自然妊娠で双子を妊娠する確率は?

双子の確率

双子の確率

自然妊娠で双子が生まれる確率は、日本人では150~160組に1組(0.6~0.7%)とされています。

海外では、倍ぐらいの確率で80組に1組ぐらいです。

参考:聖隷浜松病院 総合周産期母子医療センター ふたごのお話<双胎妊娠:これだけは知っておいて!>

日本人の自然妊娠においては、非常に確率が低いものになっています。

しかし最近では、不妊治療の増加や成績向上によって確率が上がってきています。

自然妊娠で双子を妊娠する確率も上昇

自然妊娠で双子を妊娠する確率も上昇

最近のART(生殖補助医療)の向上や不妊治療を受ける人が増加することによって双子を妊娠するカップルも増えてきています。

双子を妊娠する確率も世界平均に近づいてきて80~90組に1組ぐらいになっています。

双子を妊娠(双胎妊娠)が増えた原因として、排卵誘発剤の使用やゴナドトロピン療法の普及などがあります。

排卵誘発剤であるクロミフェンやブロモクリプチンの双子を含む多胎妊娠率は5%以内です。これが、ゴナドトロピン療法になるとは約21%まで増加します。

IVF-ETや顕微授精は、ともに約20%ぐらいとされています。

確率では、約5組に1組の割合で双子が生まれていることになります。

双子を妊娠するとリスクも増える

双子を妊娠するリスク

双子を妊娠した場合は、1人の赤ちゃんを妊娠しているときより子宮が大きくなります。

子宮が大きくなると、血流が増えて心臓など循環器への負担が大きくなるため血圧の上昇があって、妊娠高血圧症候群のリスクが高くなります。

また、子宮頚管が短くなったり子宮口が開き始めるなど早産、切迫早産のリスクも上昇します。

産婦人科医の医師のアドバイスを守り、疲労をため込まないことが大切です。

妊活中なら、先天性異常のリスクに注意!

妊活中なら、先天性異常のリスクに注意!

妊活中のママに知ってほしいことがあります。

それは、妊娠前から妊娠初期にかけて、重要な栄養素である葉酸が不足すると、「無脳症」や「二分脊椎」など先天性異常のリスクが高くなるということです。

葉酸は日頃の食事でも摂取できますが・・・
双子妊娠でも葉酸

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように注意してください。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

この次は、双子ばかり生まれる奇跡の村と呼ばれるインドのコディンヒ村と双子を妊娠するリスクについて紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





双子の村、インドのコディンヒ村

インドには、双子ばかり産まれるコディンヒ村があります。クリシュナン・スリビジュ医師によると、この村の双子が産まれる確率は4.2%と世界平均を大きく上回っています。

この現象は、70年前ほどから続いていて原因は分からないそうです。不思議なのは、この村から他へ嫁いだ人も双子になることが多いそうです。

とても不思議な話ですね。

双子を妊娠するリスク

双子を妊娠することで、リスクも大きく

双子を妊娠することで、リスクも大きくなります。

双子を妊娠するリスク
・早産
・つわり
・妊娠糖尿病
・妊娠高血圧症候群
・HELLP症候群
・子宮内胎児発育遅延
・胎児形態異常
・血栓症

などのリスクが大きくなることが知られています。

この中でも問題になるのが、早産です。2000~2008年の日本人口動態統計もよると、37週未満の早産は54.3%となっています。

しかし、現在は医学も進歩していて28週以降の出産では、比較的予後が良好と言われています。双胎妊娠における28週未満の早産は2.4%なのでほとんどは予後は良好となっています。

参考:多胎妊娠外来について| 国立成育医療研究センター

自然妊娠で双子を授かった場合には、細心の注意が大切になります。

自然妊娠双子ニュース!

モデルや女優としても活躍している杏さんが双子を妊娠していることが分かりました。

杏さんは、NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」で共演した東出昌大さん(27)と結婚されており、夏ごろに出産予定だそうです。

お父さんの渡辺謙さんも喜びもひとしおだと思います。

双子の妊娠は何かと大変ですが、静かに見守っていきたいと思います。

この他、自然妊娠する方法については自然妊娠する方法で、妊娠の可能性がある症状については妊娠の可能性がある症状で紹介しています。読んでみてください。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいでまとめています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

自然妊娠の確率、29歳、32歳の妊娠の確率は?20代の妊娠確率。

自然妊娠の確率

29歳、32歳の妊娠の確率は?20代の妊娠確率。

自然妊娠の確率は、年齢によって変わってきます。

ドイツでの研究によると、一般的に1年以内に自然妊娠する確率は90%です。1周期あたりに妊娠する確率は20%ぐらいです。3ヶ月で50%、6ヶ月で70%、1年で90%の人が妊娠します。

参考:不妊治療 – たかばたけウィメンズクリニック

20代、30代の妊娠率

20代、30代の妊娠率

上記のデータは、20代前半の20~24歳の自然妊娠率で、20代後半の25~29歳になると85%前後、30~32歳になると80%、33~36歳になると70%、37~39歳になると60%ぐらいまで低下します。

一番質問が多い29歳の妊娠の確率は約85%、32歳では約80%となります。逆に言えば、20代後半で約15%、30代前半で約20%が不妊に悩んでいることになります。

年齢が進むにつれて、妊孕性(妊娠力)が低下していくことが分かります。

近年では晩婚化の影響もあって、妊娠年齢も上がってきています。妊娠を希望するなら、いますぐ妊活を始めることが大切ですよ。

関連記事:
排卵日でタイミング法を試すと妊娠率がUPする!

不妊の確率

不妊の確率

日本生殖医学会によると、不妊の確率は

・25歳~29歳では8.9%
・30~34歳では14.6%
・35~39歳では21.9%
・40~44歳では28.9%

不妊の確率は、年代が進むほど大きくなり、30歳を過ぎると顕著に増加していることが分かります。つまり30歳を過ぎると、自然妊娠の確率が大きく下がることになります。

参考:一般社団法人日本生殖医学会|一般のみなさまへ – 不妊症Q&A:Q18.女性の加齢は不妊症にどんな影響を与えるのですか?

