妊娠中期の注意点、16週5ヶ月で吐き気や頭痛、気持ち悪い?腹痛も?

妊娠中期の注意点

妊娠中期の注意点、頭痛や吐き気、気持ちが悪い

妊娠中期とは、妊娠16週(妊娠5ヶ月)~27週(7ヶ月)までの期間のことで、この時期はつわりも治まって、体や心も安定してくる時期になります。

ここまで順調にくると、流産のリスクも減少してきます。つわりも治まってくるので食欲が出てきますね。

安定期とはいえ、様々なトラブルになることもあります。

妊娠中期の頭痛

妊娠中期の頭痛

妊娠中期の頭痛は、原因が様々で色々なことで起こります。頭痛には3種類ありますが、妊婦さんで多いのが緊張性頭痛だと言われています。

頭痛が起こる原因は、ホルモンの変化によるもの、妊娠による体型の変化によるもの、便秘や水分不足、ストレス、脳や関随の病気などが原因で引き起こされます。

頭痛への対処法として、ホルモン変化による偏頭痛の場合は冷やす、暗いところで寝るなどの対処法が効果的です。肩こりが原因で起こる頭痛は、凝っている肩や首を温めてほぐすことで治まっていきます。

脳や脊髄など病気は、今まで経験したことのないような激しい痛みがあることが特徴で、一刻も早い処置が必要な頭痛です。詳しくは妊娠中期の頭痛で解説しています。

妊娠中期の吐き気

妊娠中期の吐き気、気持ちが悪い

妊娠中期に起こる吐き気は、妊娠中に分泌されるホルモンと大きな関係があると言われます。

また、妊娠初期に起こるつわりが終わらずに続いているときも吐き気ががあって気持ち悪いときもありますよね。

ムカムカや吐き気がする原因として、黄体ホルモンの作用や子宮が大きくなって周囲臓器を圧迫するのが原因と考えられています。また、便秘がひどいと吐き気まで感じることもあるようです。

吐き気を軽減させる方法として、

・食事を数回に分けて少量ずつ食べる
・便秘を改善する
・臭いがするところへは行かない
・のぼせないようにする

このような対処法があります。

このような対策を試してみても、吐き気が治まらないときは妊婦健診のときに医師や助産師さんに相談するか、産婦人科を受診して薬を処方してもらうようにしましょう。

吐き気対策として処方されるのは六君子湯、小半夏加茯苓湯、半夏厚朴湯などの漢方が多いようです。あまりにも吐き気が治まらないときは、内科やその他の病気かもしれないので医師に相談してみることをおすすめします。

詳しくは妊娠中期の吐き気で説明しています。

妊娠線のケアは早めに。

今、妊娠線のケアをしないと、大変なことに!?

一度妊娠線が出てしまうと、元に戻すのが大変になります。

妊娠線のケアは、早いうちから始めることが大切です。

詳しくは下記から
妊娠線のケアは今!
妊娠線のケアは今!

妊娠中期の腹痛

妊娠中期には、色々な原因で腹痛が起こることがあります。腹痛の中には、生理的なもので心配の無いものと一刻も早く処置を開始しなければならないものがあります。

痛みだけでなく、張りや出血を伴った腹痛はトラブルになっているサインかもしれません。便秘など間違ってもいいので、早急に産婦人科を受診するようにしてください。

妊娠中期に腹痛を起こす原因として、早産や常位胎盤剥離、便秘や靱帯の痙攣、子宮の周囲臓器圧迫などがあります。早産や常位胎盤剥離は一刻も早く処置が必要なので急いで産婦人科を受診するようにしましょう。

何かしら異常があるときは、出血やお腹の張りを伴っていることが多いのですが、痛みだけで判断できないので必ず病院を受診するようにしてください。詳しくは妊娠中期の腹痛で解説しています。

