妊娠中期の下腹部痛、出血なし?22週や6ヶ月の中期の痛み。

妊娠中期の下腹部痛

妊娠中期の下腹部痛

妊娠中期の下腹部痛は、心配のないものと流産や早産の可能性があるものがあります。

痛みが続く場合や出血を伴った腹痛は、すぐに産婦人科を受診するようにしてください。

出血なしの場合でも、早産や流産の可能性があるので、産婦人科連絡して指示を仰ぐようにしてください。

出血の色は鮮血や茶褐色が多いです。出血を確認したらすぐに病院を受診するようにしましょう。

妊娠中期の下腹部痛の原因

妊娠中期の下腹部痛の原因
妊娠中期、22週、6ヶ月頃に下腹部痛が起こる原因として

・流産や早産
・靱帯の張り
・便秘や下痢

このような原因が考えられます。

この中でも、特に心配なのが流産や早産です。

次は、この原因について詳しく紹介していきます。

下腹部痛を起こす原因

下腹部痛を起こす原因

流産や早産

妊娠中期に心配なのが流産や早産です。妊娠12~22週未満の場合が流産(後期流産ととして区別)、それ以降は早産に区別されます。

妊娠中期は妊娠初期に比べてぐっと流産率も低くなって全体の約1.5%ぐらいになります。確率は低いもののゼロではないので注意が必要です。

症状としては、持続的な痛みや周期的な痛みがある、出血を伴っていることが多いです。

出血の色は鮮血が多いですが、茶色など他の色の場合もあります。色だけでは判断できないので、急いで産婦人科を受診するようにしてください。

■流産や早産を起こす原因

流産や早産を起こす原因は、ほとんどが母胎側にあるといわれています。

原因として

・感染症への感染
・頸管無力症
・子宮筋腫
・子宮の異常

このような原因があります。

感染症になると絨毛膜羊膜炎などになって、お腹の赤ちゃんに影響が出る場合があります。

頸管無力症とは、何らかの原因で子宮の入り口である頸管が緩んでくる病気です。そのままだと、赤ちゃんが出てきて早産になる可能性もあるので頸管を縛る手術を行う場合があります。

子宮筋腫も場所によっては、出産へ影響することあります。子宮に先天的な異常があると、流産や早産のリスクが高まると言われています。

靱帯の張り

子宮を支えている円状の靱帯が、子宮の成長に追いつけずに突っ張ったり痙攣を起こすことで下腹部痛を起こすことがあります。

靱帯が突っ張るときは、右側が突っ張る、または左が突っ張るといった片方が痛むことが多いです。左右両方が同時に突っ張ることは少ないです。

靱帯の張りは、痛いほうを下にして安静にすれば次第に治まってきます。それでも治まらないときや、強い痛み、周期的な痛み、出血があるときは急いで産婦人科を受診するようにしてください。

便秘や下痢

便秘や下痢も痛みの原因となります。妊娠中に便秘や下痢で悩んでいる人も多く、食生活の改善や軽い運動(医師から安静を指示されている人は除く)を行うことによって改善していきます。

下痢の場合は、ホルモンの影響と考えられますが、原因が分からなこともあるので病院を受診して診断してもらいましょう。

妊娠中期の下腹部痛は、自然に治ることも多いです。しかし、安静にしても痛みが治まらないときや、痛みが強いまたは周期的に続く、出血を伴うときは急いで病院を受診するようにしましょう。

妊娠線のケアは早めに。

今、妊娠線のケアをしないと、大変なことに!?

一度妊娠線が出てしまうと、元に戻すのが大変になります。

妊娠線のケアは、早いうちから始めることが大切です。

詳しくは下記から
妊娠線のケアは今!
妊娠線のケアは今!

この他、妊娠中期の話題は妊娠中期の注意点で、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで紹介しています。読んでみてください。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠中期の注意点、16週5ヶ月で吐き気や頭痛、気持ち悪い?腹痛も?

妊娠中期の注意点

妊娠中期の注意点、頭痛や吐き気、気持ちが悪い

妊娠中期とは、妊娠16週(妊娠5ヶ月)~27週(7ヶ月)までの期間のことで、この時期はつわりも治まって、体や心も安定してくる時期になります。

ここまで順調にくると、流産のリスクも減少してきます。つわりも治まってくるので食欲が出てきますね。

安定期とはいえ、様々なトラブルになることもあります。

妊娠中期の頭痛

妊娠中期の頭痛

妊娠中期の頭痛は、原因が様々で色々なことで起こります。頭痛には3種類ありますが、妊婦さんで多いのが緊張性頭痛だと言われています。

頭痛が起こる原因は、ホルモンの変化によるもの、妊娠による体型の変化によるもの、便秘や水分不足、ストレス、脳や関随の病気などが原因で引き起こされます。

頭痛への対処法として、ホルモン変化による偏頭痛の場合は冷やす、暗いところで寝るなどの対処法が効果的です。肩こりが原因で起こる頭痛は、凝っている肩や首を温めてほぐすことで治まっていきます。

脳や脊髄など病気は、今まで経験したことのないような激しい痛みがあることが特徴で、一刻も早い処置が必要な頭痛です。詳しくは妊娠中期の頭痛で解説しています。

妊娠中期の吐き気

妊娠中期の吐き気、気持ちが悪い

妊娠中期に起こる吐き気は、妊娠中に分泌されるホルモンと大きな関係があると言われます。

また、妊娠初期に起こるつわりが終わらずに続いているときも吐き気ががあって気持ち悪いときもありますよね。

ムカムカや吐き気がする原因として、黄体ホルモンの作用や子宮が大きくなって周囲臓器を圧迫するのが原因と考えられています。また、便秘がひどいと吐き気まで感じることもあるようです。

吐き気を軽減させる方法として、

・食事を数回に分けて少量ずつ食べる
・便秘を改善する
・臭いがするところへは行かない
・のぼせないようにする

このような対処法があります。

このような対策を試してみても、吐き気が治まらないときは妊婦健診のときに医師や助産師さんに相談するか、産婦人科を受診して薬を処方してもらうようにしましょう。

吐き気対策として処方されるのは六君子湯、小半夏加茯苓湯、半夏厚朴湯などの漢方が多いようです。あまりにも吐き気が治まらないときは、内科やその他の病気かもしれないので医師に相談してみることをおすすめします。

詳しくは妊娠中期の吐き気で説明しています。

妊娠線のケアは早めに。

今、妊娠線のケアをしないと、大変なことに!?

一度妊娠線が出てしまうと、元に戻すのが大変になります。

妊娠線のケアは、早いうちから始めることが大切です。

詳しくは下記から
妊娠線のケアは今!
妊娠線のケアは今!

妊娠中期の腹痛

妊娠中期には、色々な原因で腹痛が起こることがあります。腹痛の中には、生理的なもので心配の無いものと一刻も早く処置を開始しなければならないものがあります。

痛みだけでなく、張りや出血を伴った腹痛はトラブルになっているサインかもしれません。便秘など間違ってもいいので、早急に産婦人科を受診するようにしてください。

妊娠中期に腹痛を起こす原因として、早産や常位胎盤剥離、便秘や靱帯の痙攣、子宮の周囲臓器圧迫などがあります。早産や常位胎盤剥離は一刻も早く処置が必要なので急いで産婦人科を受診するようにしましょう。

何かしら異常があるときは、出血やお腹の張りを伴っていることが多いのですが、痛みだけで判断できないので必ず病院を受診するようにしてください。詳しくは妊娠中期の腹痛で解説しています。

この次は、妊娠中期の眠気や破水について詳しく紹介します。

妊娠中期の眠気

妊娠中期には、仕事や家事に影響が出るほど眠気を感じる人もいるようです。この眠気は、ホルモンである黄体ホルモンの作用で起こると考えられています。

黄体ホルモンは、妊娠を継続していく上で重要な役割を果たしているので出産まで上手に付き合っていくしか方法がありません。

仕事中には、まめに休憩を取り、家ではお昼寝をするなど自分で対策を立てていくようにしましょう。

妊娠中期の眠気対策としては、体を動かして気分転換、冷たいの飲み物を飲む、こまめに休憩をとることが大切です。

ですが、眠たいときはどうしようもないので、思い切って寝てしまうことも方法の一つです。寝る時間が確保できるなら、短時間でもいいですから寝てみましょう。詳しくは妊娠中期の眠気でまとめました。

妊娠中期の破水

妊娠中期の破水には、気をつけなければなりません。この時期に破水してしまうと、感染症にリスクも高くなり妊娠を継続できないこともあります。

また、早産になるリスクもあり一刻も早い処置が大切になってきます。急いで病院を受診して処置を行うようにしましょう。

一般的に破水というと、大量の羊水が出てくるような感じがしますが、この時期にはちょろちょろと流れ出るタイプの破水あります。高位破水と呼ばれる卵膜が上部で破れている状態だとチョロチョロ出てくることが多いようです。