不妊の確率が上がる原因

不妊の確率が上がる原因として、

・年齢による妊孕性(妊娠する力)の低下。
・婦人科疾患の増加。
・先天性異常の増加。

このような原因があります。

年齢が進むと、不妊の確率が上がるだけでなく流産する確率も上がってきます。30代以降になると、妊娠しにくくなるのはこのためです。

妊活に早いことはありません。妊娠を希望するなら、いますぐ妊活を始めることをおすすめします。

関連記事:
高齢と不妊

妊娠前から、先天性異常のリスクに注意!

妊娠前から、先天性異常のリスクに注意!

妊娠前のママに知ってほしいことがあります。

それは、妊娠前から妊娠初期にかけて、重要な栄養素である葉酸が不足してしまうと、「無脳症」や「二分脊椎」など先天性異常のリスクが高くなるということです。

このことは、世界的な疫学的調査で判明したことで、日本でも2002年より厚生労働省が妊娠前や妊娠初期のママに積極的に摂取するように通知を出しています。

葉酸は、色々な食品に含まれていて日頃の食事でも摂取できますが・・・
妊娠前から葉酸を摂取が大事

葉酸は絶対に必要な栄養素なので、不足しないように十分に注意してください。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方

双子を自然妊娠する確率

双子を自然妊娠する確率

日本人は双子になる確率が低いと言われています。

世界の平均では、妊娠80組に1組なのに対して日本人では自然の双胎妊娠は150~160組に1組(0.6~0.7%)とされています。

しかし、不妊治療の普及によって双子(双胎妊娠)の割合は、80~90組に1組までに上がってきています。

自然妊娠の確率は、年齢と共に下がります。妊娠したいと思ったら、今すぐ妊活を始めることが非常に大切です。

1年で妊娠しないと不妊症の可能性があります。産婦人科を受診して妊娠できない原因を調べるようにしましょう。

関連記事:
自然妊娠で双子を妊娠する確率は?

この他、自然妊娠する方法については自然妊娠する方法で、妊娠の可能性がある症状については妊娠の可能性がある症状でまとめました。読んでみてください。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

自然妊娠で高齢出産

自然妊娠で高齢出産

自然妊娠で高齢出産に至るためには、若い世代と比べてリスクが高いことが知られています。

高齢で自然妊娠するには、できるだけ早く妊娠を目指すことが大切になります。35歳を過ぎると高齢ですから、一刻も早く妊活を始めるようにしましょう。

自然妊娠で高齢出産する確率

自然妊娠で高齢出産する確率

自然妊娠で高齢出産する確率は、40歳を過ぎると約2%まで低下します。つまり、40歳以上で妊娠して出産まで至る確率は約2%ということになります。

高齢と言えば35歳以上になりますが、年齢を重ねるごとに妊娠から出産まで至る確率が下がってくるとされます。

年齢と妊娠の関係は下の図のようになります。

人工授精の妊娠率

この図は、人工授精での妊娠率ですが、人工授精が自然妊娠に近いため自然妊娠でも同じような傾向になります。

この図を見て分かるように、年齢が高くなると妊娠率が低下するのが分かります。

次の図は、年齢と流産率の関係を表したものです。

年齢と流産率の関係

参考:日産婦誌52巻9号4)高齢不妊婦人の問題点 流産

この図を見て分かるように、年齢が高くなれば流産する確率も高くなることが分かります。

このように高齢になると、妊娠や出産のリスクが高くなることが分かります。

妊娠を考えているなら、できるだけ早い時期に妊活を開始するようにしましょう。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この他、自然妊娠する方法については自然妊娠する方法で、妊娠の可能性がある症状については妊娠の可能性がある症状で詳しく紹介しています。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで解説しました。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠力がグッと上げる食べ物とは?

妊娠力が上がる食べ物

妊娠力がアップする食べ物とは、体が健康になって代謝が良くなる食べ物とされます。好きなものばかり食べていては健康に遠回りしているようなものです。

できるだけたくさんの食材から栄養を取ることを心掛けて、妊娠しやすい体を目指すようにしましょう。

妊娠力を上げる食材

妊娠力を上げる食材

妊娠力を上げる食材を紹介します。それぞれ妊娠に必要な栄養素ごとに掲載しています。

■妊娠に必要な栄養素とは?

妊娠に必要と言われている栄養素とは

・カルシウム
・タンパク質
・鉄分
・食物繊維
・ビタミンB群
・ビタミンC
・銅
・亜鉛

このような栄養素を含んだ食べ物を食べるようにしましょう。これだけ食べるのではなく、多くの食材から少しずつ栄養を摂取するように心掛けましょう。

■カルシウム

・牛乳
・大豆
・青菜類

■タンパク質

・いわし
・あじ
・ささみ
・豚ヒレ肉

■鉄分

・鶏・豚レバー
・はまぐりやしじみ
・ほうれん草、小松菜、サラダ菜
・干しぶどう、プルーン
・いわし、いかなご

■食物繊維

・ごぼう
・生椎茸
・サツマイモ
・リンゴ

■ビタミンB群

・豚肉
・しゃけ
・さんま

■ビタミンC

・いちご
・レモン
・赤ピーマン

■銅

・桜エビやイクラ
・ズワイガニ、毛ガニ
・車エビやタラバガニ

■亜鉛

・牡蠣、ホヤ
・牛肉
・卵
・タラバガニ
・プロセスチーズ

特に鉄分や銅、亜鉛などのミネラル類が不足しているといわれています。これらの食品を食べるようにしましょう。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


ここに紹介しているのは、代表的な食材です。これ以外の食べ物も献立に入れるようにしましょう。

この次は、妊活は夫婦で取り組むことについて詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊活は夫婦で取り組む

妊活は夫婦で取り組む

妊活は一人ではできません。必ず夫婦で取り組むことが大切です。

妊活というと、ママだけが頑張っている印象を受けますが、パパと一緒になって取り組まないと妊娠への道が遠回りになる可能性もあります。

妊活を始める前にパパとよく相談してから始めるようにしましょう。

この他にも、夫婦で妊活を行う意味について紹介します。

不妊の原因の半分は男性側に

不妊の原因の半分は男性側に

あまり知られていないことですが、妊娠できない不妊の原因の半分は男性側にあると言われています。

不妊の原因は、約4割が女性側、男性も約4割、原因不明が約2割となっています。つまり、不妊の原因の半分は男性側にあるということです。

中々妊娠できない場合は、パパに原因があることがあります。

不妊で検査を受けるときは、夫婦で検査することが大切です。

ママとパパが一緒になって妊娠を目指すようにしましょう。

この他、妊娠力をアップする秘訣は妊娠力をアップするには?で詳しくまとめています。

また妊娠するために必要なことについては妊娠するために必要なことで、妊娠の可能性があるときの対処法はで解説しました。

妊娠の可能性があるときの対処法は妊娠かも?と思ったらで詳細に紹介しています。

妊娠したい人向けの話題は、妊娠したいを読んでみてください。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

