人差があって様々な症状を感じることがあります。

でも、これらの症状は生理前の症状と非常によく似ています。この症状だけで妊娠を判別するのは困難でしょう。

妊娠しているか気になるなら、生理予定日まで待って妊娠検査薬を使うことが確実に分かります。

早く知りたい気持ちは分かりますが、正確な判定のためにもフライング使用などせずに検査できる時期まで待ちましょう。この他、妊娠超初期の症状のげっぷについては、妊娠超初期のげっぷで詳しく説明しました。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この次は、妊娠超初期から症状が出る原因などを詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠超初期から症状が出る原因

妊娠超初期から症状が出る原因

妊娠超初期と言われる妊娠0週~3週ぐらいから症状が出る原因として、妊娠によるホルモンバランスの変化があります。

妊娠することによって初めて分泌されるhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)と呼ばれるホルモンやエストロゲンとプロゲステロンといったホルモンバランスが急激に変わることによって起こると考えられています。

急激にホルモンバランスが変化するため、自律神経などに影響があって体調の不良を起こします。また、ホルモンの影響で便秘になったり下痢になったりと胃腸症状が出てくることがあります。

このような症状が出る時期は、着床が始まる妊娠超初期の後半が多いです。それまでは、今までと変わらないことが多いです。

妊娠超初期症状と生理前の症状は、よく似ていて見分けがつかないことが多いです。妊娠の可能性があるなら、妊娠検査薬を使って確かめましょう。

検査薬は、妊娠の判定しかできません。子宮外妊娠(異所性妊娠)や胞状奇胎など異常な妊娠の可能性もあります。検査薬で陽性がでたらすぐに産婦人科を受診して正常な妊娠か診断してもらいましょう。

この他、妊娠超初期については妊娠超初期で、妊娠初期に気をつけることは妊娠初期に気をつけることで解説しました。

妊娠初期の注意点は妊娠初期の注意点でまとめています。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠超初期の下腹部痛

妊娠超初期の下腹部痛

妊娠超初期の下腹部痛は、正面の子宮辺りが痛むもの、左右の下腹部が痛むものなどがあります。

痛みの種類も、生理のような鈍痛からチクチク痛むなど様々な痛みがあります。お腹だけでなく、腰痛や股関節痛など周辺が痛むこともあります。

妊娠超初期の後半から症状が出る人が多いようです。

妊娠超初期の下腹部痛の原因

妊娠超初期の下腹部痛の原因

この時期に、下腹部痛がある原因として、

・子宮の変化によるもの。
・卵巣の腫れ。
・便秘や下痢など胃腸症状。

このような原因が考えられます。

子宮の変化によるもの。
子宮内膜に受精卵が着床することで、ママの体に様々な変化が起こります。着床するときに少量の出血を起こすこともあります。(着床時出血)

これから子宮が大きくなっていくので、成長による張りや突っ張り、靱帯の痙攣が起こるようになって痛みが出てきます。

卵巣の腫れ。
排卵や妊娠の影響で、卵巣が腫れることがあります。この腫れが、チクチクした左右の下腹部痛の原因となります。

便秘や下痢など胃腸症状。
妊娠することで、胃腸症状が出ることがあります。お腹も目立たないこの時期から便秘や下痢といった症状が出てくることがあります。

便秘や下痢になる原因として、ホルモンバランスの変化があります。エストロゲンとプロゲステロンといったホルモンがダイナミックに変化して胃腸に作用して便秘や下痢を引き起こすと考えられています。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この次は、妊娠以外に下腹部痛が起こる病気について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠以外に下腹部痛が起こる病気