破水したときの対処法は、流れを止めるためにタオルやバスタオルを使って、病院へ連絡をして車で移動することです。早く病院へ着くことが大切なので急いで行動しましょう。詳しくは妊娠中期の破水を読んでください。

妊娠中期のイライラ

妊娠中期には、わけもなくイライラしてしまうことがあります。このイライラは、妊娠中に出ている黄体ホルモンが影響していると言われています。

黄体ホルモンは妊娠に欠かせないホルモンですが、イライラや頭痛の原因ともなっているものです。黄体ホルモンは妊娠の継続に欠かすことができないホルモンなので出産まで上手に付き合っていくことが大切です。

妊娠中にイライラする原因としては、パパの飲み会や家事を手伝わない、自分の体が動かない、疲れやすいなどがありました。

イライラしたときの解消法として、一人になる時間を作ることや音楽やアロマを楽しむことを試すと解消できるようです。詳しくは妊娠中期のイライラで説明してます。

>妊娠中期は食事に気を付けて

妊娠中期は食事に気を付けて

妊娠中期は、食事の内容に気を付けましょう。

妊娠中期になると、安定期と呼ばれる時期となりママの体調も良くなってくることが多いです。つわりも明けてくるので食事も美味しく頂けるようになります。

ここで注意したいのが、食事の内容です。

妊娠中期は気分が良い日も多くなるので、つい食べ過ぎてしまうこともあります。妊婦さんは2人分食べなきゃといって食べるママもいますが、妊娠中の過度の体重増加は、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病といったリスクを高めることになります。

特に食べつわりの人は注意が必要です。食べつわりの食欲のままに食べていると、急激に体重増加になることもあります。過度な体重増加にならないように気を付けましょう。

妊娠中の体重増加は何キロまで?
妊娠中の体重増加は、7~12kgぐらいの範囲が理想とされています。妊娠前にやせていた人は、9~12kgぐらいの増加になるように体重を管理していきましょう。

妊娠中期でも胃痛やムカムカがある

妊娠初期のつわりのように、妊娠中期でも胃痛やムカムカが残っているときもあります。胃痛やムカムカといった症状は、子宮が大きくなることで物理的に胃や腸が圧迫されることによって発生すると考えられています。

長い人では妊娠後期まで症状が残っている人もいて個人差が大きいようです。

対策としては、食事を数回に分けることなどがありますが、症状がひどいときは産婦人科を受診して症状を診てもらうようにしましょう。

妊娠線のケアは早めに。

今、妊娠線のケアをしないと、大変なことに!?

一度妊娠線が出てしまうと、元に戻すのが大変になります。

妊娠線のケアは、早いうちから始めることが大切です。

詳しくは下記から
妊娠線のケアは今!
妊娠線のケアは今!

妊娠中期の腰痛

妊娠中期の腰痛は、多くの妊婦さんが経験していることです。腰痛はお腹が大きくなってからではなく、お腹が目立たない妊娠初期から中期にかけても起こります。

妊娠中に腰痛になる原因は、リラキシンと言うホルモンの影響、お腹が大きくなって重心が変わるため、運動不足などが考えられています。

リラキシンは、赤ちゃんが産道を通りやすくするために骨盤の靱帯を緩める作用があり、妊娠の継続と出産をサポートする大事な役目を持っています。

このリラキシンの作用で、他の関節も緩くなり周りの筋肉が緊張して腰痛を引き起こすことがあるのです。また、お腹が大きくなってくると後ろに反り返る姿勢を取ることが多くなります。この姿勢も腰に負担をかけることになります。

妊娠中の運動不足も腰痛になる原因です。なるべく体を動かす軽い運動を生活に取り入れてみましょう。具体的な腰痛対策は妊娠中期の腰痛で説明しています。

妊娠中期の風邪

妊娠中期の風邪は、こじらせると大変です。症状が重い場合は、迷わず産婦人科を受診して治療するようにしましょう。ただし、高熱や全身の倦怠感などインフルエンザの場合もありますので、産婦人科へ連絡してから受診するようにしてください。

風邪と思って自己判断で市販薬を飲むのはNGです。特に非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)やボルタレンやインドメタシンなどの消炎鎮痛剤は妊婦さんには禁忌なので絶対に飲まないようにしましょう。

風邪を予防するには、手洗いとうがい、十分な栄養と休養、人混みを避ける、部屋を加湿するなど対策が必要です。うがい薬にはヨードが入っていることがあるので、使わないように注意してください。詳しくは妊娠中期の風邪でまとめています。

妊娠中期のむくみ

妊娠中期のむくみ、特に妊娠20週以降にむくみがひどい場合は妊娠高血圧症候群かもしれません。妊娠高血圧症候群とは、妊娠中毒症と呼ばれていたもので、高血圧や尿にタンパクが出る症状があり、脳卒中や痙攣を起こす子癇を起こすことがあります。

体重が急激に増えたり、むくみがひどい場合にはすぐに産婦人科を受診して診察してもらうようにしましょう。

妊娠中期にむくみが出る原因として、冷え症や塩分の取りすぎなどがあります。体が冷えないように心がけて塩分を取り過ぎないようにしましょう。

妊娠高血圧症候群を予防するには、軽い運動やストレスを上手に解消する、しっかり体重管理を行う、妊婦健診は必ず受けるなど対策を取っていきましょう。詳しくは妊娠中期のむくみでまとめています。

妊娠と肥満

妊娠中の肥満は、様々な病気のリスクを高めることが知られています。ここで言う肥満とは、BMIの数値が25以上の人です。25以上になる人は細心の注意を払っていきましょう。

BMIの数値が分からなくても、妊婦健診のときに分かります。このときに医師か助産師さんから説明があるので、指示に従って生活を送るようにしましょう。

妊娠中の肥満で気をつけたいのが、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病、神経管閉鎖障害といった病気や先天性の障害です。食生活を改善することでリスクを減らすこともできるので食事を見直すようにします。

妊娠中の肥満を解消するには、ダイエットではなく食事や運動といった生活習慣の改善で適正体重を目指すことになります。妊娠前から7~12kgが適正と言われるのでこの範囲になるように改善しましょう。詳しくは妊娠と肥満で説明しています。

この他、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?

妊娠線

妊娠線のケアは、早いうちからやっておくことが非常に大切です。

「まだお腹が大きくなってないからいいや」と思って放置すると、ある日突然パックリと妊娠線が出てくるのです。

あとから後悔しないためにも、いまのうちにケアしましょう。

妊娠線ができる原因

妊娠線ができる原因は、急にお腹が大きくなったり、急激な体重増加などで皮膚の表皮が引っ張られて、それにつられて真皮や皮下組織に断裂ができて妊娠線になります。

表皮は、びよーんと伸びやすいですが、真皮と皮下組織は伸びにくいので、差が生じて溝ができて妊娠線となります。

妊娠線のケアは早めに。

今、妊娠線のケアをしないと、大変なことに!?

一度妊娠線が出てしまうと、元に戻すのが大変になります。

妊娠線のケアは、早いうちから始めることが大切です。

詳しくは下記から
妊娠線のケアは今!
妊娠線のケアは今!

妊娠線ができる前兆

妊娠線ができる前兆

妊娠線ができる前兆として、ある症状が出てきます。それは、、、

「肌のかゆみが出てくること」

肌が痒くなってくると、皮膚の表皮が引っ張られてかゆみが出ます。これを放置すると、皮膚が断裂して妊娠線ができてしまいます。

一度できた妊娠線は消すことが難しいです。妊娠線ができないように予防していきましょう。

この次は、妊娠線の予防や妊娠線のできやすいところについて詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク

妊娠線の予防

妊娠線の予防

妊娠線を予防するには、

・急激な体重増加を防ぐ。
・皮膚を乾燥させない。
・早いうちからケアする。

このような点に注意して、妊娠線の予防をしていくことが大切です。

急激な体重増加を防ぐ。
つわりが明けた妊娠5ヶ月ごろから、急に食欲が増してどか食いしてしまうことがあります。また、食べつわりの影響で食べる量が増えてしまう例もあります。

妊娠中の体重増加は、妊娠線だけでなく、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病といったリスクを高めることになります。

急な体重増加には、十分に注意しましょう。

皮膚を乾燥させない。
皮膚が乾燥していても、妊娠線ができやすくなります。皮膚を乾燥させないように保湿することが大切です。

早いうちからケアする。
これが、妊娠線を予防する上で最も大切なことです。もし、ケアを怠っているとこんなことになります。

ケアを怠った妊娠線の写真はこちら

こうならないためにも、早い時期からクリームで保湿することが大切なのです。

妊娠線のピークはいつ?
妊娠線ができるピークは、つわり明けの妊娠5ヶ月以降、赤ちゃんが大きくなる妊娠8~9ヶ月です。臨月でも、突然妊娠線が出てきた人もいます。

今のうちからケアしておきましょう。

妊娠線のできやすいところ

妊娠線ができるのは、お腹だけではありません。バストの側面やお尻、太ももにもできやすいです。お腹だけでなくバストやお尻、太ももなどもクリームでケアしましょう。

妊娠線を消す方法はない!?