男性不妊と自然妊娠

男性不妊と自然妊娠

男性不妊でも自然妊娠できた例があります。必ずしも、自然妊娠できないわけではありません。

ですが、一般の健康な男性と比べると妊娠できる確率は低くなります。男性不妊は自分で気が付かない場合が多いので、妊娠できないと思ったら、夫婦やパートナーと一緒に不妊外来を受診することが大切です。

妊娠できない原因は、複数のことが絡み合って起こるので二人で調べることが大事です。

男性不妊の原因

男性不妊の原因

男性不妊の原因として、

・乏精子症
・無精子症
・精子無力症
・Erectile Dysfunction(ED)
・クラインフェルター症候群

男性不妊には、このような原因があります。

乏精子症
乏精子症とは、精液検査のときに精子の数が1mL中に1500万未満の状態のことです。これに運動率や異常な精子の率などをみて総合的に判断されます。

乏精子症は、男性不妊の中でも多い病気です。精索静脈瘤や思春期の精巣炎、停留精巣などが原因になりますが不明のことも多いです。

原因としては、造精機能障害や精索静脈瘤があります。

治療としては、漢方やビタミンEを服用する治療法があります。それでも改善されない場合は、手術や人工授精が検討されます。詳しくは乏精子症で説明しています。

乏精子症で自然妊娠?

乏精子症と診断されても、自然妊娠できた人もいます。精液検査は、精神的な影響も大きく本来の数値とは違って出てくることもあります。

精子数は、精神面に影響されやすいと言われています。不妊治療をお休みしたら自然妊娠できたという例もあります。

妊活にストレスは大敵です。夫婦でストレスを上手に解消するようにしましょう。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この次は、無精子症、精子無力症、Erectile Dysfunction(ED)、クラインフェルター症候群について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





無精子症
精液検査で精子が確認できない状態です。無精子症は全く精子が作られない非閉塞性無精子症と通り道が塞がっている閉塞性無精子症があります。

通り道が塞がっているときは、手術で開通させることもできます。(精路再建術)術後には、自然妊娠することも可能になります。

非閉塞性無精子症でも、わずかに精子が作られていることがあるので、精巣から精子を探す手術があります。(Micro-TESE)

Erectile Dysfunction(ED)
仲良しするときに、十分な硬度にならなかったり途中で柔らかくなったりする障害です。

EDになる原因として精神的な面、外傷によるもの、抗うつ薬など薬の副作用があります。

クラインフェルター症候群
クラインフェルター症候群とは、性染色体異常でX染色体が一つ以上多いものです。非閉塞性無精子症の約10%がこの症候群であるとされ、全男性の0.1%程度にみられます。

男性不妊で自然妊娠しようと思ったら、まずは不妊外来を受診して原因を調べることをおすすめします。その上で漢方やビタミンEの服用、タイミング法の実践などを行っていきましょう。詳しくは無精子症とは?で説明しています。

精子無力症とは?

精子無力症とは、通常の人と比べて精子の運動率が悪い状態で、運動率で軽度、中等度、重症度と区分されています。WHOの基準では総運動率40%以上、前進運動精子32%以上となっています。

しかし、一度の精液検査では数値的にばらつきが出ることも多く、一定の間隔をとって複数回検査されることが多いです。精液検査は精神的な影響を受けやすいので、複数回行われます。

精子無力症の原因として、先天性の原因、前立腺炎、おたふく風邪や高熱、精索静脈瘤などが原因で起こると考えられています。まずは原因を調べることが大切です。

精子無力症は軽度の場合は飲み薬や漢方で改善する可能性もありますが、中等度以上になると人工授精(AIH)や体外受精、顕微授精が適応となります。詳しくは精子無力症とは?で解説しています。

この他、自然妊娠する方法については自然妊娠する方法で、妊娠の可能性がある症状については妊娠の可能性がある症状でまとめました。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで解説しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠力が低下するもの

妊娠力が低下するもの

妊娠力が低下するものと言っても、年齢の問題から食べ物、生活習慣、嗜好品といったものまで様々なものがあります。中々妊娠できないなと思ったら、自分に当てはまるものはないかチェックしてみてください。http://test.funinnonayami.com/wp-admin/post.php?post=4702&action=edit

まずは、健康に留意して妊娠しやすいからだを作っていきましょう。

妊娠力が低下する原因

妊娠力が低下する原因

妊娠力が低下する原因として

・年齢による卵子の老化
・栄養バランスの悪化
・食事の内容と回数
・代謝の低い体
・寝不足
・嗜好品の摂取

このようなことが原因で妊娠力が低下すると考えられています。

年齢による卵子の老化
妊娠力が低下する最も大きな原因として、卵子の老化があります。年齢が高くなるにつれて卵子が老化することが分かっています。

33歳を過ぎるころから卵子の質が低下し始め、35歳を過ぎるころから急激に妊娠力が低下していきます。40歳を過ぎると妊娠することが困難になります。

現在の医学では、卵子の老化は止められないので、少しでも早く妊活を開始することが大切です。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この次は、栄養バランスの悪化や食事の内容と回数について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠力が低下する原因その2

栄養バランスの悪化
外食ばかりしていると、自分が好きなものしか食べない傾向が強くなるため栄養バランスが悪くなることが多いようです。

妊娠を目指すなら、なるべく自宅で調理するようにして栄養バランスを考えた食事内容になるように心掛けましょう。たくさんの食品を少量ずつ摂取することがポイントです。

食事の内容と回数
上記でも紹介していますが、バランスの取れた食事内容に留意することが大切です。それと同じぐらい大切なのは、1日3回きちんと食事をすることです。

仕事などで忙しい人が多く、朝食を抜いている人が多くいます。朝食を抜いてしまうと10時間以上食事を摂らないことになるので栄養が不足します。

朝少し早起きをするなどして朝食を食べるようにしましょう。

代謝の低い体
冷え症など代謝の悪い体だと、子宮など下半身への血流が滞ることがあります。代謝が良くなると体調面にもいい影響が出てくるので、代謝がよくなるように運動してみましょう。