この次は、妊娠中期の眠気や破水について詳しく紹介します。

妊娠中期の眠気

妊娠中期には、仕事や家事に影響が出るほど眠気を感じる人もいるようです。この眠気は、ホルモンである黄体ホルモンの作用で起こると考えられています。

黄体ホルモンは、妊娠を継続していく上で重要な役割を果たしているので出産まで上手に付き合っていくしか方法がありません。

仕事中には、まめに休憩を取り、家ではお昼寝をするなど自分で対策を立てていくようにしましょう。

妊娠中期の眠気対策としては、体を動かして気分転換、冷たいの飲み物を飲む、こまめに休憩をとることが大切です。

ですが、眠たいときはどうしようもないので、思い切って寝てしまうことも方法の一つです。寝る時間が確保できるなら、短時間でもいいですから寝てみましょう。詳しくは妊娠中期の眠気でまとめました。

妊娠中期の破水

妊娠中期の破水には、気をつけなければなりません。この時期に破水してしまうと、感染症にリスクも高くなり妊娠を継続できないこともあります。

また、早産になるリスクもあり一刻も早い処置が大切になってきます。急いで病院を受診して処置を行うようにしましょう。

一般的に破水というと、大量の羊水が出てくるような感じがしますが、この時期にはちょろちょろと流れ出るタイプの破水あります。高位破水と呼ばれる卵膜が上部で破れている状態だとチョロチョロ出てくることが多いようです。

破水したときの対処法は、流れを止めるためにタオルやバスタオルを使って、病院へ連絡をして車で移動することです。早く病院へ着くことが大切なので急いで行動しましょう。詳しくは妊娠中期の破水を読んでください。

妊娠中期のイライラ

妊娠中期には、わけもなくイライラしてしまうことがあります。このイライラは、妊娠中に出ている黄体ホルモンが影響していると言われています。

黄体ホルモンは妊娠に欠かせないホルモンですが、イライラや頭痛の原因ともなっているものです。黄体ホルモンは妊娠の継続に欠かすことができないホルモンなので出産まで上手に付き合っていくことが大切です。

妊娠中にイライラする原因としては、パパの飲み会や家事を手伝わない、自分の体が動かない、疲れやすいなどがありました。

イライラしたときの解消法として、一人になる時間を作ることや音楽やアロマを楽しむことを試すと解消できるようです。詳しくは妊娠中期のイライラで説明してます。

>妊娠中期は食事に気を付けて

妊娠中期は食事に気を付けて

妊娠中期は、食事の内容に気を付けましょう。

妊娠中期になると、安定期と呼ばれる時期となりママの体調も良くなってくることが多いです。つわりも明けてくるので食事も美味しく頂けるようになります。

ここで注意したいのが、食事の内容です。

妊娠中期は気分が良い日も多くなるので、つい食べ過ぎてしまうこともあります。妊婦さんは2人分食べなきゃといって食べるママもいますが、妊娠中の過度の体重増加は、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病といったリスクを高めることになります。

特に食べつわりの人は注意が必要です。食べつわりの食欲のままに食べていると、急激に体重増加になることもあります。過度な体重増加にならないように気を付けましょう。

妊娠中の体重増加は何キロまで?
妊娠中の体重増加は、7~12kgぐらいの範囲が理想とされています。妊娠前にやせていた人は、9~12kgぐらいの増加になるように体重を管理していきましょう。

妊娠中期でも胃痛やムカムカがある

妊娠初期のつわりのように、妊娠中期でも胃痛やムカムカが残っているときもあります。胃痛やムカムカといった症状は、子宮が大きくなることで物理的に胃や腸が圧迫されることによって発生すると考えられています。

長い人では妊娠後期まで症状が残っている人もいて個人差が大きいようです。

対策としては、食事を数回に分けることなどがありますが、症状がひどいときは産婦人科を受診して症状を診てもらうようにしましょう。

妊娠線のケアは早めに。

今、妊娠線のケアをしないと、大変なことに!?

一度妊娠線が出てしまうと、元に戻すのが大変になります。

妊娠線のケアは、早いうちから始めることが大切です。

詳しくは下記から
妊娠線のケアは今!
妊娠線のケアは今!