妊娠線を消す方法はないと言っても過言ではありません。一度肉割れになってできた妊娠線は、中々消すことができないのです。なので、できないように予防することが大切です。

妊娠線がどうしてできるのかというと、赤ちゃんが成長するスピードに皮膚や真皮、皮下組織がついていけないことにあります。真皮や皮下組織は引っ張りに弱く断裂を起こしてしまいます。

妊娠線ができる前には、前兆があることが知られています。皮膚の引っ張りがあると、その部分がかゆくなってきます。このかゆみが前兆です。すぐに保湿するようにしましょう。

妊娠線を予防するには、皮膚が乾燥しないように保湿する、急激な体重増加を避ける、早めにケアを行うことが大切です。妊娠線ができないように気をつけましょう。詳しくは妊娠線を消す方法はない!?で説明しています。

妊娠線を予防するには?

妊娠線を予防するには、妊娠線をつくらないように十分に水分と油分を補給することが大切です。お腹が大きくなり始めた4ヶ月ごろから予防を始める人が多いようです。

妊娠線は、真皮や皮下組織といったものがお腹の成長速度についていけなくなって断裂を起こしてしまうことです。表面の表皮は十分に伸びるので対応できますが、真皮以下の組織は対応できなくなることがあります。

妊娠線を効果的に予防するには、できる前からケアすることが大切です。妊娠線ができる前兆としてかゆみが出ることが多いです。かゆみがあったらすぐにケアしましょう。

妊娠線を予防するには、ローション、オイル、クリームなどで予防できます。それぞれ特徴がありますが、おすすめはクリームの「ベルタ妊娠線クリーム」です。

妊娠線ができる前兆

妊娠線ができる前兆は、その部分にかゆみが出てくることです。かゆみが出てくると妊娠線が出るサインとなるのですぐに妊娠線ケアを始めるようにしなければなりません。

妊娠線とは、体の成長によって真皮や皮下組織が引っ張られて断裂が起きた状態になることいいます。表皮は比較的伸びに強い傾向がありますが、真皮や皮下組織は断裂してしまうことがあるのです。

妊娠線ができやすいところは、何もお腹だけではありません。バストの側面や太ももの裏側など自分では気が付きにくい場所にできることがあるので気をつけましょう。日頃の確認が大切です。

妊娠線を予防するには、日頃の保湿ケアが大切です。普段から保湿することによって妊娠線を予防するようにします。保湿するにはクリームが使いやすいのでおすすめです。詳しくは妊娠線ができる前兆で説明しています。

この他、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいでまとめています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。読んでみてください。

妊娠線ができる前兆

妊娠線ができる前兆

妊娠線ができる前兆とは、肌にかゆみが出てきたときです。かゆみが出てきたらすぐに妊娠線のケアをしないと、あとあと隠すのに大変苦労することになります。

妊娠線ができる前からケアをすることが大切です。

妊娠線ってどんなもの?

妊娠線ってどんなもの?

妊娠線ってどんなものでしょうか?

妊娠線とは、妊娠による皮膚の引っ張りに真皮や皮下組織がついていけずに肉割れを起こす状態のことです。表面の表皮はある程度の引っ張りに強いのですが、真皮や皮下組織は柔軟性に欠けるため断裂を起こしてしまいます。

妊娠線とは、真皮や皮下組織が断裂した状態なので、できたあとに完全に元に戻すのは難しいと言われています。肉割れになる前に適切なケアを行うことが最も大切なことです。

妊娠線ができやすい場所

妊娠線ができやすい場所はお腹だけではありません。バストの側面や太ももの裏側など自分では気がつきにくい場所にできることがあります。

妊娠線は突然できることがあるので、日頃から鏡などでチェックしならがらケアすることが大切です。

この次は、妊娠線の予防方法とケアを詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠線の予防方法

妊娠線の予防方法

妊娠線を予防する方法として、常に皮膚を潤すように保湿ケアを行うようにすることが大切です。皮膚に水分を補給したらそれを閉じ込めるように表面を油膜で覆って保湿するようにします。

皮膚を保湿するのは、ローション、クリーム、オイルの3種類ありますがおすすめはクリームです。ローションは水分は補給できますが油膜で覆うことができません。オイルは油膜はできますが、水分を補給することが弱くなります。

この点クリームなら両方の特性を併せ持つので、クリームで妊娠線をケアすることが効率がよいことになります。

妊娠線はつわりが明けた妊娠5ヶ月ごろとお腹が急激に大きくなる8~9ヶ月ごろができやすいとされます。この時期に限らず早めに保湿ケアすることが妊娠線予防になります。

妊娠線ができる前兆としてかゆみが出たらすぐに保湿するようにしましょう。

この他、妊娠線全般については妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?で、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで詳しくまとめています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。読んでみてください。

産後の妊娠線は消えない?

産後の妊娠線は消えない?

産後の妊娠線は消えない?という疑問ですが、結論から言うと消すことはできません。ですが、目立たなくする方法はあります。妊娠線のケアは、妊娠中の早いうちから始めることが大切です。

妊娠線ができる前に予防することが最も大切です。ケアを怠った妊娠線は中々消すことが難しくなります。

妊娠線ってどういうもの?

妊娠線ってどういうもの?

妊娠線ってよく聞くけど、どれが妊娠線かよく分からないことがありますよね。

妊娠線は、お腹の赤ちゃんの成長やママの体型変化で急激に皮膚が伸ばされたときにできる線です。

妊娠線と表現されていますが、実際には赤や紫色が付いて溝のような形をしています。

皮膚に溝ができる原因は、急激な成長に真皮や皮下組織がついていけないため断裂してできる溝です。皮膚の表面にある表皮は柔らかく伸びやすいのですが、それ以下の組織がついてこれずに断裂を起こす現象です。

組織が断裂してしまうので、妊娠線が消せないことになります。赤色や紫色は自然に消えていくことが多いですが、溝の部分は傷跡のように残る場合もあります。

妊娠線はお腹だけじゃない?

妊娠線ができるところは、お腹だけではありません。バストの側面や太もも、太ももの裏側など自分では気がつきにくい部位にもできてしまいます。お腹以外にもできていないか確認してみましょう。

妊娠線を放置しておくと後々困ったことになるので、目立たなくするようにお手入れをすることが大切です。

この次は、妊娠線を目立たなくする方法について紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠線を目立たなくする方法

妊娠線を目立たなくする方法とは

・妊娠線部分の保湿をする。
・皮膚の代謝をよくするための運動。

上記の2つを行うことが大切です。

一度できてしまった妊娠線は消すことはできませんが、根気よく保湿をして代謝を上げるために運動することで目立たなくすることは十分に可能です。

産後の1ヶ月ぐらいは、ママの体力も十分に回復していないので、体調が整ってから産褥体操などから始めてみましょう。それまでは、まめに保湿を心掛けるようにしましょう。

お腹の真ん中にある線は妊娠線じゃない?

お産前から産後にかけてお腹の真ん中おへそのあたりに1本の線ができることがありますが、これは妊娠線ではなく正中線です。正中線は自然に目立たなくなります。

このように、産後の妊娠線は消えないことが多いので、根気よくケアするようにしましょう。

この他、妊娠線全般については妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?で、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで詳しく紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。読んでみてください。

妊娠線を消す方法はない!?

妊娠線を消す方法

妊娠線を消す方法はないといってもいいぐらい、一度できた妊娠線は跡が残ります。目立たなくするには時間と根気が必要です。

妊娠線を消すのではなく、作らないように予防することが大切です。妊娠線ができてしまう前に肌を保湿して予防するようにしましょう。

妊娠線ができる原因

妊娠線ができる原因

妊娠線ができてしまう原因として

・急激な体重増加
・赤ちゃんが成長して大きくなる

このようなことが原因で妊娠線ができてしまうことがあります。

妊娠線と言っていますが、実際には肉割れした溝です。線ではなく溝ができていると考えたほうがよさそうです。

妊娠線ができる過程
妊娠線は、皮膚の表皮や真皮、皮下組織が急激に引っ張られることで断裂してしまう状態のことです。

特に肌が乾燥しているときに起こりやすいと言われています。

皮膚の表皮は、かなり柔軟性があって伸びやすいのですが、真皮や皮下組織が赤ちゃんの成長スピードについていけずに断裂を起こし溝がでてしまいます。

この溝が妊娠線です。真皮や皮下組織まで影響が及ぶと中々元の状態に戻りにくいと言われます。

こうなる前に予防することがとても大切なのです。

この次は、妊娠線ができる前兆と予防方法について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠線ができる前兆

妊娠線ができる前兆

妊娠線ができるときは、ある前兆が起こります。

それは「皮膚がかゆくなる」ことです。これは、皮膚が引っ張られてかゆみを起こしていると考えられます。

かゆみが出てきたら要注意です。すぐに保湿するようにして予防するようにしましょう。

妊娠線ができやすい時期は?
妊娠線ができやすい時期は、つわり明けのときと妊娠9ヶ月ごろです。どちらも体重が増加してお腹が大きくなってくる時期です。

妊娠線はお腹だけじゃない?