寝不足
寝不足や不規則な睡眠時間も体調面に影響が出ます。寝不足にならないように生活習慣を見直してみましょう。寝る前のTVやスマホを止めると睡眠の質が良くなりますよ。

嗜好品の摂取
お酒やたばこといった嗜好品は、卵子や精子の質に影響すると言われています。特に喫煙がお腹の赤ちゃんに影響することが知られているので、ママと一緒にパパも禁煙するようにしましょう。

妊娠しやすい体は、代謝が良く健康な体といえます。妊活は夫婦で行うものなので、ママとパパで一緒に生活習慣を改善していきましょう。

この他、妊娠力をアップする秘訣は妊娠力をアップするには?で詳しく説明しています。

また妊娠するために必要なことについては妊娠するために必要なことで、妊娠の可能性があるときの対処法はで紹介しました。

妊娠の可能性があるときの対処法は妊娠かも?と思ったらで詳細に解説しています。

妊娠したい人向けの話題は、妊娠したいを読んでみてください。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠と年齢

妊娠と年齢

妊娠と年齢は大きく関係しているので、早めに妊活を始めることが大切です。

妊活を始める年齢は、できるだけ早いほうが妊娠率も高くなります。できれば20代、遅くても32歳ぐらいまでに妊活を始めるようにしましょう。

産婦人科的には、35歳を過ぎると「高齢」となり、高齢出産や高齢妊娠のリスクが増えるとされます。

高齢になると、妊娠率が低くなり流産する確率も高くなります。

厚生労働省調査では、不妊治療を受けている40歳以上の出産できる確率は約2%です。自然妊娠では、これよりも低くなると推測されます。

妊娠力は、年齢と共に低下します。今すぐ妊活を始めることが大切です。

妊娠年齢の上限、限界

妊娠年齢の上限、限界

調べた限りでは、妊娠年齢の限界は50歳でした。50歳で妊娠できたことはニュースでも話題になっていましたね。

妊娠年齢の上限は45歳ぐらいというのが一般的な見方です。しかし、45歳で妊娠して出産したとすると、子どもが成人を迎えるときには65歳になっています。

妊娠はゴールではありません。子育てして社会に送り出すことまで考えて妊娠を計画することが大切です。

45歳というのは、45歳までなら絶対妊娠できるということはありません。

40歳を過ぎると、妊娠できる確率は低く流産する確率が相当高くなります。妊活しても、妊娠できないことが多いです。

妊娠を考えるなら、一刻も早く妊活を始めることが大切です。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この次は、高齢妊娠のリスクについて詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





高齢妊娠のリスク

高齢妊娠のリスク

35歳を過ぎた高齢妊娠には、35歳未満の妊婦さんに比べて様々なリスクが高まることが分かっています。

高齢妊娠のリスク
・流産する確率が高くなる。
・染色体異常率が高くなる。
・帝王切開が増える。
・妊娠高血圧症候群のリスク増。
・妊娠糖尿病のリスク増。

このようなリスクが高くなります。

流産する確率が高くなる。
若い年齢でも流産する確率は約15%ぐらいです。これが35歳を過ぎる頃から確率が増加して35~39歳では20%、40歳以上では40%以上という高い確率で流産するとされます。

染色体異常率が高くなる。
年齢が進むことで、卵子も老化して染色体異常率が高くなります。染色体異常があると受精しにくかったり、着床しても妊娠を継続できず流産してしまう確率が高くなります。

また、出産できたとしても赤ちゃんに先天性の異常がある確率が高くなります。

「産婦人科診療ガイドライン産科編2011」によると、異常が起こる確率は、25歳で1,352人に1人、35歳で356人に1人、40歳で97人に1人と年齢を重ねるごとに高くなっています。

帝王切開が増える。
高齢になると、様々な出産リスクが増えるため帝王切開を選択するケースが増えています。自然分娩でも途中から帝王切開に切り替わることもあります。

妊娠高血圧症候群・妊娠糖尿病のリスク増。
妊娠高血圧症候群・妊娠糖尿病といった疾患になるリスクが増えます。これらの疾患は、ママや赤ちゃんに重大な影響を及ぼすこともあるので注意が必要です。

このように、妊娠する年齢が高いほどリスクが増えることになります。妊娠を希望するするなら、今すぐ妊活を始めましょう。

この他自然妊娠に関連する話題は自然妊娠するには?で、自然妊娠する方法については自然妊娠する方法でまとめました。

妊娠の可能性がある症状については妊娠の可能性がある症状で詳しく紹介しています。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで詳細に説明しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

自然妊娠するには?

自然妊娠するには

自然妊娠するには、ママとパパの体調を整えて妊活を行うようにしましょう。生理不順や不正出血があると、妊娠しにくくなるので早めに治療してから妊活するようにします。

生理周期が不安定だったり、間隔が長い過長月経は不妊の原因になります。生理が不安定になる原因を、産婦人科で調べて治療しましょう。

治療したあとで妊活を行えば、妊娠する確率も上がってきます。

卵管閉塞でも自然妊娠

卵管閉塞でも自然妊娠

不妊の原因として、卵管が詰まっている「卵管閉塞」がありますが、たとえ 片側卵管閉塞、または両側の卵管閉塞でも自然妊娠する可能性はあります。

卵管の詰まりをみる子宮卵管造影や通気検査などで、卵管閉塞と診断されても実際には開通していることもあります。

また、子宮卵管造影などによって卵管が開通して妊娠しやすい状態、いわゆる「ゴールデンタイム」となって妊娠することもあります。

このように、妊娠できない原因を探ることで妊娠できる可能性も上がります。

妊活は早いほどいいので、今すぐ妊活を開始して自然妊娠を目指しましょう。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この次は、妊娠と年齢について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠と年齢

妊娠と年齢

妊娠と年齢には、おおきな関係があります。

一般的に25歳を過ぎると妊娠力が下がり始め35歳を境に急激に下がっていくことが知られています。

最近では、晩婚化の影響もあって妊娠年齢も上がっています。初めて出産する年齢も30歳を超えてきています。

妊娠したいと思ったら、今すぐ妊活を始めることが大切です。

卵子も年齢と共に老化する
年齢が進んで老化が始まると、卵子も老化していきます。同じ卵子でも20歳のときと40歳のときでは違ってくるということです。

年齢と共に段々老化して卵子の染色体異常が多くなってきます。受精しても妊娠を維持できないことが多くなります。

40歳以上になると、妊娠できても流産してしまう確率が高くなります。

自然妊娠は、年齢が若いほど確率が上がります。できれば早いうちに、今すぐにでも妊活を始めるようにしましょう。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