妊娠以外に下腹部痛が起こる病気

妊娠以外に下腹部痛が症状として出る病気として

・子宮付属器炎
・子宮筋腫
・子宮内膜炎
・子宮内反症
・子宮内膜症
・子宮内反症
・子宮内膜症
・骨盤腹膜炎
・卵巣腫瘍
・チョコレート嚢胞

このような病気でも下腹部痛が起こることが知られています。

子宮付属器炎
卵巣や卵管を子宮付属器と呼びます。卵巣や卵管に炎症があって下腹部痛が起こります。症状が進むと、骨盤腹膜炎や腹膜炎を起こします。

子宮筋腫
子宮の筋肉にコブができる病気です。婦人科の病気の中でも多い病気で、30歳以上の人に多く見受けられます。30代が多いですが、20台でもみられます。

子宮内膜炎
子宮内膜が炎症を起こす病気で、細菌へ感染することが原因です。卵管通水検査などのときに感染することがあります。

子宮内反症
子宮の内膜面が外側に向いてしまった状態です。出産するときに起こるとされますが、その頻度は約8000~10000回に一度ぐらいの希な病気です。

子宮内膜症
子宮内膜症とは、子宮内膜または子宮内膜に似た組織が子宮内腔以外に発生する病気で女性の1割が持っているとされます。不妊の原因になる病気です。

骨盤腹膜炎
子宮付属器炎や子宮頸管炎などが進行すると骨盤腹膜炎になります。原因として、STDであるクラミジアや淋菌があります。

卵巣腫瘍
卵巣に腫瘍ができる病気です。たくさんの種類があって左右もしくは両側の卵巣に腫瘍ができます。

チョコレート嚢胞
子宮内膜症として卵巣に組織が発生して起こる病気です。月経痛や骨盤痛があって不妊の原因となっています。

妊娠超初期の下腹部痛は、妊娠の兆候の一つです。ですが、出血があったり膿のようなおりものがある場合には違う病気かもしれません。

いつもと違うと感じたら、すぐに産婦人科を受診して診察を受けましょう。

この他、妊娠超初期については妊娠超初期で、妊娠初期に気をつけることは妊娠初期に気をつけることで紹介しています。

妊娠初期の注意点は妊娠初期の注意点で紹介しました。

妊娠超初期の症状のげっぷについては、妊娠超初期のげっぷで詳しく説明しました。読んでみてください。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいでまとめています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠超初期症状で腹痛

妊娠超初期症状で腹痛

妊娠超初期症状で腹痛があります。症状が出る時期としては、妊娠3週ごろからと言われていますから、生理予定日の数日前からと言うことになります。

これ以前からの腹痛は、妊娠によるものではないかもしれません。痛みに出血を伴っている場合には、すぐに産婦人科を受診して診察を受けるようにしましょう。

妊娠初期に腹痛が起こる原因

妊娠超初期に腹痛が起こる原因

妊娠超初期に腹痛が起こる原因としてホルモンバランスの変化があります。妊娠するとhCGと呼ばれるホルモンが初めて分泌されたり、エストロゲンとプロゲステロンといった妊娠に関連するホルモンのバランスが大きく変化します。

このホルモンバランスの変化が胃腸に影響して便秘や下痢になって腹痛を起こします。

また、妊娠の症状として生理痛のような鈍痛、左右の下腹部がチクチク痛いなど、子宮や卵巣の変化が腹痛の原因になることもあります。

しかし、妊娠超初期とは、妊娠0週から3週のことなので、この時期に腹痛があるときは、他の病気を疑ったほうがいい場合もあります。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この次は、妊娠以外の腹痛の原因などについて詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠以外の腹痛の原因

妊娠以外の腹痛の原因

妊娠超初期の腹痛は、妊娠以外の病気の可能性があります。

痛む部位別で腹痛の原因

みぞおちが痛い
胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、アニサキス症、胃がん、胃肉腫

右の上の方が痛い
肝炎、肝がん、肝膿瘍、肝嚢胞、胆石症、十二指腸潰瘍

左の上の方が痛い
急性膵炎、慢性膵炎、膵がん

へそのあたりが痛い
腹部大動脈瘤、虫垂炎、腸閉塞

左右の横腹が痛い
尿管結石、腎臓の病気

左右の下腹部痛
卵巣腫瘍、虫垂炎、潰瘍性大腸炎、尿管結石

下腹部が痛い
急性膀胱炎、慢性膀胱炎、子宮付属器炎、子宮体がん、子宮外妊娠(異所性妊娠)