妊娠線はお腹だけにできるものではありません。

バストやバストの側面、太もも、太ももの裏側、お尻など自分では見えにくい部位にできてしまうことが多いです。

日頃からマメに観察するなど、注意しておきましょう。

妊娠線を予防する方法

妊娠線を予防する方法

妊娠線を予防する上で大事なことは「皮膚を乾燥させないようにする」ことです。

皮膚が乾燥してしまうと、肉割れが起こりやすくなるので十分に保湿するようにしましょう。

妊娠線予防のポイント

・十分な保湿。
・急な体重増加を避ける。
・早めのケアが大切。

この3つを守って妊娠線を予防するようにしましょう。

この他、妊娠線をケアする方法は妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?で、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。読んでみてください。

妊娠中期の体重

妊娠中期の体重

妊娠中期の体重は、どんどん増えていくことになります。妊娠初期にはあまり増えなかった体重が増えていくようになります。

ちょうどつわりも明ける時期なので、食欲が増して食事が美味しく食べられるようになってきます。

ここで気をつけたいのが、必要以上の体重増加です。ここで体重が増えすぎてしまうと、妊娠後期の体重管理が大変になります。

必要な栄養は摂取した上で体重増加を適切にコントロールしていきましょう。

妊婦の体重増加の理想

妊婦の体重増加の理想

妊婦さんの体重増加の理想は、標準体型の人で7~12kgと言われています。この範囲に収まるように体重をコントロールしていきましょう。

肥満傾向がある人は、個別で対応になります。

妊娠中に体重が増えすぎると、難産になったりお産に時間が掛かったりします。また、生まれてきた赤ちゃんも体が弱くなるなど影響が大きいので、必要以上に増えないように体重をコントロールしましょう。

この次は、妊娠中期の体重管理法などを詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠中期の体重管理法

妊娠中期の体重管理法

妊娠中期の体重管理法として、

・野菜中心の食事にする。
・良く噛んで食べる。
・ノンカロリーを選ぶ。
・体重を記録する。

このような体重管理法があります。

野菜中心の食事にする。
妊娠中の食事に野菜

お肉や魚も大事な栄養ですが、野菜が不足していることが多いです。妊娠中は、野菜を中心とした食事に改善していきましょう。

キャベツやほうれん草など、食物繊維の多い野菜を食べれば便秘解消にもなります。

良く噛んで食べる。
妊娠中の食事は良く噛んで

食事のときは、良く噛んで食べるようにしましょう。咀嚼回数を増やすことで満腹感を得ることができます。満腹になると、間食もしなくていいので体重増加を気にしている人におすすめの方法です。

ノンカロリーを選ぶ。
ノンカロリーを選ぶ。

どうしても食べたくなったら、ノンカロリーのゼリーや寒天などを食べるようにします。ノンカロリーと言っても食べ過ぎは良くないので気をつけてください。

体重を記録する。
妊娠中期の体重を記録

妊娠中期になると体重増加が始まるので、毎日同じ時間に体重を量って記録していきます。毎日記録することで、体重増加の割合が分かってきます。

妊娠中期は、1週間で300~500gぐらいずつ増えていくと言われます。これを超えると危険信号です。食事や生活習慣を改善していくようにしましょう。

妊娠中期に気をつけること

妊娠中期に気をつけること

妊娠中期になると、お腹が大きくなってきて動くのが大変になってきます。日常生活でも色々なことに気を配って転倒やお腹の張りに注意しましょう。

家庭内で気をつけること
・階段の上り下り
・拭き掃除
・入浴
・布団干し
・台所

階段は転倒に注意してゆっくり上り下りをします。手すりがあるなら利用して転倒に注意しましょう。

拭き掃除は、体をかがめることになるので柄の付いたスポンジなどで掃除をして腰に負担を掛けないようにします。

お風呂に入るときには、滑って転倒しないように気をつけましょう。家族と一緒に入ることも転倒防止に役立ちます。

ベッドでなく、布団で寝ている人は布団の上げ下げだけでなく布団干しも大変です。できれば家族に代わってもらいましょう。

台所でも注意が必要です。長時間立って調理をすると体に負担が掛かるのでイスに座って調理するのも方法も一つです。

外出先で気をつけること
・靴はローヒールで。
・ラッシュアワーは避ける。
・なるべく座る。
・自転車は止める。

靴は、歩きやすいヒールの低いものに替えます。

ラッシュ時に、バスや電車に乗ると苦しい思いをするのでなるべく避けるようにしましょう。

妊娠中期以降は、お腹も大きくなっています。自転車に乗ることは大変危険なので止めるようにしてください。

妊娠中期の体重は、増えすぎないように適切にコントロールすることが大切です。つわり明けで食欲が出ると思いますが食べ過ぎや間食しないように気をつけていきましょう。

妊娠線のケアは早めに。

今、妊娠線のケアをしないと、大変なことに!?

一度妊娠線が出てしまうと、元に戻すのが大変になります。

妊娠線のケアは、早いうちから始めることが大切です。

詳しくは下記から
妊娠線のケアは今!
妊娠線のケアは今!

この他、妊娠中の体重増加については妊娠中の体重増加で詳しく紹介しています。

妊娠中の体重管理全般については妊娠中の体重管理で、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいでまとめました。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠中期の風邪

妊娠中期の風邪

妊娠中期の風邪は、早めに産婦人科を受診して長引かせないようにしましょう。風邪が長引くと、発熱やせき、くしゃみなどで子宮が収縮するのが心配になります。

風邪かな?と思ったら早めに産婦人科を受診して治療を受けるようにしましょう。

妊娠中期の風邪

妊娠中期の風邪はここに注意!

妊娠の中期以降になると、お腹の赤ちゃんに影響や障害がある心配は少なくなりますが、薬の影響で機能や発達に遅れが出る「胎児毒性」に注意しなければなりません。

解熱鎮痛剤である非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)が赤ちゃんとママを繋いでる動脈管を収縮させる作用があります。また、ボルタレンやインドメタシンといった消炎鎮痛作用がある薬もNGです。

妊娠中は、自分の判断で薬を飲むことはせずに、必ず産婦人科の医師と相談の上服用するようにしましょう。

妊娠線のケアは早めに。

今、妊娠線のケアをしないと、大変なことに!?

一度妊娠線が出てしまうと、元に戻すのが大変になります。

妊娠線のケアは、早いうちから始めることが大切です。

詳しくは下記から
妊娠線のケアは今!
妊娠線のケアは今!

次は、風邪の予防方法や妊娠とインフルエンザなどを詳しく解説します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠中の風邪を予防する

妊娠中の風邪を予防する

妊娠中の風邪を予防するには、

・帰宅したときは必ず手洗い・うがい
・人混みにはマスク、行かない
・十分な栄養と休養
・部屋の加湿

風邪を予防するには、このようなことが大切になってきます。

帰宅したときは必ず手洗い・うがい
外出先から帰宅したときは、必ず手洗いとうがいをするようにしましょう。手洗いは手首までしっかりと丁寧に洗うように気をつけましょう。

妊婦さんのうがいはヨード入りはダメ!
一般的に市販されてるうがい薬にはヨードが入っているものが多いですが、ヨードはお腹の赤ちゃんの甲状腺機能低下を引き起こすことがあるので、使わないようにしましょう。