自然妊娠で双子、三つ子になる確率

不妊治療が普及して、体外受精などARTを受ける人が多くなって双子や三つ子を妊娠する人も増えています。

自然妊娠の場合は、それよりも低くなって双子の確率は、150~160組に1組(0.6~0.7%)、三つ子になると2万~3万組に1組ぐらいです。

参考:聖隷浜松病院 総合周産期母子医療センター ふたごのお話<双胎妊娠:これだけは知っておいて!>

妊娠する確率を上げる方法

妊娠する確率を上げる方法

今までは、妊娠する確率を上げる方法として、排卵日当日に仲良しする方法が推奨されていました。現在も産婦人科などで指導されるタイミング法は排卵日当日を基準としていることも多いです。

しかし、最新の研究では、排卵日当日よりも排卵日2日前に仲良ししたほうが妊娠の確率が上がることが報告されています。

しかも、排卵日付近で仲良しするよりも、毎日あるいは週2~3回仲良ししたほうが妊娠率が高いことが分かりました。

自然妊娠を考えるなら、ママとパパの体調を整えて仲良ししたほうが妊娠できる確率が高くなります。

妊娠を目指すなら、普段から夫婦間のコミュケーションが大切になります。妊活は一人ではできないので、良好な関係を築くように心がけましょう。

この他、自然妊娠する方法については自然妊娠する方法で、妊娠の可能性がある症状については妊娠の可能性がある症状でまとめました。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで紹介しています。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

自然妊娠と年齢

自然妊娠と年齢

自然妊娠と年齢は、大きく関係しています。年齢が進むにつれて自然妊娠できる確率が低くなります。

1年以内に自然妊娠できる確率は

・20~24歳 90%
・24~29歳 85%
・30~32歳 80%
・33~35歳 70%
・36~39歳 60%

これぐらいの確率です。

※避妊なしで定期的に夫婦生活を行った場合。

35歳を過ぎると、妊娠力が急激に低下していきます。40歳に近くなると、流産や先天性異常の確率も高くなります。

自然妊娠を望むなら、一刻も早く妊活を始めるようにしましょう。

自然妊娠の最高年齢

今のところ、調べた中では50歳というのが自然妊娠の最高年齢です。

お腹が大きくなったので、子宮筋腫かと思って受診したら妊娠していたそうです。このケースは非常に希なケースで、一般的には45~46歳ぐらいが最高年齢ではないでしょうか。

だからといって、自分が50歳まで妊娠可能という訳ではありません。

厚生労働省の調査では、ART(生殖補助医療)を受けている40歳以上の人で、実際に出産までできたのは、約2%しかいなかったことが分かりました。

これを受けて、国からの助成金は42歳という年齢制限が設けられています。つまり、国としては妊娠の最高年齢が42歳ということになります。

人工授精や体外受精などのARTを受けて2%なので、自然妊娠ならもっと低い確率になると推測されます。

自然妊娠を希望するなら、今すぐに妊活を始めることが大切です。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この次は、妊娠率が年齢と共に下がる原因について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠率が年齢と共に下がる原因

妊娠率が年齢と共に下がる原因

妊娠率が年齢と共に下がる原因として、

・加齢による妊娠力の低下。
・婦人科疾患など不妊の原因。
・流産や先天性異常の増加。

このような原因があります。

加齢による妊娠力の低下。
年齢が進むと、体の老化の他に卵子も老化していきます。見た目は若くても、卵子は確実に老化します。

現在の医学では卵子の老化を止めることはできません。卵子が元気で新鮮なうちに妊活を行うことが大切です。

婦人科疾患など不妊の原因。
子宮筋腫や子宮内膜症などの不妊の原因になる疾患が増加します。また、生理不順や不正出血など婦人科疾患も増加するので不妊率が高くなります。

流産や先天性異常の増加。
年齢が進むと、流産や先天性異常の確率が増加します。特に40歳を過ぎると、妊娠できても流産などで継続できないことが多くなります。

年齢が高くなるにつれて不妊率が上がる原因の一つです。

このように、自然妊娠を希望するなら年齢が若いときに妊活を始めることが重要です。迷っている暇はありません。今すぐに妊活を開始しましょう

この他、自然人を希望する人に最適な方法については自然妊娠する方法で、妊娠の可能性がある症状については妊娠の可能性がある症状でまとめました。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいで紹介しました。読んでみてください。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

40代で自然妊娠する確率

40代で自然妊娠する確率

40代で自然妊娠する確率は、非常に低いものです。

厚生労働省の報告によると、40歳を過ぎて不妊治療を行っている人で出産できた人は100人のうち2人、つまり約2%しかいないということでした。

40代で妊娠しても出産までたどり着けるのは非常に少ないと言わざるおえません。不妊治療を受けて2%なので自然妊娠の場合は、これよりもずっと低い数値になります。

国による不妊治療の助成金も年齢制限がついて42歳までです。

もし、40歳を過ぎて妊娠を希望するなら、自然妊娠を期待するのではなく、一刻も早く不妊治療(体外受精や顕微授精などのART)を受けることが大切です。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この次は、40代で自然妊娠できない原因について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





40代で自然妊娠できない原因

40代で自然妊娠できない原因

40代で自然妊娠できない原因として、

・妊孕性(妊娠する力)の低下。
・婦人科疾患の増加。
・先天性異常の増加。

このようなことが原因で、自然妊娠がしにくい原因になっています。

妊孕性(妊娠する力)の低下。
日本生殖医学会によると、

「出産数は30歳から徐々に減少し、35歳を過ぎるとその傾向は顕著になり、40歳を過ぎると急速に減少します。」とあります。

妊孕性(妊娠する力)の低下により、不妊症も増加することになり

「不妊の頻度は25歳~29歳では8.9%、30~34歳では14.6%、35~39歳21.9%、40~44歳では28.9%と報告」されています。

不妊の原因には、卵子の老化があります。

卵子の老化が始まると、35歳を過ぎると妊娠率が低下して37歳を過ぎると著しく低下するようになります。

婦人科疾患の増加。
年齢が高くなると、婦人科疾患に罹患する率が高くなります。

卵管炎、子宮筋腫、子宮内膜症等の婦人科の病気は不妊の原因でも知られています。年齢が進むにつれて、これらの婦人科疾患になる確率も上がります。

先天性異常の増加。
40代になると、先天性異常が増加することが報告されています。

妊娠しても、先天性の異常があると妊娠を継続できない流産になる可能性が高くなります。

参考:一般社団法人日本生殖医学会|一般のみなさまへ – 不妊症Q&A:Q18.女性の加齢は不妊症にどんな影響を与えるのですか?