妊娠中期の腰痛

妊娠中期の腰痛は、多くの妊婦さんが経験していることです。腰痛はお腹が大きくなってからではなく、お腹が目立たない妊娠初期から中期にかけても起こります。

妊娠中に腰痛になる原因は、リラキシンと言うホルモンの影響、お腹が大きくなって重心が変わるため、運動不足などが考えられています。

リラキシンは、赤ちゃんが産道を通りやすくするために骨盤の靱帯を緩める作用があり、妊娠の継続と出産をサポートする大事な役目を持っています。

このリラキシンの作用で、他の関節も緩くなり周りの筋肉が緊張して腰痛を引き起こすことがあるのです。また、お腹が大きくなってくると後ろに反り返る姿勢を取ることが多くなります。この姿勢も腰に負担をかけることになります。

妊娠中の運動不足も腰痛になる原因です。なるべく体を動かす軽い運動を生活に取り入れてみましょう。具体的な腰痛対策は妊娠中期の腰痛で説明しています。

妊娠中期の風邪

妊娠中期の風邪は、こじらせると大変です。症状が重い場合は、迷わず産婦人科を受診して治療するようにしましょう。ただし、高熱や全身の倦怠感などインフルエンザの場合もありますので、産婦人科へ連絡してから受診するようにしてください。

風邪と思って自己判断で市販薬を飲むのはNGです。特に非ステロイド系抗炎症薬(NSAIDs)やボルタレンやインドメタシンなどの消炎鎮痛剤は妊婦さんには禁忌なので絶対に飲まないようにしましょう。

風邪を予防するには、手洗いとうがい、十分な栄養と休養、人混みを避ける、部屋を加湿するなど対策が必要です。うがい薬にはヨードが入っていることがあるので、使わないように注意してください。詳しくは妊娠中期の風邪でまとめています。

妊娠中期のむくみ

妊娠中期のむくみ、特に妊娠20週以降にむくみがひどい場合は妊娠高血圧症候群かもしれません。妊娠高血圧症候群とは、妊娠中毒症と呼ばれていたもので、高血圧や尿にタンパクが出る症状があり、脳卒中や痙攣を起こす子癇を起こすことがあります。

体重が急激に増えたり、むくみがひどい場合にはすぐに産婦人科を受診して診察してもらうようにしましょう。

妊娠中期にむくみが出る原因として、冷え症や塩分の取りすぎなどがあります。体が冷えないように心がけて塩分を取り過ぎないようにしましょう。

妊娠高血圧症候群を予防するには、軽い運動やストレスを上手に解消する、しっかり体重管理を行う、妊婦健診は必ず受けるなど対策を取っていきましょう。詳しくは妊娠中期のむくみでまとめています。

妊娠と肥満

妊娠中の肥満は、様々な病気のリスクを高めることが知られています。ここで言う肥満とは、BMIの数値が25以上の人です。25以上になる人は細心の注意を払っていきましょう。

BMIの数値が分からなくても、妊婦健診のときに分かります。このときに医師か助産師さんから説明があるので、指示に従って生活を送るようにしましょう。

妊娠中の肥満で気をつけたいのが、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病、神経管閉鎖障害といった病気や先天性の障害です。食生活を改善することでリスクを減らすこともできるので食事を見直すようにします。

妊娠中の肥満を解消するには、ダイエットではなく食事や運動といった生活習慣の改善で適正体重を目指すことになります。妊娠前から7~12kgが適正と言われるのでこの範囲になるように改善しましょう。詳しくは妊娠と肥満で説明しています。

この他、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?

妊娠線

妊娠線のケアは、早いうちからやっておくことが非常に大切です。

「まだお腹が大きくなってないからいいや」と思って放置すると、ある日突然パックリと妊娠線が出てくるのです。

あとから後悔しないためにも、いまのうちにケアしましょう。

妊娠線ができる原因

妊娠線ができる原因は、急にお腹が大きくなったり、急激な体重増加などで皮膚の表皮が引っ張られて、それにつられて真皮や皮下組織に断裂ができて妊娠線になります。

表皮は、びよーんと伸びやすいですが、真皮と皮下組織は伸びにくいので、差が生じて溝ができて妊娠線となります。

妊娠線のケアは早めに。

今、妊娠線のケアをしないと、大変なことに!?