このように、痛みが発生する部位によって違う病気の可能性があります。

いつもと違う痛みを感じたら、すぐに産婦人科で診察を受けるようにしてください。

この時期は妊娠検査薬も反応しない

妊娠かどうかを知るには、妊娠検査薬を使うのが確実ですが、妊娠超初期に検査薬を使っても正しい判定結果が出ません。

妊娠検査薬を使うときは、使用説明書にある検査日(生理予定日または生理予定日1週間後)に使用するようにしましょう。

妊娠超初期症状で腹痛が起こることもありますが、他の病気でも腹痛を起こすことがあります。腹痛が治まらないときは、すぐに産婦人科を受診して原因を調べてもらいましょう。

この他、妊娠超初期については妊娠超初期で、妊娠初期に気をつけることは妊娠初期に気をつけることで紹介しています。

妊娠初期の注意点は妊娠初期の注意点でまとめました。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで解説しています。

妊娠超初期の症状である睡眠については、妊娠超初期に眠れないで詳しく説明しました。読んでみてください。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠超初期の兆候

妊娠超初期の兆候

妊娠超初期の兆候は、気が付く人は少ないかもしれません。と言うのも、この時期に出てくる妊娠の兆候は、普段の生理前の症状とあまり変わらないことが多いからです。

妊娠超初期と言えば、妊娠0週~3週までの間ですから兆候を感じ取れないのは無理のないことです。

妊娠初期症状がない?

妊娠初期症状がない?

実は、3割ぐらいの妊婦さんは妊娠の初期症状がないというデータがあります。妊娠はしていても、いわゆる妊娠初期の症状を感じていなかったようです。

妊婦さんの3割が症状がないので、妊娠超初期の兆候を感じ取れる人は少ないと思います。

初期症状ないのにある?
少しややこしい話になりますが、妊娠の兆候を感じなかった妊婦さんの中には、実は妊娠の兆候が出ていたということもあります。

・軽い眠気、だるさ。
・少しムカムカ。
・お腹がチクチクする。

このような症状も妊娠の兆候です。症状が軽いためあまり気にしていなかったという人も多いです。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この次は、具体的な妊娠の兆候などを詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





具体的な妊娠の兆候

多くの妊婦さんが経験している妊娠の兆候として

・強い眠気やだるさ。
・少量または生理ぐらいの出血。
・頭痛や腹痛などの生理前症状。

このような症状を感じています。

強い眠気やだるさ。
妊娠すると、今までなかったホルモンや今のホルモンのバランスが大きく変化します。この影響で強い眠気やだるさが出てくることがあります。

眠たいときは無理をせずに眠るようにしましょう。眠れないときは、イスに座って休むだけでも違ってきます。できるだけ体を休めるようにして無理をしないようにしましょう。

少量または生理ぐらいの出血。
妊娠超初期の終わり、妊娠3週ごろから着床が始まります。この影響で少量または生理ぐらいの量の出血がみられることがあります。

この出血は、着床時出血と呼ばれるものです。この出血がある時期は、ちょうど生理予定日ぐらいなので、生理が来たと勘違いして妊娠に気が付かない人も多いです。

頭痛や腹痛などの生理前症状。
頭痛や腹痛、腰痛など生理前の症状とおなじような症状を感じる妊婦さんも多いです。生理前の症状なので生理が来るのか妊娠しているのか分からないこともあります。