このように、妊娠を希望するなら早く妊活を始めるべきです。40歳を過ぎているなら、すぐに産婦人科を受診して不妊治療を開始したほうが妊娠率の向上が期待できます。

40代で初婚の方は、いきなり不妊治療というと驚かれる方も多いです。ですが、データが示しているように、40歳を過ぎてからの自然妊娠の確率は非常に低いものになります。

妊娠を希望するなら、自然妊娠ではなくART(生殖補助医療)を受けるのも選択肢の一つです。

この他、自然妊娠する方法については自然妊娠する方法で、妊娠の可能性がある症状については妊娠の可能性がある症状で詳しく紹介しています。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいでまとめました。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

自然妊娠する方法

自然妊娠する方法

自然妊娠する方法を試すには、妊娠に関してママとパパの体に問題がないことが前提になります。

まずは、自分の生理が正しい周期で来ているか確認してみましょう。基礎体温を測ってグラフにすることで、自分の生理周期が分かるようになります。

もし、1年以上避妊をしないで仲良ししても妊娠しないなら不妊症の可能性があります。通常は、20代であれば半年以内に妊娠、30代でも1年以内に妊娠することがほとんどです。

1年以内に妊娠しなければ、一度産婦人科を受診して妊娠できない原因を調べることをおすすめします。

最近では、結婚年齢も上がり妊娠する年齢も上がってきています。早いところでは、半年妊娠できなければ不妊治療を開始する施設も出てきています。

妊活を始める時期に早いことはないので、赤ちゃんが欲しいなと思ったら今すぐ妊活を始めるようにしましょう。

産婦人科を受診するときは、夫婦揃って受診するようにします。特に男性側に不妊の原因があることは知られていないので、夫婦揃って治療を行うことが大切です。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


自然妊娠する方法とは

自然妊娠する方法とは

お待たせしました。

薬剤や器具を使わずに自然妊娠する方法を紹介します。

上記でも書いていますが、夫婦揃って妊娠に関して問題がないことが前提です。ママの生理周期が正しく来ていることも大切です。

自然妊娠する方法

・基礎体温表で自分の排卵日を確かめる。
・排卵日付近で仲良しする。
・早ければそのまま妊娠。

排卵日付近で仲良しすることで、自然妊娠できる確率も上がります。

この方法で、特に大切なのは排卵日の特定です。基礎体温表の低温期の一番最後の日が排卵日の目安となります。

「排卵日の目安」と書いたのは、実際に排卵が起こるのがその日でないことがあるからです。

排卵日を調べる上で、一番正確なのは産婦人科で超音波検査を受けることです。この方法が一番正確に排卵日を見つけることができます。

排卵検査薬を使って自分で調べる方法もありますが、費用が掛かるのがデメリットです。時間と費用に余裕がある人は試してみるといいかもしれません。

まずは基礎体温を測るところから始めてみてください。

生理不順だと、排卵日も特定が難しくなって妊娠する確率も下がってしまいます。生理不順を治療してから妊活を行うようにしましょう。

この次は、一番妊娠しやすい日について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





一番妊娠しやすい日

一番妊娠しやすい日

●一番妊娠しやすい日が変わった?
以前は排卵日当日が一番妊娠しやすいと言われていましたが、最新の研究では違うことが分かってきました。

研究によると、「排卵日の2日前」が一番妊娠しやすいということでした。

なので、

一番妊娠しやすい日は、排卵日の2日前!

ということになります。

ですが、この日が自分には当てはまらないこともあるのです。

排卵日にはズレがある。
健康で生理周期が規則正しい人でも、2・3日のズレがあります。排卵日も2・3日ズレてくることになります。

基礎体温表から排卵日を予測しても、それが目安にしかなりません。

仲良しする日は、余裕を持って排卵日の3日前から1日後ぐらいまでにすると妊娠する確率も上がります。

妊娠する確率を上げたいなら、産婦人科でタイミング法を指導してもらうのも一つの方法です。検査しながら、指導してもらえるので妊娠しやすくなります。

自然妊娠したいなら、まずは基礎体温を測ってグラフにすることから始めましょう。

40代で自然妊娠する確率

40代で自然妊娠する確率は、非常に低いものです。厚生労働省によると、不妊治療を行っている人でも、出産できる人は100人に2人ぐらいの確率という報告があります。

国からの不妊治療の助成金は、42歳までと年齢制限がつくようになりました。これ以上の年齢は治療の対象にならないことを意味しています。一刻も早く不妊治療を始めることが大切です。

40代で自然妊娠できない原因は、加齢と共に妊孕性(妊娠する力)が低下する、年齢が進むと婦人科疾患になる確率が高くなる、赤ちゃんの先天性異常が増加することが原因です。

年齢と妊娠は、非常に深い関係があります。妊活に早いという言葉はありません。40代で妊娠を希望するなら、産婦人科を受診して不妊治療を始めることをおすすめします。詳しくは40代で自然妊娠する確率で説明しています。

自然妊娠の確率

自然妊娠の確率は、1年以内で90%です。ドイツでの研究結果によると3ヶ月で50%、6ヶ月で70%、1年で90%の人が妊娠すると報告されいます。10人に1人が不妊ということになります。

この数値は20代前半のデータで、20代前半の20~24歳の自然妊娠率で、20代後半の25~29歳になると85%前後、30~32歳になると80%、33~36歳になると70%、37~39歳になると60%低下するという報告もあります。

自然妊娠したいなら、今すぐ妊活を始めることが大切です。不妊になる確率も年齢が進むにつれて上がっていって、30歳を過ぎると大きく増加します。

不妊の確率が大きくなる原因として、卵子の老化による妊孕性(妊娠する力)の低下、婦人科疾患の増加、先天性異常の増加などがあります。詳しくは自然妊娠の確率で解説しています。