一度妊娠線が出てしまうと、元に戻すのが大変になります。

妊娠線のケアは、早いうちから始めることが大切です。

詳しくは下記から
妊娠線のケアは今!
妊娠線のケアは今!

妊娠線ができる前兆

妊娠線ができる前兆

妊娠線ができる前兆として、ある症状が出てきます。それは、、、

「肌のかゆみが出てくること」

肌が痒くなってくると、皮膚の表皮が引っ張られてかゆみが出ます。これを放置すると、皮膚が断裂して妊娠線ができてしまいます。

一度できた妊娠線は消すことが難しいです。妊娠線ができないように予防していきましょう。

この次は、妊娠線の予防や妊娠線のできやすいところについて詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク

妊娠線の予防

妊娠線の予防

妊娠線を予防するには、

・急激な体重増加を防ぐ。
・皮膚を乾燥させない。
・早いうちからケアする。

このような点に注意して、妊娠線の予防をしていくことが大切です。

急激な体重増加を防ぐ。
つわりが明けた妊娠5ヶ月ごろから、急に食欲が増してどか食いしてしまうことがあります。また、食べつわりの影響で食べる量が増えてしまう例もあります。

妊娠中の体重増加は、妊娠線だけでなく、妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病といったリスクを高めることになります。

急な体重増加には、十分に注意しましょう。

皮膚を乾燥させない。
皮膚が乾燥していても、妊娠線ができやすくなります。皮膚を乾燥させないように保湿することが大切です。

早いうちからケアする。
これが、妊娠線を予防する上で最も大切なことです。もし、ケアを怠っているとこんなことになります。

ケアを怠った妊娠線の写真はこちら

こうならないためにも、早い時期からクリームで保湿することが大切なのです。

妊娠線のピークはいつ?
妊娠線ができるピークは、つわり明けの妊娠5ヶ月以降、赤ちゃんが大きくなる妊娠8~9ヶ月です。臨月でも、突然妊娠線が出てきた人もいます。

今のうちからケアしておきましょう。

妊娠線のできやすいところ

妊娠線ができるのは、お腹だけではありません。バストの側面やお尻、太ももにもできやすいです。お腹だけでなくバストやお尻、太ももなどもクリームでケアしましょう。

妊娠線を消す方法はない!?

妊娠線を消す方法はないと言っても過言ではありません。一度肉割れになってできた妊娠線は、中々消すことができないのです。なので、できないように予防することが大切です。

妊娠線がどうしてできるのかというと、赤ちゃんが成長するスピードに皮膚や真皮、皮下組織がついていけないことにあります。真皮や皮下組織は引っ張りに弱く断裂を起こしてしまいます。

妊娠線ができる前には、前兆があることが知られています。皮膚の引っ張りがあると、その部分がかゆくなってきます。このかゆみが前兆です。すぐに保湿するようにしましょう。

妊娠線を予防するには、皮膚が乾燥しないように保湿する、急激な体重増加を避ける、早めにケアを行うことが大切です。妊娠線ができないように気をつけましょう。詳しくは妊娠線を消す方法はない!?で説明しています。

妊娠線を予防するには?

妊娠線を予防するには、妊娠線をつくらないように十分に水分と油分を補給することが大切です。お腹が大きくなり始めた4ヶ月ごろから予防を始める人が多いようです。

妊娠線は、真皮や皮下組織といったものがお腹の成長速度についていけなくなって断裂を起こしてしまうことです。表面の表皮は十分に伸びるので対応できますが、真皮以下の組織は対応できなくなることがあります。

妊娠線を効果的に予防するには、できる前からケアすることが大切です。妊娠線ができる前兆としてかゆみが出ることが多いです。かゆみがあったらすぐにケアしましょう。

妊娠線を予防するには、ローション、オイル、クリームなどで予防できます。それぞれ特徴がありますが、おすすめはクリームの「ベルタ妊娠線クリーム」です。

妊娠線ができる前兆

妊娠線ができる前兆は、その部分にかゆみが出てくることです。かゆみが出てくると妊娠線が出るサインとなるのですぐに妊娠線ケアを始めるようにしなければなりません。

妊娠線とは、体の成長によって真皮や皮下組織が引っ張られて断裂が起きた状態になることいいます。表皮は比較的伸びに強い傾向がありますが、真皮や皮下組織は断裂してしまうことがあるのです。