喉が痛いときに使うスプレータープは飲んでしまうことがあるので注意が必要です。

うがいをするときは、水か塩水、ホウ酸水でうがいを行うようにしましょう。

人混みにはマスク、行かない
人混みに行くときは、マスクを付けていくようにしましょう。特にインフルエンザが流行しているときは必ずマスクを付けるようにしてください。

できれば、人混みには行かないようにしましょう。

十分な栄養と休養
妊婦さんは、何かと疲れやすいものです。こまめに休憩して疲労を回復するように心がけましょう。また、十分な栄養を摂取することも大切です。

妊婦さんは体が冷えやすいので、体を温めるような食事や風邪によいと言われるビタミンCを積極的に食事に取り入れるようにしましょう。

部屋の加湿
風邪やインフルエンザのウィルスは、低温で乾燥した状態で活発になります。できるだけ部屋を乾燥させないようにして予防に努めましょう。

加湿のし過ぎはカビの原因になるので注意してください。

妊娠とインフルエンザ

妊娠とインフルエンザ

妊娠中のインフルエンザも心配ですね。インフルエンザは風邪のウィルスに分類されますが、高熱と全身の痛みが突然出るのが特徴です。

インフルエンザかな?と思ったら、まずはかかりつけの産婦人科へ連絡してみてください。いきなり受診すると他の妊婦さんに感染させてしまう危険性があるからです。

インフルエンザの治療は対症療法がありますが、医師が必要と判断した場合には、タミフルなど抗インフルエンザ薬などが処方されることもあります。

妊娠中期の風邪は、こじらせると後が大変になります。できるだけ早めに受診して治療するようにしましょう。

この他、妊娠中期の注意点については妊娠中期の注意点で、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいでまとめました。読んでみてください。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠中期の腰痛

妊娠中期の腰痛

妊娠中期の腰痛は、妊娠中に分泌されるホルモンの影響やお腹が大きくなってくることでの重心の変化が原因となると言われています。

症状がひどい場合は、寝ても痛みが治まらないこともあります。

腰痛が重くなってきたときは、病院を受診して治療をしてもらいましょう。

自己判断で腰痛に薬を使ってはダメ

自己判断で腰痛に薬を使ってはダメ

自分の判断で勝手に薬を飲んだり湿布を貼ったりしないようにしてください。

薬の成分によっては、お腹の赤ちゃんに影響がある場合があります。妊娠中はどんな薬でも(便秘薬や風邪薬などでも)自己判断で飲むのは危険です。

必ず産婦人科の医師に薬の内容を確認してから飲むようにしてください。

妊娠線のケアは早めに。

今、妊娠線のケアをしないと、大変なことに!?

一度妊娠線が出てしまうと、元に戻すのが大変になります。

妊娠線のケアは、早いうちから始めることが大切です。

詳しくは下記から
妊娠線のケアは今!
妊娠線のケアは今!

次は、腰痛の薬を勝手に使えない理由と、妊娠中の腰痛対策について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





腰痛の薬を勝手に使えない理由

腰痛の薬を勝手に使えない理由

腰痛を軽くする薬は、飲み薬と貼り薬がありますがどちらも自分の判断で使うのは絶対にダメです。

薬には、腰痛を鎮めるために消炎鎮痛成分が入っていますが、この成分が赤ちゃんに影響を及ぼすことが知られています。

成分としては、ボルタレンやインドメタシンが妊娠中に使ってはいけない薬に指定されいます。

最近では法律が改正されて、薬局でも医療用成分と同じものが入った薬を購入できるようになっています。ボルタレンやインドメタシンも湿布に入っている成分です。

商品名としては、フェイタスZ、ジクロテクト、ボルタレンACなどが該当します。このような湿布は、妊娠中には絶対に使わないようにしましょう。

ボルタレンやインドメタシンのような成分は、鎮痛作用も強力ですがお腹の赤ちゃんに繋がっている動脈管という血管が収縮して血液を遅れなくなった事例が報告され使用禁止になりました。

もし、このような成分が入った湿布や薬を使ってしまった場合には産婦人科の医師に相談するようにしてください。

妊娠して腰痛になる原因

妊娠して腰痛になる原因

妊娠してから腰痛になってしまう原因として

・妊娠中のホルモンによる影響
・体型の変化による重心移動
・運動不足による筋力低下

以上の3つが原因として考えられます。

妊娠中は、出産のために骨盤の靱帯を柔らかくするホルモン「リラキシン」が分泌されます。このリラキシンは、妊娠の維持と出産の補助に必要不可欠なホルモンです。

リラキシンが作用することで、関節が緩くなってしまうことがあります。関節が緩くなると周りの筋肉が緊張して腰痛が起こるというわけです。

また、お腹が大きくなってくるとどうしても、腰を反らした姿勢を取りがちになります。こういった姿勢の変化も腰痛の原因となります。

妊娠中は、動くのが大変なので運動不足になりがちです。運動不足からくる筋力低下も腰痛の原因になります。

妊娠中の腰痛対策

妊娠中の腰痛対策

今からできる妊娠中の腰痛対策として

・軽い運動をする。
・重いものは持たないようにする。
・腰を温める。
・腰を休ませる。イスに座る。
・起きるときは一度横になってから。
・妊婦さん用のベルト、さらし、帯。

軽い運動をする。
腰痛になると、腰の周りの血行が悪くなります。血流が悪くなると疲労回復も遅れるので、軽い運動をして筋肉を動かすようにしましょう。

マタニティヨガやマタニティスイミングなどもおすすめです。特にマタニティスイミングは腰の負担も軽くしてくれるので利用している妊婦さんも多いです。

重いものは持たないようにする。
なるべく重たいものを持たないようにしましょう。重たいものを運ぶときは、家族に協力してもらって運ぶようにしましょう。

ミネラルウォーターなど重たい買い物には、パパや家族についてきてもらって買い物をするようにします。

腰を温める。
腰を温めることによって、筋肉の疲労が軽減されます。カイロなどでゆっくり温めるといいようです。

腰を休ませる。イスに座る。
長時間立ちっぱなしだと、腰に負担が掛かります。まめに休憩を取るようにして腰を休ませるようにしましょう。少しの間でもイスに座ることでも随分と違ってきます。

起きるときは一度横になってから。
寝た状態から起きるときは、一度横になってから起きるようにすると腰の負担が減らせます。いきなり起き上がるのは避けるようにしましょう。

妊婦さん用のベルト、さらし、帯。
産婦人科でも妊婦さん用のベルトや帯を販売しているところがあります。ベルトや帯を使うことでも腰痛を軽くすることができます。

一般に販売されている妊婦さん用のベルトは「トコちゃんベルト」が人気があります。トコちゃんベルトを使うのもいいと思います。

このように、妊娠中期の腰痛は対策することで軽減できるようになります。自分に合った腰痛対策を試してみてください。

この他、妊娠中期の注意点は妊娠中期の注意点で、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで詳しく紹介しています。読んでみてください。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠中期のむくみ

妊娠中期のむくみ

妊娠中期のむくみは、放置しておくと妊娠高血圧症候群になるリスクが高くなりますので注意が必要です。妊娠高血圧症候群は、妊娠20週以降に発症する病気です。

むくみがひどかったり、妊娠中に急激に体重が増えた場合は妊娠高血圧症候群かもしれないので、産婦人科を受診して診察してもらうようにしましょう。

妊娠高血圧症候群は、以前は「妊娠中毒症」と呼ばれていた病気です。赤ちゃんに影響が出るかもしれないので早めの処置が大切です。

妊娠中期のむくみの原因

妊娠中期のむくみの原因

妊娠中期にむくみが出る原因として

・体の冷え、冷え症
・仕事からの影響
・妊娠高血圧症候群
・塩分の取りすぎ

このようなことが原因として考えられています。

妊娠線のケアは早めに。

今、妊娠線のケアをしないと、大変なことに!?

一度妊娠線が出てしまうと、元に戻すのが大変になります。

妊娠線のケアは、早いうちから始めることが大切です。

詳しくは下記から
妊娠線のケアは今!
妊娠線のケアは今!

次は、この中でも特に注意したい妊娠高血圧症候群について紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





むくみがある人は妊娠高血圧症候群に注意!

むくみがある人は妊娠高血圧症候群に注意!

特に、妊娠20週以降にむくみがある人は注意が必要です。この時期にむくみがひどい場合には、妊娠高血圧症候群になるリスクが高くなります。

妊娠高血圧症候群とは、妊娠中に高血圧と尿タンパクが出る病気で、症状が重くなると脳卒中や子癇と呼ばれる痙攣を起こすことでも知られています。

妊娠高血圧症候群になりやすい人
・妊娠前から肥満がある人
・年齢が高い
・多胎
・妊娠中の急激な体重増加
・家族が高血圧
・高血圧、腎臓病、糖尿病の持病
・初産
・以前に妊娠高血圧症候群だった

このような人がリスクが高くなります。

妊娠高血圧症候群になる原因

妊娠高血圧症候群がなぜ発症するのかよく分かっていません。胎盤から放出される物質が関係しているのではないかと指摘されています。

治療はどうするの?対策は?
基本的に自分で体重管理と食事に気をつけて生活することになります。重症の場合には、入院して食事療法などを指導することもあります。

妊娠高血圧症候群を予防、対策するには

・規則正しい生活を送る。
・塩分の取りすぎには注意する。
・ストレスを溜めないようにする。
・軽い運動をする。
・体重増加に気をつける。
・妊婦健診を忘れずに受ける。