自然妊娠と年齢

自然妊娠と年齢は、非常に大きな関係があります。年齢を重ねるごとに妊娠する確率が低下します。特に35歳を過ぎると急激に低下していきます。自然妊娠希望ならすぐに妊活を始めてください。

自然妊娠の最高年齢は、一通り調べたところ50歳が最高でした。50歳で妊娠した人は、自分でも気が付いていなかったようです。産婦人科受診して妊娠が判明しています。

妊娠率が年齢と共に下がる原因として、加齢による妊娠力の低下、婦人科疾患など不妊の原因の増加、流産や先天性異常の増加などがあります。

年齢が進むと、妊娠する力が低下するうえに先天性異常などで流産する確率も大きくなります。特に40歳以上で自然妊娠は非常に困難かもしれません。詳しくは自然妊娠と年齢で説明しています。

自然妊娠と双子

自然妊娠で双子になる確率は0.6~0.7%ぐらいと言われています。世界平均では1.25%ぐらいなので、世界平均の半分ぐらいとなっています。確率的には、非常に低い数値です。

しかし、最近の生殖補助医療(ART)の普及や技術の向上によって双子を妊娠(双胎妊娠)する確率も上がってきていて、世界平均に近づいてきています。

双胎妊娠の確率が上がる原因として、クロミフェンやブロモクリプチンといった排卵誘発剤の使用やゴナドトロピン療法の普及があると言われています。

双子を妊娠するとリスクが大きくなります。早産や妊娠糖尿病、妊娠高血圧症候群、HELLP症候群、子宮内胎児発育遅延、胎児形態異常、血栓症などのリスクがあります。詳しくは自然妊娠と双子で紹介しています。

男性不妊と自然妊娠

男性不妊でも自然妊娠できないわけではありません。不妊症と診断された人でも自然妊娠した人はいます。しかし、健常な男性と比べると自然妊娠できる確率は下がります。

男性不妊の原因として、乏精子症や無精子症、Erectile Dysfunction(ED)、クラインフェルター症候群などがあります。この中でも乏精子症が多くの原因とされています。

乏精子症と診断されても妊娠している人はいます。治療を止めたら妊娠したというケースもあるので、治療自体がストレスになっている可能性もあります。

男性不妊と診断されて妊娠を目指すには、漢方やビタミンEを服用しながらタイミング法などを実践するようにしましょう。詳しくは男性不妊と自然妊娠で説明しています。

自然妊娠するには?

自然妊娠するには、ママとパパの体調を整えることが必要です。特に、ママに生理不順や不正出血があると妊娠できない不妊の原因になることがあります。

普段から生理周期が不安定、生理の間隔が長い過長月経の人は排卵が不安定になって妊娠しにくくなる傾向があります。産婦人科で治療を行ってから妊活を始めるようにしましょう。

不妊の原因である卵管が詰まる病気「卵管閉塞」でも妊娠できる可能性はあります。 片側卵管閉塞でも両側が詰まる両側卵管閉塞でも全く妊娠できないことはありません。まずは産婦人科で治療を受けてみましょう。

自然妊娠するには、一番妊娠しやすい日の付近で仲良しすることと共に、毎日あるいは週2~3回ぐらい仲良ししたほうが妊娠する確率が上がると言う研究もあります。詳しくは自然妊娠するには?で説明しています。

この他、妊娠の可能性がある症状については妊娠の可能性がある症状で詳しく紹介しています。

妊娠したい人向けの話題は妊娠したいでまとめています。読んでみてください。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠力をアップする食べ物

妊娠力をアップする食べ物

妊娠力をアップする食べ物とは、体の代謝を上げて体調を整える食べ物です。言い換えると健康になる食べ物とも言えます。

妊娠を目指すなら、元気の良い卵子と精子を育むことが大切です。

現代は、レトルト食品やファストフードなどがあふれて、どうしても栄養が偏りがちになります。糖分や脂肪分も過剰摂取となり、肥満傾向が強くなります。

特にカロリーに摂りすぎには注意してください。

肥満が妊娠力を下げる原因に?

肥満が妊娠力を下げる原因に?

肥満になると、様々な原因が複雑に絡み合って妊娠力を下げます。

※ここでいう肥満とは、BMI値で25以上の人です。

肥満の人は、POCSや糖尿病といった不妊の原因になる因子を持っている可能性もあり、適正体重まで体重を落とすことがすすめられています。

これとは反対に、極端な痩せの人も同様で妊娠力が低下すると言われます。

妊娠したいなら、適正体重になるように生活習慣を改善しましょう。まずは食生活を見直すことから始めます。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


妊娠前の食べ物が赤ちゃんに影響?

妊娠前の食べ物が赤ちゃんに影響?

妊娠前に食べる食べ物が赤ちゃんに影響することがあります。

妊娠前と初期に葉酸が不足すると、赤ちゃんに大きな影響を与えることがあるのです。

食事から必要量を摂取するのは難しいので、サプリからの摂取がおすすめです。厚生労働省もサプリのほうが吸収効率がよいとしてサプリでの摂取を推奨しています。

サプリならつわり中でも無理なく飲むことができます。サプリでの葉酸摂取がおすすめです。妊娠に最適なサプリの選び方については失敗しない!葉酸サプリの選び方で詳しく紹介しているので読んでみてください。

このように、普段何気なく食べている食事も大きな影響を与えることがあるので注意が必要です。

この次は、妊娠力を上げる食べ物について詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠力を上げる食べ物