妊娠線ができやすいところは、何もお腹だけではありません。バストの側面や太ももの裏側など自分では気が付きにくい場所にできることがあるので気をつけましょう。日頃の確認が大切です。

妊娠線を予防するには、日頃の保湿ケアが大切です。普段から保湿することによって妊娠線を予防するようにします。保湿するにはクリームが使いやすいのでおすすめです。詳しくは妊娠線ができる前兆で説明しています。

この他、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいでまとめています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。読んでみてください。

妊娠線ができる前兆

妊娠線ができる前兆

妊娠線ができる前兆とは、肌にかゆみが出てきたときです。かゆみが出てきたらすぐに妊娠線のケアをしないと、あとあと隠すのに大変苦労することになります。

妊娠線ができる前からケアをすることが大切です。

妊娠線ってどんなもの?

妊娠線ってどんなもの?

妊娠線ってどんなものでしょうか?

妊娠線とは、妊娠による皮膚の引っ張りに真皮や皮下組織がついていけずに肉割れを起こす状態のことです。表面の表皮はある程度の引っ張りに強いのですが、真皮や皮下組織は柔軟性に欠けるため断裂を起こしてしまいます。

妊娠線とは、真皮や皮下組織が断裂した状態なので、できたあとに完全に元に戻すのは難しいと言われています。肉割れになる前に適切なケアを行うことが最も大切なことです。

妊娠線ができやすい場所

妊娠線ができやすい場所はお腹だけではありません。バストの側面や太ももの裏側など自分では気がつきにくい場所にできることがあります。

妊娠線は突然できることがあるので、日頃から鏡などでチェックしならがらケアすることが大切です。

この次は、妊娠線の予防方法とケアを詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠線の予防方法

妊娠線の予防方法

妊娠線を予防する方法として、常に皮膚を潤すように保湿ケアを行うようにすることが大切です。皮膚に水分を補給したらそれを閉じ込めるように表面を油膜で覆って保湿するようにします。

皮膚を保湿するのは、ローション、クリーム、オイルの3種類ありますがおすすめはクリームです。ローションは水分は補給できますが油膜で覆うことができません。オイルは油膜はできますが、水分を補給することが弱くなります。

この点クリームなら両方の特性を併せ持つので、クリームで妊娠線をケアすることが効率がよいことになります。

妊娠線はつわりが明けた妊娠5ヶ月ごろとお腹が急激に大きくなる8~9ヶ月ごろができやすいとされます。この時期に限らず早めに保湿ケアすることが妊娠線予防になります。

妊娠線ができる前兆としてかゆみが出たらすぐに保湿するようにしましょう。

この他、妊娠線全般については妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?で、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで詳しくまとめています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。読んでみてください。

産後の妊娠線は消えない?

産後の妊娠線は消えない?

産後の妊娠線は消えない?という疑問ですが、結論から言うと消すことはできません。ですが、目立たなくする方法はあります。妊娠線のケアは、妊娠中の早いうちから始めることが大切です。

妊娠線ができる前に予防することが最も大切です。ケアを怠った妊娠線は中々消すことが難しくなります。

妊娠線ってどういうもの?

妊娠線ってどういうもの?

妊娠線ってよく聞くけど、どれが妊娠線かよく分からないことがありますよね。

妊娠線は、お腹の赤ちゃんの成長やママの体型変化で急激に皮膚が伸ばされたときにできる線です。

妊娠線と表現されていますが、実際には赤や紫色が付いて溝のような形をしています。

皮膚に溝ができる原因は、急激な成長に真皮や皮下組織がついていけないため断裂してできる溝です。皮膚の表面にある表皮は柔らかく伸びやすいのですが、それ以下の組織がついてこれずに断裂を起こす現象です。

組織が断裂してしまうので、妊娠線が消せないことになります。赤色や紫色は自然に消えていくことが多いですが、溝の部分は傷跡のように残る場合もあります。

妊娠線はお腹だけじゃない?