このようなことが大切になります。

規則正しい生活を送る。
食事や寝る時間が不規則になると、体に負担になってしまいます。できるだけ、規則正しく一日3食食べて同じ時間帯に寝るようにしましょう。

塩分の取りすぎには注意する。
塩分を取り過ぎるとむくみが出る原因になります。妊娠中は1日当たり10gに塩分を抑えるようにしましょう。高血圧を指摘されたら1日7g程度に抑えるようにして対策しましょう。

醤油をかけすぎや天つゆを使わないなど、ちょっとしたことを気をつけていけば減塩できます。ゆずやレモンを使ったり出汁をうまく使って減塩していきましょう。

ストレスを溜めないようにする。
ストレスも妊娠高血圧症候群になる原因と言われています。妊娠中は、ストレスが溜まりやすい環境ですが、趣味や友人とのおしゃべりなど上手にストレスを発散するようにしましょう。

軽い運動をする。
医師に安静を指示されていないなら、軽い運動をしてみるのもいいでしょう。この時期にはお腹も大きくなって腰痛になる人も多いのでマタニティスイミングなどをするのも予防と対策になります。

体重増加に気をつける。
妊娠中期には、つわりもなくなって食欲も出てくる時期です。食べ物が美味しくなってつい食べ過ぎてしまうこともあります。

妊娠中の体重増加は7~12kgが適正と言われていますので、この範囲に収まるようにしっかりと体重を管理していきましょう。

妊婦健診を忘れずに受ける。
妊婦健診は、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病を早期発見できる大切なものです。忘れずにきちんと健診を受けて定期的にチェックするようにしましょう。

妊娠中期から後期のむくみは、注意しなければなりません。しっかりと対策していきましょう。

急激に体重増加したときはすぐに産婦人科を受診して原因を調べるようにしましょう。

この他、妊娠中期の注意点については妊娠中期の注意点で、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで詳しく紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠中期の頭痛

妊娠中期の頭痛

妊娠中期の頭痛は、体型やホルモンの変化で起こると言われています。頭痛には、偏頭痛・緊張性頭痛・群発頭痛などがありますが、妊娠中は、筋肉のこりからくる緊張性頭痛が多いようです。

妊娠中の頭痛は、自然に治まるものが多いのですが、ずっと続く頭痛や今までに経験したことのないような激しい頭痛は脳や脊髄の病気かもしれないので、すぐに病院を受診するようにしてください。

妊娠中期の頭痛の原因

妊娠中期の頭痛の原因

妊娠中期の頭痛の原因として

・妊娠によるホルモンの影響
・体型変化による筋肉の緊張
・便秘から
・水分不足
・ストレス
・脳や脊髄の病気

このような原因から頭痛が起こると言われています。

頭痛は、種類により対処法が違うので、自分に合った解消法を試してみるようにしましょう。

妊娠線のケアは早めに。

今、妊娠線のケアをしないと、大変なことに!?

一度妊娠線が出てしまうと、元に戻すのが大変になります。

妊娠線のケアは、早いうちから始めることが大切です。

詳しくは下記から
妊娠線のケアは今!
妊娠線のケアは今!

次は、原因や妊娠中期の頭痛の対処法を詳しく解説してきます。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





頭痛になる原因

頭痛になる原因

妊娠によるホルモンの影響
妊娠中は、妊娠を継続するために様々なホルモンが分泌されています。このホルモンの影響で血管が拡張して頭痛を起こすことがあります。

このタイプは、血管が拡張して起こる偏頭痛と呼ばれるもので、温めるより冷やすほうが効果的と言われます。

体型変化による筋肉の緊張
妊娠中期になると、お腹も大きくなってきて体型にも変化が起こります。お腹が大きくなると、体の重心が変わってきて腰や肩に負担が掛かってきます。

また、この時期には胸も大きくなってきて重くなり支える肩に負担が掛かります。こうして体型の変化によって腰や肩と言った背中全体の筋肉が緊張して頭痛が起こります。

便秘から頭痛
意外なことに便秘によって引き起こされる頭痛もあります。妊娠中は、便秘になる人が多く悩みの種になっています。

この便秘が頭痛やむくみを引き起こしているときがあるのです。

水分不足で
体の水分が不足しているときも頭痛が起こりやすくなります。水分が足りているかチェックする必要があります。

ストレスから
妊娠中は、肉体的にも精神的にもストレスを受けることが多くあります。このストレスが頭痛の原因となることがあります。

脳や脊髄の病気
脳や脊髄の病気で頭痛が起こることがあります。脳腫瘍や脳出血、髄膜炎などは今までに経験したことのないような激しい痛みがあります。

こんな頭痛のときは急いで病院を受診するようにしてください。

妊娠中に妊娠高血圧症候群になると、痙攣(子癇)や脳出血を起こすことがあります。高血圧や尿タンパクが出たら、医師の指示の下に適切な治療を受けるようにしましょう。

妊娠中期の頭痛の対処法

妊娠中期の頭痛の対処法

妊娠中の頭痛の対処法は、症状によって違います。

ホルモンによる偏頭痛の場合
偏頭痛の場合は、患部を冷やすことが大切です。アイスノンや冷えピタなどの冷却ジェルを頭に貼ると頭痛が緩和されます。

また、暗いところで横になって休むと次第に治まっていくことが多いようです。

筋肉の緊張やコリの場合
体型の変化や重い肩こりなどで頭痛が起こる場合、凝っているところを温めるか、軽いストレッチを行って緊張をほぐすといいようです。

患部を冷やすと逆効果なので気をつけてください。

便秘や水分不足の場合
便秘や水分不足のときは、なるべく多くの水分を補給して便秘や水分不足を解消することが必要です。食生活を見直して食物繊維を多く摂るようにしましょう。

野菜には、多くの水分が含まれているので積極的に食べるようにしましょう。

ストレスから頭痛がする場合
ストレスからのときは、ストレスをうまく解消することが大切です。自分の趣味に没頭したり、友達と女子会を開いて話を聞いてもらうだけでも気分が違ってきます。

ガーデニングやマタニティスイミングなどもおすすめです。

脳や脊髄の病気の場合
この場合は、一刻も早く治療を受けることが大切です。激しい痛みがあるときは急いで病院を受診するようにしましょう。

このように、妊娠中期の頭痛の対処法はいくつかあります。いくつか試してみて自分に合った対処法を見つけてみてください。

この他、妊娠中期の注意点は、妊娠中期の注意点で、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠中期の破水

妊娠中期の破水

妊娠中期の破水は、感染症になる可能性も高く早産の原因にもなります。

もし、妊娠22~36週の時期に破水が始まると早産になってしまうことが多いようです。この時期での破水は、できるだけ妊娠を継続できるように処置を行います。

もしかして破水?と思ったら

もしかして破水?と思ったら

破水は、ドバッと大量の羊水が流れ出るイメージがありますが、実際には高位破水のように少しずつ流れ出ることもあります。

尿漏れか破水か分からない場合でも、間違いでもいいので早く産婦人科へ連絡して診察してもらうようにしてください。

次は、破水の時の対処法と破水や早産になる原因について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





破水の時の対処法

破水の時の対処法

破水かな?と思ったら

・破水の量が多いならナプキンかタオルを当ててバスタオルを腰に巻く。
・すぐに産婦人科へ電話する。
・病院への移動は車にする。

この他に注意点として

・シャワーやお風呂はダメ。
・間違いでもいいのですぐに受診する。

このような点に注意して受診するようにしましょう。

破水の量が多いならナプキンかタオルを当ててバスタオルを腰に巻く。

破水の量が多いときは、ナプキンでは間に合わないぐらいの勢いで羊水が出てきます。ナプキンで間に合わないときは、タオルを当てて、腰にバスタオルを巻いておきましょう。

バスタオルを巻くのは、移動するときに車などを汚さないようにするためです。

すぐに産婦人科へ電話する。

破水したら、早産になる可能性が高くなります。そのまま放置すると、感染症になってママと赤ちゃんが危険な状態となるため、早急に産婦人科を受診する必要があります。

病院への移動は車にする。

破水していると、自分で歩いて病院へ行くのは困難です。パパや家族の車かタクシーを呼んで移動するようにしましょう。

破水後の注意点として

シャワーやお風呂はダメ。

破水した状態でシャワーやお風呂に入ってしまうと感染症になる可能性が高くなります。ママや赤ちゃんが感染症になると、非常に危険な状態になるためシャワーやお風呂は絶対にダメです。

早産や破水を起こす原因

早産や破水を起こす原因

早産や破水を起こす原因として

・感染症
・子宮頸管無力症

感染症は細菌性膣症、頸管炎、絨毛膜羊膜炎などがあります。またクラミジアなどの感染症も早産や破水の原因となると言われています。

子宮頸管無力症とは、何らかの原因で子宮の入り口である頸管が開いてきて早産になる病気です。多くは自覚症状はありませんが、お腹に張りや痛みを感じることもあります。

症状が無いことが多いので、妊婦健診で発見されることが多いものです。

このように、妊娠中期の破水は早産になる可能性が高く早期の治療が必要です。破水かな?と思ったらすぐに病院へ連絡して治療を受けるようにしましょう。

この他、妊娠中期の注意点は、妊娠中期の注意点で、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠中期の眠気

妊娠中期の眠気

妊娠中期の眠気は、妊娠によるホルモンが影響していると言われています。家事や仕事中でも、突然眠気が出てきて困ってしまうことも。

しかし、これは生理的な現象の一つなので上手に付き合っていくしかありません。

仕事中でも休憩を入れる、休みを取るなどしっかりと眠気対策をしていきましょう。

妊娠中期の眠気の原因

妊娠中期の眠気は、だるさや頭痛など他の症状も伴うことがあります。

妊娠中に眠気やだるさが出る原因として、プロゲステロン(黄体ホルモン)の作用で引き起こされるとされます。

プロゲステロンは、子宮が大きくなるのをサポートする作用がありますが、時に体調面に影響があり、眠気やイライラ、頭痛やだるさの不の原因となります。

妊娠前の生理前のような症状(PMS)が続くと考えるといいようです。

妊娠線のケアは早めに。

今、妊娠線のケアをしないと、大変なことに!?