妊娠力を上げる食べ物とは、栄養のバランスがとれてビタミンやミネラルの不足がない食べ物です。

多くの食品をバランスよく食べることが大切です。

また、体の冷えは妊娠の大敵なので体の冷えをとる食べ物も食事に加えてみましょう。

現在の食生活はカルシウム・鉄・銅・亜鉛などミネラル類が不足していると言われてます。これに対して脂質・糖質などは過剰摂取ぎみになっているので控えるようにします。

カルシウムの多い食べ物
・牛乳やヨーグルトなどの乳製品。
・水菜や小松菜、ほうれん草。
・桜エビやしらす干しなど。

鉄分の多い食べ物
・鶏・豚レバー。
・はまぐりやしじみ。
・ほうれん草、小松菜、サラダ菜。
・干しぶどう、プルーン。
・いわし、いかなご。

※豚レバー、鶏レバーは妊娠してからは控えるようにしてください。

銅の多い食べ物
・牛レバー。
・桜エビやイクラ。
・ズワイガニ、毛ガニ。
・車エビやタラバガニ。

※牛レバーは妊娠してからは控えるようにしてください。

亜鉛の多い食べ物
・牡蠣、ホヤ。
・牛肉、牛レバー。
・卵。
・タラバガニ。
・鶏レバー。
・プロセスチーズ。

※牛レバー、鶏レバーは妊娠してからは控えるようにしてください。

体の冷えをとる食べ物

体の冷えをとる食べ物

体の冷えをとって、温めることができる食べ物は根菜類です。

体の冷えをとる食べ物
・生姜。
・にんにく。
・玉ねぎ。
・人参。
・ゴボウ。

この他にも、肉や大豆などのタンパク質を摂取することで体を温めることができます。

野菜スープやシチューにして食べると、一度に多くの食材を食べることができるのでおすすめです。

※上記の食品は、妊娠中には食べないほうがいい食材もあります。注意してください!

このように妊娠力をアップする食べ物は、たくさんの食材の中に含まれているので多くの食品をバランスよく食事に取り入れることが大切です。

糖分や脂質の摂りすぎは肥満となり妊娠できない不妊の原因にもなるので注意しましょう。

この他、妊娠力をアップする秘訣は妊娠力をアップするには?で詳しく紹介しています。

また妊娠するために必要なことについては妊娠するために必要なことで、妊娠の可能性があるときの対処法はでまとめています。

妊娠の可能性があるときの対処法は妊娠かも?と思ったらで詳細に解説しています。

妊娠したい人向けの話題は、妊娠したいを読んでみてください。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

妊娠するために必要なこと

妊娠するために必要なこと

妊娠するために必要なことは、妊娠しやすい体質に改善していくことです。

不規則な生活や偏った食事を続けていくと、体調も悪くなって血流も滞ってしまいます。代謝の良い健康的な体を目指して、妊娠しやすい体を作っていきましょう。

妊活は夫婦一緒に

妊活は夫婦一緒に

妊娠を希望するなら、ママだけでなくパパも一緒に参加して妊活を行うことが大切です。妊活はママが頑張っていることが多いですが、妊娠は一人ではできないのでパパも積極的に参加することが大事です。

避妊をぜずに仲良しをして、1年間妊娠できないなら、ママとパパ、もしくは両方に妊娠できない原因があるかもしれません。

1年間妊娠できないなら、一度産婦人科を受診して原因を調べることをおすすめします。

妊娠できない不妊の原因の半分は男性側にあると言われています。男性にも不妊の原因があることは、あまり知られていませんが半分近くが男性側に原因があります。

中々妊娠できないと思ったら、夫婦で産婦人科を受診して不妊の原因を調べたほうがいいかもしれません。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸

妊娠前から初期にかけて葉酸を摂取することで、先天性の異常である、「神経管閉鎖障害」のリスクを70%も低減できることが分かっています。

日頃から、十分な量の葉酸を摂取することが大切です。

詳しくは、下記ページで説明しています。読んでみてください。

妊娠前・初期に絶対必要な葉酸
妊娠前、妊娠初期に絶対必要な葉酸

赤ちゃんとママの明るい将来のためにも、今すぐ葉酸を摂取するようにしてくださいね。

葉酸サプリの選び方については、失敗しない!葉酸サプリの選び方で解説しています。こちらも併せて読んでみてみてください。

失敗しない!葉酸サプリの選び方
失敗しない!葉酸サプリの選び方


この次は、妊娠しやすい人の特徴と妊娠しやすい方法を詳しく紹介します。まだまだ続きます。

スポンサードリンク





妊娠しやすい人の特徴

妊娠しやすい人の特徴

妊娠しやすい人の特徴として、

・生理が規則正しく来ている。
・極端な痩せ、肥満でない。
・ストレスを溜め込まない。
・出産後すぐのとき。
・流産のあと。

このような人が妊娠しやすいと言われています。

生理が規則正しく来ている。
生理周期が一定で毎月決まった時期にくる人は、妊娠しやすいと言われます。生理が正しく来るということは、体調が良いということで妊娠へ期待できます。

反対に生理周期が不規則な人は、排卵する時期も定まらないので妊娠しにくくなります。

また、子宮筋腫など子宮の病気や卵巣の病気であるPOCSなど婦人科疾患を持っていると妊娠しにくい傾向があります。

まずは、生理周期が一定になるように病気の治療などを行うようにしましょう。

極端な痩せ、肥満でない。
体型も妊娠に影響します。極端な痩せ、またはBMIでいう肥満の人は妊娠しにくい傾向にあります。

ストレスを溜め込まない。
ストレスを溜め込まずに上手に解消できる人も妊娠しやすいと言われます。

妊娠には、エストロゲンとプロゲステロンといった女性ホルモンが関係していので、強いストレスを受けると少なからず影響が出てきます。

実は、不妊治療を行っている人も大きなストレスを受けます。妊娠に意気込むあまり、妊娠自体がストレスになることがあります。

治療をお休みしたら、自然妊娠したと言う話も聞きます。

ストレスを感じている人は、女子会を開く、自分の趣味に打ち込むなど上手にストレスを解消していきましょう。

出産後すぐのとき。
出産直後も妊娠しやすいとされます。

流産のあと。
流産のあとも妊娠しやすいと言われています。

妊娠しやすい方法

妊娠しやすい方法

ママとパパに妊娠に関して、何も問題がない場合の妊娠しやすい方法を紹介します。

妊娠しやすい方法とは

・自分の排卵日を調べる。
・排卵日3日前からあと1日に仲良しする。
・うまくいくと妊娠する。

このような方法があります。この方法は「タイミング法」と呼ばれるもので、産婦人科でも指導されている方法です。

生理周期が正しく来ていないと試すことができないので、まずは正しい生理周期になるように治療、改善していくことが大切です。

この他、妊娠の可能性があるときの話題は妊娠かも?と思ったらで詳しく紹介しています。

妊娠したい人向けのTipsは、妊娠したいでまとめました。読んでみてください。

妊娠では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。参考にしてください。

スポンサードリンク