妊娠線ができるところは、お腹だけではありません。バストの側面や太もも、太ももの裏側など自分では気がつきにくい部位にもできてしまいます。お腹以外にもできていないか確認してみましょう。

妊娠線を放置しておくと後々困ったことになるので、目立たなくするようにお手入れをすることが大切です。

この次は、妊娠線を目立たなくする方法について紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠線を目立たなくする方法

妊娠線を目立たなくする方法とは

・妊娠線部分の保湿をする。
・皮膚の代謝をよくするための運動。

上記の2つを行うことが大切です。

一度できてしまった妊娠線は消すことはできませんが、根気よく保湿をして代謝を上げるために運動することで目立たなくすることは十分に可能です。

産後の1ヶ月ぐらいは、ママの体力も十分に回復していないので、体調が整ってから産褥体操などから始めてみましょう。それまでは、まめに保湿を心掛けるようにしましょう。

お腹の真ん中にある線は妊娠線じゃない?

お産前から産後にかけてお腹の真ん中おへそのあたりに1本の線ができることがありますが、これは妊娠線ではなく正中線です。正中線は自然に目立たなくなります。

このように、産後の妊娠線は消えないことが多いので、根気よくケアするようにしましょう。

この他、妊娠線全般については妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?で、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで詳しく紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。読んでみてください。

妊娠線を消す方法はない!?

妊娠線を消す方法

妊娠線を消す方法はないといってもいいぐらい、一度できた妊娠線は跡が残ります。目立たなくするには時間と根気が必要です。

妊娠線を消すのではなく、作らないように予防することが大切です。妊娠線ができてしまう前に肌を保湿して予防するようにしましょう。

妊娠線ができる原因

妊娠線ができる原因

妊娠線ができてしまう原因として

・急激な体重増加
・赤ちゃんが成長して大きくなる

このようなことが原因で妊娠線ができてしまうことがあります。

妊娠線と言っていますが、実際には肉割れした溝です。線ではなく溝ができていると考えたほうがよさそうです。

妊娠線ができる過程
妊娠線は、皮膚の表皮や真皮、皮下組織が急激に引っ張られることで断裂してしまう状態のことです。

特に肌が乾燥しているときに起こりやすいと言われています。

皮膚の表皮は、かなり柔軟性があって伸びやすいのですが、真皮や皮下組織が赤ちゃんの成長スピードについていけずに断裂を起こし溝がでてしまいます。

この溝が妊娠線です。真皮や皮下組織まで影響が及ぶと中々元の状態に戻りにくいと言われます。

こうなる前に予防することがとても大切なのです。

この次は、妊娠線ができる前兆と予防方法について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠線ができる前兆

妊娠線ができる前兆

妊娠線ができるときは、ある前兆が起こります。

それは「皮膚がかゆくなる」ことです。これは、皮膚が引っ張られてかゆみを起こしていると考えられます。

かゆみが出てきたら要注意です。すぐに保湿するようにして予防するようにしましょう。

妊娠線ができやすい時期は?
妊娠線ができやすい時期は、つわり明けのときと妊娠9ヶ月ごろです。どちらも体重が増加してお腹が大きくなってくる時期です。

妊娠線はお腹だけじゃない?

妊娠線はお腹だけにできるものではありません。

バストやバストの側面、太もも、太ももの裏側、お尻など自分では見えにくい部位にできてしまうことが多いです。

日頃からマメに観察するなど、注意しておきましょう。

妊娠線を予防する方法

妊娠線を予防する方法

妊娠線を予防する上で大事なことは「皮膚を乾燥させないようにする」ことです。

皮膚が乾燥してしまうと、肉割れが起こりやすくなるので十分に保湿するようにしましょう。

妊娠線予防のポイント

・十分な保湿。
・急な体重増加を避ける。
・早めのケアが大切。

この3つを守って妊娠線を予防するようにしましょう。

この他、妊娠線をケアする方法は妊娠線のケアは今!やらないと大変なことに!?で、妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。読んでみてください。

スポンサードリンク