一度妊娠線が出てしまうと、元に戻すのが大変になります。

妊娠線のケアは、早いうちから始めることが大切です。

詳しくは下記から
妊娠線のケアは今!
妊娠線のケアは今!

次は、妊娠中期の眠気対策などを紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠中期の眠気対策

妊娠中期の眠気対策

妊娠中期の眠気対策として

・体を動かす。
・飲み物を飲む。
・こまめに休憩する。

このような眠気対策があります。

体を動かす。
眠気には体を動かす。

眠気を感じたときには、ストレッチや軽い運動を行うようにすると眠気が軽減できます。

仕事や家事など、同じ姿勢でいると眠気が強くなってきますので体を動かすようにします。ウォーキングがおすすめですが、仕事中は難しいので腕を回すなどストレッチを行うようにしましょう。

飲み物を飲む。
妊娠中期の眠気には飲み物

眠いと感じたら、冷たい飲み物を飲むと少し眠気が和らぎます。冷たいものを飲み過ぎてはダメですが、少し飲むことで気分がリフレッシュできます。

こまめに休憩する。
眠気があるなら休憩

眠たいときに作業を続けるとミスをする原因にもなるので、こまめに休憩を取るようにします。単純作業が多いほど眠たくなるので、休憩を取るようにしましょう。

自分の意思で作業をやめることができない場合は、上司や周りの人の了解を得て休むようにしましょう。

それでも眠気があるときは

それでも眠気があるときは

色々眠気対策を行っても、どうしても眠気が取れないときの対処法は

・短時間でもいいから寝る

これが最も有効だと思います。

仕事をしてないならお昼寝を、仕事中なら昼休みに仮眠を取るようにすると眠気も引いていきます。

これから、妊娠後期にかけて徐々にプロゲステロンの量が減ってきます。そうなると段々眠気も感じにくくなってきます。

ママが寝ることで、赤ちゃんが順調に育っていくので上手く時間を利用して眠気を軽くするようにしていきましょう。

妊娠中期にしておきたいこと

妊娠も中期ぐらいになると、つわりも収まり生活にゆとりが出てきます。

この時期に、産休や育休の申請書類集めや産前産後の情報収集を行うようにするといいでしょう。

臨月になると、色々大変なので、肌着など赤ちゃんをお迎えする準備もこの時期から少しずつ始めたほうがスムーズに運びます。

妊娠中期の眠気は、生理現象なのでうまく付き合っていくことが大切です。眠気が来たら短時間でもいいから眠るようにしましょう。

この他、妊娠中期の注意点は、妊娠中期の注意点で、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠中期の腹痛

妊娠中期の腹痛

妊娠中期の腹痛は、便秘や靱帯の引きつりなどでも起こりますが、早産や切迫早産、常位胎盤早期剥離などママや赤ちゃんに重大な影響が出る病気のサインであることもあります。

痛みが続いたり、休んでも痛みが治まらない、出血がある場合はすぐに産婦人科を受診したほうがいいでしょう。

特に、お腹の張りが強く出血が多い、または痛みは軽くても出血が多い場合は救急車を呼んで一刻も早く処置を開始するようにしてください。

妊娠中期の腹痛の原因

妊娠中期の腹痛の原因

妊娠中期に腹痛を起こす原因としては

・早産や切迫早産
・常位胎盤早期剥離
・子宮内膜症を合併した妊娠
・卵巣腫瘍
・便秘や靱帯の引きつり
・子宮が大きくなるときの成長痛

このような腹痛の原因が考えられます。

次は、原因の詳細と症状などを詳しく紹介します。まだ続きます。

スポンサードリンク





腹痛の主な原因

腹痛の主な原因

早産や切迫早産
切迫早産とは、妊娠22週以降37週未満で早産の一歩手前で下腹部に痛みや出血を伴った状態のことをいいます。早い段階で診断できて適切な治療を受けることができれば防げることも多いです。

切迫早産の症状は次の3つがあります。

・下腹部の痛みや張り
・出血
・おりものの変化

このような症状を感じたら、すぐに産婦人科を受診するようにしてください。

切迫早産の原因は?
●赤ちゃん側に原因
・多胎
・羊水過少、羊水過多
・胎児機能不全
・胎児形態異常

●ママに原因
・感染症
・子宮頸管無力症
・妊娠高血圧症候群
・合併症妊娠
・高齢妊娠(高年妊娠)
・子宮筋腫
・前置胎盤

上記のような原因で切迫早産になると言われています。

切迫早産は、ほとんどはママに原因があって、その中でも感染症が最も多いとされています。感染症になると、膣内の環境が悪化して白血球が増えます。

この白血球が子宮頸管の組織を破壊して破水や子宮口が開いたりする原因になるとされています。

切迫早産を予防するには?
切迫早産を予防するには

・妊婦健診を受ける。
・清潔を保つ。
・トイレは前から後ろに拭く

このようなことを行うことで、予防することができます。

常位胎盤早期剥離
まだ赤ちゃんがお腹にいるのに胎盤が剥がれてしまうことを常位胎盤早期剥離と言います。原因ははっきりとしていませんが、妊娠高血圧症候群との関連が指摘されています。

胎盤が剥がれてしまうと、赤ちゃんに栄養が送ることができなくなり母子ともに危険な状態になります。

主な症状としては、お腹がカチカチになって出血を伴うことです。お腹の痛みが軽いときや出血は少量の場合もあって注意が必要です。

このような症状が出たら、救急車を呼んで急いで受診するようにしてください。

子宮内膜症を合併した妊娠
子宮内膜症を持った状態で妊娠すると、お腹のあちこちで痛みを感じることがあります。

しかし、自分ではどの痛みか判断できないので、産婦人科を受診して原因を調べるようにしてください。

卵巣腫瘍
妊娠するとホルモンの変化で卵巣が腫れることがあります。妊娠前から卵巣腫瘍を持っていると腫れやすいようです。

卵巣腫瘍の腹痛の痛みは、チクチク、ズンズンという感じの痛さを感じる人が多いようです。

痛みかたでは、腹痛の原因は分からないので、産婦人科を受診して原因を調べるようにしましょう。

便秘や靱帯の引きつり
便秘や靱帯の引きつりが腹痛を起こします。便秘は妊婦さんの多くが悩んでるものです。便秘しているとムカムカや吐き気の原因にもなるので、早めに解消するようにしましょう。

子宮を支えている靱帯が引きつったり痙攣を起こして腹痛を起こすこともあります。この場合は下腹部や足の付け根が痛むことが多いようです。

このように、妊娠中期の腹痛は心配のないものとすぐに病院を受診したほうがよいものがあります。

心配ないかどうかは、自分では判断できないので産婦人科を受診して原因を調べたほうがいいでしょう。

妊娠線のケアは早めに。

今、妊娠線のケアをしないと、大変なことに!?

一度妊娠線が出てしまうと、元に戻すのが大変になります。

妊娠線のケアは、早いうちから始めることが大切です。

詳しくは下記から
妊娠線のケアは今!
妊娠線のケアは今!

この他、妊娠中期の注意点は、妊娠中期の注意点で、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠中期の吐き気

妊娠中期の吐き気

妊娠中期の吐き気は、妊娠中に分泌されるホルモンとお腹の大きさが関係していると言われます。また、つわりが明けずにそのまま続いている人もいるようです。

妊娠による吐き気は、生理的なものなので、頑張って乗り切るしかありません。少しでも吐き気やムカムカを抑えて、体調を良くすることを考えていきましょう。

妊娠中期の吐き気の原因

妊娠中期の吐き気の原因

妊娠中期に吐き気がある原因は、黄体ホルモン(プロゲステロン)の作用と子宮が大きくなって物理的に胃を圧迫することが原因と考えられています。

また、妊娠初期のつわりが治まらずに吐き気が続くこともあります。妊娠中の便秘が関係していることも。

このムカムカや吐き気は、生理的な現象なので自分で対策して乗り切るしかありません。

妊娠線のケアは早めに。

今、妊娠線のケアをしないと、大変なことに!?