家族や友人が兆候に気が付く?
妊婦さんに話を聞いてみると

・家族や友人に顔つきが変わったと言われた。
・職場で「妊娠した?」と聞かれた。
・上の子どもが急に赤ちゃん返りした。

このような経験をした妊婦さんも多いようです。自分より家族や友人が先に妊娠に気が付くこともあります。また、

・自分の夢の中で妊娠した。
・赤ちゃんがある夢を見た。

など、夢を見て「もしかして?」と思って検査したら妊娠してた!というケースもあります。

どのようなケースでも、妊娠超初期の兆候を感じたら赤ちゃんの健康を考えて生活習慣や食生活を見直していくことが大切です。

この他、妊娠超初期については妊娠超初期で、妊娠初期に気をつけることは妊娠初期に気をつけることで解説しています。

妊娠初期の注意点は妊娠初期の注意点でまとめました。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで詳しく紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠超初期の出血

妊娠超初期の出血

妊娠超初期の出血は、着床時出血(着床出血)かもしれません。しかし、この時期の出血は妊娠に関係したものではなく不正出血の可能性があります。

妊娠超初期と言えば、妊娠0週~3週までの非常に早期なので、この時期に出血があると不正出血など妊娠以外の出血の可能性があります。

どちらにしろ、出血があるときやおりものがピンク、鮮血、茶色、茶褐色など色が付いている場合は産婦人科を受診して診察を受けるようにしましょう。

着床時出血とは

着床時出血とは

着床時出血(着床出血)とは、受精卵が着床するときに出血を起こすことです。着床時出血がある時期は、生理予定日から数日前~当日ぐらいです。

着床時出血とは、呼び名で正式名称ではありません。日本産婦人科学会では「月経様出血」と表現しています。

まるで月経(生理)のような出血が起こるので月経様出血と呼ばれています。

出血する量も個人差があって、ごく少量の出血から生理と変わらないような量まで様々です。

妊娠超初期の出血は、妊娠に関連する出血は着床時出血ぐらいなので、これ以外は不正出血の可能性があります。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この次は、不正出血の原因などについて詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





不正出血の原因

不正出血の原因

不正出血についておさらいしてみます。

不正出血って何?
不正出血って一体どんなものでしょうか?

不正出血とは、生理(月経)以外の出血のことです。つまり、生理以外の出血は全部不正出血となります。

出血の色や量は関係ありません。生理以外で出血があるのが問題になります。

大きく分けて原因は4つ
不正出血の原因は、大きく分けて4つあります。

・病気が原因のもの。
・ホルモンが原因のもの。
・中間期出血。
・甲状腺の病気。

このような原因があります。

病気が原因のもの。
子宮がん、子宮筋腫、子宮内膜炎、子宮頸管炎、子宮膣部びらん、子宮頸管ポリープ、外陰炎などが原因で出血があります。

仲良ししたあとに出血がある場合には、病気が原因かもしれません。

ホルモンが原因のもの。
エストロゲンとプロゲステロンなどのホルモンが原因で出血を起こすことがあります。この出血は、機能性出血と呼ばれます。

症状が進むと、少量の出血がダラダラと続く無排卵月経など不妊の原因にもある病気の可能性も出てきます。

中間期出血。
ちょうど生理と生理の間に出血があるので中間期出血と呼ばれます。卵胞ホルモン(プロゲステロン)の分泌が一時的に低下して起きます。

基礎体温を測ってみて排卵期で起こっているようなら中間期出血です。

甲状腺の病気。
甲状腺の病気で不正出血を起こすことがあります。

妊娠超初期の出血は、着床時出血もしくは不正出血かもしれません。どちらの場合でも産婦人科を受診して原因を調べて対処することが大切です。

この他、妊娠超初期については妊娠超初期で、妊娠初期に気をつけることは妊娠初期に気をつけることで詳しく説明しています。

妊娠初期の注意点は妊娠初期の注意点で紹介しました。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで解説しています。

妊娠超初期の症状である口内炎については、妊娠超初期の口内炎で詳しく説明しました。読んでみてください。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

スポンサードリンク