一度妊娠線が出てしまうと、元に戻すのが大変になります。

妊娠線のケアは、早いうちから始めることが大切です。

詳しくは下記から
妊娠線のケアは今!
妊娠線のケアは今!

次は、妊娠中期の吐き気対策と解消法を詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠中期の吐き気解消法

妊娠中期の吐き気解消法

吐き気を和らげる方法として

・食事を少量ずつ数回に分けて食べる。
・便秘を解消する。
・臭いがキツイところへ行かない。
・のぼせに気をつける。

上記のような吐き気対策があります。

食事を少量ずつ数回に分けて食べる。
吐き気には少量の食事

1回に多くの食事を摂ると、ムカムカや吐き気が増長されます。食事は数回に分けて少量を食べるようにしましょう。

おかずの味付けが濃いと吐き気がするので適量の味付けで料理するようにします。この時期から、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病のリスクが高まってくるため、塩分や糖分の取り過ぎには十分に注意していきましょう。

便秘を解消する。
吐き気なら便秘を解消

ムカムカや吐き気は、便秘からくることもあります。特に、妊娠中は便秘になりやすいので食生活を改善して便秘を解消するようにしましょう。

キャベツやバナナ、ワカメなどがおすすめです。

臭いがキツイところへ行かない。
吐き気なら行くところを考える

鮮魚店やスーパーの総菜コーナーなど、魚やおかずの匂いで吐き気が大きくなることもあります。できるだけ、匂いが強いところは近づかないようにしましょう。

どうしても行かなければならないときは、家族に頼むかマスクを付けて行くようにします。

のぼせに気をつける。
妊婦中期にはのぼせに注意

妊娠中に必要以上に体を温めると、ママだけでなくお腹の赤ちゃんにもよくありません。また、体が温まることで吐き気も大きくなるので、温まりすぎるのはやめるようにしましょう。

それでも吐き気が治まらないときは

それでも吐き気が治まらないときは

色々な解消法を試してみても吐き気が治まらないときは、産婦人科へ行って薬を処方してもらいましょう。

吐き気を和らげる薬として、六君子湯、小半夏加茯苓湯、半夏厚朴湯などの漢方が処方されることがあります。産婦人科の医師と相談してみてください。

あまりに吐き気が強い場合は、他の病気も考えられます。もしかしたら、内科や外科の病気の可能性もあります。医師に症状を詳しく伝えるようにしてください。

このように、妊娠中期の吐き気は自分で対策をして乗り切ることが大切です。色々な解消法を試して自分にあったものを探してみてください。

この後、妊娠後期(妊娠7ヶ月ぐらい)から第二のつわりと呼ばれるムカムカや吐き気が出てくることがあります。辛い時期が続きますが、出産すれば治まってきますので、頑張って乗り越えるようにしましょう。

この他、妊娠中期の注意点は、妊娠中期の注意点で、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠中期のイライラ

妊娠中期のイライラ

妊娠中期のイライラは、妊娠によるホルモンの変化が関係していると言われます。また、妊娠や出産に対する不安が増長しています。

後から考えると原因が分からないことも。

何気ない行動や言葉にもイライラして困ってしまうこともありますが、自分なりの解消法を試して気持ちをリラックスさせましょう。

妊娠中期のイライラの原因

妊娠中期のイライラの原因

妊娠中期にイライラする原因としては、妊娠中に分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)が影響していると言われます。

黄体ホルモンは、妊娠を継続する上で欠かせないホルモンですが、このホルモンの影響でイライラや頭痛など不快な症状が起きることが知られています。

妊娠前でも同様な症状が出ることがあって生理前症候群(PMS)と呼ばれています。

妊娠線のケアは早めに。

今、妊娠線のケアをしないと、大変なことに!?

一度妊娠線が出てしまうと、元に戻すのが大変になります。

妊娠線のケアは、早いうちから始めることが大切です。

詳しくは下記から
妊娠線のケアは今!
妊娠線のケアは今!

次は、妊婦さんがイライラした原因やその解消法について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊婦さんがイライラした原因

妊婦さんがイライラした原因

イライラが起きると些細なことでも気に障りますが、妊婦さんたちはこんな原因でイライラしたようです。

妊婦さんがイライラした原因
・体が思うように動かない。
・パパが家事を手伝わない。
・パパが飲み会で遅く帰ってくる。
・疲れやすく遊べない。
・お金のことが気がかり。

このようなことでイラッときているようです。

体が思うように動かない。
妊娠すると体が思うように動かない。

妊娠してお腹が大きくなってくると、自分で思うように動けなくなってきます。妊娠前は何でも無い動作が、「よっこいしょ」とかけ声をかけないと動けなくなることもあります。

動けないので、イライラが増幅されます。

パパが家事を手伝わない。
妊娠中にパパが家事を手伝わない。

掃除や洗濯、食事の準備は毎日しないといけませんが、パパが妊娠中ということを理解していなくて全く手伝わないことがあります。

お腹が張ってキツイのに手伝わないなんてイラッときますよね。

パパが飲み会で遅く帰ってくる。
パパが飲み会で遅い

仕事上のお付き合いと分かっていても、飲み会で遅く帰ってくるとイラッとしますよね。ごはんの予定もあるし、体調は良くないしでイライラが倍増します。

疲れやすく遊べない。
妊娠中は疲れやすいのでイライラ

妊娠中は、お腹が大きく疲れやすくなっています。たまに友人と会って遊んでも疲れて楽しめないことが多くなります。ストレス解消で遊んでいるのに逆効果のときも。自分にイラッとする瞬間です。

お金のことが気がかり。
妊娠中にお金のことでイライラ

妊娠中や出産には何かとお金が掛かるものです。妊婦健診の費用や出産費用、産休や育休中の一時金の申請、児童手当の申請などお金に関する事例がたくさん出てきます。

色々心配することでイライラが募ります。

イライラを解消するには?

イライラを解消するには?

妊娠中期のイライラを解消するには、次のような方法があります。

・1人になる。
・趣味に没頭する。
・他人と距離を置く。
・妊婦用雑誌を読む。
・実家へ帰る。
・胎教に良い音楽を聴く。
・アロマを楽しむ。

先輩の妊婦さんたちは、このようなことでイライラを解消していました。

1人になる。
妊娠中のイライラは1人に

妊娠中にイライラしたときは、他の人と接触を断つことで精神的に楽になります。一日に一度は自分一人の時間を持つといいかもしれません。

趣味に没頭する。
妊娠中期のイライラには趣味

イラッときたときは、自分の趣味に没頭してみましょう。ガーデニングやクロスワードなど入れ込める趣味がおすすめです。ゲームが好きな人はゲームでもいいでしょう。

とにかく日常生活から離れることが大切です。

他人と距離を置く。
イライラなら他人と距離を

イライラしていると、他人の行動や言葉がイライラを増幅させることがあります。イラッときたら、なるべく他人と会わないようにするのも一つの方法です。

人が集まる場所は避ける、エレベーターは1本遅らせるなど人混みには行かないようにするといいかもしれません。

妊婦用雑誌を読む。
妊娠中期のイライラには本

妊婦さん用の雑誌を読むことでも心が落ち着きます。妊娠中や出産への不安がイライラの原因となることもあるので、雑誌を読んで不安を解消するようにしましょう。

先輩妊婦さんの経験談もとても参考になりますよ。

実家へ帰る。
イライラは実家へ

イライラしたら、実家へ帰ってみるのもいいでしょう。自分の家なら、家事はお母さんがやってくれますし、気を遣わずに過ごすことできます。

泊まりがけでなくても、日帰りでも随分と違ってきます。

胎教に良い音楽を聴く。
イライラには音楽

音楽を聴くと心が静まってきます。胎教によいと言われるモーツァルトなどを聴くのもいいですね。赤ちゃんとママに優しい音楽で心が癒やされます。

アロマを楽しむ。
妊娠中期にはアロマ

自分の好きな香りをアロマで楽しむことで心が穏やかになります。すてきな香りに包まれると寝付きも良くなりますよ。ですが、妊娠前とは好みが変わっていて気持ち悪くなることがあるので注意してください。

このように、妊娠中期のイライラを解消する方法はいくつかあります。自分に合った方法を見つけてリラックスできるように工夫していきましょう。

この他、妊娠中期の注意点は、妊娠中期の注意点で、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

スポンサードリンク